Edit concept Question Editor Create issue ticket

重度急性呼吸器症候群ウィルス 


提示

  • 症例定義、及び診断、確認 随時の更新を重ねながら、WHO から症例定義(典型的な症状:Case definition)が提示されています。 これを基に、本邦では厚生労働省より、情報提供を求める患者の要件が記載されたMERS に関する対応依頼が、患者発生時の標準的対応フローと共に発出されています 10) 。[bdj.co.jp]
筋肉痛
  • 症状は、高熱、続いて悪寒、頭痛、全身倦怠感、筋肉など。 発症 時には軽度の 呼吸器症状 があるが、発症3〜7日して下気道症状期になり、 乾性咳嗽 (かんせいがいそう)と呼吸困難、やがて 低酸素血症 が見られる。感染した人の飛沫や体液を通じて感染すると考えられている。[kotobank.jp]
  • 多くは2 7日、最大10日間の潜伏期間の後に、急激な発熱、咳、全身倦怠感、筋肉などのインフルエンザ様の前駆症状が現れる。2 数日間で呼吸困難、乾性咳嗽、低酸素血症などの下気道症状が現れ、胸部CT、X線写真などで肺炎像が出現する。肺炎になった者の80 90%が1週間程度で回復傾向になるが、10 20%がARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome)を起こし、人工呼吸器などを必要とするほど重症となる。[pref.okayama.jp]
  • 38 以上の発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉などのインフルエンザ様症状がみられます。その他に、下痢症状も多くみられます。その後、咳や呼吸困難を伴う肺炎がみられ、死亡することもあります。 特別な治療はなく、症状に応じた対症療法が行われます。 予防接種や予防薬はありません。患者が発生した場合、患者発生地域に滞在する際には、手洗い、うがい、咳エチケットを心がけましょう。 SARSは、便、喀痰、鼻咽腔ぬぐい液、血清などを採取して、ウイルス分離・同定、遺伝子の検出、血清抗体測定により診断します。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]
  • 症状 発病第1週に発熱、悪寒震え、筋肉など、突然のインフルエンザ様症状で発症します。発病第2週には非定型肺炎へ進行し、乾性咳嗽、呼吸困難や水様性下痢を発症します。この時期が感染性のピークとなります。 約20%の症例で呼吸不全となり、集中治療が必要になります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。[forth.go.jp]
悪寒
  • 症状 発病第1週に発熱、悪寒震え、筋肉痛など、突然のインフルエンザ様症状で発症します。発病第2週には非定型肺炎へ進行し、乾性咳嗽、呼吸困難や水様性下痢を発症します。この時期が感染性のピークとなります。 約20%の症例で呼吸不全となり、集中治療が必要になります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。[forth.go.jp]
  • 症状は、高熱、続いて悪寒、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛など。 発症 時には軽度の 呼吸器症状 があるが、発症3〜7日して下気道症状期になり、 乾性咳嗽 (かんせいがいそう)と呼吸困難、やがて 低酸素血症 が見られる。感染した人の飛沫や体液を通じて感染すると考えられている。[kotobank.jp]
  • 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛の後に乾いたせきが生じ、呼吸困難に陥ることがあります。 大半の患者は1 2週間以内に回復します。しかし、約10%の患者で重度の呼吸困難が生じます。 診断 SARSが疑われるのは、感染者と接触した可能性があり、その上で発熱に加えてせきや呼吸困難がみられる場合のみです。 このウイルスを特定する検査を行うことがあります。[msdmanuals.com]
  • SARSは,ウイルスによる飛沫および接触感染で2 7日の潜伏期を経て発症します.その症状は発症時には急に38 を超える発熱が1日以上続き,頭痛,悪寒,倦怠感,筋肉痛なども伴います.その後,3日くらいして痰の出にくい咳や呼吸困難など呼吸器症状が出現します.大体80 90%の人は発症後6 7日で快方に向かいますが,各種抗生物質,副腎皮質ステロイドホルモン,抗ウイルス剤などに反応せず高齢者や糖尿病などの慢性疾患を持った人を中心に10 20%の人が重篤化し,低酸素血症などをきたし酸素吸入や人工呼吸器による[itsuki-hp.jp]
食欲不振
  • その他にも頭痛・筋肉のこわばり・食欲不振・全身倦怠感・意識混濁・発疹・下痢などの症状がみられることもあり、胸部レントゲン写真では、すりガラス状の肺炎の影が認められます。ただ、この様な症状はインフルエンザのような他の感染症でもみられるため、判別がつきにくいので注意が必要です。 症状が出ても8 9割の人は特別な治療を受けずに1週間ほどで回復しています。症状が出た人のうち死亡したのは5 6%前後で、高齢者や糖尿病・心臓病など他の病気を持っていると重症化しやすくなるようです。[t-pec.co.jp]
