Edit concept Question Editor Create issue ticket

門脈血栓症


提示

脾腫
  • 門脈の血圧が上昇すると(その状態を門脈圧亢進症と呼びます— 門脈圧亢進症 )、脾臓が大きくなります()。さらに、拡張して蛇行した静脈(静脈瘤)が、食道(食道静脈瘤)のほか、しばしば胃(胃静脈瘤)にも生じます。これらの静脈は大出血を起こすことがあります。 腹部への体液の貯留(腹水— 腹水 )は、あまり一般的ではありません。[msdmanuals.com]
  • 抄録 42歳女性, 中学時代から18歳頃まで, 不明熱のためリウマチアレルギー科通院の既往がある.平成6年 (29歳時) に子宮筋腫の手術を受け, このとき血小板数は正常.ピルの内服, 妊娠, 出産歴はない.平成11年 (34歳時) に血小板減少を主訴として前医を受診, 肝萎縮, を指摘された.入院のうえ精査がなされたが, 血液学的異常を認めず経過観察のみとされた.平成13年 (36歳時) に食道静脈瘤破裂による吐血があり, EIS施行.同時期に肝生検を施行され, 肝硬変は認めていない.平成17[jstage.jst.go.jp]
  • ほかに、循環障害(じゅんかんしょうがい)によるうっ血性(けつせいひしゅ)もみられます。 [検査と診断] 肝硬変 (かんこうへん)でみられる門脈圧亢進症とは異なり、肝臓(かんぞう)自体の障害は比較的軽度なため、血液検査ではほとんど異常はみられません。したがって、検査と診断は肝硬変との鑑別とともに、腹部超音波検査(ふくぶちょうおんぱけんさ)、CT検査、門脈系血管造影(もんみゃくけいけっかんぞうえい)によって門脈内の血栓の存在を確かめることがたいせつになります。[kotobank.jp]
  • 他にはより生じるPLT低下, 腹痛, 門脈圧亢進から生じる腹水, 食欲低下, 倦怠感などが挙げられる. 急性と慢性では症状異なり, 急性の血栓症ではSudden onsetの右上腹部痛を認めることが多い. 側副血行路の発達と共に症状は軽快する. 小児期のPVTでは発達障害を合併するため, Shunt術が必要.[hospitalist-gim.blogspot.com]
吐血
  • [症状] 門脈が閉塞する結果、 門脈圧亢進症 (もんみゃくあつこうしんしょう)(「 門脈圧亢進症 」)と同様の症状、すなわち、食道や胃の病変に付随する 消化管出血 (しょうかかんしゅっけつ)(吐血(とけつ)、下血(げけつ))、 腹水 (ふくすい)による腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)などが現われます。小児は吐血や下血で発症することが多いといわれています。ほかに、循環障害(じゅんかんしょうがい)によるうっ血性脾腫(けつせいひしゅ)もみられます。[kotobank.jp]
  • 抄録 42歳女性, 中学時代から18歳頃まで, 不明熱のためリウマチアレルギー科通院の既往がある.平成6年 (29歳時) に子宮筋腫の手術を受け, このとき血小板数は正常.ピルの内服, 妊娠, 出産歴はない.平成11年 (34歳時) に血小板減少を主訴として前医を受診, 肝萎縮, 脾腫を指摘された.入院のうえ精査がなされたが, 血液学的異常を認めず経過観察のみとされた.平成13年 (36歳時) に食道静脈瘤破裂による吐血があり, EIS施行.同時期に肝生検を施行され, 肝硬変は認めていない.平成17[jstage.jst.go.jp]
