Edit concept Question Editor Create issue ticket

錐体外路症候群


提示

  • 以下に具体的な症例を提示します。 INDEX PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4[e-rapport.jp]
歩くことができない
  • 筋肉が固くなる 手足が震える 姿勢を保つことが難しくなる 小刻みに歩く 動きが遅くなる 転びやすくなる 顔の表情が乏しくなる 飲み込みが悪くなる など 錐体外路症状は、 レビー小体型認知症 脳出血や脳梗塞 ある種の薬剤の副作用 などで、あらわれることがあります。[e-65.net]
  • 意識して間食を控える、バスを使わず歩いてみるなど自分自身にあったものを考えて、生活の中で取り入れてみましょう。 性機能障害 男女ともに起こります。統合失調症においてはわりとよく聞かれます。性機能障害は様々な原因によって引き起こされるので、一概に副作用とは言い切れないのですが、抗精神病薬は基本的には興奮を制御するものであり、個人差はあるものの、性的な興奮が抑制されることが考えられます。 対処 デリケートな問題なので、対処といっても、なかなか思いつきません。[lab.toho-u.ac.jp]
  • 体がうまく動かない、手がふるえる、体が前かがみになって小刻みに歩く、など 目が上を向く、ろれつがまわらない、首が反り返る、体が傾く、など 足がむずむずする、絶えず歩き回る、足を落ち着きなく揺らす、など 急に高熱(38 以上)が出て下がらない、汗を多くかく、脈が速くなる、筋肉のこわばりが強くて動けない、意識がもうろうとするといった症状が現れることがあります。発症率は、抗精神病薬を使っている人の1%未満とまれですが、放置すると死に至る危険性もある重い副作用です。[smilenavigator.jp]

治療

  • ・認知症薬 認知症の治療薬として使用されている塩酸ドネペジルは、元来がアセチルコリン作動薬のため、パーキンソニズムを悪化させる可能性が理論的にはある。予測どおり、副作用として発現したという報告もあるが、1例のみの報告であり、結論は得られていない。 ・抗てんかん薬 抗てんかん薬は、てんかん発作を抑制すると言う本来の目的以外に、様々な不随意運動の治療薬としても使われている一方、副作用としても不随意運動を誘発すると言う性質を持っている。[naoru.com]
  • 4.治療法 病勢の進行そのものを止める治療法は現在までのところ開発されていない。全ての治療は対症療法であるので、症状の程度によって適切な薬物療法や手術療法を選択する。 (1)薬物療法 現在大きく分けて8グループの治療薬が使われている。それぞれに特徴があり、必要に応じて組み合わせて服薬する。パーキンソン病治療の基本薬はL-dopaとドパミンアゴニストである。早期にはどちらも有効であるが、L-dopaによる運動合併症が起こりやすい若年者は、ドパミンアゴニストで治療開始すべきである。[nanbyou.or.jp]
  • 遅発性錐体外路症候群の治療について,これからの多くの改善症例報告の蓄積と,よい治療法の発展とを期待している。 Copyright 2002, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp]
  • 老年期の精神興奮・問題行動せん妄、ジスキネジア治療 鎮吐、胃腸運動促進 鎮吐、胃腸運動促進 4 新規抗精神病薬 (ベンズイソオキサゾール系) リスペリドン 抗精神病作用 (高用量での報告がある) 5 三環系抗うつ薬 アモキサピン うつ病、うつ状態 6 アルツハイマー治療薬 ドネペジル アルツハイマー病の症状進行の抑制 7 抗パーキンソン薬 レボドパ含有製剤 パーキンソン病、パーキンソン症候群(ジスキネジアを引き起こすことがある。[e-rapport.jp]

疫学

  • 家族性、遺伝性なく中年以降に発病 自律神経症状 インポテンツ 起立性低血圧 直腸膀胱障害 失神、無発汗 病理 脊髄中間質外側核(onuf核)に変性、脱髄、封入体 Huntington舞踏病 ドパミン作動性神経の活動 up 運動過多(hyperkinesia) 病理 尾状核、被殻の萎縮 線条体の進行性変性 疫学 常染色体優性 成人以後に発症 症状 舞踏様運動 痴呆 しばしばうつ併発 治療 対症療法、ドパミン受容体阻害薬(haloperidol)、ドパミン枯渇薬 小舞踏病 リウマチ熱の一症状 5 15[sapmed.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • (つづきは本誌をご覧ください) 文献 1)日本総合病院精神医学会教育・研究委員会:静脈血栓塞栓症予防指針 日本総合病院精神医学会治療指針2,pp17-32,星和書店,2006 2)日本臨床精神神経薬理学会専門医制度委員会(編):臨床精神神経薬理学テキスト,星和書店,2006 3)肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン作成委員会:肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン,Medical Front International Limited,2004 本田[igaku-shoin.co.jp]
  • 錐体外路症状の出現は抗精神病薬の内服が原因のため、予防という点においては必要以上のドーパミンの遮断を避けることが大切です。錐体外路症状の出現が見られたら、まずは症状の細かな確認をします。 代表的な錐体外路症状は、ジスキネジアの他に以下のようなものがあります。 ・パーキンソン症状:無動、振戦、筋緊張、姿勢異常 ・アカシジア:静座不能。[kango-oshigoto.jp]
  • 遅発性ジストニアに対しては,最高の治療は予防と言われている。適切な処方が肝要であるが,リスクを熟慮しながら,高用量を使わなければならない時もある。臨床医は,重症な精神病症状への投薬にあたり,苦痛を感じながら緊要の選択をせざるをえない。 遅発性錐体外路症候群の治療について,これからの多くの改善症例報告の蓄積と,よい治療法の発展とを期待している。 Copyright 2002, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!