Edit concept Question Editor Create issue ticket

B 細胞リンパ腫


提示

  • WHO方式癌疼痛治療ガイドライン [ 編集 ] 1986年、WHOは癌疼痛治療に関するReport " Cancer Pain Rerief "(癌の痛みからの解放)を報告し、癌疼痛治療に関する新しい考え方を提示した。この考え方を基本とする疼痛治療法はWHO方式癌疼痛治療と呼ばれる。 WHO方式癌疼痛治療は鎮痛薬を鎮痛作用と特性を考慮して三つの種類に分類し、その使用について5つのガイドラインを提示している。[ja.wikipedia.org]
寝汗
  • 全身に拡がった場合は体重減少、寝汗、発熱、全身の倦怠感などの症状がでます。 検査 生検: 腫れたリンパ節など病巣の組織の一部をとりだし、病理組織検査によって顕微鏡で悪性リンパ腫であるかどうか、また、悪性度を調べます。 X線検査、CT検査、超音波検査、MRI検査: 病巣部位がどこまで拡がっているかを調べます。 血液検査: 白血球、赤血球、血小板の数値の変動および腎臓、肝臓の機能を調べて治療に耐えられるかどうか判断します。 治療 化学療法: 抗がん剤を用いてリンパ腫細胞を殺す治療法です。[onaka-kenko.com]
  • 全身的な症状としては発熱、体重の減少、盗汗(とうかん:顕著な寝汗)を伴うことがあり、これらの3つの症状を「B症状」といいます。 その他には、体のかゆみや皮膚の発疹、腫瘤(しゅりゅう)により気道や血管、脊髄(せきずい)などの臓器が圧迫されると、気道閉塞、血流障害、麻痺(まひ)などの症状があらわれ、緊急で治療が必要な場合もあります。 3.原因 発症の原因はまだ明らかではありませんが、細胞内の遺伝子に変異が加わり、がん遺伝子が活性化することで発症すると考えられています。[ganjoho.jp]
発熱
  • 発熱:38 より高い理由不明の発熱 ②寝汗:寝具(掛け布団、シーツなど)を変えなければならないほどのずぶ濡れになる汗 ③体重減少:診断前の6カ月以内に通常体重の10%を超す原因不明の体重減少 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成 2)予後因子 これまでの治療成績より治療効果についてのさまざまな条件が明らかになっています。これらの条件を予後因子と呼び、年齢、血清LDH、ヘモグロビン値、PS(パフォーマンスステータス)、病期、節外病変数などから評価します。[ganjoho.jp]
体重減少
  • 全身に拡がった場合は体重減少、寝汗、発熱、全身の倦怠感などの症状がでます。 検査 生検: 腫れたリンパ節など病巣の組織の一部をとりだし、病理組織検査によって顕微鏡で悪性リンパ腫であるかどうか、また、悪性度を調べます。 X線検査、CT検査、超音波検査、MRI検査: 病巣部位がどこまで拡がっているかを調べます。 血液検査: 白血球、赤血球、血小板の数値の変動および腎臓、肝臓の機能を調べて治療に耐えられるかどうか判断します。 治療 化学療法: 抗がん剤を用いてリンパ腫細胞を殺す治療法です。[onaka-kenko.com]
  • ①発熱:38 より高い理由不明の発熱 ②寝汗:寝具(掛け布団、シーツなど)を変えなければならないほどのずぶ濡れになる汗 ③体重減少:診断前の6カ月以内に通常体重の10%を超す原因不明の体重減少 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成 2)予後因子 これまでの治療成績より治療効果についてのさまざまな条件が明らかになっています。これらの条件を予後因子と呼び、年齢、血清LDH、ヘモグロビン値、PS(パフォーマンスステータス)、病期、節外病変数などから評価します。[ganjoho.jp]
貧血
  • ログイン 新規会員登録 血液疾患関連論文( 一覧 ) ヘモクロマトーシスの遺伝子変異、疾病罹病率高い (BMJ) 後天性TTPへのcaplacizumab、血小板数を早期に正常化 (NEJM) 退院時の中等度貧血に赤血球輸血は不要?[m3.com]
  • 腫瘍の診断 [ 編集 ] 今までの診療の歴史からみて、もっとも重要な診断手段は症状や不定愁訴(疲労、体重減少、原因不明の貧血その他の癌に付随した症状)である。しばしば健康診断によって局在性の悪性腫瘍が発見される。 診断方法を次に示す。[ja.wikipedia.org]
リンパ節腫脹
  • MCLはリンパ腫脹が初めに認められることが多く、骨髄や肝臓といった他の組織に広がる場合があります *2 。MCL患者の全生存期間の中央値は3 4年です *3 。 併合解析では、第II相試験および第III相試験(SPARK試験、PCYC-1104試験およびRAY試験;n 370)の結果とこれらの試験の長期継続試験であるCAN3001試験に組み入れた87例の追加フォローアップの結果を用いました。イムブルビカ を3年以上投与した患者は83例、4年以上投与した患者は40例です。[janssen.com]