  • その場合、患者は吐血します。また、静脈瘤からの出血が消化管に入ると、黒いタール状の悪臭を放つ便(黒色便)が出るようになります。 原因 多くは血流の滞りが原因です。門脈血栓症は、血液が凝固しやすくなる病態によっても発生します。以下のように、主な原因は年代によって異なります。 新生児:臍帯断端(へそ)における感染 年長児:虫垂炎 成人:赤血球の過剰な増加(赤血球増加症)、特定の癌(肝臓、膵臓、腎臓、副腎)、手術、妊娠 いくつかの状態が重なって閉塞が起こることがよくあります。[friends.excite.co.jp]
  • 拡張した側副血行路により胆管狭窄, 閉塞を来たすこともあり(Portal Cholangiopathy) PVTの臨床症状 無症候性 致命的な吐血まで様々 静脈瘤からの出血が最も多い症状. 他には脾腫より生じるPLT低下, 腹痛, 門脈圧亢進から生じる腹水, 食欲低下, 倦怠感などが挙げられる. 急性と慢性では症状異なり, 急性の血栓症ではSudden onsetの右上腹部痛を認めることが多い. 側副血行路の発達と共に症状は軽快する.[hospitalist-gim.blogspot.com]
  • 破裂・出血すると新鮮血や暗赤色の吐血も 多くは無症状ですが、胸のつかえ感などを認める場合もあります。食物、胃液による刺激により破裂・出血した場合は、新鮮血あるいは暗赤色の吐血がみられます。 検査はX線造影検査(バリウム検査)、上部消化管内視鏡検査などがあります。内視鏡検査で、青色、連珠状、発赤所見(Red Color sign;RC sign)陽性の静脈瘤は、出血の危険があります。[tokushukai.or.jp]
腹痛
  • 【対象と方法】対象は1986 2003年に腹痛を訴えて外来を受診し,腹部CT / 血管撮影検査で上腸間膜静脈・門脈血栓を認めた13例とした.腹痛のない例や悪性腫瘍の直接浸潤,腫瘍塞栓による上腸間膜静脈・門脈閉塞は検討から除外した.対象例の平均年齢は56歳で,1 例を除き12例が男性であった.[js-phlebology.org]
  • 急性MVTは腹膜炎や, 腸管虚血に付随するものが多く, 亜急性は腹痛は強いが, 虚血を来すことは稀. 慢性では症状を来さないことが多い. 腹痛は正中線上でColickyであることが多く, 75%の患者が来院の48hr前より症状を自覚. 他には悪心, 嘔吐, 食欲低下, 下痢は良く認められる症状. 特に食後に増悪することが多く, 潰瘍病変と誤診されることもある 血便, 黒色便, 吐血は約15%で認められる. 便潜血は50%で陽性. 急性MVTの1/3-2/3で腹膜炎を併発する.[hospitalist-gim.blogspot.com]
  • のうえ精査がなされたが, 血液学的異常を認めず経過観察のみとされた.平成13年 (36歳時) に食道静脈瘤破裂による吐血があり, EIS施行.同時期に肝生検を施行され, 肝硬変は認めていない.平成17年 (40歳時) に再度食道静脈瘤に対してEVL, APCが施行された.この頃から発熱のエピソードが頻発するようになった.平成18年より当院にてフォロー開始.平成18年のCTでは, 肝外門脈血栓とcavernomatous transformationの形成が認められている.平成20年2月, 発熱, 腹痛精査[jstage.jst.go.jp]
  • 門脈血栓症の症状 門脈血栓症では、「発熱」、「腹痛」、「お腹が張る」などの症状が見られることがあります。 一方で、上に挙げたような自覚症状がなく、腹部の画像診断(腹部エコー検査、CTなど)を受けたときに、偶然、門脈血栓が見つかる場合も少なくありません。 門脈血栓症の治療法 門脈血栓症の治療は、薬物療法が中心になります。 背景にある病気や血栓の範囲、血栓の見つかるタイミングなどが人によって様々なので、経過に応じて複数の治療法を組み合わせたりしながら、慎重に治療を進めていきます。[ketsukyo.or.jp]

