Edit concept Question Editor Create issue ticket

遺伝性平滑筋腫症と腎細胞癌


提示

不妊
  • 不妊治療専門医への早期紹介は家族計画を支援するために役立つことがある。 サーベイランス 適切な臨床的サーベイランスの構成に関して、コンセンサスが得られたものはない。 臨床的にHLRCCと診断された人、臨床症状に関係なく FH にヘテロ接合型病原性多様体がある人、およびリスクがあるが遺伝子検査を受けたことがない家系員は、HLRCCの臨床症状に詳しい医師が実施する以下の定期的なサーベイランスを受けることが提案されている。 皮膚。[cancerinfo.tri-kobe.org]

治療

  • の作用機序 臨床試験における効果 臨床試験における副作用 分子標的薬の併用療法 進行腎癌に対する集学的治療 転移性腎癌に対する治療 局所進行性腎癌(転移を有しない)に対する治療 腎癌の治療/その他 無治療経過観察 小径腎腫瘍の自然史 小径腎腫瘍に対する無治療経過観察(AS) 転移巣に対する治療 転移巣切除により予後が改善するか?[medicalview.co.jp]
  • 山田 武千代 めまい,平衡障害の病態と治療に関する研究 難聴の鑑別診断と治療に関する研究 顔面神経麻痺の診断と治療に関する研究 頭頸部腫瘍の診断と治療に関する研究 上部呼吸器障害の病態と治療に関する研究 麻酔・蘇生・ 疼痛管理学 西川 俊昭 疼痛の病態と治療に関する研究 脳脊髄虚血の病態と治療に関する研究 アルファ2受容体作動薬に関する研究 硬膜外麻酔に関する研究 各種病態における血管反応性に関する研究 救急・集中治療医学 中永 士師明 重傷外傷の病態生理と治療に関する研究 広範囲熱傷の病態生理[med.akita-u.ac.jp]
  • 治療成績 当院での1996 2005年の間の子宮体がんの治療成績を示します。 II. 子宮体がん治療の問題点 子宮体がん検診について 以前から行われている子宮がん検診と言えば子宮頸がんに対する検診で、子宮頸部から細胞を採取して顕微鏡で検査する、子宮頸部細胞診のことです。(頸がんのページを参照)。この検診では、子宮体がんは容易には見つかりません。この混乱を回避するため、現在は「子宮頸がん検診」に統一されています。 では子宮体癌に対する検診はないのでしょうか?[pref.aichi.jp]

