Edit concept Question Editor Create issue ticket

過敏性腸症候群


提示

関節痛
  • アルゴリズム診断警告症状・徴候の有無 発熱、関節、血便、6か月以内の予期せぬ3kg以上の体重減少、異常な身体所見(腹部腫瘤の触知、腹部の波動、直腸指診による腫瘤の触知、血液の付着など)を代表とする、器質的疾患を示唆する症状と徴候。 危険因子の有無 50歳以上での発症または患者、大腸器質的疾患の既往歴または家族歴、また、患者が消化管精密検査を希望する場合にも精査を行う。[ja.wikipedia.org]
疲労
  • 便が非常に柔らかくなる際に合併する主な症状は、 下痢の原因に直接関係のある 腹痛、悪心、嘔吐 副次的に生じる 脱水症状、食欲減退、疲労、体力消耗などが挙げられる。特に水様便に伴う脱水症状により重篤な状態に陥る事もある。 便の状態は、ブリストル・スケールにより評価する。 2004年には世界で約25億人が下痢に罹患し、150万人の5歳以下の子供が死んでいる。これらの患者の半分以上がアフリカ及び南アジアに在住している。20年前には500万人に1人が毎年死亡していたが現在では改善しつつある。[ja.wikipedia.org]
下痢
  • 薬の解説 薬の効果と作用機序 体内神経伝達物質セロトニンの作用を抑えることで過敏性腸症候群による下痢や腹痛などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである 神経伝達物質であるセロトニンは5-HT3受容体というものに作用し、下痢や腹痛などを引き起こすことがある 本剤は体内で5-HT3受容体を阻害し、過剰なセロトニンの作用を抑える 詳しい薬理作用 過敏性腸症候群(IBS)はお腹の不快感や便秘、下痢などが続く状態で、腹痛などは排便によって[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 過敏性腸症候群(IBS: I rritable B owel S yndrome)は便秘、下痢、お腹の不快感などが続く状態で、ライフスタイルと関連することも多くストレスなどによっても悪化する場合がある。[medical.nikkeibp.co.jp]
便秘
  • 主な副作用や注意点 消化器症状 便秘、腹部膨満感、吐き気などの症状があらわれる場合がある 皮膚症状 発疹や蕁麻疹などがあらわれる場合がある 腸閉塞(イレウス)に関しての注意 便秘や硬便(便が硬くなること)などにより腸閉塞などがおこる可能性がある 頻度は稀である お腹がはる、著しい便秘、腹痛などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 一般的な商品とその特徴 イリボー OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる 1日の最高投与量に関して(性別によって上限が異なる[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 便秘型 - 桂枝加芍薬大黄湯。大黄が下剤作用であるので下痢に転じたときは禁忌。 腹痛と腹鳴の強いもの - 大建中湯。あくまで該当症状軽減のためのターゲティング処方なので、下痢便秘向けの処方と併用とすること。 虚弱な小児 - 小建中湯。あくまで桂枝加芍薬湯に水飴成分が加わっただけで同一である。つまり栄養補給で気分や症状を落ち着かせようという意図の処方なので、桂枝加芍薬湯に市販のエキス栄養剤(甘味や畜魚肉加水分解物の含まれるもの)を併用しても大差は無い。[ja.wikipedia.org]
腹痛
  • 薬の解説 薬の効果と作用機序 体内神経伝達物質セロトニンの作用を抑えることで過敏性腸症候群による下痢や腹痛などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである 神経伝達物質であるセロトニンは5-HT3受容体というものに作用し、下痢や腹痛などを引き起こすことがある 本剤は体内で5-HT3受容体を阻害し、過剰なセロトニンの作用を抑える 詳しい薬理作用 過敏性腸症候群(IBS)はお腹の不快感や便秘、下痢などが続く状態で、腹痛などは排便によって[medical.nikkeibp.co.jp]
  • ストレス信号を受けると、まず胃からセロトニンが分泌され、腸内のセロトニン受容体と結合し、腸の蠕動運動に異常をきたし、腹部の不快感、腹痛、下痢などを引き起こす。 腹痛・腹部不快感と便通異常が単独で或いは合併して、3ヵ月の間に間欠的に生じるかもしくは持続する患者を対象として器質的疾患を鑑別するためのアルゴリズム診断が行われ、器質的疾患が認められないと Rome IVによる診断が行われる。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • 主な副作用や注意点 消化器症状 吐き気、口乾、腹部膨満感などの症状があらわれる場合がある テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせに関する注意 本剤に含まれるカルシウムイオンが上記の抗菌薬の吸収を阻害し、抗菌薬の作用が減弱する可能性がある 本剤を服用する際の注意 本剤の膨張する性質により服用後に喉でつかえた場合、喉や食道を塞ぐ可能性がある 上記を防ぐために、本剤は十分な量(約200ml)の水とともに服用する 一般的な商品とその特徴 コロネル ポリフル 剤形に錠剤と細粒剤があり、服薬状況[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 主な副作用や注意点 消化器症状 便秘、腹部膨満感、吐き気などの症状があらわれる場合がある 皮膚症状 発疹や蕁麻疹などがあらわれる場合がある 腸閉塞(イレウス)に関しての注意 便秘や硬便(便が硬くなること)などにより腸閉塞などがおこる可能性がある 頻度は稀である お腹がはる、著しい便秘、腹痛などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 一般的な商品とその特徴 イリボー OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる 1日の最高投与量に関して(性別によって上限が異なる[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 人参湯では効能が不足するときは真武湯、もしくは人参湯と真武湯の合方になるが、八味丸と同様に「附子」が入った処方であるため胃に厳しく、かえって胃の不快感や吐き気、下痢になることがあるので注意を要する。できれば補中益気湯など胃腸薬となる処方と組み合わせたい。 便秘型 - 桂枝加芍薬大黄湯。大黄が下剤作用であるので下痢に転じたときは禁忌。 腹痛と腹鳴の強いもの - 大建中湯。あくまで該当症状軽減のためのターゲティング処方なので、下痢便秘向けの処方と併用とすること。 虚弱な小児 - 小建中湯。[ja.wikipedia.org]
腹部膨満感
  • 主な副作用や注意点 消化器症状 吐き気、口乾、腹部などの症状があらわれる場合がある テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせに関する注意 本剤に含まれるカルシウムイオンが上記の抗菌薬の吸収を阻害し、抗菌薬の作用が減弱する可能性がある 本剤を服用する際の注意 本剤の膨張する性質により服用後に喉でつかえた場合、喉や食道を塞ぐ可能性がある 上記を防ぐために、本剤は十分な量(約200ml)の水とともに服用する 一般的な商品とその特徴 コロネル ポリフル 剤形に錠剤と細粒剤があり、服薬状況[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 主な副作用や注意点 消化器症状 便秘、腹部、吐き気などの症状があらわれる場合がある 皮膚症状 発疹や蕁麻疹などがあらわれる場合がある 腸閉塞(イレウス)に関しての注意 便秘や硬便(便が硬くなること)などにより腸閉塞などがおこる可能性がある 頻度は稀である お腹がはる、著しい便秘、腹痛などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 一般的な商品とその特徴 イリボー OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる 1日の最高投与量に関して(性別によって上限が異なる[medical.nikkeibp.co.jp]

