Edit concept Question Editor Create issue ticket

骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病


提示

血尿
  • 出血(頻度不明注1)) 脳出血、頭蓋内出血、消化管出血、眼出血、血尿、処置後出血等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。 間質性肺疾患(頻度不明注1)) 間質性肺疾患があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状を十分に観察し、異常が認められた場合には、胸部X線、胸部CT等の検査を実施すること。間質性肺疾患が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。[kegg.jp]
関節痛
  • 特発性正常圧水頭症 逆流性食道炎 なかなか治らない乾癬 保険外リハビリ 統合失調症 気分障害(うつ・双極性障害) お薬を探す よく検索されてるお薬 ロキソニン レバミピド アムロジピン 年令や性別からお薬を探す 子ども お年寄り 女性 男性 体の部位からお薬を探す 目 皮膚 アレルギー 食中毒 新着お薬 オラセフ錠250mg 強力バロネス内服液 1本 症状・病状から病気を探す よく検索される疾患 糖尿病 ヘルペス じんま疹 部位別に病気を調べる 皮膚 うつ・こころ のど 症状から病気を調べる 頭痛 腹痛 腰痛、関節[qlife.jp]
  • 口唇炎、齲歯、歯痛、口腔内出血、歯肉出血、痔出血、歯肉腫脹、歯肉痛、胃炎、腸炎 消化不良 皮膚 発疹、そう痒症 接触性皮膚炎、蕁麻疹、点状出血、紅斑、紫斑、斑状出血、皮下出血 脱毛症、皮膚乾燥、皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群) 腎臓及び尿路系 尿蛋白陽性、尿潜血陽性、血中クレアチニン増加、BUN増加 尿糖陽性、排尿困難、尿閉 その他 注射部位反応(紅斑、発疹、そう痒感、硬結等)、倦怠感 発熱、四肢痛、背部痛、浮腫 疲労、胸痛、脱力感、血腫、胆嚢炎、関節[kegg.jp]
耳鳴り
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠感や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
貧血
  • 症状は貧血、出血、感染症 無症状かあるいは原因不明の慢性貧血でみつかることが多いです。あるいは通常の血液検査で末梢血中に芽球の存在を見いだされ診断につながることがあります。主たる症状は慢性貧血、出血、感染症ですが、これらは再生不良性貧血でもみられるものであり、MDSに特異的な症状ではありません。貧血は大球性から小球性までさまざまです。 MDS AMLの進行例は予後不良 予後良好の不応性貧血で生存年数は約5年、予後不良のタイプでは1年程度であるとされています。後者は急性白血病化症例です。[tokushukai.or.jp]
  • 骨髄異形成症候群の骨髄所見および生存期間 分類 診断基準 生存期間中央値(年) 不応性貧血 網状赤血球減少を伴う貧血 赤芽球過形成および赤血球生成障害を伴う正常または過形成の骨髄 芽球は有核骨髄細胞(NMC)の5%以下 5 鉄芽球を伴う不応性貧血 不応性貧血に同じであるが,NMCの15%を超える環状鉄芽球を伴う 5 芽球増加を伴う不応性貧血 血球の形態学的異常を伴う2つ以上の血球系の血球減少症 赤血球異形成および顆粒球異形成を伴う過形成の骨髄 芽球がNMCの5 20% 1.5 慢性骨髄単球性白血病[msdmanuals.com]
  • 貧血の診断手順 8. 巨赤芽球性貧血と悪性貧血 9. 溶血性貧血 10. 鉄欠乏性貧血 11. 赤芽球癆 12. 慢性疾患随伴性貧血 13. 好中球減少症(無顆粒球症) 14. 脂質蓄積症(リピドーシス) 15. チェディアック-東異常症(症候群) 16. 特発性血小板減少性紫斑病 17. 再生不良性貧血 第4章 骨髄増殖性腫瘍 18. 骨髄増殖性腫瘍 概説 19. 慢性骨髄性白血病 20. 慢性好中球性白血病 21. 慢性好酸球性白血病 22. 真性赤血球増加症(真性多血症) 23.[kokodo.co.jp]
  • 不応性貧血: 血液中の赤血球が非常に少なく、患者さんに貧血がみられます。白血球数と血小板数は正常です。 環状鉄芽球を伴う不応性貧血: 血液中の赤血球が非常に少なく、患者さんに貧血がみられます。赤血球中に過度に多くの鉄がみられます。白血球数と血小板数は正常です。 過剰な芽球を伴う不応性貧血: 血液中の赤血球が非常に少なく、患者さんに貧血がみられます。骨髄中の細胞の5 19%が芽球ですが、血液中に認められる芽球数は正常です。また白血球と血小板に変化のみられることがあります。[imic.or.jp]