  • 症状 発熱、呼吸器症状に加え、頭痛、筋硬直、食欲不振、倦怠感、意識混濁、発疹、下痢等の症状を伴うこともあります。 病原体 WHO(世界保健機関)は平成15年4月16日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原体を新種のコロナウイルスと特定し「SARSコロナウイルス」と命名しました。 感染経路 SARS患者と接した医療関係者や同居の家族など、患者の咳を浴びたり、痰や体液等に直接触れる等の濃厚な接触をした場合に感染します。 潜伏期間 2日から7日、最大10日間の潜伏期間を経て発症します。[pref.kanagawa.jp]
  • また香港からの報告では、下痢症状も比較的多くの方にみられ、頭痛、悪寒戦慄、食欲不振、全身倦怠感、意識混濁などの症状が見られることもあります(「 SARSの疫学に関する合意文書 」)。 曝露後の潜伏期は通常2 10日(平均5 6日)と推計されており、最短1日、最長14日間という報告があります。急激な発熱、咳などのインフルエンザ様の前駆症状で発症し、この期間には感染力は弱く、約1週間後に呼吸困難、乾性の咳などの肺炎症状が現れ始め、それとともに感染力も増強するとされています( Q&A疫学 )。[idsc.nih.go.jp]
妊娠初期
  • 妊娠中のSARS感染は、妊娠初期では流産の、妊娠後期では母体の死亡の増加 につながる例のあることが報告されている。 病原診断 SARS-CoV検査法としては、ウイルス分離、RT-PCR法、LAMP法、血清抗体測定が実施可能であるが、病原体診断によるSARSの早期診断は 現段階では困難である。病原体検査陰性がそのまま感染を否定するものではなく、診断は臨床所見に加え、感染曝露歴の有無、他疾患の除外により行われなけれ ばならない。[niid.go.jp]
咽頭痛
  • 潜伏期間 は2 7日間で,当初は発熱, 悪寒 ,筋肉痛,咳などの症状があり,続いて頭痛,咽頭,息切れなどが現れ,胸部X線写真は肺炎の症状を示す。重症になると, 人工呼吸器 が欠かせない。原因がウイルスであるため抗生物質はきかない。解熱,人工呼吸器装着など対症療法が主となる。飛沫感染を防ぐマスク装着,接触感染を防ぐ手洗い,うがいなどが有効な予防策とされる。 2002年 11月頃から中国コワントン (広東) 省で発生,アジアを中心に広がった。[kotobank.jp]
  • 咽頭や鼻症状は20%程度にしかみられない。発症後、3 7日後にほとんどの症例で乾性咳嗽が出現し、60 80%の症例で息切れが、20 70%の症例で下痢がみられるようになる。その後80%程度の症例では改善傾向となるが、残りの約20%の症例において呼吸不全が増悪し、その半数以上が人工呼吸管理を要する呼吸不全に陥り、さらにその半数が死亡する。死亡率は8,096名中774名、9.6%と報告されている。 増悪の危険因子としては、高齢や基礎疾患(糖尿病、B型肝炎)の有無などが指摘されている。[h-crisis.niph.go.jp]
口臭
  • おすすめアイテム 口腔内の殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去に。医薬部外品なので、幅広い分野でお使いいただけます。希釈使用。 携帯に便利な個包装。極細繊維フィルター採用でウイルス・細菌を99%カット。 家庭内感染を防ぐために、"手"がよく触れる場所などは、こまめに洗浄・除菌を行いましょう。 おすすめアイテム 気になる場所のウイルス・細菌の除去に。アルコール製剤では効果が劣るとされてきたノンエンベロープウイルスを含む、幅広いウイルス・細菌に有効です。[family.saraya.com]
頭痛
  • 38 以上の発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛などのインフルエンザ様症状がみられます。その他に、下痢症状も多くみられます。その後、咳や呼吸困難を伴う肺炎がみられ、死亡することもあります。 特別な治療はなく、症状に応じた対症療法が行われます。 予防接種や予防薬はありません。患者が発生した場合、患者発生地域に滞在する際には、手洗い、うがい、咳エチケットを心がけましょう。 SARSは、便、喀痰、鼻咽腔ぬぐい液、血清などを採取して、ウイルス分離・同定、遺伝子の検出、血清抗体測定により診断します。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]
  • 症状は、高熱、続いて悪寒、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛など。 発症 時には軽度の 呼吸器症状 があるが、発症3〜7日して下気道症状期になり、 乾性咳嗽 (かんせいがいそう)と呼吸困難、やがて 低酸素血症 が見られる。感染した人の飛沫や体液を通じて感染すると考えられている。[kotobank.jp]