  • 目次に戻る 第3章 診 断 鑑別診断 2.壊死性リンパ節炎 森 政樹 自治医科大学内科学講座血液学部門 講師 要旨 壊死性リンパ節炎は亜急性の経過をとり,東アジア地域からの報告が多く,Kikuchi-Fujimoto disease(菊池-藤本病,KFD)として知られている.良性のリンパ腫脹,発熱などで発症するが,抗菌薬不応である.全身性の症状はまれで,多くは自然寛解するが,1ヵ月から10年の間隔で再発する場合もある.全身性エリテマトーデス(SLE)との類似性が指摘され,抗核抗体陽性例で再発しやすい[saishin-igaku.co.jp]
疲労
  • 腫瘍の診断 [ 編集 ] 今までの診療の歴史からみて、もっとも重要な診断手段は症状や不定愁訴(疲労、体重減少、原因不明の貧血その他の癌に付随した症状)である。しばしば健康診断によって局在性の悪性腫瘍が発見される。 診断方法を次に示す。[ja.wikipedia.org]
めまい
  • 治療により、記憶、ならびに眠気、混乱、虚弱、めまい、発作など、身体調節に一時的な問題が生じる場合があるため、患者さんはCTL019の投与後8週間は、運転、重機の操作、あるいは危険な活動をしないでください。 CTL019の最も一般的な副作用には呼吸困難、発熱(100.4 F/38 C以上)、悪寒/悪寒による震え、混乱、重症の悪心、嘔吐および下痢、重症の筋肉または関節痛、重度の低血圧またはめまい/ふらつきなどがあります。ただし、可能性のあるCTL019の副作用はこれがすべてではありません。[novartis.co.jp]
脾腫
  • 欧米では、ほとんどが欧米型と呼ばれる典型例で、臨床所見はを認めるがリンパ節腫大は認めないかあって軽度である。検査所見は、骨髄検査では約半数の症例でdry tapとなり、汎血球減少を認める。末梢血でも白血球数が少なくHCL細胞の出現も少ない。 HCL細胞 は大型で細胞質は広く、その名のごとく細胞周辺にベール状の突起を有する。通常の標本では単球とリンパ球の中間的形態を示し、有毛性の細胞を観察することが困難なことが多い。[beckmancoulter.co.jp]
嘔吐
  • 主な副作用は、吐き気・嘔吐(おうと)、骨髄抑制やリツキシマブの点滴時におこるインフュージョンリアクション(発熱、皮疹などアレルギーのような症状)などがあります。 閉じる 図1 限局期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成 2)進行期 進行期の標準治療は、R-CHOP療法を6 8コース行います。治療で完全奏効すれば、その後は無治療で経過観察を行います。念のために巨大腫瘤のあったところに放射線治療を追加することもあります。[ganjoho.jp]
  • 消化管にできた高分化型リンパ腫 雑種猫・17歳・避妊済み雌 血便を伴う下痢と、一週間続く嘔吐を主訴に来院。 触診で腹腔内にしこりを見つけ、超音波検査にて小腸が腫瘤状になっていることが疑われた。腸管の細胞診を行ったが、診断に至らなかったため試験開腹手術を行った。 切除した腸管 病理組織検査と遺伝子検査によりT細胞性高分化型リンパ腫と診断された。[ikejirivet.com]
  • 一般的な副作用は、骨髄抑制や吐き気、嘔吐、下痢 、口内炎 、脱毛、発熱などです。予測される副作用に対して対策を立てて治療を行います。 閉じる 2)分子標的療法 分子標的薬はがん細胞に特徴的な分子を標的とした薬剤です。従来の抗がん剤と組み合わせて投与することもあります。 代表的な分子標的薬は、B細胞の表面にある「CD20」という分子を標的とするリツキシマブです。[ganjoho.jp]
吐き気
  • 主な副作用は、吐き気・嘔吐(おうと)、骨髄抑制やリツキシマブの点滴時におこるインフュージョンリアクション(発熱、皮疹などアレルギーのような症状)などがあります。 閉じる 図1 限局期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成 2)進行期 進行期の標準治療は、R-CHOP療法を6 8コース行います。治療で完全奏効すれば、その後は無治療で経過観察を行います。念のために巨大腫瘤のあったところに放射線治療を追加することもあります。[ganjoho.jp]
  • 一般的な副作用は、骨髄抑制や吐き気、嘔吐、下痢 、口内炎 、脱毛、発熱などです。予測される副作用に対して対策を立てて治療を行います。 閉じる 2)分子標的療法 分子標的薬はがん細胞に特徴的な分子を標的とした薬剤です。従来の抗がん剤と組み合わせて投与することもあります。 代表的な分子標的薬は、B細胞の表面にある「CD20」という分子を標的とするリツキシマブです。[ganjoho.jp]
  • 化学療法の副作用は、胃腸症状(吐き気、便秘、口内炎)、 脱毛, 手足のしびれ, 肝臓や腎臓の機能障害, 心筋障害, 肺炎などがありますが、発症率や程度は様々でほとんどの場合重篤には至らず回復します。必ず起こる副作用に血液細胞の減少(骨髄抑制)があり、特に白血球減少時には免疫力が低下し感染症を併発しやすく注意が必要です。しかし近年は副作用対策が進んでおり、病状が安定すれば外来通院で化学療法が受けられるようになっています。[kouritu-cch.jp]

