Edit concept Question Editor Create issue ticket

骨髄異形成


提示

  • 「 厚生科学審議会 疾病対策部会 指定難病検討委員会(第32回)【ペーパーレス】の開催について 」 平成31年3月20日(水)15:00 17:00 H31年2月21日 (厚生労働省からのお知らせ) 「 厚生科学審議会疾病対策部会 第60回難病対策委員会 資料 」 H30年9月10日 (厚生労働省からのお知らせ) 平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱いについて 平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による被災者に係る被保険者証等の提示[nanbyou.or.jp]
貧血
  • HOME 特定疾患情報 不応性貧血(骨髄異形成症候群) 医療機関情報 患者団体情報 研究班名簿 特定疾患情報 (一般利用者向け) 診断・治療指針 (医療従事者向け) FAQ (よくある質問と回答) 1. 不応性貧血(骨髄異形成症候群, MDS)とは 赤血球、白血球、血小板といった血液細胞(血球)は骨髄の中で造血幹細胞といわれる細胞より作られます。[web.archive.org]
  • 不応性貧血 (RA) 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 (RARS) 芽球増加を伴う不応性貧血 (RAEB) 移行期の芽球増加を伴う不応性貧血 (RAEB-t) 慢性骨髄単球性白血病 (CMML)その後、1999年から2001年にかけてWHOにて提唱され、WHO分類第3版として出版された分類では、慢性骨髄単球性白血病 (CMML) は骨髄異形成/骨髄増殖性疾患 (MDS/MPD) 群に分類された。 2000年にWHOによって確立された新WHO分類が最も一般的である。[ja.wikipedia.org]
発熱
  • 赤血球減少 貧血 全身倦怠(けんたい)感、動悸(どうき)、息切れ 血小板減少 出血しやすい(鼻血、歯肉出血、紫斑(しはん)や点状出血、生理の量が増加) 白血球減少 感染しやすくなる(発熱など) 5.骨髄異形成症候群の原因 ほとんどの症例について、原因は不明です。 染色体異常が認められるものも、これは先天的ではなく後天的なものであり、遺伝性はありません。ただ、「二次性骨髄異形成症候群」という特殊な病気があります。[web.archive.org]
点状出血
  • 赤血球減少 貧血 全身倦怠(けんたい)感、動悸(どうき)、息切れ 血小板減少 出血しやすい(鼻血、歯肉出血、紫斑(しはん)や出血、生理の量が増加) 白血球減少 感染しやすくなる(発熱など) 5.骨髄異形成症候群の原因 ほとんどの症例について、原因は不明です。 染色体異常が認められるものも、これは先天的ではなく後天的なものであり、遺伝性はありません。ただ、「二次性骨髄異形成症候群」という特殊な病気があります。[web.archive.org]

精密検査

  • 血液内科を受診して精密検査を受けることが必要です。 骨髄異形成症候群の診断は、以下のような検査で調べます。 血液検査 (末梢血の検査) 白血球、赤血球、血小板の数、血液細胞の形態異常の有無、未熟な血液細胞の有無 血液検査 (生化学検査) 肝機能、腎機能などの検査 骨髄検査 血液細胞の形態異常の有無、未熟な血液細胞の割合を調査、病型を決定するために必須。[web.archive.org]
白血球減少
  • 白血球減少が高度な例で感染症の合併、血小板減少が高度な例で出血傾向が見られるものの、血液検査で白血球減少、血小板減少、汎血球減少が偶然発見されることも多い。 白血病化が最も重要な合併症である。高リスク群に分類される型では高率に急性白血病へ移行する。特に急性骨髄性白血病が多い。白血球減少に伴う感染症も重要な合併症の1つである。 鉄過剰症 骨髄異形成症候群の治療で、赤血球輸血を受け鉄が過剰に体に取り込まれることによって発症する。[ja.wikipedia.org]
大球性貧血
  • 正球性ないし貧血が見られる。RARSでは例外的に小球性低色素性赤血球が混在する。 骨髄塗沫メイ・ギムザ染色標本検査 原則として正形成もしくは無効造血などによって過形成が見られる。一部低形成が見られるものもある。塗抹標本や骨髄生検で異形成が見られないか観察する。 染色体検査 様々な染色体異常が認められる。 MDS診断用フローサイトメトリー 診断が難しい場合に有用だが、一部の病院でしか行えない。 PNH血球検査 汎血球減少が見られた場合、まず骨髄異形成症候群を念頭に置く。[ja.wikipedia.org]

予防

  • なお、白血球減少については、輸血はしません(抗菌剤内服などによる感染予防を行うことはあります)。 また、「 7.骨髄異形成症候群(MDS)の予後 」の項で述べたように、予後と深くかかわる染色体異常で、非常に複雑な染色体異常が認められる場合には、抗がん剤に対する治療の反応性が非常に悪いことが予測されます。高齢者でこのような複雑染色体異常が認められた場合には、むしろ強い抗がん剤治療を行わないで、輸血のみで日常生活を維持できるようにしていく支持療法のみのほうがよい場合もあります。[web.archive.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!