精密検査

  • 危険因子の有無 50歳以上での発症または患者、大腸器質的疾患の既往歴または家族歴、また、患者が消化管精密検査を希望する場合にも精査を行う。 通常臨床検査での異常の有無 血液生化学検査(血糖を含む)、末梢血球数、炎症反応(CRP)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、尿一般検査、便潜血検査、貧血、低蛋白血症、腹部単純X線写真、婦人科疾患。[ja.wikipedia.org]
大腸炎
  • 慢性膵炎 ヘリコバクター・ピロリの感染による消化不良 外科手術などにより、腸を切除した場合 肥満治療薬オルリスタット 潰瘍性大腸、クローン病などの炎症性腸疾患 過敏性腸症候群(IBS), 機能性胃腸症(FD)などに代表される体質 不安障害による心身症 神経性の消化不良 便意を我慢し過ぎる事による大腸の異常活動 甲状腺機能亢進症、糖尿病、大腸癌 医薬品の副作用...[ja.wikipedia.org]

治療

  • 薬の解説 薬の効果と作用機序 腸管にあるグアニル酸シクラーゼC受容体(GC-C受容体)を活性化させ、過敏性腸症候群における便秘などの消化器症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢などの消化器症状が続き、ストレスなどによっても悪化する場合がある 腸管のGC-C受容体が活性化すると腸管分泌や腸管輸送能が促進する 本剤はGC-C受容体を活性化させることで排便異常や腹痛などの改善効果をあらわす 本剤は主に便秘型の過敏性腸症候群の治療に使われる 慢性的な便秘(慢性便秘症)の治療に使う場合もある 詳しい薬理作用[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 慢性膵炎 ヘリコバクター・ピロリの感染による消化不良 外科手術などにより、腸を切除した場合 肥満治療薬オルリスタット 潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患 過敏性腸症候群(IBS), 機能性胃腸症(FD)などに代表される体質 不安障害による心身症 神経性の消化不良 便意を我慢し過ぎる事による大腸の異常活動 甲状腺機能亢進症、糖尿病、大腸癌 医薬品の副作用...[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 糞 便秘 寄生虫 伝染病 感染症 食中毒 消化器官 口 胃 十二指腸 小腸 大腸 直腸 肛門 酵素 脱水症状 旅行者下痢 厚生労働省検疫所・海外で顕著な寄生虫とその被害一覧 食品衛生の窓(東京都食品安全総合情報提供サイト) フルーツジュース(果汁)と下痢について-横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • この脳-腸の病態生理を一元的に説明し得る因子として、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(corticotropin releasing hormone; CRH)が注目されます。CRHはストレス反応に深く関与することはよく知られた事実ですが、CRH負荷により、下垂体から副腎皮質刺激ホルモン(adrenocorticotropic hormone; ACTH)が放出されるのと同時に大腸運動が惹起されること、そしてIBS患者では、これらの反応が亢進していることが知られています。[soiken.info]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!