Edit concept Question Editor Create issue ticket

転移性卵巣上皮がん


提示

月経不順
  • 子宮頸癌のように、細胞診による検査で発見できる確率は低いので、更年期の月経不順、閉経後の出血などあれば、すぐに子宮内膜組織検査を受けられることをお勧めします。当科での治療方法は、 0期:子宮内膜増殖症:黄体ホルモン療法または単純子宮全摘出術 Ⅰ期:拡大子宮全摘出術 両側付属器摘出術 骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術 Ⅱ期:広汎性子宮全摘出術 両側付属器摘出術 骨盤ならびに傍大動脈リンパ節郭清術 Ⅲ期 Ⅳ期:抗がん化学療法または放射線治療、あるいは両者の併用 を原則とします。[kanazawa-med.ac.jp]
無月経
  • 性機能に対する影響 卵巣を残している場合、抗がん剤が卵巣に影響を及ぼして卵巣の機能が低下し、月経周期が不規則になったり、月経になったりすることがあります。通常の治療であれば終了後6か月以内に月経が回復することがほとんどですが、不安を感じる場合は治療前に主治医の先生とよく相談して下さい。 胚細胞腫瘍 これらの腫瘍は比較的若年に発生することが多く、種類も非常に多彩です。[tokudai-sanfujinka.jp]
体重減少
  • 他にも 下腹部痛、頻尿、胃腸障害、体重減少 が見られます、これらの症状は腫瘍がある程度大きくならないと、出現しません。 また、これらの症状は卵巣がん以外でもみられる症状であるため、これらの症状が出現したからと言って、卵巣がんの症状に直接結びつけることは難しいとされています。 さらに腫瘍が大きくなると、腫瘍の破裂や、腫瘍がお腹の中でねじれる(茎捻転)を起こす可能性もあります。 卵巣がんの原因 卵巣がんの原因には複数の要因が絡み合っているとされています。まず考えられる要因は、以下のようなものです。[ganchiryo.com]
  • 転移性肺がんが進行し体力がなくなると、食欲減退や体重減少や疲労感が出現します。これらの症状は転移性肺がんだけでなく他の病気にもみられます。 このような症状のどれかがあれば、医師の診断を受けることが重要です。 15.転移性肺がんの治療 治療方針を考えるために、どこからの転移性肺がんか、原発性がんはどこで、現在の再発はないか。ほかの場所への転移がないか、が重要です。 また、転移性肺がんの状況として、いくつあるか無数にあるか、肺の根元にあるか末梢にあるか、胸水がたまっているか、が重要です。[jikei.ac.jp]
疲労
  • (2)分子標的治療の副作用について 主な副作用には、出血、高血圧、タンパク尿、神経毒性、疲労・倦怠(けんたい)感、食欲減退、悪心(おしん)、口内炎、脱毛症などがあります。 5.生存率 がんの治療成績を示す指標の1つとして、生存率があります。 以下に、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)が公表している院内がん登録から算出された5年相対生存率および10年相対生存率のデータを示します(参照:相対生存率)。このデータは、およそ10年前のがんの診断、治療に基づくものです。[ganjoho.jp]
  • 転移性肺がんが進行し体力がなくなると、食欲減退や体重減少や疲労感が出現します。これらの症状は転移性肺がんだけでなく他の病気にもみられます。 このような症状のどれかがあれば、医師の診断を受けることが重要です。 15.転移性肺がんの治療 治療方針を考えるために、どこからの転移性肺がんか、原発性がんはどこで、現在の再発はないか。ほかの場所への転移がないか、が重要です。 また、転移性肺がんの状況として、いくつあるか無数にあるか、肺の根元にあるか末梢にあるか、胸水がたまっているか、が重要です。[jikei.ac.jp]