治療

  • それぞれのがんの解説「悪性リンパ腫」では、悪性リンパ腫の治療の全体像や大まかな治療の流れなどを解説していますので、併せてご参照ください。 2.治療 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の基本的な治療は、がん細胞の中の増殖に関わる分子だけを標的とした分子標的薬のリツキシマブと、化学療法を併用するR-CHOP療法、放射線治療の組み合わせです。病気の進行度(病期)や病変の大きさによって、治療の期間や組み合わせが変わってきます。 図1、2は、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療の大まかな流れです。[ganjoho.jp]
  • DLBCL患者さんの10 15%は初期治療に反応を示さない、または治療から3カ月以内に再発しており、さらに20 25%が治療に初期反応を示した後、再発しています 5 。DLBCL患者さんの40%近くが再発・難治性DLBCLで死亡します 7 。[novartis.co.jp]
  • (Ann Intern Med) ブレンツキシマブ ベドチン CHP療法、T細胞リンパ腫のOS改善 (Lancet) 高齢の未治療CLL、イブルチニブでPFS改善 (NEJM) 多発性骨髄腫へのイキサゾミブでPFS改善 (Lancet) 高齢の未治療CLL、イブルチニブでPFS改善 (NEJM) 成人DLBCLへのtisagenlecleucel、高い奏効持続率 (NEJM) 再発性・難治多発性骨髄腫へのエロツズマブ併用で死亡リスク減 (NEJM) 急性白血病にレボフロキサシンで菌血症リスク減 ([m3.com]