  • 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛の後に乾いたせきが生じ、呼吸困難に陥ることがあります。 大半の患者は1 2週間以内に回復します。しかし、約10%の患者で重度の呼吸困難が生じます。 診断 SARSが疑われるのは、感染者と接触した可能性があり、その上で発熱に加えてせきや呼吸困難がみられる場合のみです。 このウイルスを特定する検査を行うことがあります。[msdmanuals.com]
心臓病
  • 症状が出た人のうち死亡したのは5 6%前後で、高齢者や糖尿病・心臓など他の病気を持っていると重症化しやすくなるようです。 Q:SARSの原因ウィルスはわかっているのですか? A: WHO(世界保健機構)は4月16日に原因を コロナウイルスの新種と断定、SARSウイルスと命名 されました。コロナウイルスには様々な種類があり、この中の数種類が冬などに鼻風邪などの軽い風邪を起こします。 SARS ウイルスは、このコロナウイルスが突然変異し、毒性が強くなったものと現在は考えられています。[t-pec.co.jp]
下痢
  • 1群 ヒトコロナウイルス 229E :ヒト(風邪) ブタ伝染性胃腸炎ウイルス:ブタ(胃腸炎) ブタ流行性下痢ウイルス:ブタ(下痢) ブタ呼吸器コロナウイルス:ブタ(呼吸器症状) イヌコロナウイルス:イヌ(下痢) ネココロナウイルス:ネコ(腹膜炎) 2群 ウシコロナウイルス:ウシ(下痢) ヒトコロナウイルス OC43:ヒト(風邪) マウス肝炎ウイルス:マウス(肝炎、下痢) ブタ血球凝集性脳脊髄炎ウイルス:ブタ(脳炎) ラットコロナウイルス:ラット(唾液腺、涙腺の炎症) 3群 伝染性気管支炎ウイルス:[jsvetsci.jp]
  • その他に、下痢症状も多くみられます。その後、咳や呼吸困難を伴う肺炎がみられ、死亡することもあります。 特別な治療はなく、症状に応じた対症療法が行われます。 予防接種や予防薬はありません。患者が発生した場合、患者発生地域に滞在する際には、手洗い、うがい、咳エチケットを心がけましょう。 SARSは、便、喀痰、鼻咽腔ぬぐい液、血清などを採取して、ウイルス分離・同定、遺伝子の検出、血清抗体測定により診断します。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]
  • 発病第2週には非定型肺炎へ進行し、乾性咳嗽、呼吸困難や水様性下痢を発症します。この時期が感染性のピークとなります。 約20%の症例で呼吸不全となり、集中治療が必要になります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。一般的な予防法として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。[forth.go.jp]
  • また、最大70%の患者が、水様性の下痢を発症すると言われています。発症者の約80%はその後軽快しますが、なかには急速に呼吸促迫と酸素飽和度の低下が進行し、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)へ進行し死亡する例もあります。 予防方法は? 患者の早期検知と即時隔離、接触者の自宅隔離(検疫)以外には、特に有効な予防措置はなく、一般的な呼吸器感染症の予防策(手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなど)を講じます。 もっと詳しい情報が必要な方へ[city.osaka.lg.jp]
嘔吐
  • また、嘔吐、下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。 潜伏期間は、2日から14日(平均5日程度)と言われており、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人は重症化する傾向があります。 WHOに報告された者のうち、症状が悪化して死亡する割合は、約35%とされています。 5 治療 特別な治療法は無く、予防接種もありません。症状に応じた対症療法が行われます。[pref.saitama.lg.jp]
肺炎
  • で、治療に反応せず、死亡までに、他にこれら症状を説明できる診断がついていなかった場合 (ウ)次のいずれかの条件を満たす者 (1) 胸部レントゲン写真で肺炎、又は急性呼吸窮迫症候群の所見を示す者 (2) 病理解剖所見が肺炎、呼吸窮迫症候群の病理所見として矛盾せず、はっきりとした原因がない者 注)他の診断によって症状の説明ができる場合は除外すること。[pref.tottori.lg.jp]
  • で、治療に反応せず、死亡までに、他 にこれら症状を説明できる診断がついていなかった場合 (ウ) 次のいずれかの条件を満たす者 胸部レントゲン写真で肺炎、又は急性呼吸窮迫症候群の所見を示す者 病理解剖所見が肺炎、呼吸窮迫症候群の病理所見として矛盾せず、はっきりとした 原因がない者 注)他の診断によって症状の説明ができる場合は除外すること。[www1.pref.shimane.lg.jp]