疼痛
  • 3.放射線治療 放射線治療は、再発した場合の疼痛(とうつう)や出血などの症状を緩和するために行うことがあります。また、脳に転移している場合には、症状の緩和だけでなく、予後の改善のために行うことがあります。 4.薬物療法 卵巣がんは進行した状態で発見されることが多いため、術後化学療法を行うことがほとんどです。早期に発見された場合でも、がんの種類によっては再発の危険が高いことがあるため、術後に化学療法を行うことがあります。[ganjoho.jp]
末梢神経障害
  • 副作用は(1)骨髄抑制(血液中の白血球と血小板の減少、貧血)、(2)消化器症状(吐き気や嘔吐、食欲の低下)、(3)末梢神経障害(手足のしびれ)、(4)脱毛などがおこります。 2.この併用で効果がなかった場合、あるいは再発・再燃した場合には臨床試験に登録して、新しい抗がん剤の併用を使うことがあり、さらに、治験薬を使用することがあります。 放射線療法 化学療法後に再発・再燃した場合、再発・再燃の場所が限局している場合に症状を抑える目的で行われることがあります。[iwate-med.ac.jp]
  • 末梢神経障害 パクリタキセルを使用した場合には手足の先のしびれがでます。 パクリタキセルの投与が増えるほど出現しやすく、症状も重くなると言われています。 脱毛 いずれの治療も初回治療2-3週間後からある程度の脱毛が見られます。 下痢 必要に応じ下痢止めを使用します。 パクリタキセル パクリタキセル(商品名:パクリタキセル注など)は植物から半合成された抗がん剤で、胃がんのほかにも乳がん、肺がん、卵巣癌などで広く使われています。[shonankamakura.or.jp]
腹部膨満
  • 小さいうちは無症状で経過 卵巣がんの症状には腹部感(お腹が張って苦しい)、下腹部痛などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、大きくなったり腹水がたまったりしてから症状が出現することが多いです。時に卵巣がんが破裂したり、茎捻転といって卵巣がんがお腹の中でねじれてしまうと突然の強い下腹部痛が出現することもあります。 ふくろ状の腫瘍の多くは良性疾患 診断の手順としては問診に続き、まず触診・内診と超音波検査が行われ、卵巣腫瘍の有無を診断します。[tokushukai.or.jp]
  • おもな初期症状は、 腹部感 肥満・妊娠等の理由がないのにお腹が膨れてきた [4] 腹部腫瘤自覚 自己触診で下腹部にしこりが触れる [4] トイレが近い 種類 [ 編集 ] 卵巣腫瘍は起源細胞によって分類されることが多い。由来細胞を決定した後、 良性腫瘍 、 境界悪性腫瘍 、 悪性腫瘍 と悪性度を分類する。[ja.wikipedia.org]
腹部膨満
  • 小さいうちは無症状で経過 卵巣がんの症状には腹部感(お腹が張って苦しい)、下腹部痛などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、大きくなったり腹水がたまったりしてから症状が出現することが多いです。時に卵巣がんが破裂したり、茎捻転といって卵巣がんがお腹の中でねじれてしまうと突然の強い下腹部痛が出現することもあります。 ふくろ状の腫瘍の多くは良性疾患 診断の手順としては問診に続き、まず触診・内診と超音波検査が行われ、卵巣腫瘍の有無を診断します。[tokushukai.or.jp]
  • おもな初期症状は、 腹部感 肥満・妊娠等の理由がないのにお腹が膨れてきた [4] 腹部腫瘤自覚 自己触診で下腹部にしこりが触れる [4] トイレが近い 種類 [ 編集 ] 卵巣腫瘍は起源細胞によって分類されることが多い。由来細胞を決定した後、 良性腫瘍 、 境界悪性腫瘍 、 悪性腫瘍 と悪性度を分類する。[ja.wikipedia.org]
