Edit concept Question Editor Create issue ticket

酒害


提示

転倒
  • 酒害者の身体的問題 ・肝障害(肝炎) ・肝硬変 ・胃炎 ・胃潰瘍 ・十二指腸潰瘍 ・心臓病 ・吐き気 ・嘔吐 ・吐血 ・下痢 ・転倒 ・歩行困難 ・手足がしびれる ・手指のふるえ ・不眠 ・冷汗 ・尿失禁 ・大便失禁 ・発熱 ・けいれん発作 ・高血圧 ・糖尿病 ・痛風 ・膵炎(すいえん) ・インポテンツ ・栄養問題(食欲不振、体力低下) ・入院 ・手術 ・問題なし ・不明 ・その他 2.[www2.gunmanet.ne.jp]
  • また、飲酒により小脳が萎縮するアルコール性小脳失調症でも歩行が不安定になり、転倒などによる頭部外傷が起こりやすくなります。 神経・筋肉系の病気 アルコール性末梢神経障害 ウェルニッケ脳症 眼振 失調性歩行 アルコール性小脳失調症 アルコール依存症かな?と思う人が身近にいたら[alcoholic-navi.jp]
  • […] eヘルスネット「急性アルコール中毒」 ASK「イッキ飲み・アルハラ防止」 外傷など 酩酊状態になった飲酒者は、足下がふらつき、転倒するなどして頭部外傷のリスクが高まる。 飲酒時の頭部外傷は「脳浮腫」を招きやすく、死のリスクを高めることが指摘されている。 また酔った勢いでけんかになり、負傷したりさせたりすることもある。 このほか川に転落したり、路上で寝込んでいて車にひかれたり、ホームから線路に落ちて命を失うケースも後を絶たない。 寝たばこによる火災も、酩酊状態で起きることが多いとみられている。[alhonet.jp]
疲労
  • 熟睡できなければ、体の疲れが取れず疲労がたまり、背中や肩や筋肉などのコリが取れず、慢性的に体が痛い状態が続いてしまう。 1週間にビール中びん6〜7本が限度 飲酒に伴うリスクを見積もり、飲酒量の目安を示す動きがある。イギリスでは、週に14ユニット以上のアルコール摂取を避けることが推奨されている。1ユニットは純アルコール8グラムを表すため、14ユニットでは112グラムになる。 ビール中びん1本(500ml)だと純アルコールが20グラムになり、6本飲むと14ユニットを超える。[toyokeizai.net]
  • 精神的な不安や悩み、疲労感、憂うつ、思考がまとまらない、勤務先を休みがち等 声が聞こえる、強い他人への不信、話がかみ合わない、行動が変わった等 社会復帰促進事業(デイケア):月3回 回復途上にある精神障害者の方を対象に、楽しみながら対人関係の保ち方や日常生活スキルを身につけることを練習するグループ活動です。自信を回復し、社会生活への適応を図ることを目的としています。詳細はお問い合わせ下さい。 お酒をやめたいと思うがやめられない。[fukushihoken.metro.tokyo.jp]
昏睡
  • 泥酔から昏睡状態に、さらには呼吸困難や最悪の場合は死につながる危険性があります。 さまざまな臓器障害 長期にわたって大量飲酒を続けていると、脂肪肝、アルコール性肝炎などの肝臓障害が引き起こされます。でも、実はそれだけではありません。大量飲酒を長く続けると、全身のさまざまな臓器に障害をもたらします。 アルコール依存症 長期にわたって大量飲酒を続けていると、しだいにお酒を飲まなくてはいられなくなってきます。「今夜はやめておこう!」「体調が良くないし…」と思っていても、つい飲んでしまう。[suntory.co.jp]
  • 脳の機能マヒが進んで「昏睡」に至れば、死と紙一重だ。 特に「イッキ飲み」は危ない。急性アルコール中毒やそれに伴う吐物吸引などで若者が命を失うケースが相次いでいる。 若者への啓発、大学での踏み込んだ対策、飲食店でイッキ飲みをするグループや酩酊者にはアルコールを提供しないなどの取り組みが必要だ。 一方で、特定の酩酊者に救急医療が翻弄される問題も起きている。 その背景にはアルコール依存症がある可能性が高い。 鍵になるのは、救急・警察と専門医療との地域連携である。[alhonet.jp]
手の震え
  • 離脱も一般的には震えとかだけが知られているけれど、睡眠障害等色んな症状がある。 タバコの箱には癌や心筋梗塞等、喫煙の害を書いてあるが、 酒には『依存症になる可能性が…』とは書いてない。 アルコール依存症は、世間に正しく知られていない。 自身が、あるいは家族が依存症だと気付いていない人も大勢いる。 専門家にかからなければ回復の可能性はゼロ。 回復しても完治はない。 そんな事も今だから私にも解る。[higashiyodogawa-dansyukai.jimdo.com]
震え
  • 離脱も一般的には手の震えとかだけが知られているけれど、睡眠障害等色んな症状がある。 タバコの箱には癌や心筋梗塞等、喫煙の害を書いてあるが、 酒には『依存症になる可能性が…』とは書いてない。 アルコール依存症は、世間に正しく知られていない。 自身が、あるいは家族が依存症だと気付いていない人も大勢いる。 専門家にかからなければ回復の可能性はゼロ。 回復しても完治はない。 そんな事も今だから私にも解る。[higashiyodogawa-dansyukai.jimdo.com]
痙攣
  • さらにひどくなると、幻覚(身体に虫の大群が這って来るなど)や痙攣なども起こします。これを「離脱症状」といいます。 こうなると、自分は酒をやめたいと思っても、身体が言うことを聞かなくなり、ブレーキのきかない車のように、自分の意思でお酒をコントロールできなく なってしまいます。 このような状態のことを「依存症」といいます。 どのくらい飲むと依存症になってしまうかは、体質や飲み方によっても違い、男女でも違います。 しかし、早く飲み始めればそれだけ、早くこの状態に至る危険性が高くなることは確かです。[pref.toyama.jp]
判断力の低下
  • また、アルコールは運動機能や判断低下させます。 妊娠中の飲酒はおなかの胎児に悪影響があります。また、アルコールは授乳中の母乳に入り、乳児の発達を障害します。 依存症は飲酒のコントロールができないことがその特徴で、断酒を続けることが唯一の回復方法です。 定期的に肝機能検査などを受けて、飲みすぎていないかチェックしましょう。また、赤型体質の習慣飲酒者は、食道や大腸のがん検診を受けましょう。[mhlw.go.jp]
動悸
  • ただでさえ分解する仕組みが成人より遅いのに、「一気飲み」のように、さらに急激にアルコールを身体に入れると、いくら身体がフル回転でアルコールを分 解しようとしても処理能力を超えるため、先ほど述 べた有害物質であるアセトアルデヒドが身体に残り、動悸や嘔吐、ひどくなると意識障害、血圧低下、呼吸停止から命を失う危険性もあります。 なお、2006年は、一気飲みによる急性アルコール中毒で、全国で2名の死者が出ています。 一気飲みは大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう。[pref.toyama.jp]

