Edit concept Question Editor Create issue ticket

FGFR1転位随伴性脊髄性腫瘍


治療

  • 治療 腫瘍の種類、占拠部位、病期などを総合的に評価して治療法を選択します。一般に手術療法と化学・放射線療法などの補助療法を併用します。術式は神経除圧術や腫瘍切除術が用いられ、時に脊柱再建術が併用されます。近年では悪性腫瘍に対する全脊椎切除術(Total en bloc spondylectomy)などの根治的手術も症例によっては可能となり、治療成績の著しい向上が得られています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • 治療でも2週間以内に軽快することが多い。 急性好酸球性肺炎: 咳、発熱、呼吸困難、喘鳴が数日の単位で発症。胸水も高頻度でみられ、胸痛をしばしば伴う。喫煙開始と本症の発症との関連が言われている。気管支肺胞洗浄液で総細胞数の増加、好酸球の著増が認められる。血清TARCが高値になる。ステロイドに対する反応は良好。 慢性好酸球性肺炎: 急性好酸球性肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!