腹痛
  • 血性帯下、腹痛のこともあります。 常のいわゆる内診では直接みえませんので、細胞診(子宮の奥)や超音波検査が、子宮体癌発見のきっかけとなることが多いです。 子宮体癌が疑われた場合には、子宮内より組織を採取し、それを顕微鏡で調べて診断されます。 子宮体癌であれば、その広がりを検索するため、CT、MRなどの検査が行われます。 詳細は省略しますが、手術にて摘出した物を顕微鏡で調べて決定します。[ise.jrc.or.jp]
吐き気
  • どうように吐き気が少なく使いやすい薬剤の一つです。 代表的な副作用として、脱毛(カツラが必要になります。)やむくみがあります。 ドセタキセルは3週間に1回約1時間かけて点滴します。 パクリタキセルと比べアレルギーの頻度は非常に低くなっています。 効果がある限り続けて治療します。 日本で行われたこの治療法の臨床試験の結果では、約20%の方で癌が半分以下に縮小しました。 これにより、癌に伴う症状の改善を期待することが出来ます。[shonankamakura.or.jp]
  • 悪心・嘔吐 抗がん剤投与1時間後くらいから生じるものから治療後5 7日目まで続く悪心があります。吐き気止めを使うことによりかなり軽減されています。吐き気止めの薬も数種類あり、組み合わせて使うこともあります。 2. 白血球減少、血小板減少、貧血 抗がん剤はがん細胞だけでなく、増殖の激しい骨髄中の血液のもとになる細胞にも影響をあたえます。白血球が少なくなれば感染の危険性が出てきます。のど、肺、尿路、消化管、性器などからの感染がおこりやすく注意が必要となります。[tokudai-sanfujinka.jp]
  • 副作用は(1)骨髄抑制(血液中の白血球と血小板の減少、貧血)、(2)消化器症状(吐き気や嘔吐、食欲の低下)、(3)末梢神経障害(手足のしびれ)、(4)脱毛などがおこります。 2.この併用で効果がなかった場合、あるいは再発・再燃した場合には臨床試験に登録して、新しい抗がん剤の併用を使うことがあり、さらに、治験薬を使用することがあります。 放射線療法 化学療法後に再発・再燃した場合、再発・再燃の場所が限局している場合に症状を抑える目的で行われることがあります。[iwate-med.ac.jp]
  • 副作用としては、白血球や好中球の減少、血小板の減少、腎臓の働きの低下、過敏症(アレルギー)、肝臓への影響、手足の関節痛、筋肉痛、しびれ感、脱毛、吐き気などの可能性があります。 効果も副作用も個人差が大きいと考えられます。 以上、簡単に婦人科癌について述べましたが 婦人科癌の標準治療や専門医などに関しては、日本婦人科腫瘍学会のホームページに記載されています。 また最初にもお断りしましたが 当院は積極的に病診連携に取り組んでいます。[ise.jrc.or.jp]
腹部腫瘤
  • 無症状で、内科的な検診や他科の超音波検査にて腹部が発見されることもあります。 まず、内診とともに超音波検査が重要です。腹部に腫瘤が発見されると、必要な場合には断層写真であるCT、MRなどの検査が行われます。 また、採血で腫瘍マーカーが測定されます。卵巣の悪性腫瘍が疑われる時は、他臓器からの転移のこともありますので、胃、腸、肝臓、膵臓、乳腺など他臓器の検査が合わせて行われます。 ただ、卵巣癌か否かは、顕微鏡で決まりますので、原則として手術で腫瘍を摘出してから悪性か否かが最終診断されます。[ise.jrc.or.jp]
  • おもな初期症状は、 腹部膨満感 肥満・妊娠等の理由がないのにお腹が膨れてきた [4] 腹部自覚 自己触診で下腹部にしこりが触れる [4] トイレが近い 種類 [ 編集 ] 卵巣腫瘍は起源細胞によって分類されることが多い。由来細胞を決定した後、 良性腫瘍 、 境界悪性腫瘍 、 悪性腫瘍 と悪性度を分類する。[ja.wikipedia.org]