治療

  • 門脈血栓症の治療は? 軽度のものは自然消退する場合もありますが、 門脈圧亢進を助長して消化管出血を来す場合 肝不全に移行する場合 上腸間膜静脈にまで血栓がおよび腸管浮腫や虚血をきたした場合 などには緊急で治療が必要 2) となります。 門脈血栓症の治療には、 保存的療法 血管内治療 外科的療法 の大きく3種類があり、通常は保存的療法が行われます。 門脈血栓症の保存的治療とは? 血栓溶解療法 抗凝固療法 が行われます。[medical-symptoms.net]
  • 可能であれば原因を治療し、関連する病態を治療し、薬を用いて血栓を溶かしたり血栓の拡大や再発を予防したりします。 門脈に狭窄や閉塞が起きることで、門脈の血圧が上昇します。門脈の血圧が上昇すると(その状態を門脈圧亢進症と呼びます— 門脈圧亢進症 )、脾臓が大きくなります(脾腫)。さらに、拡張して蛇行した静脈(静脈瘤)が、食道(食道静脈瘤)のほか、しばしば胃(胃静脈瘤)にも生じます。これらの静脈は大出血を起こすことがあります。 腹部への体液の貯留(腹水— 腹水 )は、あまり一般的ではありません。[msdmanuals.com]
  • 【結語】特発性門脈圧亢進症治療後に血栓症を合併した,極めて稀な症例を経験した.経膣分娩にて健児を得ることができたが,肝機能や合併症の管理,抗凝固療法を用いた血栓症に対する慎重な管理を行ったことが良好な転帰をたどった要因と考えられた. 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 44(3) 271-271, 2007[jsog-k.jp]

病態生理

  • 診療分野 ・食道・胃静脈瘤の診断・治療(内視鏡治療・IVR) ・異所性静脈瘤の診断・治療 ・門脈圧亢進症の診断・治療(特発性門脈圧亢進症、肝外門脈閉塞症、Budd-Chiari症候群などを含む) ・肝性脳症(シャント脳症) ・門脈血栓症など 研究内容 ・門脈圧亢進症の病態生理 ・食道・胃静脈瘤に対する治療成績の検討 ・B-RTOによる門脈大循環シャント閉鎖の影響の検討 ・肝性脳症に対するB-RTOの治療成績の検討 ・異所性静脈瘤の病態・治療など スタッフ 胆膵班 臨床面では、胆道(胆管・胆嚢)、膵臓[kurume-shoukaki.jp]

予防

  • 肝硬変(-)患者の慢性PVTのManagement 治療の目的は 胃食道静脈瘤の出現, 増悪, 出血の予防 血栓症の進展の予防, MVT合併の予防 静脈瘤からの出血Risk, 治療のBenefitを慎重に検討する必要がある. 肝外門脈閉塞の85-90%に食道静脈瘤を認め, 30%に胃静脈瘤を合併. 出血予防目的のβ阻害薬, 内視鏡的静脈瘤治療も推奨 される.[hospitalist-gim.blogspot.com]
  • 抗凝固療法については,血栓を溶解することはできず,静脈瘤出血のリスクもあるが,凝固亢進状態での長期的予防という観点では一定の価値がある。新生児および小児では,原因(例,臍炎,虫垂炎)に対する治療を行う。それ以外の場合は,門脈圧亢進症とその合併症( 門脈圧亢進症 )を中心とした管理を行い,治療法としては,静脈瘤出血を制御するためのオクトレオチド(ソマトスタチンの合成アナログ)の静注および内視鏡的バンディング術や,再出血を予防するための非選択的 β 遮断薬などがある。[msdmanuals.com]
  • 可能であれば原因を治療し、関連する病態を治療し、薬を用いて血栓を溶かしたり血栓の拡大や再発を予防したりします。 門脈に狭窄や閉塞が起きることで、門脈の血圧が上昇します。門脈の血圧が上昇すると(その状態を門脈圧亢進症と呼びます— 門脈圧亢進症 )、脾臓が大きくなります(脾腫)。さらに、拡張して蛇行した静脈(静脈瘤)が、食道(食道静脈瘤)のほか、しばしば胃(胃静脈瘤)にも生じます。これらの静脈は大出血を起こすことがあります。 腹部への体液の貯留(腹水— 腹水 )は、あまり一般的ではありません。[msdmanuals.com]
  • 2) 内視鏡検査において消化管出血のリスクを有する病変(食道胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃前庭部毛細血管拡張症等)の存在が確認されおり、予防的処置を行っていない。 3) 活動性の悪性腫瘍を有する。 4) 抗凝固薬または/及び抗血小板薬を服用中の患者。 5) 脳出血等、あきらかな出血症状の既往をもつ患者。 6) 登録時、体重40kg未満の患者。 7) 妊娠中又は妊娠の可能性がある、産後28日以内、授乳中のいずれかに該当する女性。パートナーの妊娠を希望する男性。[rctportal.niph.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!