Edit concept Question Editor Create issue ticket

陰茎前位陰嚢


提示

  • 必要に応じて症例の提示、報告をする。 B.全身管理 入院患者に対して、次の基本的な全身管理を適切に行うことができる。 術前術後の全身管理と対応 Ⅰ.術前 年齢、性別に関連する特異的事項、既往歴、生活歴、合併症、疾患固有の特殊な状態、および術前検査の所見を総合して手術時期や術式などを判断し、またリスクおよび合併症を予測してそれらに適切に対応する。 Ⅱ.術後 術後の一般的対応ができる。[ntt-east.co.jp]

治療

  • 急性単純性膀胱炎は、20 40才の女性の25 35%が罹患するといわれており、感染症としてはごく一般的で症状が比較的軽症であることから治療も簡単と考えられていますが、無治療で放置すると急性腎盂腎炎(腎盂炎)に移行することもあるため注意が必要です。 当院での一般的な治療期間は5 7日程度ですが、尿検査による治療効果を判定しますので内服終了後にも来院が必要です。 もし治療後も感染状態や症状が消失しない場合には、原因菌に合わせて薬剤を変更するほか、エコー、残尿測定などで原因を検索します。[migiwakai.org]
  • 4)精巣癌 高位精巣摘出術をおこない、組織型を確定しその後の治療方針を決定します。 転移のある場合は抗癌剤あるいは放射線治療を行います。 5)前立腺癌 前立腺癌は、 前立腺生検 を施行して確定診断をつけます。治療に当たっては、その病期、悪性度により治療の有効性、合併症を患者に十分説明した上で治療法を選択します。病状によりその治療法の単独あるいは併用を行っています。[gmhosp.jp]
  • 治療としては、薬物療法、手術療法などが主ですが、中間的な治療法として、前立腺高温度治療(前立腺の組織を温めて、組織を変性、縮小させる治療法)があります。 前立腺炎 急性(細菌性)前立腺炎 前立腺炎は急性の場合の多くは細菌による感染で、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿症状をともないます。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。 慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群(CP/CPPS) 慢性前立腺炎はあまり一般的な病気ではありませんが、年齢は20 40代の若い世代に多く見られます。[clinic-kawai.jp]

疫学

  • 尿道造影 V.治療総論 1.上部尿路閉塞 2.下部尿路閉塞 VI.疾患各論 1.腎盂尿管移行部狭窄 1) 原 因 2) 診 断 3) 治 療 2.巨大尿管症 1) 逆流性巨大尿管 2) 閉塞性巨大尿管 3) 非逆流性・非閉塞性巨大尿管 3.下大静脈後尿管 4.後腹膜線維化症 5.尿管瘤 6.後部尿道弁 7.尿道狭窄 8.膀胱尿管逆流症 1) 発生機序 2) 病態・症状 3) 診 断 4) 治 療 5) 逆流性腎症 5.尿路結石症 I.総 論 1.部位別の名称 2.尿路結石の形成過程 3.尿路結石症の疫学[nanzando.com]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 1)各種泌尿器科疾患における病態生理を理解するとともに周術期管理などに必要な全身状態に影響する病態生理に習熟する。 2)手術侵鰻による生体の反応に関わる病態生理を理解し、手術リスクの評価、合併症予防の方鋳を策定できる。 術後管理を含めた各種病態に対する輸液、輸血の管理ができる。 (血液凝固・線溶系に関わる病態を理解し、出血傾向に対する対応、血栓症に対する予防ならびに治 療法を実践できる。 栄養・代謝学 1)各種病態、疾患に応じた栄養管理を理解し、経管栄養、中心静脈栄養の実践ができる。[ntt-east.co.jp]
  •  断 1) 症状把握 2) 低テストステロン血症 3) 問題点 5.治 療 1) 男性ホルモン補充療法 2) 副作用と問題点 6.問題点と今後の展望 16.婦人泌尿器科(間質性膀胱炎を含む) はじめに I.腹圧性尿失禁 1.原 因 2.診 断 1) 問 診 2) パッドテスト 3) 身体所見 4) 尿流動態検査 5) 鎖使用膀胱尿道造影 3.治 療 1) 保存的治療 II.女性の排尿障害 III.骨盤内臓下垂 1.原 因 2.症 状 3.診 断 4.治 療 IV.間質性膀胱炎 1.はじめに 2.病態生理[nanzando.com]

予防

  • 小動物外科シリーズ 骨盤領域 前付ページ(著者・推薦の言葉、はじめに、謝辞、本書の使い方 監訳の言葉 直腸、肛門および会陰手術を行う上で考慮すべき一般的事項 会陰部領域の外科:総論 直腸 直腸脱 症例1/直腸切断術 症例2/結腸固定術 狭窄 症例1/経肛門アプローチによる直腸切除術 症例2/開腹下での結腸切除術 ヘルニア 会陰ヘルニア 症例1/単純縫縮術 症例2/メッシュ設置 症例3/浅殿筋の転位および内閉鎖筋の挙上 症例4/二重筋転位術(内閉鎖筋と浅殿筋 症例5/精管固定術 肛門 肛門嚢炎 症例1/予防処置[pharm-p.com]
  • 4)病院感染の発生機序を熟知し、その予防、治療につき、述べる事ができる。 免疫学 1)ヒトの免疫反応に関する基礎的知識を習熟する。 2)アナフラキシーンョックの病態を理解し、適切な対応がとれる。 3)GVHDの発生機序を理解し、その予防、診断、治療について実践できる。 4)移植免疫の基礎につき理解し、拒絶反応の診断、治療を実践できる。 麻酔学 1)局所麻酔、浸潤麻酔の原理を理解し実施する技術を修得し、薬剤の極量を述べることができる。[ntt-east.co.jp]
  • 自然治癒すると見込まれれば保存的治療(尿路感染症の予防及び腎臓ダメージの予防)を行い、自然治癒が見込めない重症の膀胱尿管逆流症であれば手術療法を行います。 治療の目的は腎盂腎炎の発生や腎障害の進行を防ぎ、小児の場合は腎臓の発育を正常に戻すことにあります。軽度の逆流症では経過を見ていても 自然に消失 することもありますが、発見の時点で尿管や腎への影響がある場合は逆流防止のためにお膀胱と尿管を新たに吻合する手術 (膀胱尿管新吻合術) をします。治療成績は良好で、膀胱尿管逆流症の消失率は約70%です。[imamoto-uro.com]
  • 1) 疼痛に対する治療 2) 結石の自然排出 3) 結石溶解療法 4) 積極的治療 2.下部尿路結石の治療 1) 膀胱結石 2) 尿道結石 V.原因診断 1.成因に関する診断 1) 結石成分分析 2) 血液,尿検査 3) 問 診 2.尿流停滞 3.尿路感染症 4.カルシウム代謝異常 1) 原発性副甲状腺(上皮小体)機能亢進症 2) 特発性高カルシウム尿症 3) 腎尿細管性アシドーシス 4) Cushing症候群(病) 5.蓚酸代謝異常 6.尿酸代謝異常 7.シスチン尿症 8.薬剤性 VI.再発予防[nanzando.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!