  • 概要 SARSは原因不明の急性肺炎として2003年にアジアを中心に拡大しました。SARSの最初の症例は、2002年11月中旬に中国広東省で発生していましたが、世界保健機関(WHO)に対してこの地域における非定型肺炎の集団発生に関する報告があったのは2月11日でした。そして、これが SARSの症例定義 に当てはまると確認されたのは4月2日にWHOの調査チームが広東省を訪れる許可が下りた後でした。[anzen.mofa.go.jp]
  • で、治療に反応せず、死亡までに、他にこれら症状を説明できる診断がついていなかった場合 (ウ) 次のいずれかの条件を満たす者 (1) 胸部レントゲン写真で肺炎、又は急性呼吸窮迫症候群の所見を示す者 (2) 病理解剖所見が肺炎、呼吸窮迫症候群の病理所見として矛盾せず、はっきりとした原因がない者 注) 他の診断によって症状の説明ができる場合は除外すること。[mhlw.go.jp]
咳嗽
  • 2 数日間で呼吸困難、乾性咳嗽、低酸素血症などの下気道症状が現れ、胸部CT、X線写真などで肺炎像が出現する。肺炎になった者の80 90%が1週間程度で回復傾向になるが、10 20%がARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome)を起こし、人工呼吸器などを必要とするほど重症となる。致死率は10%前後で、高齢者及び基礎疾患のある者での致死率はより高い。[pref.okayama.jp]
  • 発病第2週には非定型肺炎へ進行し、乾性咳嗽、呼吸困難や水様性下痢を発症します。この時期が感染性のピークとなります。 約20%の症例で呼吸不全となり、集中治療が必要になります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。一般的な予防法として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。[forth.go.jp]
  • また、小児におけるSARSの 報告頻度は低く、12歳未満では咳嗽、鼻汁のみなど、より軽症なことが多い。妊娠中のSARS感染は、妊娠初期では流産の、妊娠後期では母体の死亡の増加 につながる例のあることが報告されている。 病原診断 SARS-CoV検査法としては、ウイルス分離、RT-PCR法、LAMP法、血清抗体測定が実施可能であるが、病原体診断によるSARSの早期診断は 現段階では困難である。[niid.go.jp]
  • 2 数日間で呼吸困難、乾性咳嗽、低酸素血症などの下気道症状が現れ、胸部CT、X線写真などで肺炎像が出現する。肺炎になった者の80 90%が1週間程度で回復傾向になるが、10 20%がARDS(AcuteRespiratory Distress Syndrome)を起こし、人工呼吸器などを必要とするほど重症となる。致死率は10%前後で、高齢者及び基礎疾患のある者での致死率はより高い。[pref.tottori.lg.jp]
風邪
  • 第1群には人で風邪、ブタ、イヌ、ネコなどで下痢を起こすウイルス、第2群にはヒトで風邪、ブタやウシで下痢を起こすウイルス、第3群にはニワトリで気管支炎を起こすウイルスがあります( 注2 )。 この図はCDC研究グループがこれらのコロナウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子構造を比較したもので、ウイルスの系統樹と呼ばれるものです。この結果から、新型コロナウイルスは、これらの3つのグループのウイルスとはかけはなれているとみなされます。 新型コロナウイルスの由来は、まだ明らかではありません。[jsvetsci.jp]
  • コロナウイルスには様々な種類があり、この中の数種類が冬などに鼻風邪などの軽い風邪を起こします。 SARS ウイルスは、このコロナウイルスが突然変異し、毒性が強くなったものと現在は考えられています。通常、ウイルスは高温・多湿に弱いのですが、今回の新型ウイルスは乾燥や多湿にも強いようです。日光などの紫外線には弱いとされています。 Q:感染経路はどのようなものですか? A: 感染経路は、現在わかっている範囲では、感染した人の飛沫、体液を通じて感染すると考えられています。[t-pec.co.jp]
胸水
  • 本症候群の胸部X線所見は,両側の胸膜側から急速に進行するスリガラス状陰影を特徴として,胸水を伴うことは少ないとされている。SARS剖検例のまとめによれば,全例がリンパ球によるびまん性肺胞障害(diffuse alveolar damage; DAD)を呈しており,この呼吸不全は,ウイルスに対する過剰な免疫反応の結果,肺を標的臓器として発生したARDSであり,単純なウイルス性肺炎ではないとされている。 索引に戻る トップページへ[jaam.jp]
  • 空洞形成やリンパ節腫大、胸水貯留は通常みられない。2003年の流行時におけるベトナムのSARS症例の胸部X線像を図1に呈示する。胸部CTは、胸部単純X線より鋭敏に病変を検出できるために有用である。これらの画像所見は、香港中文大学のホームページにおいて公開されている( )。 TOP 確定診断 検体の採取、輸送、保存など 気道からの検体(鼻咽頭拭い液、喀痰等)、全血、血漿、血清などの血液検体、便、尿などが SARS-CoV 検査のための検体となる。[h-crisis.niph.go.jp]

