Edit concept Question Editor Create issue ticket

CAID症候群


提示

障害
  • 80%あるいは%DLCO/VA 80%) 3、呼気中一酸化窒素濃度(FeNO) 35ppb 4-1)アレルギー性鼻炎の合併 4-2)気道可逆性(FEV1 12%かつ 200mLの変化(※3) 4-3)末梢血好酸球 5%あるいは300/μL 4-4)IgE高値(総IgEあるいは吸入抗原) 喘息とCOPDのオーバーラップ診断と手引きより引用 用語解説 ※1)、胸部CTにおける気腫性変化を示す低吸収領域の存在とは 肺胞壁の破壊により空洞が形成され、CT画像で黒く見える部分があること ※2)、肺拡散能障害[satojuichi-cl.com]
頭痛
  • 1 急性発症する左右対称性の四肢末端部の関節炎 2 新たな頭痛初めて経験する、あるいは経験したことのない局所性頭痛 3 50歳以上(最近の研究で若い年代の方にもみられることがわかってきました) 4 リウマトイド因子陰性 予後 病名にもあるように、予後はとても良好です。 この病気はステロイド薬の効果が顕著で、中等度のステロイドですぐによくなります。しかし、薬をすぐに 中止すると再発することがあるので、慎重に薬の量を減らしていかなくてはなりません。[urban-clinic.jp]
高血圧症
  • 【その他】 このHeyde症候群は、高度な大動脈弁狭窄症によって生じる高 ずり応力 が主因となっているが、高ずり応力を来す他の循環器疾患、すなわち、肥大型閉塞型心筋症や肺血圧等、さらには、経皮的補助循環PCPS、体外式左室補助LVAD、埋め込み型補助人工心臓等の機械的補助循環治療に際してもaVWSが生じることが報告されており注目されている。[jsth.org]

治療

  • […] iPS細胞技術とIoT(Internet of Things)を臨床現場に活かし、安全性を担保しながら効率のよい創薬を進めることで、今後も治療法のない難治性疾患の患者さんに一刻も早く新しい治療薬を届けることを目指します。 プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。[keio.ac.jp]
  • ACOでは長時間作用性β2刺激薬 / 吸入ステロイド薬配合薬、あるいは吸入ステロイド薬と長時間作用性抗コリン薬で治療を開始します。 治療効果をみながら長時間作用性β2刺激薬、あるいは長時間作用性抗コリン薬を適宜追加し、管理目標に沿った治療を行います。[satojuichi-cl.com]
  • 血小板減少症と出血症状を呈するため、 特発性血小板減少性紫斑病 と診断され誤った治療を受けることが多い。 【疫学】 本症は100万人に1人の頻度とされる大変まれな疾患である。しかし、GPIb/IXを構成するGPIbα、GPIbβ、GPIXのいずれかの遺伝子のホモ接合性あるいは複合ヘテロ接合性変異により起こるため、500人に1人はヘテロ接合性保因者と計算される。日本人特有の遺伝子変異があり、九州沖縄地方で頻度が高い。[jsth.org]

疫学

  • 用語集(詳細説明) 解説 【病態・病因】 【疫学】 Tamura等の報告(J Atheroscler Thromb, 2015)によれば、高度大動脈弁狭窄症症例のほとんどで程度の差こそあれ、VWSの発症が認められている。そのうち消化管出血を頻度に関しては不明である。 【検査・診断】 高度大動脈弁狭窄症が有り、消化管出血をきたせば診断される。近年、この原因がaVWSと明らかとなり、aVWSの診断のためには VWF活性・抗原・マルチマー解析 が必要である。[jsth.org]
  • 疫学】 本症は100万人に1人の頻度とされる大変まれな疾患である。しかし、GPIb/IXを構成するGPIbα、GPIbβ、GPIXのいずれかの遺伝子のホモ接合性あるいは複合ヘテロ接合性変異により起こるため、500人に1人はヘテロ接合性保因者と計算される。日本人特有の遺伝子変異があり、九州沖縄地方で頻度が高い。 【検査と診断】 1)巨大血小板、2)血小板減少、3) 出血時間 延長、4)リストセチンによる血小板凝集欠如が古典的検査診断基準である。[jsth.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 特に大腸の検診は予防効果も大きく、とても重要です。 また、がんになった時に出やすい症状を覚えておきましょう。 大腸がん:血便、便の色が黒い、おなかにしこりが触れる、腹痛、おなかが張る、便秘と下痢を繰り返すなどの消化器症状が続く 子宮体がん:不正な出血、月経不順、下腹部痛など 尿路系のがん:血尿、腰・背中・わき腹の痛み、頻尿、排尿痛など 予防 大腸の内視鏡検査は、最大の予防法でもあります。[pref.saitama.lg.jp]
  • ACOの管理目標 1)症状およびQOLの改善 2)呼吸機能障害・気道過敏性亢進の改善 3)運動耐容能・身体活動性の向上および維持 4)疾患の進行・気道リモデリングの抑制 5)増悪の予防 6)合併症・併存症の予防と治療 7)生命予後の改善 8)治療薬による副作用の回避 長時間作用性β2刺激薬 / 吸入ステロイド薬配合薬の種類 一般名 商品名 デバイス サルメテロールキシナホ酸塩(β2刺激薬) フルチカゾンプロピオン酸エステル(ICS) アドエア ディスカス エアゾール ホルモテロールフマル酸塩水和物[satojuichi-cl.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!