発熱
  • Vyxeos に多くみられる副作用としては、出血性イベント(出血)、白血球数低値を伴う発熱発熱性好中球減少症)、発疹、組織腫脹(浮腫)、悪心、粘膜の炎症(粘膜炎)、下痢、便秘、筋骨格痛、疲労、腹痛、息切れ(呼吸困難)、頭痛、咳嗽、食欲減退、心拍リズムの異常(不整脈)、肺感染(肺炎)、血液感染(菌血症)、悪寒、睡眠障害および嘔吐が挙げられる。 ダウノルビシン、シタラビンまたは製剤のいずれかの成分に対する重篤な過敏症歴のある患者に対して、 Vyxeos を使用してはならない。[cancerit.jp]
  • 逆流性食道炎 なかなか治らない乾癬 保険外リハビリ 統合失調症 気分障害(うつ・双極性障害) お薬を探す よく検索されてるお薬 ロキソニン レバミピド アムロジピン 年令や性別からお薬を探す 子ども お年寄り 女性 男性 体の部位からお薬を探す 目 皮膚 アレルギー 食中毒 新着お薬 オラセフ錠250mg 強力バロネス内服液 1本 症状・病状から病気を探す よく検索される疾患 糖尿病 ヘルペス じんま疹 部位別に病気を調べる 皮膚 うつ・こころ のど 症状から病気を調べる 頭痛 腹痛 腰痛、関節痛 発熱[qlife.jp]
疲労
  • 男性あるいは白人である 年齢が60歳以上である 化学療法または放射線療法の前治療歴がある 喫煙、殺虫剤、ベンゼンなどの溶剤を含む特定の化学物質の曝露歴がある 水銀あるいは鉛といったような重金属の曝露歴がある 骨髄異形成症候群を疑う徴候として疲労感、息切れがあります。 骨髄異形成症候群では初期症状が全くみられないことが多く、時に日常的血液検査中に発見されることがあります。他の状況においても同様の症状がみられることがあります。[imic.or.jp]
  • Vyxeos に多くみられる副作用としては、出血性イベント(出血)、白血球数低値を伴う発熱(発熱性好中球減少症)、発疹、組織腫脹(浮腫)、悪心、粘膜の炎症(粘膜炎)、下痢、便秘、筋骨格痛、疲労、腹痛、息切れ(呼吸困難)、頭痛、咳嗽、食欲減退、心拍リズムの異常(不整脈)、肺感染(肺炎)、血液感染(菌血症)、悪寒、睡眠障害および嘔吐が挙げられる。 ダウノルビシン、シタラビンまたは製剤のいずれかの成分に対する重篤な過敏症歴のある患者に対して、 Vyxeos を使用してはならない。[cancerit.jp]
  • 骨髄異形成症候群の徴候や症状には、息切れや疲労感などがあります。 骨髄異形成症候群では、初期の 徴候 や 症状 がみられないことがよくあります。一般検診で行われる 血液検査 で発見されることもあります。徴候や症状が骨髄異形成症候群により引き起こされることがありますが、その他の 病態 によって生じることもあります。以下の症状が1つでも認められた場合は、医師の診察を受けてください: 息切れ。 衰弱または疲労感。 普段よりも皮膚が青白い。 あざや出血が生じやすい。[cancerinfo.tri-kobe.org]
倦怠感
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
  • 症状 としては全身倦怠、出血、頭痛、手足のしびれなどの知覚症状、めまいなどが存在し ます。生命予後は比較的良好であり、10年生存率は60-80%と報告されています。骨髄 検査では著明な巨核球増加が見られ、異形成を伴う巨核球も散見され、PVとの鑑別は 困難となります。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 症状 [ 編集 ] 受診のきっかけとなる初期症状としては、 鼻血や歯肉からの出血が止まりにくい、 紫斑 、点状出血ができるなどの易 出血 症状 風邪だと思っていたがなかなか熱が下がらないなどの 感染症 全身倦怠 ・ 息切れ などの 貧血 症状 などがある。 健康診断で数値異常を指摘され、発見される場合もまれにはある。[ja.wikipedia.org]
蒼白
  • 以下の障害がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 息切れ 脱力感または疲労感 通常よりも皮膚が蒼白にみえる 内出血や出血が生じ易い 点状出血(出血による皮下の平らで点状のしみ) 発熱または頻繁な感染 骨髄異形成症候群を発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。 以下の試験や手法が用いられます。 身体所見および既往歴: 全身を調べて、しこりや何か異常にみえるものなど疾患徴候を含めた一般的健康状態をチェックします。[imic.or.jp]