治療

  • AA、断酒会、AKK、その他 あなたの自助グループ参加状況 ・不参加 ・たまに参加 ・時々参加 ・毎週参加 アラノン、AA、断酒会、AKK、その他 当院への紹介者 ・インターネット ・医療機関 ・精神保健センター ・保健所 ・福祉施設 ・患者・家族 ・マスコミ ・自助グループ ・行政機関 ・当院職員 その他 (具体的に ) 当院に希望すること ・あなた自身のカウンセリング ・どうしたらよいかわからない ・あなた自身の入院治療 ・本人の入院治療 ・本人の外来治療 ・入院先の紹介 その他 具体的に[www2.gunmanet.ne.jp]
  • 離脱症状)より 幅広く ・ 1 2合では物足りない、勧められると断れない、毎日飲みたい、飲む理由 を作る ・ 飲む機会にしっかり飲む、味より酔いを楽しむ、翌日は休みをとって会合に 出る ・ 糖尿病、高血圧、肝臓疾患があるのに禁酒せず節酒ですませる 6、 水際作戦から抜本的な対策へ ・ 会合の車厳禁、飲んだ人は送る、運転当番を作る、家庭での注意喚起(正常 者対策) ・ 飲めない人、飲ませてはいけない人の理解徹底、酒無しで楽しめる会合の工 夫 ・ アルコール依存症恐ろしさの啓蒙、依存症者の早期発見と介入・治療[blog.livedoor.jp]
  • アルコール依存症治療 治療プログラム Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期があり、身体管理の治療を行うと共に、集団精神療法や家族教室により本人の断酒意欲を高めます。 また、断酒継続や社会復帰には仲間の支えが必要です。お酒に囚われていた生活を過去のものにし、新たなライフスタイルを確立する援助をします。 週間プログラム Ⅰ期 Ⅰ期治療では解毒(離脱症状に対する治療)を主として行い、あわせて関連臓器障害の治療、疾患教育を行い、Ⅱ期治療への導入動機付けを行います。入院後1〜2週間はこれに費やします。[shinizumi-hp.or.jp]

疫学

  • WHO: EB115/37, Public health problems caused by alcohol, reported by the secretariat, 2004 国民一人当たりの平均アルコール消費量の推移(15歳以上) 成人の飲酒実態調査 2003年 過去に行なわれた調査における男女別飲酒者割合 年齢別飲酒者割合の変化 * 飲酒者とは、調査前1年間に少なくとも1回飲酒してる者 * 1984年調査:日米共同疫学研究 飲酒時の平均飲酒量 * 1単位とは純アルコール換算で10グラムの[mhlw.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • や咽頭がん ALDH2活性別にみた飲酒と食道がんリスク アルコール関連問題の広がり アルコール関連問題の予防 予防の大前提 この世からアルコール(酒)をなくすことはできない 米国における禁酒法の失敗が物語っている 酒とうまく付き合っていくしかない 予防の3原則 1. アルコール消費量の抑制 2. 大量飲酒者数の減少 3.[mhlw.go.jp]
  • (語るは最高の自殺予防なり) 断酒会の例会原則に「酒害体験をありのままに語る」とあります。 飲酒時代の自分の惨めで無残な過去を何度も通りなおすことで、自分と酒の関係が見え、二度と同じ過ちを繰り返さなくなるのです。「 語るは最高の治療 」が原則というより鉄則になっています。 断酒会は三次予防の自助組織です。会員は再発防止のために語り続けています。 失敗すれば、再び自殺の可能性に直面します。その意味で再発予防のために語り続けることは、同時に自殺予防でもあるのです。[dansyu-renmei.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!