Edit concept Question Editor Create issue ticket

類肉腫症早期発症


提示

  • 感染の初期には非特異的細胞傷害性T細胞 (CTL) のみが活性化しているが、感染が長引くと 主要組織適合抗原 (MHC) クラスIの抗原提示による特異的CTLの活性化とMHCクラスIIの抗原提示による遅延型過敏反応型T細胞( Th1細胞 )がともに活性化される。活性化CTLは感染したマクロファージを殺し、これによって肉芽腫中心の壊死が起こる。Th1細胞は リンホカイン の分泌を行ってさらにマクロファージを活性化し、結核菌を貪食、分解して感染が拡がるのを防ぐ。[ja.wikipedia.org]
  • また肺胞マクロファージのビーズ貪喰能は細胞運動能と同様の動態を示し、サブスタンスPや腫瘍壊死因子(TNF)では亢進、アクロライン、コルヒチン、サイトカラシンDでは抑制されることが明かとなった 36) 。 肺に異物が吸入されると、免疫反応の第一段階としてマクロファージが異物を貪喰し、細胞内で処理して抗原としてリンパ球に提示する。この抗原提示能は喫煙により低下することが知られている。[srf.or.jp]
  • 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会では、サルコイドーシスの診断手順 (図2) を提示している。患者の3割弱が無症候性であることから、自覚症状がある場合とない場合に分けて、診断を進める。できる限り、組織診断(非乾酪性類上皮細胞肉芽腫)に努め、加えて十分な除外診断が大切である。 4.治療 既述したように、サ症は、およそ2/3の患者が自然寛解する。一方、10〜30%では慢性あるいは進行性の経過をとる 3) 。また、罹患臓器によって症状も様々である。[respiration.jp]
  • 1-3:クローン病の治療 未だにクローン病を完治させる治療法はないため、クローン病の活動性をコントロールし、患者さんのQOL(生活の質)を高めることが治療の原則となりま す。また、狭窄や瘻孔形成などの合併症は、患者さんのQOLに影響するため、その治療や予防が重要です。治療の際には、患者さんにクローン病がどのような 病気であるかをよく説明し、患者さん個々の社会的背景や環境を十分に考慮した上で、患者さんに治療法を提示し話し合いをしながら決定する必要があります。 重症度に応じて、以下のような治療方針に従[asahikawa-med.ac.jp]
四肢痛
  • 突然の38 40 の発熱が1 3日間続き、全身倦怠感、食欲不振、咽頭痛、嘔吐、四肢などがある場合もある。咽頭所見は、軽度に発赤し、口蓋から口蓋帆にかけて1 5mmの小水疱、これから生じた小潰瘍、その周辺に発赤を伴ったものが数個認められる。コクサッキーウイルスA群1 10、17、22型、まれにコクサッキーウイルスB群、エコーウイルスも病原として分離されることがある。[api-net.jfap.or.jp]

精密検査

  • クベイム反応といって、特殊な検査液を注射して反応をみる検査がありますが、精密検査が普及したため、最近ではあまり行なわれなくなりました。 サルコイドーシスの診断は、ほかの病気ではないことを十分に確認したうえで、症状や検査結果を総合的にみてつけられます。 生検で、病変に特徴的な組織の像があれば診断が確定しますが、一般的には経過のよい病気ですので、すべての患者さんに組織検査が必要というわけではありません。 [治療] 原因不明ですから、特効的治療法はありません。[kotobank.jp]

治療

  • 複数の臨床試験で現在の標準治療より新しい治療法のほうが良好であることが明らかになった場合は、その新しい治療法が標準治療となります。 小児 脈管腫瘍 はまれな疾患ですので、臨床試験への参加を検討すべきです。臨床試験の中にはまだ治療を始めていない患者さんのみを対象としているものもあります。 小児脈管腫瘍の治療では、小児がんの治療に精通した医療提供者で構成されるチームによって治療計画が作成されるべきです。 この疾患の治療は、 小児腫瘍医 (小児 がん の治療を専門とする医師)が統括します。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • 大腿部胞巣状軟部肉腫で大腿骨にも転移を認めた症例 腫瘍および大腿骨を切除し大腿骨全置換術を施行 治療終了後に腫瘍の再発や転移を生じることも少なくないため、治療後も定期的に通院し、検査を行うことが必要です。 初診時あるいは治療経過中に遠隔転移を生じた場合には化学療法による全身治療を行うことが選択肢になります。アドリアマイシンを中心とする化学療法が標準的に行われていますが、一旦遠隔転移が出現した場合には根治は難しく、化学療法の他、放射線治療や免疫療法などの緩和的治療を行うことが多いのが現状です。[ncc.go.jp]
  • 肺病変のみや肺門リンパ節腫大のみの場合、無治療で経過観察をすることが多いです。 急性の変化や高度の臓器障害がみられたり、心サルコイドーシスや眼サルコイドーシスの場合は 治療適応となります。 肺サルコイドーシスの治療は、自覚症状、呼吸機能障害がある場合に、ステロイド治療の適応を考えます。 Stage Ⅱ、Ⅲで下記の場合がステロイド治療を検討します5)。 定まった治療法がないため、治療内容については主治医の先生とよく相談してください。[kcmc.hosp.go.jp]
  • 治療成績 当院での1996 2005年の間の子宮体がんの治療成績を示します。 II. 子宮体がん治療の問題点 子宮体がん検診について 以前から行われている子宮がん検診と言えば子宮頸がんに対する検診で、子宮頸部から細胞を採取して顕微鏡で検査する、子宮頸部細胞診のことです。(頸がんのページを参照)。この検診では、子宮体がんは容易には見つかりません。この混乱を回避するため、現在は「子宮頸がん検診」に統一されています。 では子宮体癌に対する検診はないのでしょうか?[pref.aichi.jp]