点状出血
  • 以下の障害がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 息切れ 脱力感または疲労感 通常よりも皮膚が蒼白にみえる 内出血や出血が生じ易い 出血(出血による皮下の平らで点状のしみ) 発熱または頻繁な感染 骨髄異形成症候群を発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。 以下の試験や手法が用いられます。 身体所見および既往歴: 全身を調べて、しこりや何か異常にみえるものなど疾患徴候を含めた一般的健康状態をチェックします。[imic.or.jp]
  • 出血 (皮下の出血によって生じる平坦で小さな斑点)。 骨髄異形成症候群の発見と診断には、血液や骨髄を調べる検査法が用いられます。 以下のような検査法や手技が用いられます: 身体診察と病歴 聴取:しこりなどの通常みられない疾患の徴候に注意しながら、総体的に身体を調べる診察法。患者さんの健康習慣、過去の病歴、治療歴なども調べます。 全血球算定(CBC)と分画 :血液を採取して以下の項目について調べる検査法: 赤血球と血小板の数。 白血球の数と種類。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • ・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感、低酸素血症、呼吸困難、喀血、咳嗽 肺浸潤 消化器 便秘 悪心、下痢、口内炎、嘔吐、歯周病、腹痛、腹部膨満、痔核 腹部不快感、口唇乾燥、肛門周囲痛、舌炎、口唇炎、齲歯、歯痛、口腔内出血、歯肉出血、痔出血、歯肉腫脹、歯肉痛、胃炎、腸炎 消化不良 皮膚 発疹、そう痒症 接触性皮膚炎、蕁麻疹、出血[kegg.jp]
  • 症状 [ 編集 ] 受診のきっかけとなる初期症状としては、 鼻血や歯肉からの出血が止まりにくい、 紫斑 、出血ができるなどの易 出血 症状 風邪だと思っていたがなかなか熱が下がらないなどの 感染症 全身倦怠感 ・ 息切れ などの 貧血 症状 などがある。 健康診断で数値異常を指摘され、発見される場合もまれにはある。[ja.wikipedia.org]
紫斑病
  • (ITP) 2 血栓性血小板減少性紫斑(TTP) 3 溶血性尿毒症症候群(HUS) 4 播種性血管内凝固(DIC) 5 メイ・ヘグリン異常 6 ベルナール・スーリエ症候群 15章 その他 1 敗血症 2 神経芽腫 3 骨髄癌腫症 4 血球貪食症候群(HPS) 5 Hematogones 6 EDTA依存性偽性血小板減少症 ※造血器腫瘍に関しては,主にWHO分類に準じて列記しているが,理解のしやすさを重視して,FAB分類による表記も併用している.また,WHO分類やFAB分類に含まれない疾患・病型も[igaku-shoin.co.jp]
  • 血液の病気には、 白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫 などのいわゆる血液のがんと、 再生不良性貧血や骨髄異形成症候群 のような血球(赤血球、白血球、血小板)を造れなくなる造血不全、 血小板減少性紫斑や血友病 のような血小板の数や機能の異常、血液凝固異常によって出血が止まらなくなる病気、などがあり、これらの病気の診断と治療を行っています。 診療には血液指導医、専門医を中心に血液の病気に精通したスタッフが対応しています。[hospital.med.gunma-u.ac.jp]
  • 特発性血小板減少性紫斑 17. 再生不良性貧血 第4章 骨髄増殖性腫瘍 18. 骨髄増殖性腫瘍 概説 19. 慢性骨髄性白血病 20. 慢性好中球性白血病 21. 慢性好酸球性白血病 22. 真性赤血球増加症(真性多血症) 23. 原発性骨髄線維症 24. 本態性血小板血症 25. 肥満細胞症 第5章 骨髄異形成・骨髄増殖性腫瘍 26. 骨髄異形成・骨髄増殖性腫瘍 概説 27. 慢性骨髄単球性白血病 28. 若年性骨髄単球性白血病 第6章 骨髄異形成症候群 29.[kokodo.co.jp]
歯肉出血
  • ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感、低酸素血症、呼吸困難、喀血、咳嗽 肺浸潤 消化器 便秘 悪心、下痢、口内炎、嘔吐、歯周病、腹痛、腹部膨満、痔核 腹部不快感、口唇乾燥、肛門周囲痛、舌炎、口唇炎、齲歯、歯痛、口腔内出血、歯肉出血[kegg.jp]
肝脾腫