胸水
  • 横隔膜を越えて胸腔内に拡がると胸水がたまります。 このように、腹水で「腹部全体が大きくなる」、胸水がたまって「息切れがする」など、転移により初めて異常を自覚することも少なくありません。また、リンパ節転移もしばしばおこります。腹部大動脈の周りや骨盤内のリンパ節がはれ、次第に胸部や首のリンパ節にまで拡がっていきます。 【診断】 いろいろな症状があって、あるいは検診のために産婦人科を受診されますと、まず内診で卵巣が腫れていないかどうかを調べます。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 胸水があれば胸腔穿刺(きょうくうせんし)を行い胸水の病理検査をします。 これらの検査が確認できなければ、胸腔鏡(きょうくうきょう)や開胸の手術で検査を行います。施行する頻度は少ないですが、縦隔鏡(じゅうかくきょう)という方法もあります。 転移性肺がんの確定診断のために以下の検査があります。 転移性肺がんの確定診断検査 痰の細胞診 (さいぼうしん) この検査は痰(たん)を提出するだけでよいので、患者さんの体に負担が少ないよい検査です。[jikei.ac.jp]
  • 節転移陽性のみを認めるもの(細胞学的あるいは組織学的に確認) ⅢA1期(i) 転移巣最大径10mm以下 ⅢA1期(ii) 転移巣最大径10mmを超える ⅢA2期 後腹膜リンパ節転移の有無関わらず、骨盤外に顕微鏡的播種を認めるもの ⅢB期 後腹膜リンパ節転移の有無に関わらず、最大径2cm以下の腹腔内播種を認めるもの ⅢC期 後腹膜リンパ節転移の有無に関わらず、最大径2cmを超える腹腔内播種を認めるもの(実質転移を伴わない肝臓および脾臓[ひぞう]の被膜への進展を含む) Ⅳ期 腹膜播種を除く遠隔転移 ⅣA期 胸水[kyushuh.johas.go.jp]
呼吸困難
  • 放射線療法は呼吸困難などの症状を軽減するためにも用いられます。肺がんを治療するための放射線はしばしば機械から放出されます(外照射)。がんの中またはがんの近くに直接置かれた放射性物質の小さな入れ物から、放射線を放出することもできます(内照射)。 光線力学療法 (PDT) 光線力学療法(PDT)は、レーザー療法の1種ですが、血管に注射して体中の細胞に吸収される特別な化学薬品を使用します。化学薬品は正常な細胞からは急速に消えますが、がん細胞には長時間とどまります。[jikei.ac.jp]

精密検査

  • 卵巣がんの診断 卵巣が腫れていたら精密検査を 内診で卵巣が腫れている場合には、まず、経腟超音波検査を行い、腫瘤の大きさや性状、腹水の有無などを確かめます。腫瘤の中に、充実性の部分がある場合や乳頭状に突出した部分がある場合、隔壁が厚く不正な場合などは悪性を疑い、さらにCT検査やMRI検査などの画像診断や血液中の腫瘍マーカー(tumor markers)の値などを検査します。[women.benesse.ne.jp]
  • 悪性腫瘍の疑いが強いときには、進行期、組織型を推定するため、精密検査(CTスキャン、MRI、穿刺(せんし)細胞診、腹腔鏡、胃腸検査、その他)を行ないます。 問診 転移性がんの可能性を考え、消化器がんや乳がんの手術をしたことがないかどうか、また、卵巣機能不全や不妊症は上皮性卵巣がんになるリスクの高い病気なので、そうした病気をもっていないかどうか聞かれます。 外診 卵巣がんの場合、胸水(きょうすい)や腹水がたまることが多く、外から見て腹部などが膨れていることがあります。[kotobank.jp]