疫学

  • すなわち、男子では間質性肺炎患者の喫煙率が高く、疫学的には関連性が示唆されたが、臨床所見、BAL細胞所見、病理組織所見からは喫煙が間質性肺炎の発症や進展に関与しているという証拠は得られなかった。 5)喉頭疾患 広瀬ら 68) は上気道の一部である喉頭の器質的疾患と喫煙との関係について、耳鼻科受診外来患者を対象として疫学的観察を行った。その結果ポリープ様声帯を除けば喉頭病変と喫煙歴とは直接関連性は認めがたかった。ただし対象のなかに喉頭癌患者が少なく、疫学的には喉頭癌は喫煙との関連があるとされる。[srf.or.jp]
  • 本稿では、サ症の概要(疫学、病因、予後)を述べるとともに、最近の診断基準や治療について解説する。 2.サルコイドーシスの疫学、 病因、予後 サ症は世界中、あらゆる人種、ほぼすべての年齢層で男女を問わず発症するが、発症率・有病率(米国の黒人や北欧の人に多い ) 、重症度(米国の黒人には重症者が多いが、日本人では少ない ) 、罹患臓器、予後に民族差、人種差を認める 3-6) 。日本での最近のデータは森本らによるものである 7) 。[respiration.jp]
  • 2 疫学 発生率には地域差があり,北に多く南に少ない。我が国の有病率は10万対1.7〜0.3 で平均0.7である。 3 病因 原因は不明である。抗酸菌,α溶連菌,Propionibacterium acnesなどが原因として提唱されているが,いずれも確証は得られていない。 4 症状 本症発見時約1/3は無症状である。霧視・羞明・飛紋・視力低下などの眼症状で発見される場合が最も多く,次いで皮疹,咳,全身倦怠が多い。その他,発熱,結節紅斑、関節痛などがある。[jssog.com]
  • 1.概念・疫学 サルコイドーシスとは、原因不明の非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫病変(図1)形成を主徴とする全身性疾患である。(図2) 本症は、欧米では第2次世界大戦前後には広く知られた疾患となっていたが、我が国では1950年代までは稀な疾患とされていた。1960年 1970年には、呼吸器外来でときに経験するようになり、1972年からは厚生省特定疾患、いわゆる「難病」に指定され、本症に対する認識が広まってきた。[ne.jp]
  • 小児皮膚筋炎について十分な疫学的調査はされていないが、悪性腫瘍の合併はまれと考えられている。封入体筋炎(IBM)につては悪性腫瘍の合併例が散発的に報告されており、頻度が増加しているとの少数の報告があるが一般には明らかな差は確認されていない。 以上述べた疫学的な解析にも課題がある。既調査の大部分でDM とPM の診断はBohan and Peter (1975a,b) の診断基準によっている。 疫学的にDMで悪性腫瘍の合併率の高くなる臨床的な因子がこれまで多数指摘されている(危険因子)。[pathologycenter.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病態生理 藤澤 朋幸 浜松医科大学医学部附属病院検査部 特任講師 千田 金吾 浜松医科大学内科学第二講座 准教授 要旨 サルコイドーシスでは,遺伝的素因を基礎に何らかの抗原により惹起された1型ヘルパーT細胞(Th1)型免疫応答を主体とし肉芽腫性炎症が促進される.多くは自然退縮する一方で,慢性的な肉芽腫性炎症の持続により線維化を来し,それにはトランスフォーミング増殖因子β(TGFβ)など線維化促進サイトカインの関与が報告される.発症における自然免疫の関与や,病状増悪[saishin-igaku.co.jp]

予防

  • 予防・リハビリテーション 発病や悪化にストレスが関与していると思われる例が多く,疾患を悪化させないためには,ストレスをかけないこと,規則正しい生活をすること,とくに十分に摂食してよく眠ることを指導する. 禁忌 サルコイドーシスでは内因性ビタミンDの増加によって,カルシウム値の上昇や肉芽腫形成の促進などが起こるとされている.ステロイド薬を服用する場合には,骨粗鬆症予防薬として,活性型ビタミンD製剤よりもビスホスホネート系薬剤が推奨される.[kotobank.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!