  • が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる真菌感染症も起こりやすくなる. 3)出血: 血小板減少により出血を生じやすくなる.急性前骨髄球性白血病では凝固線溶異常が起こることが多く,播種性血管内凝固症の併発などにより重篤な出血をきたしやすい. 4)腫瘍崩壊症候群: 白血病細胞の崩壊により腫瘍崩壊症候群をきたし,凝固線溶異常,播種性血管内凝固症,高尿酸血症や腎障害を招くことがある. 5)臓器浸潤: 白血病細胞は中枢神経や皮膚,消化管,肝臓,脾臓など,さまざまな臓器に浸潤しうる.その結果,歯肉腫脹,[kotobank.jp]
  • 症状としては歯 肉、皮膚への浸潤、大、中枢神経浸潤を多く認めます。予後は中間 不良とされ ます。 本病型で見られる芽球はギムザ染色のみでは未分化型AMLと分化型AMLの芽球と区 別することが困難です。細胞化学的に 単球系細胞が染色(赤茶色)される非特異的エス テラーゼ染色(ブチレートエステラーゼ染色) と 顆粒球系細胞が染色(青色)されるクロロ アセテートエステラーゼ染色 による二重染色が本病型の診断に有用です。[med.osaka-cu.ac.jp]
肝腫大
  • 芽球が産生するサイトカインに起 因すると考えられる様々な症状を呈し、が進行すると肝線維症、肝不全となりま す。胸水、心嚢液、腹水、凝固障害、心不全、過粘稠症候群、脾壊死などを合併しま す。約80%の症例は数週間から3ヶ月で自然寛解しますが、約20%は早期死亡に至り ます。死因として肝不全、腎不全、呼吸循環不全、凝固障害などで診断時の白血球数が 10万以上および早期産児が早期死亡のリスク因子に挙げられています。[med.osaka-cu.ac.jp]
脾腫
  • を認める ・ 左肋骨弓から5cm以上のを触知 ・ 新たなを触知できる 4. 以下の症状が2つ以上見られる ・ 6ヶ月間に10%以上の体重減少がある ・ 盗汗 ・ 説明できない37.5 以上の発熱 * 補足: 真性多血症が造血幹細胞のクローン性疾患であることは1970年代に報告され ています。本態性血小板血症についても巨核球系細胞のみの異常ではなく、真性多血 症と同様に赤血球系、顆粒球系も巻き込んだ造血幹細胞レベルでのクローン性疾患で あることが示されています。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる真菌感染症も起こりやすくなる. 3)出血: 血小板減少により出血を生じやすくなる.急性前骨髄球性白血病では凝固線溶異常が起こることが多く,播種性血管内凝固症の併発などにより重篤な出血をきたしやすい. 4)腫瘍崩壊症候群: 白血病細胞の崩壊により腫瘍崩壊症候群をきたし,凝固線溶異常,播種性血管内凝固症,高尿酸血症や腎障害を招くことがある. 5)臓器浸潤: 白血病細胞は中枢神経や皮膚,消化管,肝臓,脾臓など,さまざまな臓器に浸潤しうる.その結果,歯肉腫脹,肝[kotobank.jp]
  • 、斑状出血、皮下出血 脱毛症、皮膚乾燥、皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群) 腎臓及び尿路系 尿蛋白陽性、尿潜血陽性、血中クレアチニン増加、BUN増加 尿糖陽性、排尿困難、尿閉 その他 注射部位反応(紅斑、発疹、そう痒感、硬結等)、倦怠感 発熱、四肢痛、背部痛、浮腫 疲労、胸痛、脱力感、血腫、胆嚢炎、関節痛、骨痛、筋力低下、筋肉痛、CRP増加、体重減少、筋痙縮、胸部不快感 脱水、悪寒、全身健康状態低下、カテーテル留置部位反応(紅斑、出血、感染等)、[kegg.jp]
頭痛
  • 特発性正常圧水頭症 逆流性食道炎 なかなか治らない乾癬 保険外リハビリ 統合失調症 気分障害(うつ・双極性障害) お薬を探す よく検索されてるお薬 ロキソニン レバミピド アムロジピン 年令や性別からお薬を探す 子ども お年寄り 女性 男性 体の部位からお薬を探す 目 皮膚 アレルギー 食中毒 新着お薬 オラセフ錠250mg 強力バロネス内服液 1本 症状・病状から病気を探す よく検索される疾患 糖尿病 ヘルペス じんま疹 部位別に病気を調べる 皮膚 うつ・こころ のど 症状から病気を調べる 頭痛[qlife.jp]
  • Vyxeos に多くみられる副作用としては、出血性イベント(出血)、白血球数低値を伴う発熱(発熱性好中球減少症)、発疹、組織腫脹(浮腫)、悪心、粘膜の炎症(粘膜炎)、下痢、便秘、筋骨格痛、疲労、腹痛、息切れ(呼吸困難)、頭痛、咳嗽、食欲減退、心拍リズムの異常(不整脈)、肺感染(肺炎)、血液感染(菌血症)、悪寒、睡眠障害および嘔吐が挙げられる。 ダウノルビシン、シタラビンまたは製剤のいずれかの成分に対する重篤な過敏症歴のある患者に対して、 Vyxeos を使用してはならない。[cancerit.jp]
