Edit concept Question Editor Create issue ticket

Haddad症候群


治療

  • 一部の薬物については、血漿中濃度が患者の抗うつ反応と相関する治療域(therapeutic window)が存在する(例、 ノルトリプチリン )。これらの薬物を投与されている患者は、血漿中濃度が定義された治療域に満たない、あるいはそれを超える場合、治療の失敗または最適な反応が得られない事態につながり、薬物濃度が高い場合は不必要な毒性にもつながるため、連続的な薬物濃度モニタリングは治療の指針となり、また適切な治療の提供に役立つ。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • 治療方法 胎児期の脳腫瘍では他の小児脳腫瘍と比較して,腫瘍が巨大となり正常な脳組織を大きく圧排し置換している状態で診断されます。従って,出生直後から新生児期に治療を実施する以前に死に至る割合も高いものです。特に胎児期に診断された脳腫瘍の生命予後と生存後の機能予後は一般的には不良です。このような予後を鑑みた上で, 積極的治療を行うべきかどうかは,一般的には概説できず,個々の症例において非常に慎重で困難な判断 とならざるを得ません。 新生児期の脳腫瘍の基本治療方針は,外科治療です。[plaza.umin.ac.jp]
  • 治療 [ 編集 ] 遺伝性疾患の為に、根本的な治療法や進行を防止する治療法は現在のところ確立されていない [1] 。 ハンチントン病はHuntingtinと呼ばれる特定タンパク質の変異によって起こる病であるが、その病変部位を染色するために使われる色素の コンゴーレッド に変異したタンパク質の凝集を遅らせる効果があることが報告され、神経障害の軽減や病状の進行を遅らせることが出来る可能性が示唆されている [8] 。[ja.wikipedia.org]
  • けいれん発作を止めるため、初回投与によりできる限り速やかに血中濃度を治療域まで到達させる必要があります。 新生児けいれんの場合 1) 治療域血中濃度の下限(15μg/mL)を達成するために、「初回投与は20mg/mLを静脈内投与する。けいれんが消失しない場合には、同量を追加投与する」ように設定しました。 また維持投与については、初回投与により消失したけいれんの再発防止を目的に、治療域血中濃度を維持できる用量として、2.5 5mg/kg/日としました。[nobelpark.jp]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] 有病率は、人種により異なるが白人での発生率は5-10/100,000 [1] であり、アジア人、アフリカ人では白人の100分の1である。 原因となる変異をもつ場合には、高い確率で30〜40歳代に発症し、10〜20年かけて進行する。世代を経るごとにその発症年齢が早くなること、父親から 原因遺伝子 を受け継いだときにそれが顕著になる現象も知られている。 出典 [ 編集 ] a b c d e f “ Huntington's disease ”.[ja.wikipedia.org]
  • 疫学 [ 編集 ] 2018年の システマティックレビュー では14件の研究から離脱症状の出現率は平均56%(27-86%の範囲)であり、患者への告知、ガイドラインの更新が必要とされる [2] 。 ある観測的研究によれば、症状出現率は以下であり、平均発症日数は2日後、平均症状日数は5日間であった。 [1] フルオキセチン - 9% パロキセチン - 50% 別のRCT研究によれば、症状出現率は以下であった [1] 。[ja.wikipedia.org]
  • しかし疫学的研究によれば、がんと診断された人の少なくとも半分は順応に成功する。 がんの診断に対する順応が成功した指標として、以下のものが挙げられる: [ 23 ] 日常生活への積極的な関与を維持する。 生活上の役割(例、配偶者、親、従業員)が病気によって中断されるのを最小限にする。 病気に対する情動反応を正常に調整する。 絶望、無力感、無益感、罪悪感のいずれかまたはすべての感情にうまく対処する。[cancerinfo.tri-kobe.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 本当にこれからは、食生活を中心とした生活習慣が万病を予防することを真剣に考える必要があると思っています。野菜、オリーブオイル、ココナッツオイル、良質の塩など自然からの最高の恵みを食生活に上手く組み入れることが重要ではないでしょうか? こんな思いも込めて、先日、サテライトキャンパス公開講座で「ココナッツオイルで生活習慣病を予防しましょう!」と題して講演しました。 1) 秦 幸吉、野津朱里、川谷真由美、他. 女子大生における食生活と月経困難症との関連に関する検討.[izumo.u-shimane.ac.jp]
  • 医療従事者は、医療機関内での二次感染の発生を確実に防止するため、患者の診療に当たる際は MERSが疑われる段階から標準予防策及び飛沫予防策を徹底する必要 がある。 以上のリスクアセスメントは、現時点で得られている情報に基づいており、症例情報は、基本的に世界保健機関(WHO)からの公式情報( )を参照してまとめている。なお、事態の展開にあわせて、リスクアセスメントを更新していく予定である。[niid.go.jp]
  • 在胎週数33週未満の早産児無呼吸発作患児276例を対象とした、カフェインクエン酸塩とテオフィリンによる無呼吸発作の予防効果を比較したランダム化試験では、カフェインクエン酸による無呼吸発作の予防効果は認められましたが、テオフィリンに関しては、明確な予防効果は認められなかったという報告があります 1) 。 テオフィリン製剤で無呼吸発作が治まらない場合、レスピアを使用いただくのも選択肢の一つと考えます。 1) J Pediatr Child Health.2009:45;587-592 Q.[nobelpark.jp]
  • 予防と治療 [ 編集 ] 患者には薬の半減期について告知すべきである。また患者には、もし フルオキセチン (プロザック、日本未発売)のような半減期の長い薬を短いものに変更する時は、薬を定期的に服用することが大切だと告知すべきである。患者に抗うつ薬を投与する際は、事前に服薬自己中断のリスクについて説明し了解を得るべきである [1] 。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!