Edit concept Question Editor Create issue ticket

X連鎖知的障害 - 発作 - 乾癬症候群


提示

  • がん hsa04151 PI3K-Akt シグナル伝達経路 KIT (mutation) [HSA: 3815 ] [KO: K05091 ] H01512 ランゲルハンス細胞組織球症 ランゲルハンス細胞組織球症 (LCH) は、皮膚や粘膜に存在する抗原提示細胞に似た特徴を持つ細胞が、クローンとして増殖することを特徴とするまれな組織球性の疾患である。臨床症状は様々であり、皮膚や骨のみにとどまる場合もあれば、多くのシステムに重篤な状態が引き起こされる場合もある。[kegg.jp]
  • ヒトにおける樹状細胞による抗原特異的制御性T細胞の誘導の研究 山崎 小百合(名古屋市立大学医学研究科・教授) 様々な免疫反応を抑制する制御性T細胞の抗原特異性を樹状細胞という特別な抗原提示細胞でコントロールする研究をこれまでマウスで行ってきた。抗原特異的な制御性T細胞を誘導する事ができれば、癌や感染症に対する免疫反応を抑制せずに、自己免疫疾患、アレルギー、移植片拒絶を治療する事が可能となる。本研究では、これをヒトの細胞に応用することを行った。[japanfoundation.novartis.org]
筋力低下
  • 典型的には近位脚部や遠位腕部で慢性潜行性の左右非対称な筋力低下が起こり、転倒を繰り返したり手先の器用さが失われる。クレアチンキナーゼの値が上昇を示し、針筋電図検査では基本的には筋原性の変化を示す ... 神経系疾患; 筋骨格疾患 H01506 肝性脳症 肝性昏睡 門脈体循環性脳障害 肝性脳症は肝臓の機能低下や門脈大循環シャントが原因で起こる脳機能障害である。最も一般的には非代償性肝硬変症において発症し、軽度認知障害から昏睡まで幅広い症状を含む。[kegg.jp]
障害
  • 特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方 知的障害を伴うてんかんの薬物療法 1)医療法人清照会湊病院北東北てんかんセンター 2)東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野 精神神経学雑誌 121: 24-29, 2019 知的障害を合併していたとしても,てんかん治療の基本姿勢は,非知的障害例と変わらない.しかし,知的障害に伴うてんかんでは,超難治例の存在や薬剤の副作用の出現頻度などの相違点がある.また,問診や検査が十分に行えず,診断が困難な症例がある.まず,治療対象となる「てんかん[journal.jspn.or.jp]
  • 、呼吸異常、体温調節異常、温痛覚低下、骨折又は脱臼のうち一つ以上の症状が続く場合 脳形成障害 65 滑脳症 運動障害、知的障害、意識 障害、自閉傾向、行動障害 (自傷行為又は多動)、け いれん発作、皮膚所見(疾 病に特徴的で、治療を要す るものをいう。)[miruchienet.com]
  • アンジェルマン症候群の症状 知的障害 知的障害は重度です。精神・運動遅滞(遅れ)があることから、言葉を使ったコミュニケーションが困難とされています。また、作業をすることが難しいという方が多くみられます。 言語障害 発達障害が重度で、特に発語が困難です。言語障害には個人差があり、言葉が出ない方(「あー」など)や、最低限の言葉が出る方(「パパ」「ママ」)などがいます。 睡眠障害 睡眠障害は、アンジェルマン症候群のお子さんが持ちやすい特徴です。多くの場合、睡眠障害がみられます。[medicalnote.jp]
  • 291.81アルコール離脱には、291.0 アルコール離脱せん妄 、291.3, 291.5 アルコール誘発性精神病性障害 、291.89 アルコール誘発性気分障害 、291.89 アルコール誘発性不安障害 、291.89 アルコール誘発性睡眠障害 が用意されている。[ja.wikipedia.org]
てんかん
  • 索引用語 :知的障害, てんかん, 抗てんかん薬, 副作用, 介護者[journal.jspn.or.jp]
  • 全ての患者はてんかん性脳波異常を示すが、臨床的にてんかん発作が起こるのは 70% である。主な症状は、言葉や言葉以外の音を認識、処理、解釈できなくなる急性または亜急性の言語障害である。本疾患の正確な病因は不明であるが、GRIN2A 遺伝子変異を持つ家系に複数の患者がいることが述べられている。また最近、突発性焦点性てんかんに関する感受性遺伝子 ...[kegg.jp]
  • けいれん発作が起こりやすい場合は、抗てんかん薬による治療で症状を和らげます。 骨の曲がり 骨の曲がり(側弯:そくわん)は、子どものころにみられやすい特徴です。また、成人期にも少し進行する場合があります。骨の状態については安定した状態を保っている方が多いものの、子どもの頃から健康管理を続けていくことは重要です。 失調性歩行 動作のバランスの異常や、失調性歩行がよくみられます。失調性歩行とは、ギクシャクした歩き方をすることです。不安定で、こわばったような歩き方になります。[medicalnote.jp]