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠感や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
  • 四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血中リン減少 血中カリウム減少・増加、血中ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛[kegg.jp]
めまい
  • らない乾癬 保険外リハビリ 統合失調症 気分障害(うつ・双極性障害) お薬を探す よく検索されてるお薬 ロキソニン レバミピド アムロジピン 年令や性別からお薬を探す 子ども お年寄り 女性 男性 体の部位からお薬を探す 目 皮膚 アレルギー 食中毒 新着お薬 オラセフ錠250mg 強力バロネス内服液 1本 症状・病状から病気を探す よく検索される疾患 糖尿病 ヘルペス じんま疹 部位別に病気を調べる 皮膚 うつ・こころ のど 症状から病気を調べる 頭痛 腹痛 腰痛、関節痛 発熱 息切れ、息苦しい めまい[qlife.jp]
  • 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血中リン減少 血中カリウム減少・増加、血中ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい[kegg.jp]
  • 症状 としては全身倦怠感、出血、頭痛、手足のしびれなどの知覚症状、めまいなどが存在し ます。生命予後は比較的良好であり、10年生存率は60-80%と報告されています。骨髄 検査では著明な巨核球増加が見られ、異形成を伴う巨核球も散見され、PVとの鑑別は 困難となります。[med.osaka-cu.ac.jp]
嗜眠
  • ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血中リン減少 血中カリウム減少・増加、血中ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠[kegg.jp]
下痢
  • Vyxeos に多くみられる副作用としては、出血性イベント(出血)、白血球数低値を伴う発熱(発熱性好中球減少症)、発疹、組織腫脹(浮腫)、悪心、粘膜の炎症(粘膜炎)、下痢、便秘、筋骨格痛、疲労、腹痛、息切れ(呼吸困難)、頭痛、咳嗽、食欲減退、心拍リズムの異常(不整脈)、肺感染(肺炎)、血液感染(菌血症)、悪寒、睡眠障害および嘔吐が挙げられる。 ダウノルビシン、シタラビンまたは製剤のいずれかの成分に対する重篤な過敏症歴のある患者に対して、 Vyxeos を使用してはならない。[cancerit.jp]
  • 過量投与 徴候・症状 外国臨床試験において、本剤290mg/m2を単回静脈内投与したところ、下痢、悪心及び嘔吐が発現した。 処置 本剤の過量投与時の解毒剤は知られていない。過量投与が起こった場合は、必要に応じて対症療法を行うこと。 適用上の注意 本剤のバイアルは1回使い切りである。残液をその後の投与に使用しないこと。 調製時 本剤は用時調製し、調製から1時間以内に投与を終了すること[安定性が低下するため]。[kegg.jp]
腹部膨満
  • アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血中リン減少 血中カリウム減少・増加、血中ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感、低酸素血症、呼吸困難、喀血、咳嗽 肺浸潤 消化器 便秘 悪心、下痢、口内炎、嘔吐、歯周病、腹痛、腹部[kegg.jp]
胸痛
  • 芽球は赤芽球・巨核芽球胸痛前駆細胞由来と考えられています。芽球細胞質は好塩 基性で粗造な好塩基性顆粒とblebと呼ばれる細胞特記を有します。骨髄では赤芽球系 と巨核球系の細胞の形態異常を認めることがあります。細胞表面抗原分析ではCD34、 CD56、CD117、CD13、CD33、CD7、CD41、CD42、CD61などが陽性となります。 ② ダウン症候群関連骨髄性白血病 ダウン症候群の小児は非ダウン症候群児の10-20倍の頻度で白血病を発症します。[med.osaka-cu.ac.jp]
鼻出血
  • 白血球減少では肺炎や敗血症など感染や発熱を生じ、血小板減少では出血など粘膜出血や手足の紫斑など出血傾向を生じます。 検査では骨髄検査が重要です。骨髄検査では造血細胞の形態異常の有無、骨髄芽球の増加の有無を判断します。同時に染色体検査を行います。 治療の目的と方法 MDSは治療により根治することが難しい疾患であるため、治療目標は元気な状態での延命です。治療方法は、芽球が増加しないタイプ、芽球が増加するタイプ、血球減少の程度や染色体異常の種類により異なります。[okayama-med.jrc.or.jp]
