Edit concept Question Editor Create issue ticket

難聴


提示

聴覚障害
  • 小児難聴(聴覚障害の発症・発見)の現状 小児期の難聴は大きく、伝音難聴と感音難聴に分けられます。伝音難聴の場合は軽 中等度の難聴を示し、多くは中耳炎や中耳奇形が原因で中耳炎の治療や手術で改善します。一方、感音難聴は内耳(蝸牛)や聴神経が原因でおこり、しばしば回復は困難です。先天性難聴はほとんど中等度 高度の感音難聴を示し、出生1000人に1人と比較的高い頻度でおこります。[sakura-hochouki.com]
  • 両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、聴覚障害を事由とする身体障がい者手帳の交付対象とならない。 補聴器の装用により、言語の習得等に一定の効果が期待できると耳鼻咽喉科の指定医師が判断している。 保護者が町内に住所を有する。 ※所得制限があります。 補助率 見積額もしくは基準額のどちらか少ない額の3分の2 申請に必要なもの 申請書 医師の意見書(県が指定した医師が作成したもの) 補聴器の販売業者が作成した見積書 助成の流れ(代理受領の場合)[town.miyaki.lg.jp]

精密検査

  • 新生児聴覚スクリーニングで要精密検査という結果でも、難聴と診断されたわけではありません。お近くの総合病院耳鼻咽喉科での検査を経て、当科小児難聴外来を受診してください。我々は、お子さんの発達をみながら、生後4 6ヶ月の間に精密検査を行います。また、もしお子さんが難聴と診断された場合、遺伝学的検査や画像診断からその原因を追求し、難聴の原因や程度によって、補聴器や人工内耳という治療を行います。 遅発性難聴の場合 お子さんの難聴は先天性であることが多いですが、中には遅発性であることがあります。[shinshu-jibi.jp]
  • 補聴器のフィッティング 耳鼻咽喉科(精密検査機関)医師と連携し、お子さんの聴力に合わせた補聴器フィッティングを行っています。 園・学校訪問 難聴のあるお子さんが通う園や学校を訪問し、きこえの授業や、教員研修などの難聴理解・啓発を行っています。また教室内などの環境調整等も、関係機関と相談連携しながら実施しています。 集団支援 0歳児グループ(つくしんぼ)や、難聴児交流会(ふれあい広場)などを行っています。 ご案内0歳児グループ「つくしんぼ」 毎月2回月曜日の午前中に実施しています。[pref.mie.lg.jp]
  • この時期は、就学前健康診断を受け、「耳の聞こえの精密検査」を受けてくるように小学校から言われ「難聴疑い、一側高度難聴で精査依頼」の子ども達が受診するのである。 ここでは、小児耳鼻咽喉科診療に従事し、ムンプス難聴の診療に携わってきた経験を含め、ムンプス難聴について述べたい。 1.ムンプス難聴の診療 就学前の子どもで一側性高度感音難聴児が受診した場合、先天性なのか、後天性なのか、さらに原因はなにかを考える。[niid.go.jp]
  • 新生児聴覚スクリーニング後の早期療育へ 新生児聴覚スクリーニングでリファ―の結果が出た生後0か月のお子さまへのご相談や医療機関での精密検査後の早期療育にも対応します。保護者の方やご家庭でのご不安を和らげ、解消できるよう支援します。 地域での育ちを支える 保育所等訪問支援では、お子さまの通う幼稚園や保育所等を訪問し、日常生活でのさまざまな課題について相談、助言を行います。また、進学された学校等へも同様に訪問し、学習環境や課題について支援します。[osaka-drc.jp]

治療

  • 音を感じ取る内耳から神経・脳のレベルまでの異常について、診断と治療を行います。 2)当外来で診療する疾患 先天性難聴、遺伝性難聴、突発性難聴、音響外傷、騒音性難聴、薬剤性難聴、加齢による難聴、その他原因不明の難聴など、感音難聴をきたす全ての疾患 2.診断治療について 1)診断について 手術風景何種類かの聴力検査を組み合わせた精密聴力検査や画像検査を行い、専門医が診断し、治療を行います。 2)治療方針 急性の感音難聴では、早期の治療により聴力の改善率が高くなります。[orl.med.tohoku.ac.jp]
  • 治療は「安静」が基本 突発性難聴の治療法は、まだ確立されていません。「安静」とステロイド剤を用いた「薬物療法」が基本ですが、この治療法が有効であるかどうかは、まだ明らかではありません。突発性難聴の治療開始にあたり当院では、次の3点を患者さんにお伝えし、確認しあいます。 (1)突発性難聴は原因不明であり、その治療法もまだ確立されていないこと。(2)治療法 は確立していないが、早期に安静を含めた治療が効果的であることは多数報告があり、とくに発症してから2週間以内の治療が大切であること。[min-iren.gr.jp]

疫学

  • 厚生労働科学研究・特定疾患研究事業より得られたムンプス難聴の疫学調査結果では、2001年に1年間の全国のムンプス難聴受療患者数は 650人と推計された。2001年の推計人口を分母として計算した推定受療率は人口 100万対 5.1と述べられている 2) 。ただし、この受療率は発症率ではない。2001年に発症したムンプス患者を分母として比率を計算すれば、ムンプス罹患時の難聴発症率が算出できるはずである。同報告 2) では「単一施設では 100 500ムンプス罹患に対して1件の難聴発生」と述べている。[niid.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 加齢性難聴 加齢性難聴の予防・自己対策 「加齢性難聴」を防ぐには?予防法と治療法 加齢性難聴の予防 加齢性難聴は加齢とともに誰でも起こる可能性があります。加齢性難聴を悪化させる原因として、 糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、喫煙、過度な飲酒、騒音 などがあります。糖尿病があると加齢性難聴を悪化させることが全国規模の疫学調査であきらかになっています。[nhk.or.jp]
  • 年齢別平均Audiogram 立木孝、日本人聴力の加齢変化の研究、 Audiology Japan 45, 241 250, 2002より改変 加齢性難聴の機序 聞こえづらいのは、「音を感知する細胞」の数が減るため 難聴の予防 加齢に伴う難聴は、老化現象の一種なので、誰にでも起こりうることです。 しかし、進行を遅らせる、加齢以外の原因を避けるという意味での予防は十分に可能です。[jibika.or.jp]
  • 1) 感音性難聴 内耳やそれより中枢側の神経系に障害があることで起こる難聴 突発性難聴 老人性難聴 特発性難聴 音響外傷など 2) 伝音性難聴 外耳や中耳の機能により音が伝わりにくくなる難聴 慢性中耳炎、滲出性中耳炎、外傷性鼓膜穿孔など 3) 混合性難聴 感音性難聴と伝音性難聴が混じったもの 難聴と認知症の関係 認知症の危険因子:加齢 遺伝性 高血圧 糖尿病 喫煙 頭部外傷 難聴 など 認知症の予防因子:運動 食事 余暇活動 社会的参加 社会交流 活発な精神活動 認知症の発症予防:運動 口腔にかかわる[une-niitsu.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!