  • 、呼吸異 常、体温調節異常、温痛覚 低下、骨折又は脱臼のうち 一つ以上の症状が続く場合 難治てんかん 脳症 59 点頭てんかん(ウエスト症 候群) 運動障害、知的障害、意識 障害、自閉傾向、行動障害 (自傷行為又は多動)、け いれん発作、皮膚所見(疾 病に特徴的で、治療を要す るものをいう。)[miruchienet.com]
皮膚炎
  • 問題点 5.治療法、診断法開発の動向 5.1 ステロイド薬 5.2 シクロホスファミド 5.3 アザチオプリン 5.4 カルシニューリン阻害薬 5.5 ミコフェニル酸モフェチル 6.今後求められる診断・治療 6.1 抗CD20抗体 6.2 抗CD22抗体 6.3 CTLA4-Ig 6.4 抗BAFF抗体 6.5 TACI-Ig 6.6 抗IFNα抗体 6.7 抗IL-6受容体抗体 7.治療効果判定(臨床試験デザイン) 第8節 多発性筋炎・皮膚筋炎 1.病態 2.症状 3.診断 4.治療 4.1 皮膚治療[gijutu.co.jp]
  • 高フ ェニルアラニン血症) 同上 18 プロリダーゼ欠損症 同上 19 ホモシスチン尿症 同上 20 メープルシロップ尿症 同上 21 リジン尿性蛋白不耐症 同上 22 1から21までに掲げるも ののほか、アミノ酸代謝異 常症 同上 α1-アンチ トリプシン欠 損症 23 α1-アンチトリプシン欠 損症 左欄の疾病名に該当する場 合 金属代謝異常 症 24 亜硫酸酸化酵素欠損症 左欄の疾病名に該当する場 合 25 ウィルソン病 同上 26 オクシピタル・ホーン症候 群 同上 27 先天性腸性肢端皮膚[miruchienet.com]
乾皮症
  • 色素性 2 色素性 左欄の疾病名に該当する場 合 先天性魚鱗癬 3 ケラチン症性魚鱗癬(表皮 融解性魚鱗癬(優性/劣 性)及び表在性表皮融解性 魚鱗癬を含む。) 感染の治療で抗菌薬、抗ウ イルス薬、抗真菌薬等の投 与が必要となる場合 4 シェーグレン・ラルソン症 候群 同上 5 常染色体劣性遺伝性魚鱗癬 (道化師様魚鱗癬を除 く。)[miruchienet.com]
  • 、ウッズ クロウチマン フソン症候群(Woods-Crouchman-Huson syndrome)、ウォースター・ドロート症候群(Worster drought syndrome)、ウォース症候群(Worth syndrome)、リンクリー・スキン症候群(Wrinkly skin syndrome)、ワイバーン メーソン症候群、XHIGM、XLAG症候群、XMEA、XP、キサンチン尿路結石症、キサンチン尿症、黄色肉芽腫性下垂体炎、脳腱黄色腫症、ゼロサイトーシス(Xerocytosis)、色素性[biosciencedbc.jp]
運動失調
  • 、フリードライヒ失調症、異染性白質萎縮症、レフサム症候群、副腎脊髄ニューロパシー、毛細血管拡張性運動失調症、デジュリーヌ ソッタス病(限定されないが、A型またはB型が挙げられる。)、ランベルト イートン(Lambert-Eaton)症候群または脳神経の障害に由来するニューロパシー、から選択されるニューロパシーが挙げられる。 さらに、認知障害も適応症である。[biosciencedbc.jp]
  • .定義 2.疫学 3.診断 3.1 免疫不全を疑う感染の特徴とその症状 3.2 病歴 3.3 理学所見 3.4 検査 -スクリーニング検査 -診断用検査,特殊検査 -病原体検査 4.分類 4.1 複合免疫不全症 4.1.1 重症複合免疫不全症 4.2 主として抗体系の欠陥を示すもの 4.2.1 X 連鎖無γグロブリン血症 4.2.2 IgA欠損症 4.2.3 分類不能型免疫不全症 4.3 その他のよく解析された免疫不全症 4.3.1 ヴィスコット・オールドリッチ症候群 4.3.2 毛細血管拡張性運動失調[gijutu.co.jp]
  • 抗 腫瘍薬の投与、再発予防 法、感染症予防療法、造血 幹細胞移植、腹膜透析又は 血液透析のうち一つ以上を 実施する場合 46 ウィスコット・オルドリッ チ症候群 同上 47 肝中心静脈閉鎖症を伴う免 疫不全症 同上 48 胸腺低形成(ディ・ジョー ジ症候群/22q11.2 欠失症候群) 同上 49 高IgE症候群 同上 50 シムケ症候群 同上 51 先天性角化異常症 同上 52 ナイミーヘン染色体不安定 症候群 同上 53 PMS2異常症 同上 54 ブルーム症候群 同上 55 毛細血管拡張性運動失調[miruchienet.com]
痙攣
  • 、酸素療法、中心静脈栄養若しくは経管栄養の一つ以上を継続的に行っている場合 痙攣重積型急性脳症 17 痙攣重積型(二相性)急性脳症 運動障害、知的障害、意識 障害、自閉傾向、行動障害 (自傷行為又は多動)、け いれん発作、皮膚所見(疾 病に特徴的で、治療を要す るものをいう。)[miruchienet.com]

