Edit concept Question Editor Create issue ticket

B細胞慢性リンパ性白血病


治療

  • 放射線や化学物質、ウイルスなどとの因果関係は認められない [8] 治療 [ 編集 ] 慢性リンパ性白血病は進行が緩慢で、無治療でも長期生存が可能な患者も少なくない。 病期分類 によって治療手段が違い、リンパ球の増加のみで症状がなく安定している場合は治療によって生命予後が改善されるとは限らない [9] 。[ja.wikipedia.org]
  • ※会員のみ閲覧可能  【JALSG 30周年記念国際シンポジウム 特設ページ】  日本成人白血病治療共同研究グループの歴史、規約、細則、組織図、そして役員・常設委員会・疾患別委員会の方々の紹介をいたします。 日本全国にある白血病診断・治療を行っている参加施設一覧です。地方別一覧と施設番号順表示がございます。 現在行われている診断・治療に関する研究と症例登録状況、新規登録終了した試験の登録数と概要一覧です。[jalsg.jp]
  • 数ヶ月の治療後、症状が改善し、1ヶ月以上安定した状態が続けばいったん治療は中止します 新しく承認されたリツキサンというモノクローナル抗体による免疫療法も行われています。 同種造血幹細胞移植を用いた大量の抗がん剤による治療も行われています。 脾臓がはれてきた場合には、脾臓に放射線療法を行うこともあります。 治療不応状態 標準的治療を受けていても、予想に反して治療効果が十分に達成できないこともあります。病気が残り、しかも薬が効かない状態を治療不応といいます。[niigata-cc.jp]

疫学

  • 以上のように、慢性リンパ性白血病の診断では免 疫学 的解析と 遺伝子 解析を行います。免疫学的解析では、細胞表面のマーカーをみます。細胞表面マーカーにはCD分類というマーカーがあります。 CD1 CD371まで現在では見つけられていて、細胞ごとに染まる組み合わせは決められています。普通のB細胞ではCD19,20,21,37,40,75,79a,b,という組み合わせで染まります。 しかし、慢性リンパ性白血病で発生する異常B細胞においてはCD5,19,20,23が陽性になります。[oncolo.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。アメリカに移住した日系人にもやはり少なく、環境や食事よりも人種による差が大きい疾患であると考えられる [3] 。 高齢者に多く、診断時の平均年齢はおよそ70歳である。また男性に多く、男女比は2-2.5:1程度である [3] 。 検査・診断・鑑別 [ 編集 ] 基本は血液検査である。[ja.wikipedia.org]
  • キーワード 消化管間質腫瘍(GIST)、ネオアジュバント治療、イマチニブ 目次へ戻る 投稿 真性多血症の診断と治療 ―プライマリ・ケア医のための基礎知識― 山口 博樹* * 日本医科大学血液内科 准教授 要 旨 真性多血症(PV)は骨髄増殖性腫瘍の1病型で,多くの場合,汎血球増加を来すが,特に赤血球数の増加が顕著である.本疾患は疾患進行の過程で高率に血栓症を合併するため,その症候,身体所見,検査所見を総合して早期に診断し,治療に結びつけることは重要である.本稿では,PVにおける疫学,病態,最近改訂[saishin-igaku.co.jp]
  • 科学評論社、2011年、pp.159-165 仲 一仁、平尾 敦「CML幹細胞の制御メカニズム」『Annual Review 血液 2011』、中外医学社、2011年、p.8-14 中原 史雄「慢性骨髄性白血病の急性転化におけるHes1の関与」『臨床血液』Vol.52 No.6、日本血液学会、2011年、pp.329-336 平尾 敦「白血病幹細胞を標的にした新たな治療法の開発」『臨床血液』Vol.52 No.7、日本血液学会、2011年、pp.484-489 松尾 恵太郎 伊藤 秀美「骨髄性白血病の疫学[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • […] iMedicine. 5』リブロ・サイエンス、2010年、ISBN 978-4-902496-31-4 放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編集『原爆放射線の人体影響』改訂第2版、文光堂、2012年、ISBN 978-4-8306-3741-4 松下 正幸 著『医学用語の成り立ち』榮光堂、1997年、ISBN 978-4-900410-16-9 宮内 潤、泉二 登志子 編『骨髄疾患診断アトラス : 血球形態と骨髄病理』中外医学社、2010年、ISBN 978-4-498-12562-9 村川 裕二 総監修『新・病態生理[ja.wikipedia.org]

予防

  • 合併症・支持療法 化学療法時には,好中球減少に伴う発熱(発熱性好中球減少症)を大半で生じ,敗血症に準じて抗菌薬投与が行われる.また,好中球減少期にはG-CSFの予防投与が行われる.貧血,血小板減少に対する輸血,腫瘍崩壊症候群予防のための十分な補液と尿酸生成阻害薬の投与が推奨される.[大西一功] 文献 Bassan R, Hoelzer D: Modern therapy of acute lymphoblastic leukemia.[kotobank.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!