精密検査

無気肺
  • 病理組織像は間質性浮腫や線維化、細葉への間質液の浸潤、下肺野のなどが主体のARDSの所見を示す 9) 。 成人例では胸部所見、症状から、インフルエンザ、マイコプラズマ、レジオネラなどをはじめとした肺炎が鑑別対象となる。また、既知のコロナウイルスの活動 期は季節的にこれらの患者が増加する時期と重なることから、診断時には十分な注意が必要である。小児例ではこれ以外にも、RSウイルス感染なども鑑別対象 となる。[niid.go.jp]
胸水
  • 本症候群の胸部X線所見は,両側の胸膜側から急速に進行するスリガラス状陰影を特徴として,胸水を伴うことは少ないとされている。SARS剖検例のまとめによれば,全例がリンパ球によるびまん性肺胞障害(diffuse alveolar damage; DAD)を呈しており,この呼吸不全は,ウイルスに対する過剰な免疫反応の結果,肺を標的臓器として発生したARDSであり,単純なウイルス性肺炎ではないとされている。 索引に戻る トップページへ[jaam.jp]
  • 空洞形成やリンパ節腫大、胸水貯留は通常みられない。2003年の流行時におけるベトナムのSARS症例の胸部X線像を図1に呈示する。胸部CTは、胸部単純X線より鋭敏に病変を検出できるために有用である。これらの画像所見は、香港中文大学のホームページにおいて公開されている( )。 TOP 確定診断 検体の採取、輸送、保存など 気道からの検体(鼻咽頭拭い液、喀痰等)、全血、血漿、血清などの血液検体、便、尿などが SARS-CoV 検査のための検体となる。[h-crisis.niph.go.jp]