疫学

  • 1)疫学・統計 わが国の非ホジキンリンパ腫の30 40%を占めており、最も発生頻度の高い病型です。 2)症状 多くの場合無症状ですが、全身のあらゆる臓器から発生するため、症状がある場合は病変がある部位によってその症状は異なります。典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少ですが、例えば中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)など、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。[ganjoho.jp]
  • 表1 非ホジキンリンパ腫の分類 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成 5.疫学・統計 新規罹患(りかん)患者数は、2005年の結果では16,991人、罹患率は人口10万人あたり約13人と年々増加傾向にあります。男女比は約3:2と男性に多く、60 70歳代が発症のピークとなっています。 7.[ganjoho.jp]
  • 要旨 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 79/血液9 悪性リンパ腫 第1章 概念・定義と疫学 概念・定義 加藤 省一 名古屋大学医学部附属病院病理部 要旨 悪性リンパ腫の診断において,病変が腫瘍性か反応性か,腫瘍とすればリンパ腫か非リンパ球系腫瘍か,リンパ腫とすればいずれの疾患単位に属するか,が常に問題となる.個々の診断に際しては,単に組織像のみにとどまらず,腫瘍細胞の生物学的性状の総合的な評価が必要とされる.腫瘍発生部位,免疫学的表現型,染色体転座,さらにウイルス学的所見などの評価が必要[saishin-igaku.co.jp]
  • 1)疫学 わが国では悪性リンパ腫の約15 20%を占めており、近年増加しています。高齢者に多く、年齢別の罹患(りかん)率は60歳代で増加傾向があります。 2)症状 頸部(けいぶ)、胸部、腹部などのリンパ節が腫れるほかは自覚症状に乏しく、気付かないうちに病期(ステージ)が進んでいる場合があります。病期が進んでいても無症状であることが少なくありません。また、症状がある場合でも病変の大きさに比べて症状が軽度であるのが特徴です。[ganjoho.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病態生理 城 有美 島根大学医学部附属病院腫瘍・血液内科 鈴宮 淳司 島根大学医学部附属病院腫瘍・血液内科 教授 要旨 一般的にホジキンリンパ腫(HL)は連続的な進展を示し,非ホジキンリンパ腫(NHL)は非連続的な進展を示すという特徴がある.リンパ腫の病態生理として,腫瘍自体によるものと腫瘍細胞が産生するサイトカインなどの生理活性物質により生じるものがある.病態はリンパ腫細胞の増殖の速さ,出現する部位や臓器が異なるため,リンパ腫の病理診断が極めて大切である.また[saishin-igaku.co.jp]

予防

  • (1)精巣原発 中枢神経系(脳)への再発が多いことがわかっており、予防のためR-CHOP療法に加えて、メトトレキサートという薬剤を脳脊髄(せきずい)液の中に髄注します。精巣への放射線照射(対側の精巣も含む)も併用します。 (2)中枢神経系(脳)原発 メトトレキサート大量療法を基本とした化学療法を行い、そのあと引き続いて放射線治療(全脳照射)を行います。 (3)胃原発 通常のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と同様の治療方針で、R-CHOP療法と放射線治療の組み合わせで治療を行います。[ganjoho.jp]
  • 目次に戻る 第4章 管理・治療 悪心,嘔吐などの有害事象の管理 鈴木 一史 東京慈恵会医科大学附属病院腫瘍・血液内科 要旨 がん薬物療法の有害事象である悪心,嘔吐対策は,催吐性リスクに応じた適切な予防治療である.高度リスクはアプレピタント 5HT3 受容体拮抗薬 デキサメタゾン,中等度リスクは5HT3 受容体拮抗薬 デキサメタゾンで予防する.コルチコステロイドとアプレピタントを併用するとコルチコステロイドの血中濃度が上昇するが,コルチコステロイドを含む治療レジメンを実施する場合もコルチコステロイド[saishin-igaku.co.jp]
  • 今までにない、より良い方法で疾患を予防・撲滅・治療・治癒し、人々の命に貢献することが私たちの望みです。そして、常に患者さんのことを考え、最も有望なサイエンスを追及しています。私たちヤンセンは、人々の希望と命を明日につなぐため、世界中とコラボレーションしています。さらに詳しい情報は www.janssen.com/japan をご覧ください。 * Disclaimer: Dr.[janssen.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!