Edit concept Question Editor Create issue ticket

閉塞を伴う十二指腸潰瘍


提示

体重減少
  • 体重減少が認められることがありますので、体重の変化に注意してください。 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、食欲減退、頭痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。[rad-ar.or.jp]
嘔吐
  • 胆道疾患及び腎疾患 胆道疾患、腎炎、尿毒症に伴う悪心・嘔吐に対して、胆道系では136例中91例(66.9%)、腎炎では60例中51例(85.0%)、尿毒症では52例中41例(78.8%)に効果が認められている。 小児科領域の各疾患 習慣性嘔吐、神経性嘔吐、自家中毒症等の嘔吐に対して132例中109例(82.6%)、胃腸炎による嘔吐に対して54例中52例(96.3%)に効果が認められている。また、神経性食思不振においては44例中29例(65.9%)に効果が認められている。[kegg.jp]
  • 例えば嘔吐や水様下痢を伴った腹痛であれば、 感染性腸炎 と診断されます。みぞおちから右下腹部に移動する腹痛で、右下腹部に圧痛点を認めれば虫垂炎が強く疑われます。 発熱 、 黄疸 、腹痛、いわゆるCharcot3徴を認めれば、 急性胆管炎 が疑われます。消化管穿孔や腹膜炎の場合は、腹部全体が硬くなり、反跳痛を認めます。 腸閉塞 であれば、排便や排ガスがなく、腹部が膨満してきます。詳しくは各疾患の項を参照してください。[nishimuranaika-cl.com]
  • 症状 上腹部や心窩部(みぞおち)の痛み、胸やけ、悪心、嘔吐、すっぱいゲップ、吐き気、腹部膨満感、異常な空腹感、食欲不振などを感じる方が多いようです。 さらに症状がひどくなると、鮮紅色の吐血、コーヒーかすのような黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便や血便が出ることもあります。その場合には、胃の内部で出血している可能性が考えられ、貧血をきたします。 穿孔や穿通といった消化性潰瘍を患った粘膜が腹腔内や他の臓器へ貫通することがあります。激烈な痛みを伴い、ショック状態となることもあります。[teishinkai.jp]
腹痛
  • 主な対象疾患・症状など 腹痛 : 急性腹症 急性腹症とは急激に起こり、激しい腹痛を伴う数多くの病気の総称で、すばやい診断と治療(多くは手術)が必要なものを言います。原因としては、消化器疾患に限らず 婦人科疾患、泌尿器科疾患なども含まれます。[sc-h.or.jp]
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状 みぞおちから上腹部右側辺りの腹痛 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の自覚症状の中で最も多いのが腹痛で、みぞおちから上腹部右側辺りに痛みを感じます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が多く見られます。 また、胃潰瘍の場合は、食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。[shinohara-clinic.com]
  • 空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が比較的多く見られます。重要な合併症としては、出血と穿孔があり専門医による緊急治療が必要です。出血した場合には、頻脈、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状が出現します。 穿孔した場合の症状としては、持続性の非常に強い腹痛、発熱などがあります。 治療方法 薬物治療 胃酸分泌抑制薬が薬物治療の中心となっています。[machida-city-hospital-tokyo.jp]
吐き気
  • この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、食欲減退、頭痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。[rad-ar.or.jp]
  • 症状 上腹部や心窩部(みぞおち)の痛み、胸やけ、悪心、嘔吐、すっぱいゲップ、吐き気、腹部膨満感、異常な空腹感、食欲不振などを感じる方が多いようです。 さらに症状がひどくなると、鮮紅色の吐血、コーヒーかすのような黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便や血便が出ることもあります。その場合には、胃の内部で出血している可能性が考えられ、貧血をきたします。 穿孔や穿通といった消化性潰瘍を患った粘膜が腹腔内や他の臓器へ貫通することがあります。激烈な痛みを伴い、ショック状態となることもあります。[teishinkai.jp]
胸焼け
  • その他、背部痛、食欲不振、吐血、下血、胸焼け、もたれなどがあります。空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が比較的多く見られます。重要な合併症としては、出血と穿孔があり専門医による緊急治療が必要です。出血した場合には、頻脈、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状が出現します。 穿孔した場合の症状としては、持続性の非常に強い腹痛、発熱などがあります。 治療方法 薬物治療 胃酸分泌抑制薬が薬物治療の中心となっています。[machida-city-hospital-tokyo.jp]
  • 食道-残胃吻合では胃酸や消化液が逆流しやすく胸焼けがよくおこりやすいとされていますが、当院では逆流を防止する手立てを講じています。他には、食道と残った胃の間に約10 15cmの空腸を間にはさむ方法もあり、ダブルトラクト法または空腸間置法と呼ばれます。 胃全摘術後(図18) 胃を全部切除したあとはルーY法で再建を行っています。十二指腸の断端は閉鎖して食道と空腸(上部の小腸)を吻合する方法です。[kindai-geka.jp]
心窩部痛
  • 胃アニサキス症 アニサキスという寄生虫により、イカ、サバなどの摂取後に急激なで発症します。体部から穹?部(胃の入口付近)に多く認めアニサキス虫体が粘膜に刺入して、同部位は浮腫、発赤、びらんを形成し、時に浮腫が広範になると腫瘤様を呈したり、管腔の狭小化を伴うこともあります。アニサキスを摘出する治療が必要です。 ESD後の瘢痕 早期胃癌や胃腺腫などで内視鏡切除(ESDなど)を行った後にできる胃潰瘍が修復された状態です。経過観察が必要です。[ningen-dock.jp]