治療

  • (3) 治療法 海外の症例分析やシンガポールの病院からの聞き取り調査等により、現時点での標準的な治療法を示した「SARS治療プロトコール」を作成中です。既存の薬剤については試験管内の実験をしている段階で、一部の薬剤については、試験管内での効果を確認していますが、患者に対して有効性が証明された治療薬はまだありません。 (7) 省庁間の連携 SARS事案・関係省庁緊急連絡窓口を設置するほか、必要に応じて連絡調整会議を開催して、連携をとっています。[kitayaku.or.jp]
  • 約20%の症例で呼吸不全となり、集中治療が必要になります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。一般的な予防法として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。[forth.go.jp]
  • 予防・治療 現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。 感染を避けるために 人がどのようにして、MERSに感染するかは、まだ正確には分かっていませんが、呼吸器感染を防ぐために、こまめに手を洗う、マスクを着用するなど、一般的な感染対策を心がけてください。[city.yamato.lg.jp]

疫学

  • また香港からの報告では、下痢症状も比較的多くの方にみられ、頭痛、悪寒戦慄、食欲不振、全身倦怠感、意識混濁などの症状が見られることもあります(「 SARSの疫学に関する合意文書 」)。 曝露後の潜伏期は通常2 10日(平均5 6日)と推計されており、最短1日、最長14日間という報告があります。急激な発熱、咳などのインフルエンザ様の前駆症状で発症し、この期間には感染力は弱く、約1週間後に呼吸困難、乾性の咳などの肺炎症状が現れ始め、それとともに感染力も増強するとされています( Q&A疫学 )。[idsc.nih.go.jp]
  • (3) 感染動向の把握(積極的疫学調査) 緊急時においては、感染動向の的確な把握及び原因の究明について、国が都道府県等による疫学調査について必要な指示を行うとともに、国も専門家を派遣して都道府県と共同で疫学調査を実施します。 (4) まん延防止のための対策 緊急時においては、国の責任において、患者の入院、消毒等の措置等について都道府県等に対し必要な指示を行います。また、国は必要に応じて専門家を現地に派遣して、支援を行います。[city.hiroshima.med.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • SARSの起源、感染経路、病原性、不顕性感染の有無、病態生理、季節的流行の可能性など、依然として不明な点が多い。集団発生においては「スーパー・ス プレッディング事例」と呼ばれる、ひとりの有症状の患者が多数への感染伝播に関与した事例が注目されているが、そのメカニズムは解明されていない。 わが国では、集団発生期間中に報告のあった可能性例16例と疑い例52例すべてが、他の診断がつき取り下げられたか、あるいはSARS対策専門委員会でSARSの可能性が否定されている 3) 。[niid.go.jp]

予防

  • 標準予防策(スタンダード・プレコーション) 感染症対策としては、病院感染対策の標準ともいえる米国CDC(疾病管理予防センター)ガイドラインが、簡便性・合理性から広く我が国でも認知され利用されています。 このガイドラインは、標準予防策と感染経路別予防策の2つの方法から成り立ち、前者はすべての患者に適用される方法であり、後者は、感染力の強い重篤な病態を引き起こす疾患に対し、前者に適宜、追加し適用されます。 なお、上述した予防策は、患者治療、患者配置・搬送等に従事する全ての者に徹底すべきものです。[pref.iwate.jp]
  • 現在、MERSに対するワクチンや治療法はないため、"予防"が何より大切です。「MERSコロナウイルス」は、エンべロープという脂質膜を持つウイルスのため、アルコール消毒薬が比較的効きやすく、手洗い・うがいをはじめ、手指消毒、マスクが予防対策のひとつと言えます。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう! マスクでしっかり予防しましょう。 MERSは、飛沫や手指を介して感染すると考えられるため、十分な手洗いと手指消毒が大切です。手洗いと手指消毒を徹底しましょう。[family.saraya.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!