治療

  • 現状 4.1.1 治療開始のタイミングと治療目標 4.1.2 ピロリ除菌療法 4.1.3 一次治療 4.1.4 二次治療 4.1.5 三次治療 4.1.6 緊急時の治療 4.2 ITP治療の問題点 5.治療法、診断法開発の動向(国内外を含む) 6.今後求められる診断・治療 7.治療効果判定(臨床試験デザイン) 8.研究開発に役立つ文献・論文 第3節 原発性免疫不全症候群 1.定義 2.疫学 3.診断 3.1 免疫不全を疑う感染の特徴とその症状 3.2 病歴 3.3 理学所見 3.4 検査 -スクリーニング[gijutu.co.jp]
  • ただし、成長ホルモン治療を行う場合には、第五表の備考に定める基準を満たすものに限る。 イ 外科的治療を行う場合 ウ 脊柱変形に対する治療が必要な場合 エ 治療で呼吸管理(人工呼吸器、気管切開術後、経鼻エアウェイ等の処置を必要とするものをいう。)[miruchienet.com]
  • » 続きを読む 進歩するライソゾーム病治療(1) 小児 2018年5月8日 以前は治療法がなかったライソゾーム病に対し、1980年代に造血幹細胞移植、1990年代には酵素補充療法(ERT)が臨床の場で実施されるようになった。治療法の出現に伴い、診断される患者も増加し、近年は経口薬による治療法も開発されている。[medical-tribune.co.jp]
  • 特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方 知的障害を伴うてんかんの薬物療法 1)医療法人清照会湊病院北東北てんかんセンター 2)東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野 精神神経学雑誌 121: 24-29, 2019 知的障害を合併していたとしても,てんかん治療の基本姿勢は,非知的障害例と変わらない.しかし,知的障害に伴うてんかんでは,超難治例の存在や薬剤の副作用の出現頻度などの相違点がある.また,問診や検査が十分に行えず,診断が困難な症例がある.まず,治療対象となる「てんかん[journal.jspn.or.jp]