精密検査

  • 精密検査や誤嚥( 飲食時に気管に入ってむせること)が強い場合には、鼻から細い管を入れて造影剤や空気を注入することもあります。造影剤としては通常、高濃度低粘稠性硫酸バリウムを用いますが、消化管閉塞や穿孔が疑われる症例ではガストログラフィン(ヨード系の造影剤)を用います。 検査前の注意 以下の方はお申し出下さい。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • その他、CT 、 MRI 、超音波内視鏡などの精密検査などによって診断します。 治療について 第一選択の治療は切除です。切除が根治の可能性(がんが治る可能性のこと)のある唯一の治療法となります。 がんになる手前のポリープの状態で発見された場合、内視鏡で切除することがあります。 ごく初期の早期がん の場合、またお体の状態が十分でなく膵頭十二指腸切除術のような大きな手術が困難な場合には、小さな開腹創により十二指腸乳頭部のみを切除することがあります。[ncc.go.jp]
縦隔腫瘍
  • 大動脈瘤・腫瘍・リンパ節腫大などによる圧排が疑われる場合は精密検査が必要となります。 胃 胃悪性リンパ腫 (いあくせいりんぱしゅ) 悪性リンパ腫はリンパ系の組織(ヒトの免疫システムを構成するもので、リンパ節、胸腺、脾臓、扁桃腺などの組織や臓器、リンパ管、リンパ液)から発生する腫瘍です。消化管悪性リンパ腫は胃原発のものが約 60 80% と最も多く、MALT リンパ腫、びまん性大細胞 B 細胞性リンパ腫、濾胞性リンパ腫,マントル細胞リンパ腫、成人 T 細胞白血病リンパ腫などに分類されます。[ningen-dock.jp]

治療

  • また治療においても内視鏡を用いた低侵襲な治療から、抗癌剤治療やQOLの改善を目的とした緩和治療まで幅広く行っております。 施設認定 日本内科学会認定教育施設 日本消化器病学会認定施設 日本消化器内視鏡学会認定施設 日本肝臓学会認定施設 日本消化管学会認定施設 日本胆道学会認定指導施設 日本カプセル内視鏡学会認定指導施設 主な対象疾患 上部消化管 食道、胃、十二指腸における疾患全般を対象とします。主として、胃炎や胃潰瘍の診断・治療、胃癌の精密検査および内視鏡治療を行っています。[tdc.ac.jp]
  • 重要な合併症としては、出血と穿孔があり専門医による緊急治療が必要です。出血した場合には、頻脈、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状が出現します。 穿孔した場合の症状としては、持続性の非常に強い腹痛、発熱などがあります。 治療方法 薬物治療 胃酸分泌抑制薬が薬物治療の中心となっています。胃酸分泌抑制薬の主役はH2ブロッカーでしたが、最近にプロトンポンプ阻害薬が強力に胃酸の分泌を抑え、治療の中心となっています。また、粘膜防御薬や胃運動活性化薬を使用することもあります。[machida-city-hospital-tokyo.jp]

予防

  • ピロリ菌に感染している場合は、除菌治療により消化性潰瘍の再発を予防することができます。 内視鏡的止血術 潰瘍から出血している患者さんに対しては緊急内視鏡を行い、クリッピングというホッチキスのようなもので止血したり、出血部位の近くに止血薬を注入します。 手術 内科的治療では治らない患者が対象となります。強い症状が続いたり、内視鏡で止められない出血、幽門閉塞症状がある潰瘍瘢痕、穿孔性腹膜炎などです。穿孔を起こした潰瘍に対しては、穿孔部閉鎖および大網被覆術が行われます。[machida-city-hospital-tokyo.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!