疫学

  • 小児神経性疾患の遺伝子レベルでの病態解明 造血肝細胞移植を含めた小児腫瘍性疾患の治療 小児病態における細胞内脂質輸送と脂質シグナリング 未熟児慢性肺疾患の治療法の開発 胎児・小児における非観血的心機能評価法 放射線医学 橋本 学 放射線医学 放射線防護・管理 総合診療・検査診断学 廣川 誠 植木 重治 総合内科的臨床課題の疫学研究 免疫受容体の多様性と免疫不全症の病態診断 自己免疫疾患における病的リンパ球クローンの同定 呼吸器病,特に免疫・炎症性肺疾患の病態学 免疫・アレルギー疾患の病態・検査学[med.akita-u.ac.jp]
  • 疫学 まれな疾患であるため有病率や罹患率などの正確な疫学データは得られていない。平成15年度と18年度に厚生労働省難治性疾患克服研究事業「呼吸不全に関する調査研究班」(以下研究班)で全国の医療施設を対象とした2回の疫学調査が行われ、264人の患者情報が集まり検討された。その結果、本邦でのLAMの有病率は100万人あたり約1.9 4.5人と推測されている。米国などからの報告でも人口100万人あたり2 5人と推測されている。[irdph.jp]
  • 基礎編 腎癌の疫学 腎癌の頻度 偶発癌の増加 腎癌の疫学的要因 腎癌の分子生物学 癌の分子生物学 ゲノムの遺伝的不安定性と発癌 癌遺伝 癌化に関連する遺伝子変異 エピジェネティクス変化 癌抑制遺伝 遺伝子修復 核異型と腎癌 染色体異常と腎癌 染色体異常と検査 点変異 増幅と欠失 転座 全染色体欠損と増加 腎癌における染色体異常 遺伝子異常と腎癌 von Hippel-Lindeau(VHL)病 3番染色体短腕転座を伴った腎癌 散発性腎細胞癌 VHL蛋白の機能 遺伝性乳頭状腎癌 Xp11.2転座型腎癌[pro.kinokuniya.co.jp]
  • 肺LAMの全国疫学調査 6) の推計によると、わが国における肺LAMの有病率は、2003年の100万人当たり1.2 2.3人が2006年では100万人当たり1.9 4.5人と、増加が認められています。また、2003年と2006年に実施された同調査による10年生存率は85%と報告されています。この調査には結節性硬化症に伴う肺LAMも含まれていますが、頻度が約16%と低いため、結節性硬化症に伴う肺LAMが比較的軽症のため診断に至らない可能性やスクリーニング不足などが指摘されています。[afinitor.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 分子病理学的研究 器官病態学 後藤 明輝 肺癌の診断病理学・分子病理学 感染症と癌 呼吸器の病理学 マイクロRNA異常と疾患 微生物学 佐々木 雄彦 新規生体脂質の探索 細胞のがん化・浸潤・転移の分子機構 神経細胞死の分子機構 病態モデルマウスの開発 生体防御学 石井 聡 新規脂質メディエーター及び新規脂質メディエーター受容体の探索 脂質メディエーター受容体の細胞内シグナル伝達機構の解明 脂質メディエーターの細胞レベル及び個体(マウス)レベルにお ける機能の解明 環境保健学 村田 勝敬 作業関連疾患の病態生理[med.akita-u.ac.jp]
  • キーワード プロリン水酸化酵素(PHD)阻害薬、低酸素誘導因子(HIF)、腎性貧血 目次へ戻る 第54回 2017年度ベルツ賞受賞論文2等賞論文 個人の睡眠・覚醒リズム特性と求められている社会時刻との不調和による心身の異常とその病態生理に関する研究 三島 和夫** 肥田 昌子* 北村 真吾* * 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所・精神生理研究部 ** 同部長 要 旨 我々は,ヒトの睡眠・覚醒リズムの調節メカニズム,およびその破綻と臨床的意義について,睡眠医学,精神生理学,脳機能画像学,[saishin-igaku.co.jp]

予防

  • 7.予防と検診 1)予防 日本人を対象とした研究結果では、がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスの良い食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。 2)検診 がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。わが国では、厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(平成28年一部改正)」で検診方法が定められています。 しかし、腎細胞がんについては、現在、指針として定められている検診はありません。[ganjoho.jp]
  • に関する研究 生活習慣病の予防に関する研究 環境保健に関する研究 健康科学に関する研究 神経中毒学に関する研究 公衆衛生学 地域における自殺予防に関する研究 高齢者の健康増進に関する研究 健康支援環境に関する研究 健康的公共政策に関する研究 法医科学 美作 宗太郎 被虐待児の損傷検査に関する研究 外傷性ショックの重症度評価に関する研究 法医解剖症例研究 歯科所見による個人識別法 法医画像診断に関する研究 医学教育学 長谷川 仁志 日本の国情に合ったこれからの理想的医師・医療者育成教育に関する研究[med.akita-u.ac.jp]
  • NGS)時代の遺伝性腫瘍診療について 近畿大学 田村 和朗 国立がん研究センター 吉田 輝彦 FMC東京クリニック 田村 智恵子 兵庫医科大学 冨田 尚裕 (司会) 座談会の内容 ・我が国の遺伝性腫瘍診療の現状について ・我が国の遺伝性腫瘍診療に関する人材育成 ・近年のゲノム医療の発展・普及について ・遺伝性腫瘍診療の将来展望 など 吉田先生 冨田先生 田村先生 田村先生 目次へ戻る 総論 遺伝性腫瘍におけるデータベースの活用と問題点 宮部 泉* 赤木 究** * 埼玉県立がんセンター腫瘍診断・予防[saishin-igaku.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!