Edit concept Question Editor Create issue ticket

造血幹細胞移植


治療

  • 造血幹細胞移植の意義 [ 編集 ] 放射線治療 や 抗がん剤 の投与は投与量や線量を増加させていくと最大耐用量(MTD)を超えた時点でなんらかの毒性のためそれ以上の増量が不可能となる。多くの抗がん剤において、規定因子は骨髄抑制である。造血幹細胞移植とは抗腫瘍効果を高めるため骨髄のMTDを超えた大量の抗がん剤、全身放射線照射を用いた強力な治療を(移植前処置)を行って、患者骨髄とともに悪性腫瘍の壊滅を行い、その後 造血幹細胞 を輸注することで、造血能を補うという治療法である。[ja.wikipedia.org]
  • ただし、再発した場合には、移植しか治療法がないと考えてください。 成人の急性リンパ性白血病でも、最近では、25歳 30歳ころまでは、小児急性リンパ性白血病と 同じ強力治療を行うことにより、治療成績が向上してきました。 また、Ph陽性急性リンパ性白血病では、イマチニブとダサチニブが特効薬として効くことが分かりました。[jalsg.jp]

疫学

  • 科学評論社、2011年、pp.159-165 仲 一仁、平尾 敦「CML幹細胞の制御メカニズム」『Annual Review 血液 2011』、中外医学社、2011年、p.8-14 中原 史雄「慢性骨髄性白血病の急性転化におけるHes1の関与」『臨床血液』Vol.52 No.6、日本血液学会、2011年、pp.329-336 平尾 敦「白血病幹細胞を標的にした新たな治療法の開発」『臨床血液』Vol.52 No.7、日本血液学会、2011年、pp.484-489 松尾 恵太郎 伊藤 秀美「骨髄性白血病の疫学[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • […] iMedicine. 5』リブロ・サイエンス、2010年、ISBN 978-4-902496-31-4 放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編集『原爆放射線の人体影響』改訂第2版、文光堂、2012年、ISBN 978-4-8306-3741-4 松下 正幸 著『医学用語の成り立ち』榮光堂、1997年、ISBN 978-4-900410-16-9 宮内 潤、泉二 登志子 編『骨髄疾患診断アトラス : 血球形態と骨髄病理』中外医学社、2010年、ISBN 978-4-498-12562-9 村川 裕二 総監修『新・病態生理[ja.wikipedia.org]

予防

  • 急性GVHDの予防 [ 編集 ] 急性GVHDの予防として 免疫抑制剤 が投与される。標準的な予防法としてはCsA-短期MTX併用療法が多いが、その治療法は多種多様である。CsAはday-1から3 mg/kg/dayにて投与を開始してday50から週に5%の割合で減量し、GVHDの発症がなければ、移植後半年程度で投与を中止するのが一般的である。短期MTX投与に関してはday1,3,6,11に投与される。これはHLAの適合の程度によって投与量が変わってくる。[ja.wikipedia.org]
  • ページ番号1003033 印刷 大きな文字で印刷 骨髄移植について 臍帯血移植について 人工透析に関する情報 くらし・環境 医療 健康 健康予防分野 健康づくり 栄養改善 歯科保健 難病(特定疾患)対策 臓器移植、骨髄移植、造血幹細胞移植、人工透析 ハンセン病関連情報 がん対策 感染症分野 感染症情報 感染症対策 インフルエンザ情報[InfluenzaInformation] 鳥インフルエンザ 予防接種 ICAT(いわて感染制御支援チーム) 感染性胃腸炎 腸管出血性大腸菌感染症 ウィルス性肝炎 エイズ・[pref.iwate.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!