Edit concept Question Editor Create issue ticket

D因子不足による再発性ナイセリア感染症


提示

  • PCRによる髄膜炎菌の同定はいくつかの論文で報告されているが、いまのところWHOを含めた国際医療機関において統一された方法の提示はない。 また、髄液中の細菌抗原を検出する方法も行われており、ラテックス凝集法による診断キットがSlidex(Bio-Merieux社)として販売されている。ただし、このキットにはA, B, C群に対する抗体し か含まれていないので、その点に留意する必要がある。 治療・予防 第一選択薬はペニシリンGで ある。[niid.go.jp]
失行
  • 2.小脳性構語障害・流涎 3.眼球運動の、眼振 4.舞踏病アテトーゼ(全例ではない。) 5.低緊張性顔貌 6.眼球結膜・皮膚の毛細血管拡張 6歳までに50%、8歳時で90%が明らかになる。 7.免疫不全症状(反復性気道感染症) 但し30%では免疫不全症状を認めない。 8.悪性腫瘍:特にT細胞性腫瘍の発生頻度が高い。[nanbyou.or.jp]

治療

  • 治療・予防 第一選択薬はペニシリンGで ある。また、一般に髄膜炎の初期治療に用いられるセフォタキ シム(CTX)、セフトリアキソン(CTRX)、セフロキシム(CXM)は髄膜炎菌にも優れた抗菌力を発 揮するので、菌の検査結果を待たずしてCTX、CTRXをペニシリンGと併用すれば、起炎菌に対して広範囲な効果を現わし、早期治療の助けとなる。 予防としてはまずワクチンが挙げられる。現在ではA、C単独もしくはその2群、およびA、C、Y、W-135の4群混合の精製莢膜多糖体 ワクチンが使用されている。[niid.go.jp]
  • 治療の場合は初回治療より長い期間の治療が必要となる。INHやRFPのい ずれかを欠いた多剤併用治療の場合には、二 三年の治療期間が目安となる。 耐性と判定するための濃度が1999年11月に改正された。INHは0.2μg/ml、 RFPは40μg/mlとなっている。[ibaraisikai.or.jp]
  • 重症 治療で、補充療法(阻害薬等の代替治療薬の投与を含む。)、G-CSF療法、除鉄剤の投与、抗凝固療法、ステロイド薬の投与、免疫抑制薬の投与、抗腫瘍薬の投与、再発予防法、感染症予防療法、造血幹細胞移植、腹膜透析、血液透析のうち、1つ以上を継続的に実施する(断続的な場合も含めて概ね6か月以上)場合。 中等症 上記治療が継続的には必要でない場合。 軽症 上記治療が不要な場合。[nanbyou.or.jp]
  • 高齢者により多くみられる特定の疾患(例,糖尿病,慢性腎臓病,低栄養),および高齢者に使用する可能性が高い特定の治療法(例,免疫抑制薬,免疫調節性の薬剤および治療)により免疫が損なわれることもある。 要点 続発性(後天性)免疫不全症は,原発性(先天性)免疫不全症よりはるかに多くみられる。 原発性免疫不全症は,液性免疫(最も頻度が高い),細胞性免疫,液性免疫および細胞性免疫の両方,食細胞,または補体系に影響を及ぼすことがある。[msdmanuals.com]

予防

  • (再発)予防対策としては、院内に対策委員会を作り、その実態を把握するとともに原因を明らかにし、何らかの対策を取ることが必要。 MRSA感染症 、 VRE インフルエンザ脳症 (influenza encephalopathy:インフルエンザのうしょう) インフルエンザにかかった後、数日で高熱、けいれん、意識障害が起こる。 経過は早く、死亡率は極めて高い。[au-techno.com]
  • ※病院という交叉感染しやすい環境で第三世代以降のセフェムなど抗菌 スペクトルの広い抗菌剤を予防的投与した、大きな侵襲を受けた患者 b. 早期診断 PCR 法は有用、しかし材料を鏡検して MRSA を疑うのが実際的。 c. 感染症 MRSA 腸炎、創感染、カテーテル敗血症、肺炎、腹腔内感染。 イ. MRSA 肺炎:膿性痰、粘液膿性痰。発生頻度は低い。 ロ.[ibaraisikai.or.jp]
  • 、G-CSF療法、除鉄剤の投与、抗凝固療法、ステロイド薬の投与、免疫抑制薬の投与、抗腫瘍薬の投与、再発予防法、感染症予防療法、造血幹細胞移植、腹膜透析、血液透析のうち、1つ以上を継続的に実施する(断続的な場合も含めて概ね6か月以上)場合。 中等症 上記治療が継続的には必要でない場合。 軽症 上記治療が不要な場合。[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!