  • 白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血中リン減少 血中カリウム減少・増加、血中ナトリウム減少、血中クロール増加、血中カルシウム減少、血中リン増加、血中重炭酸塩減少・増加、血中尿酸減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 出血[kegg.jp]
呼吸困難
  • Vyxeos に多くみられる副作用としては、出血性イベント(出血)、白血球数低値を伴う発熱(発熱性好中球減少症)、発疹、組織腫脹(浮腫)、悪心、粘膜の炎症(粘膜炎)、下痢、便秘、筋骨格痛、疲労、腹痛、息切れ(呼吸困難)、頭痛、咳嗽、食欲減退、心拍リズムの異常(不整脈)、肺感染(肺炎)、血液感染(菌血症)、悪寒、睡眠障害および嘔吐が挙げられる。 ダウノルビシン、シタラビンまたは製剤のいずれかの成分に対する重篤な過敏症歴のある患者に対して、 Vyxeos を使用してはならない。[cancerit.jp]
  • 間質性肺疾患(頻度不明注1)) 間質性肺疾患があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状を十分に観察し、異常が認められた場合には、胸部X線、胸部CT等の検査を実施すること。間質性肺疾患が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。 心障害 心房細動(3.8%)、心不全(1.9%)等の心障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、症状や徴候がみられた場合には速やかに検査を行い、投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。[kegg.jp]
  • 全身症状として全身倦怠感、呼吸困難、体重減少、夜間盗汗、微 熱、体重減少、出血傾向が見られます。 前線維期に診断される症例は30-40%で 骨髄検査では過形成性、好中球系と異型を 伴う巨核球が増加しています。赤芽球系は減少 しています。慢性骨髄性白血病、多血 症、本態性血小板血症と比較すると原発性骨髄線維症では巨核球の異型が著明であ り、診断のポイントとなります。巨核球は小型、著明な大型、裸核、成熟障害(核/細胞 質大)などが認められます。[med.osaka-cu.ac.jp]

精密検査

白血球減少
  • 主な副作用である白血球減少や血小板減少などの骨髄抑制に対応しつつ、3 6か月治療を続けているうちに効果が見られてくるようになります。 その意味でも、この薬も医師の診療実力により、患者さんの予後が左右される可能性があります。 5q-症候群に対するレナドマイド以外には、骨髄異形成症候群には有効な薬のないことを知り、上手に使っていく必要があります。[jalsg.jp]
  • 最も多くのgrade3以上の有害事象は,好中球減少症(65%),白血球減少症(38%),リンパ球減少症(38%)および血小板減少症(23%)であった。 結論 :レナリドミドは,再発または再燃ATL患者において,臨床的に有意な抗腫瘍活性および許容される毒性であり,治療選択肢となる可能性を示唆している。 ATLおよび他の成熟T細胞新生物におけるレナリドマイドのさらなる調査が期待される。"[osakacity-hp.or.jp]
  • 診断 不応性貧血,白血球減少症,または血小板減少症の患者(特に高齢者)では,MDSが疑われる。先天性疾患,ビタミン欠乏症,または薬剤の有害作用に起因する血球減少症を除外しなければならない。診断は,末梢血および骨髄の検査に加え,特定の血球系細胞の10 20%における形態学的異常の同定による。 貧血は,最も一般的な特徴であり,通常は大赤血球症および赤血球大小不同症を伴う。このような変化は,自動血球計算機を用いると,MCVおよび赤血球分布幅の増加により示される。[msdmanuals.com]
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠感や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
白血球増加
