Edit concept Question Editor Create issue ticket

S状結腸炎


提示

  • 症例提示 症例:79歳男性 既往歴:1)70歳大腸ポリープの為開腹手術(大腸部分切除術)、2)時期不明も他施設にて前立腺肥大症の治療を受けたことあり。 現病歴:2004年9月2日排尿困難で受診。受診時は検尿で異常認めず。前立腺肥大症の診断下に内服剤による治療を開始した。9月16日、膿尿認めたため抗菌剤の併用開始。11月11日KUB,IVP施行するも異常所見認めず。12月16日血尿あり、12月27日MRI実施するも「膀胱頂部の壁がやや肥厚して見える以外大きな異常所見なし」とのことであった。[iss.ndl.go.jp]
左下腹部痛
  • 虚血性大腸炎の症状 虚血性大腸炎の典型的な症状は、急に強い腹痛(多くは左下腹部)が起こります。冷や汗や悪心(おしん:吐き気)、嘔吐を認めることもあります。その後、便意を催しトイレにいき下痢を数回しますが、だんだん血性の下痢になってきます。 似たような症状を起こす病気に薬物性腸炎、感染性腸炎、大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などがあり、これらの病気を除外する必要があります。 虚血性大腸炎の診断 虚血性大腸炎の診断をつけるために血液検査や内視鏡検査を行います。[tyojyu.or.jp]
  • 炎症を繰り返すうちに腸壁が肥厚し、とくにS状結腸部では腸管の狭窄や 短縮がみられ、排便困難、排便時左下腹部などの腸閉塞症状を呈するよ うになります。 下血もときどきみられる症状ですが、たいていの場合は絶食 して安静にしていれば自然に止血します。 しかし、まれに大量出血を起こし緊急手術を要することもあります。 治療 症状のない大腸憩室症は、治療の必要はありませんが、 憩室炎を併発すれば、安静、食事療法、抗生剤投与など内科的治療が必要 になります。[chikubageka.jp]

精密検査

  • 精密検査のため予約が必要です。 3)注腸X線検査 大腸全体を撮影するX線検査です。 検査前日からの食事の制限(検査食)やお薬の服用があります。 ※精密検査のため予約が必要です。 ・大腸ポリープ 大腸の粘膜からの隆起、すなわちイボ状のものが生じたものをポリープといいます。初めはごく小さいあわ粒くらいの大きさですが、次第に大きくなっていきます。 形は有茎と無茎のものがあり、扁平に近い隆起もポリープとよばれます。[takano-hospital.jp]
  • 検査の結果が「要精検」となった場合は、かならず精密検査を受けましょう。精密検査では通常大腸内視鏡検査を行います。 大腸内視鏡検査が困難な場合は他の検査を行うこともあります。 がんは1回の検診で見つからないこともありますので、毎年定期的に受診してください。 また、検診と検診の間に発生して、急速に進行するがんもわずかながらあります。血便、腹痛、便の性状や回数の変化など、気になる症状が続く場合は、次の検診を待たずに医療機関を受診してください。 なお、検診は、症状がない健康な人を対象に行われるものです。[ganjoho.jp]
  • 健康な集団の中から、大腸癌の精密検査が必要な人を拾いあげる負担の少ない最も有効な検査法です。したがって、40歳を過ぎたらこの検診を受けることをお勧めします。 大腸がんの治療 治療方針は基本的には“大腸癌研究会”が刊行している“大腸癌治療ガイドライン”に沿って行っております。 治療法には 内視鏡的治療、外科療法、放射線療法、化学療法があります。[saiseikai.com]

疫学

  • ] a b c d e 大腸憩室症 日本消化器病学会 a b c d e f g h i 石川英明、橋本豪、桑田博文 ほか 大腸憩室症の検討 『日本消化器外科学会雑誌』 1988年 21巻 4号 p.1146-1149, doi : 10.5833/jjgs.21.1146 北郷邦昭、河相開流、竹内浩紀 ほか、「結腸憩室症と結腸憩室疾患」 『臨床外科』 54巻 13号, 1999/12/20, doi : 10.11477/mf.1407903974 a b c d 井上幹夫、「 大腸憩室疾患の疫学[ja.wikipedia.org]
  • 「4.疫学・統計 1)統計」を更新しました。 2014年05月14日 内容を更新しました。 2012年10月26日 更新履歴を追加しました。タブ形式に変更しました。 2011年11月09日 内容を更新しました。 1997年09月22日 掲載しました。 診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。 1.大腸(結腸・直腸)について 大腸は、食べ物の最後の通り道です。[ganjoho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 8.予防と検診 1)予防 日本人を対象とした研究結果では、がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。 大腸がんを予防するには、食物繊維を含む食品の摂取が効果的であることがわかっています。結腸がんの予防には、運動も効果的です。 2)検診 がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。[ganjoho.jp]
  • 重要なことは、症状がない寛解期でも、服薬遵守することが再燃を予防し、長期にわたって寛解を維持することができるということです。さらに、5-ASA製剤の服薬の継続は、潰瘍性大腸炎に合併する大腸癌発症のリスクを低下させることも報告されています。したがって、服薬遵守は再燃予防だけでなく、大腸癌予防の観点からも重要となります。 3)外来で用いられる治療薬・治療法 ①5-アミノサリチル酸(5-ASA)経口製剤 5-ASAを有効成分とする薬で、大腸の炎症を抑えます。[kawaguchi-hp.or.jp]
  • 全てのがんの中で予防できる唯一のがんとも言われており、現代医療では恐れる必要が最も少ないがんとも言えますが、 検査の受診率の低さ が災いし、全てのがんの中で女性の死亡率1位、男性で2位という深刻な事態になっています。ほぼ予防できることが分かっているがんで 命を縮めることはあまりにも勿体ない事 と言えます。 気になるなら一日でも早い受診を![endoscopyclinic-urawa.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!