Edit concept Question Editor Create issue ticket

Dグリセリン酸尿


治療

  • 目次に戻る 第4章 管理・治療 腎結石の治療 東 義人 医療法人医仁会 武田総合病院泌尿器科 副院長 要旨 腎結石の手術的治療法はここ 20 数年の間に激変した.今や体外衝撃波砕石術(ESWL)と経皮的腎砕石術(PNL)による,いわゆる低侵襲的治療術式が中心となり,開放手術の施行頻度が激減した.本稿では,ESWL については基本原理を中心に,また PNLについては基本的な術式を中心に述べる.手術的治療においては,1つの術式にこだわることなく,両術式の長所を生かした併用療法を臨機応変に採用することが[saishin-igaku.co.jp]
  • SGLT2阻害剤の投与を受ける糖尿病患者に使用される、尿路感染症の予防又は治療剤であって、D-マンノース若しくはその誘導体又はクランベリー果実成分を含有する、予防又は治療剤。 SGLT2阻害剤の投与を受ける糖尿病患者に使用される、尿路感染症の予防又は治療剤であって、D-マンノース若しくはその誘導体を含有し、クランベリー果実成分と併用される、予防又は治療剤。 前記誘導体がD-マンニトール又はα メチル D-マンノシドである、請求項1又は2に記載の予防又は治療剤。[biosciencedbc.jp]
  • : 遊離カルニチン低値 正常;急性発症時,血漿中C8-C18アシルカルニチンエステル上昇 臨床的特徴: 発作性の急性肝不全,高アンモニア血症,脳症 治療: 肝移植 カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ(CPT-I)欠損症(255120) CPT-I CPT1A(11q13)* 生化学的プロファイル: 血漿中総カルニチンおよび遊離カルニチン正常 上昇,ジカルボン酸尿なし 臨床的特徴: 絶食に対する耐性低下,低ケトン性低血糖,肝腫大,痙攣発作,昏睡,クレアチンキナーゼ上昇 治療: 絶食の回避;頻回[msdmanuals.com]
  • 先天性代謝異常症の重症度評価(日本先天代謝異常学会)を一部修正 点数 I 薬物などの治療状況(以下の中からいずれか1つを選択する) a 治療を要しない 0 b 対症療法のために何らかの薬物を用いた治療を継続している 1 c 疾患特異的な薬物治療が中断できない 2 d 急性発作時に呼吸管理、血液浄化を必要とする 4 II 食事栄養治療の状況(以下の中からいずれか1つを選択する) a 食事制限など特に必要がない 0 b 軽度の食事制限あるいは一時的な食事制限が必要である 1 c 特殊ミルクを継続して使用[nanbyou.or.jp]

疫学

  • […] a) 一般的にPbB濃度が1.2μモル/ l (25μg/d l )以下の集団の疫学の断面研究および前向き研究からの最も実質的な証拠は、知能指数(IQ)の低下との関連性である。このような観察的研究は、鉛暴露との因果関係についての決定的な証拠とはなり得ない点に留意することが重要である。[nihs.go.jp]
  • 目次に戻る 第1章 概念・病因と疫学 疫 学 井口 正典 市立貝塚病院 院長 要旨 2005年に実施された尿路結石に関する全国疫学調査結果を中心に述べた.年間罹患率(人口 10 万人対)は男性 192 人,女性 79 人で,40 年間で約3倍増加し,10 年前との比較でも男性63%,女性 79% 増加した.生涯罹患率は男性 15.1%,女性 6.8% で,男性7人に1人,女性 15 人に1人が一生の間に一度は尿路結石症に罹患することになる.生活習慣病の一形態として尿路結石症を位置づける必要がある.[saishin-igaku.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 第2章 病理・病態生理 副甲状腺機能亢進症・骨粗鬆症 高見 博 帝京大学医学部外科学 教授 亀山 香織 慶応義塾大学医学部病理学 講師 要旨 副甲状腺腺腫と過形成は,組織学的には単結節か多結節か,normal rimの有無で鑑別しているが,実際は難しい.癌は被膜あるいは脈管侵襲により診断できる.骨粗鬆症は骨梁の数が減少するとともに菲薄化し,表面で破骨細胞の増加が認められる.[saishin-igaku.co.jp]
  • 総編集 浜松医科大学小児科准教授 福田 冬季子(ふくだときこ) 分担編集 国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第一部部長 西野 一三(にしのいちぞう) 分担編集 久留米大学医学部小児科教授 古賀 靖敏(こがやすとし) 分担編集 初版 B5判 272頁 2014年05月30日発行 ISBN9784787820938 定価:本体 7,200 円 税 冊 臨床現場において筋痛,筋硬直などさまざまな筋症状からまず代謝疾患を疑ったときに,どのようにアプローチして診断につなげたらよいかがわかる.病態生理[shindan.co.jp]

予防

  • SGLT2阻害剤の投与を受ける糖尿病患者に使用される、尿路感染症の予防又は治療剤であって、D-マンノース若しくはその誘導体又はクランベリー果実成分を含有する、予防又は治療剤。 SGLT2阻害剤の投与を受ける糖尿病患者に使用される、尿路感染症の予防又は治療剤であって、D-マンノース若しくはその誘導体を含有し、クランベリー果実成分と併用される、予防又は治療剤。 前記誘導体がD-マンニトール又はα メチル D-マンノシドである、請求項1又は2に記載の予防又は治療剤。[biosciencedbc.jp]
  • 一次症状の予防: 肝型PhK欠損症:低血糖もしくはケトーシスが存在する場合、予防のために複合炭水化物や蛋白質を多くした食事を摂取する。 筋型PhK欠損症:出版された情報はほとんどない。 二次合併症の予防: 肝型PhK欠損症:手術によっては術前にグルコースの静注を行い、つづいて術中・術後にも低血糖を予防するために静注する。全身麻酔では悪性高熱症の予防が必要である。 定期検査: 肝型PhK欠損症:代謝内科医もしくは栄養士による定期的な評価を行う。[grj.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!