  • その他の副作用 50%以上 10〜50%未満 10%未満 頻度不明 注1) 感染症 鼻咽頭炎 咽頭炎、口腔カンジダ症、副鼻腔炎、蜂巣炎、肛門膿瘍、尿路感染、白癬感染、口腔ヘルペス 単純ヘルペス、鼻炎、ブラストミセス症、憩室炎、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振[kegg.jp]
  • またATRA治療中にAPL分化症候群 [註 2] と呼ばれる急激な白血球増加や発熱、浮腫、 ARDS 様の呼吸不全、腎不全、心不全を生じることがあるため、治療には注意を要する。レチノイン酸症候群が発症した場合はATRAを休薬し 副腎皮質ホルモン を投与する。なお、ATRA治療中は、絶対に トラネキサム酸 を投与してはならない( 参考記事 )。 原則としてアントラサイクリン系と標準量シタラビンとATRAを併用する。[ja.wikipedia.org]
  • 検査上、白血球増加(好中球、 好塩基球の増加)時折、未熟白血球(芽球以外)が出現、血小板増多は50%以上の症 例で認められます。骨髄検査では造血3系統の増加が認められますが、各系統の比率 に著しい差は認められません。巨核球系において異形成が目立つことがあります。染色 体異常は10-20%の症例で認められ、病勢が進行するにつれて多くなります。 8、 9、 del(20q)、del(13q)、del(1p)が多く見られますが、特異的な異常は報告されていません。[med.osaka-cu.ac.jp]
赤血球減少
  • 骨髄異形成症候群の骨髄所見および生存期間 分類 診断基準 生存期間中央値(年) 不応性貧血 網状赤血球減少を伴う貧血 赤芽球過形成および赤血球生成障害を伴う正常または過形成の骨髄 芽球は有核骨髄細胞(NMC)の5%以下 5 鉄芽球を伴う不応性貧血 不応性貧血に同じであるが,NMCの15%を超える環状鉄芽球を伴う 5 芽球増加を伴う不応性貧血 血球の形態学的異常を伴う2つ以上の血球系の血球減少症 赤血球異形成および顆粒球異形成を伴う過形成の骨髄 芽球がNMCの5 20% 1.5 慢性骨髄単球性白血病[msdmanuals.com]
  • 重大な副作用及び副作用用語 重大な副作用 骨髄抑制 好中球減少症(発熱性好中球減少症を含む)(88.7%)、血小板減少症(86.8%)、白血球減少症(84.9%)、赤血球減少症(67.9%)、リンパ球減少症(52.8%)、汎血球減少症(頻度不明注1))、貧血(頻度不明注1))、無顆粒球症(頻度不明注1))等があらわれることがあるので、定期的に血液検査(血球数算定、白血球分画測定等)を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。[kegg.jp]
好酸球増加
  • 増加およびPDGFRA, PDGFRBまたはFGFR遺伝子異常を伴う骨髄系ならびにリンパ系腫瘍と慢性好酸球性白血病 III. 骨髄異形成 / 骨髄増殖性腫瘍 1. 慢性骨髄単球性白血病 ( CMML ) 2. 若年性骨髄単球性白血病 ( JMML ) 3. BCR - ABL1陰性非定型慢性骨髄性白血病 ( aCML ) 4. 著明な血小板増加症に関連した環状鉄芽球を伴う不応性貧血 ( RARS - T ) IV. 骨髄異形成症候群 1. 総論 2.[molcom.jp]
  • AML1-ETO: FAB分類ではM2に認められ,急性骨髄性白血病の10%を占める.t(8;21) をもつ症例では,分化傾向をもつ骨髄芽球が増殖する.t(8;21) 転座によりAML1-ETOキメラ遺伝子が形成される.AML1はRUNX1ともよばれ,造血細胞の分化に重要な役割を果たす転写因子である.AML1-ETOはAML1機能の阻害などを通して白血病発症に寄与する. 2)inv(16),t(16;16):CBFβ–MYH11: inv(16)(16番逆位)やt(16;16)はFAB分類M4E(増加[kotobank.jp]
  • その他の副作用 50%以上 10〜50%未満 10%未満 頻度不明 注1) 感染症 鼻咽頭炎 咽頭炎、口腔カンジダ症、副鼻腔炎、蜂巣炎、肛門膿瘍、尿路感染、白癬感染、口腔ヘルペス 単純ヘルペス、鼻炎、ブラストミセス症、憩室炎、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振[kegg.jp]
好塩基球増加
