Edit concept Question Editor Create issue ticket

野兎病菌


治療

  • ( interleukin-12 ) 補体系タンパク質 ( complement system protein ) 食作用 ( phagocytosis ) 表現型 ( phenotype ) 死亡率 ( mortality ) インターロイキン6 ( interleukin-6 ) CD4抗原 ( CD4 antigen ) 抗菌薬 ( antibacterial agent ) 肺炎 ( pneumonia ) 腫瘍壊死因子α ( tumor necrosis factor-alpha ) 治療[lsd-project.jp]
  • 疑われたらすぐに 抗菌薬 で治療を開始する テトラサイクリン系抗菌薬 ニューキノロン系抗菌薬 抗菌薬による治療は2週間行う 治療を行わなければ、全体として5 15%の野兎病感染者が死亡すると言われている 野兎病に一度かかると再感染に対する 免疫 ができるので、次に野兎病になることはない 主な予防法 病気や死亡した野生動物には触れないようにする 野外での活動ではダニなどに刺されないようにする 野兎病に対するワクチンは日本では使用されていない 人から人への感染はないので、患者は隔離される必要はない[medley.life]
  • 治療時、症状は2 4週間、数ヵ月続くこともある。リンパ節型:有痛性頚部リンパ節腫脹、眼リンパ節型:結膜炎(淡黄色丘疹)、眼瞼炎、眼球穿孔、鼻リンパ節型:鼻粘膜にジフテリア様の偽膜形成が典型的な3型。 診断 胸部X線での両側の浸潤陰影像が特徴的で、培養より血清診断が有用。 致死率 無治療での致死率は約30%。 治療 ストレプトマイシン(1g筋注、12時間毎、解熱後も10 14日投与)・ゲンタマイシン(3 5mg/kg/day、解熱後も10 14日投与)が有効。[group-midori.co.jp]
  • 強毒性の野兎病菌による致死率は、無治療の場合でも5%以下と高くはありませんが、チフス型と肺炎型を発症すると30%以上と高率になるので早期の治療が望まれます。弱毒性の菌の場合は、死亡に至るケースはかなり稀です。 治療・予防方法 野兎病は稀な病気な上、他の感染症と区別がつきにくいので医師の正確な診断が必要とされます。野兎との接触があり、上記の症状が出た場合は野兎病を疑います。 治療には抗菌薬が使用され、適切であれば発病後であってもほぼ全ての患者が回復します。[xn--u9jv84l7ea468b.com]
  • 治療 野兎病では抗生物質を用いた治療を行うことになります。野兎病菌は、細胞内に潜むタイプの菌であるため、こうした特徴を反映してストレプトマイシンやテトラサイクリンなどの抗生物質を用いることになります。ペニシリン系、セファ ロスポリン系抗菌薬は無効です。 野兎病では主にリンパ節に膿瘍形成を来すことがあり、抗生物質のみでは高い治癒率を期待することができません。そのため、局所治療として 膿 ( うみ ) を排泄することも治癒のためには重要です。[medicalnote.jp]

疫学

  • (1)郵便番号 960-0195、福島市鎌田字中江33、大原総合病院付属大原研究所 藤田博己先生、tel:024-554-2001(内)235、fax:024-554-6879 (2)最寄りの家畜保健所 (動衛研では臨床疫学研究室が検査を担当するが、家畜保健所を通す必要がある。)[jsvetsci.jp]
  • 疫学・統計的事項 野兎病は,北アメリカや北ヨーロッパに広くみられる.その多くは散発的に発生するが,ときに流行がみられる. 臨床症状 2〜10日間の潜伏期を経て,悪寒,発熱,頭痛などの感冒様症状を主体に発症する.熱は高熱の場合が多く,筋肉痛や関節痛を伴う.本菌は皮膚および眼,鼻,扁桃などの粘膜に感染し,局所はやがて潰瘍を形成し,所属リンパ節は腫脹し自発痛や圧痛を伴う.ときに肺炎や敗血症を認め,重症例では死亡する例もある.[kotobank.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 北米 、 ロシア など主に 北半球 で発生し、日本国内では東北、関東での発生が多くみられた。農業従事者や狩猟者、本菌を扱う研究者が感染することが多い。 症状 [ 編集 ] ヒトにおいては 潜伏期 は3 - 5日で、突然の波状熱、頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐、衰弱、化膿、潰瘍の発生をみる。未治療では3割以上の死亡率となるが、適切な治療が行われればほとんどは回復する。動物では野兎、齧歯類では高感受性であり、 敗血症 により死亡することが多く、死体では各部リンパ節の腫脹がみられる。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • […] cytokine ) 細菌負荷 ( bacterial load ) インターフェロンγ ( interferon-gamma ) 免疫 ( immunity ) グラム陰性菌 ( Gram-negative bacteria ) 病原性因子 ( virulence factor ) 抗体 ( antibody ) インターフェロン ( interferon ) O抗原 ( O-antigen ) インフラマソーム ( inflammasome ) 病理過程 ( pathologic process ) 予防接種[lsd-project.jp]
  • 予防方法 犬 狂犬病予防法により91日齢以上の犬は、登録(生涯1度)、狂犬病ワクチンを打つこと(年1回)が義務づけられています。 人 狂犬病のおそれのある動物にかまれたら、すぐに傷を水でよく洗い、信頼できる病院でできるだけ早く傷の処置とワクチンを接種します。 発症したら治療法はありません。 その他 狂犬病は、人と動物の共通感染症で、世界各地ではいまだに流行が続いています。[pref.gunma.jp]
  • 予防内服 一般的に曝露前予防は推奨されない。接触感染が主であるため、野生動物の取り扱いの際に手袋などの防護具の使用が推奨される。暴露後予防については、暴露後24時間以内に開始し、14日間継続する。自然界でのリスク動物への曝露では推奨されない。 具体的なレジメンは別記を参照する。 保健所への届出 感染症法に基づく4類疾患として、疑似症例もしくは確定症例を診断した際は直ちに保健所に報告する義務がある。[dcc-irs.ncgm.go.jp]
  • ウイルス性出血熱の病院感染対策 これらのウイルス性出血熱は、感染症例の血液の誤刺、感染症例の血液・尿・糞便・吐物・分泌物などへの接触、感染症例との濃厚接触などにより伝播すると言われ、感染症例には手袋、マスク、ガウンなどのバリアプリコーションを含めた厳密な接触予防策を行い、咳嗽などがあれば飛沫予防策を行います。また、感染症例に使用した器具のみならず物品や室内も消毒を行います。感染症例に使用した材料、感染症例の血液、分泌物、排泄物なども消毒または焼却した上で廃棄します 7)8)9)10)11) 。[yoshida-pharm.com]
  • 予防 [ 編集 ] ワクチン 弱毒生ワクチンの皮下接種による。3週間程度で抗体価が上昇するが、感染後の接種では効果はない。 接触の機会低減 ヒトでは野兎や齧歯類との接触回避、媒介動物による刺咬を防ぐことなどが挙げられる。ダニの駆除、野兎の解体には手袋を用いることも予防には有効である。また、日本ではプレーリードッグの輸入を禁止している。 関連項目 [ 編集 ] 家畜伝染病予防法 感染症法 参考文献 [ 編集 ] 外部リンク [ 編集 ] 野兎病 - メルクマニュアル家庭版[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!