疫学

  • ・薬剤経済性の調査と医療技術の価値評価 1.疫学調査 1.1 難病・希少疾患の疫学 1.2 疾病頻度の測定とその指標 1.2.1 発生率と罹患率 1.2.2 死亡率・致死率 1.2.3 関連の指標(Measures of association) 1.3 疫学研究方法 1.3.1 記述的研究(Descriptive studies) 1.3.2 分析的研究(Analytic studies) 1.3.3 因果関係とバイアス 1.4 疾病サーベイランスと疾病登録 1.4.1 疾病サーベイランス 1.5[gijutu.co.jp]
  • 消化管由来のアンモニア濃度を低下させる療法が現在の薬物治療の中心となっている 神経系疾患; 消化器系疾患 H01507 血清反応陰性関節炎 血清反応陰性関節炎は慢性関節炎のうち、リウマチ因子が陰性で、疫学、病理学、臨床学、放射線学上の特徴が一致している疾患群である。強直性脊椎炎、反応性関節炎、腸疾患性関節炎、関節症性乾癬、未分化型脊椎関節炎などが本疾患に含まれる。主な臨床症状は炎症性腰痛、末梢の関節炎、腱付着部炎などがあり、さらにブドウ膜炎のような骨外性の症状も含まれる。[kegg.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 治療法 5.4 抗菌剤による治療法 5.5 PAB抗体による病因的診断法 6.今後求められる診断・治療 6.1 診断法 6.2 治療法 7.治療効果判定(臨床試験デザイン) 8.研究開発に役立つ文献・論文 第3節 リンパ脈管筋腫症 1.概念、疫学 2.診断 2.1 画像診断 2.2 病理診断 3.発生機序と病態 3.1 発生機序 3.2 LAM細胞の腫瘍化と増殖のメカニズム 3.3 LAM細胞の増殖における女性ホルモンの関与 3.4 LAM細胞の転移とリンパ管新生 3.5 リンパうっ滞や乳び漏の病態生理[gijutu.co.jp]

予防

  • 治療で補充療法、G-CSF 療法、除鉄剤の投与、抗凝 固療法、ステロイド薬の投 与、免疫抑制薬の投与、抗 腫瘍薬の投与、再発予防 法、感染症予防療法、造血 幹細胞移植、腹膜透析又は 血液透析のうち一つ以上を 実施する場合 自然免疫異 常 21 IRAK4欠損症 治療で補充療法、G-CSF 療法、除鉄剤の投与、抗凝 固療法、ステロイド薬の投 与、免疫抑制薬の投与、抗 腫瘍薬の投与、再発予防 法、感染症予防療法、造血 幹細胞移植、腹膜透析又は 血液透析のうち一つ以上を 実施する場合 22 慢性皮膚粘膜[miruchienet.com]
  • 白血病ならびに乳癌,前立腺癌,および結腸癌の予防におけるビタミンDの有用性は証明されていない。 ビタミンDおよびその代謝物の作用 臓器 作用 骨 適正なカルシウムおよびリンの濃度を維持することによって骨形成を促進 免疫系 免疫原性および抗腫瘍作用を刺激 自己免疫疾患のリスクを低下 腸管 カルシウムおよびリンの輸送(吸収)を亢進 腎臓 尿細管によるカルシウム再吸収を亢進 副甲状腺 副甲状腺ホルモン分泌を阻害 膵臓 インスリン 産生を促進[msdmanuals.com]
  • その一端としてID関連遺伝子の多くが、シナプス形成・機能に関わるタンパク質をコードするなど、今後も多くの関連遺伝子が同定されIDの総合的理解が進むとともに、ID予防や治療につながる戦略の開発も可能になることが期待される。 参考文献 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 Hans van Bokhoven Genetic and epigenetic networks in intellectual disabilities. Annu. Rev.[bsd.neuroinf.jp]
  • 本化合物はこれまで鎮痛活性は知られておらず、神経障害性疼痛の予防、治療のための新薬のシーズとして利用が可能と考えられます。 骨形態を制御するゲノムシステムの解明 田村 宏治(東北大学大学院生命科学研究科・教授) 骨は脊椎動物の化石記録にも残る貴重な構造であり、また哺乳類の四肢などの器官再生を考える上で無くてはならない存在でもあります。[japanfoundation.novartis.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!