Edit concept Question Editor Create issue ticket

IgG4関連眼疾患


提示

  • Mod Pathol. 2012; 25: 1181-92.)において、涙腺では 100個/HPFという条件が提示されましたが、後の検証で多すぎることが判明しました。従って、眼疾患の診断基準では 50個/HPFが採用されています。 3) IgG染色が強陽性となり判定不可能な例もみられることより、IgG4/IgG 細胞比が40%以上との基準は、「且つ」ではなく、「または」に改められました。 IgG4関連疾患包括診断基準 以下のDefinite、Probableを対象とする。[ivd.mbl.co.jp]
  • 眼科学 臨床研究一覧に戻る 下記に各研究の概要と対象になる方のリストを提示いたしますので、もしもご自分が研究対象者に含まれていると思われ、かつご自身の記録の研究使用を望まない方については各研究の連絡先担当者に直接ご連絡いただければ幸いです。 各研究に関するご質問なども、直接各研究の連絡先までご連絡ください。 なお、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。[med.niigata-u.ac.jp]
運動障害
  • 外眼筋の肥厚は眼球運動障害による複視を,視神経周囲の病変は視力,視野障害をきたすことがある。また,稀ではあるが結膜や,涙囊・鼻涙管などの涙道に腫瘤性病変を生じ,眼球壁の構成組織である強膜に肥厚性病変を形成することがある。 プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可) ログインした状態で続きを読む 掲載号を購入する この記事をスクラップする 関連書籍 関連求人情報 関連物件情報[jmedj.co.jp]
  • ,眼振 眼球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群/脳幹部障害/重症筋無力症/進行性筋ジストロフィ/慢性進行性外眼筋麻痺/大脳障害による眼球運動異常/小脳性眼球運動障害 15 斜視・弱視,小児眼科[igaku-shoin.co.jp]

精密検査

  • […] a.高度なリンパ球、形質細胞の浸潤と線維化 b.強拡1視野あたり10個を超えるIgG4陽性形質細胞浸潤 c.花筵状線維化(storiform fibrosis) d.閉塞性静脈炎(obliterative phlebitis) オプション:ステロイド治療の効果 胆管生検や超音波内視鏡下穿刺吸引法(Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration、EUS-FNA)を含む精密検査のできる専門施設においては、胆管癌や膵癌などの悪性腫瘍を除外後に、ステロイド[nanbyou.or.jp]

治療

  • トップ No.4939 学術特集 特集-学術 (2)IgG4関連眼疾患の診断と治療[特集:唾液腺・眼病変からみたIgG4関連疾患の進歩] 典型的なIgG4関連眼疾患は両側涙腺の対称性腫大を示し,しばしば両側唾液腺の腫大を伴う 涙腺の腫大に加え,外眼筋の肥厚,眼窩上または眼窩下神経の腫大,眼窩内の限局性もしくはびまん性の腫瘤形成などがみられる 視神経周囲に病変が及ぶと,視力低下や視野障害などの視機能障害の原因となる 治療は他臓器の病変と同様,副腎皮質ステロイドの内服が中心となり,状況に応じてステロイド[jmedj.co.jp]
  • 治療は抗生物質の点眼や内服を行います。麦粒腫は保存治療で比較的早く(数日〜1週間程度)治癒していくことが多いですが、化膿が強い場合や保存治療でしない場合は、切開して膿を出す治療が必要な場合があります。 主な症状 見えづらい など 眼瞼にできる腫瘍 眼瞼(まぶた)にできる腫瘍で、眼瞼母斑(ほくろ)、脂漏性角化症、粉瘤などの良性腫瘍が主なものですが、基底細胞癌、脂腺癌などの悪性腫瘍である場合があります。[sugino-eye.com]
  • このため、ステロイド療法のエビデンスの確立、難治例の予測と新規治療法の開発・確立が強く望まれている。 研究分担者および研究協力者施設から IgG4-RD に診断を受けた症例を集積し、その治療歴、治療前後のバイオマーカー、再燃例の再治療歴を検討し、IgG4-RD のステロイド至適投与量、再燃例の特徴を明らかにした。[research-er.jp]

予防

  • ステロイドを長期に内服することになりますので、副作用の予防のために胃薬、骨粗鬆症、感染症対策の薬などを同時に内服していただくことが多いです。 一部に、ステロイドが効きにくかったり、ある一定以上減らせない患者さんもいます。その場合は、アザチオプリン(イムラン )やミコフェノール酸モフェチル(セルセプト )、タクロリムス(プログラフ )などの免疫抑制剤が効果があると報告されています(残念ながら日本では本疾患に保険適応がありません)。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • 後腹膜・血管:尿路の閉塞が持続する、血管破裂 あるいはその予防のためのステンティング 下垂体 ホルモンの補償療法が必要 CKD重要度分類 (エビデンスに基づくCKD診療ガイド2013より引用) 原疾患 蛋白尿区分 A1 A2 A3 糖尿病 尿アルブミン定量 (mg/日) 尿アルブミン/Cr比(mg/gCr) 正常 微量アルブミン尿 顕性アルブミン尿 30 未満 30から299 300以上 高血圧 、 腎炎 、多発性嚢胞症、腎移植、その他 尿蛋白量(g/日) 尿蛋白/Cr比(g/gCr) 正常 軽度蛋白尿[ja.wikipedia.org]
  • 後腹膜・血管:尿路の閉塞が持続する、血管破裂 あるいはその予防のためのステンティング 下垂体:ホルモンの補償療法が必要 CKD重症度分類ヒートマップ ※診断基準及び重症度分類の適応における留意事項 1.病名診断に用いる臨床症状、検査所見等に関して、診断基準上に特段の規定がない場合には、いずれの時期のものを用いても差し支えない(ただし、当該疾病の経過を示す臨床症状等であって、確認可能なものに限る。)。[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!