  • 好中球、塩基 増加、時に未熟な白血球が見られますが、芽球は一般に認められません。血小板増 加は50%以上の症例で認めます。約15%の症例でPV診断後約10年を経てpost-PV MF(消耗期)の状態に移行します(下記)。この時期になると原発性骨髄線維症よりも予 後は不良であり、大部分の症例が診断後約3年未満で死亡します。無治療の多血症症 例の平均寿命は18ヶ月と報告されています。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • その他の副作用 50%以上 10〜50%未満 10%未満 頻度不明 注1) 感染症 鼻咽頭炎 咽頭炎、口腔カンジダ症、副鼻腔炎、蜂巣炎、肛門膿瘍、尿路感染、白癬感染、口腔ヘルペス 単純ヘルペス、鼻炎、ブラストミセス症、憩室炎、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、塩基増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振[kegg.jp]

治療

  • 3)思春期・若年成人の場合 成人の治療法よりも小児の治療法のほうが治療成績が良好です。そのため小児の治療法と同じように、寛解導入療法、強化療法、維持療法の3段階で多剤併用化学療法を行います。 閉じる 急性リンパ性白血病(ALL)の予後因子 これまでの治療成績より、治療効果に影響するさまざまな条件が明らかになっており、これらを予後因子と呼びます。年齢と初診時の白血球数、白血病細胞の染色体・遺伝子異常、免疫学的分類、初期治療の反応性、中枢神経系への浸潤の有無などによって治療効果が異なります。[ganjoho.jp]
  • 治療選択肢の概要 骨髄異形成症候群の患者さんには様々な治療法が存在します。 骨髄異形成症候群 の患者さんは様々な治療を受けることができます。その中には 標準治療 (現在使用されている治療法)もあれば、 臨床試験 において検証中のものもあります。治療法の臨床試験とは、 がん の患者さんに対する既存の治療法の改良や、新しい治療法に関する情報収集を目的とした 調査研究 のことです。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • 目次に戻る 第4章 管理・治療 思春期・若年成人急性リンパ性白血病の治療 早川 文彦 名古屋大学医学部附属病院血液内科 要旨 思春期・若年成人急性リンパ性白血病(ALL)は,小児科,内科のはざまで両者により治療が行われ,統一された治療コンセプトがなかった.2000 年にこの世代の ALL 患者では,小児科で治療されたもののほうが,内科で治療されたものより良好な治療成績であることが示された.以降,小児プロトコールを用いて治療を行う内科グループの臨床研究が行われるようになり,従来の治療に比べて,大幅な[saishin-igaku.co.jp]

疫学

  • 目次に戻る 第1章 概念・分類と疫学 疫 学 松尾恵太郎 愛知県がんセンター研究所疫学予防部 室長 要旨 本邦のデータを用いた白血病の記述疫学情報を示した.急性骨髄性白血病(AML)は 50 歳以上に好発するが,一方急性リンパ性白血病(ALL)は幼児期,高齢者の双方に好発する.年齢調整罹患率は,AML,ALL 共に 1993 2005 年の間大きな変化を示していない.[saishin-igaku.co.jp]
  • BCL2阻害薬 [ 編集 ] DOT1L阻害薬 [ 編集 ] BET阻害薬 [ 編集 ] 疫学 [ 編集 ] 急性骨髄性白血病の発症率は年間人口10万人あたり3-4人と考えられている [16] [17] ので年間人口10万人あたり500人強罹患 [註 5] するがん全体の中では稀ながんである [18] 。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • WHO分類 [ 編集 ] 近年では、血液腫瘍疾患における病態生理の分子レベルでの解明に従い、分類の再構成が試されてきた。その結果、2000年には WHO造血器・リンパ組織・腫瘍分類 が発表され(第3版)、さらに2008年に改訂された(第4版) [3] 。 第4版においては大きく7つのカテゴリーに分類されている。 なお、本記事は「急性骨髄性白血病」であるが、ここではWHO分類に準じて「急性骨髄性白血病および関連前駆細胞性腫瘍」に関して記載する。[ja.wikipedia.org]

予防

  • チェックポイント阻害剤イピリムマブの臨床効果 京都大学・血液・腫瘍内科 北脇年雄…691 腸内細菌叢と急性GVHD がん・感染症センター都立駒込病院・血液内科 垣花和彦…697 白血病幹細胞とオートファジー 東京大学・血液・腫瘍内科 住友嘉樹,ほか…703 解説 思春期小児急性リンパ性白血病におけるMEF2D融合遺伝子 名古屋大学・先端医療・臨床研究支援センター 奥野友介…708 間葉系幹細胞を用いた急性GVHDの治療 日本医科大学多摩永山病院・血液内科 尾崎勝俊…714 ATGによる慢性GVHD予防[kahyo.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!