  • しこりが必ずしも癌であるわけではありませんが、必ず専門医で精密検査を受けて下さい。 検査としては診察(視触診)のほかマンモグラフィ(早期乳癌を発見するための乳房専用のX線撮影)、超音波検査や、細胞や組織を細い針で検査する方法が用いられます。 マンモグラフィは早期乳癌の発見に威力を発揮しますので、これを併用した検診システムが開始されています。また次回の乳がん検診までの間に、自己検診でしこりの有無を確認するのも良い方法です。 3. 治療法 乳癌の治療は外科(乳腺外科)が担当となります。[kaog.jp]
胸水
  • 横隔膜を越えて胸腔内に拡がると胸水がたまります。 このように、腹水で「腹部全体が大きくなる」、胸水がたまって「息切れがする」など、転移により初めて異常を自覚することも少なくありません。また、リンパ節転移もしばしばおこります。腹部大動脈の周りや骨盤内のリンパ節がはれ、次第に胸部や首のリンパ節にまで拡がっていきます。 【診断】 いろいろな症状があって、あるいは検診のために産婦人科を受診されますと、まず内診で卵巣が腫れていないかどうかを調べます。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 胸水があれば胸腔穿刺(きょうくうせんし)を行い胸水の病理検査をします。 これらの検査が確認できなければ、胸腔鏡(きょうくうきょう)や開胸の手術で検査を行います。施行する頻度は少ないですが、縦隔鏡(じゅうかくきょう)という方法もあります。 転移性肺がんの確定診断のために以下の検査があります。 転移性肺がんの確定診断検査 痰の細胞診 (さいぼうしん) この検査は痰(たん)を提出するだけでよいので、患者さんの体に負担が少ないよい検査です。[jikei.ac.jp]
  • 節転移陽性のみを認めるもの(細胞学的あるいは組織学的に確認) ⅢA1期(i) 転移巣最大径10mm以下 ⅢA1期(ii) 転移巣最大径10mmを超える ⅢA2期 後腹膜リンパ節転移の有無関わらず、骨盤外に顕微鏡的播種を認めるもの ⅢB期 後腹膜リンパ節転移の有無に関わらず、最大径2cm以下の腹腔内播種を認めるもの ⅢC期 後腹膜リンパ節転移の有無に関わらず、最大径2cmを超える腹腔内播種を認めるもの(実質転移を伴わない肝臓および脾臓[ひぞう]の被膜への進展を含む) Ⅳ期 腹膜播種を除く遠隔転移 ⅣA期 胸水[kyushuh.johas.go.jp]

治療

  • はじめに 当院では患者さんそれぞれの病状にあわせてオンコロジーセンターの医師がもっとも適切と思われる治療を選択いたしております。 また、この治療法はひとりの医師の独断ではなく、Cancer Boardと呼ばれる院内の治療方針を決定するカンファレスにて検討の上で皆様に提供することになっています。 卵巣がんの治療については、日本婦人科腫瘍学会より卵巣がん治療ガイドライン2007年版(改訂版):(金原出版)が出版されており、当院の治療も基本的にこのガイドラインに則った治療を行っております。[shonankamakura.or.jp]
  • これからの説明は主に上皮性卵巣癌に対する治療とご理解下さい。性索間質腫瘍、胚細胞腫瘍は別に記載します。 卵巣癌の治療の流れ 卵巣癌の治療は手術療法と抗がん剤の治療を組み合わせて行います。進行期により治療の内容が異なります。 臨床進行期 1期 卵巣にとどまっている状態 2期 癌が卵巣と子宮など骨盤内にとどまっている状態 3期 癌が腹腔内へ広がっている状態 4期 肺、肝臓など腹腔外へ広がっている状態 治療方法 卵巣癌の治療は1)手術、2)化学療法を中心に行われます。[tokudai-sanfujinka.jp]
  • 日本婦人科腫瘍学会編「卵巣がん治療ガイドライン2015年版」より作成 妊娠や出産について 卵巣がんの治療が、妊娠や出産に影響することがあります。将来子どもをもつことを希望している場合には、妊孕(にんよう)性温存治療(妊娠できる可能性を保つ治療)が可能か、治療開始前に担当医に相談してみましょう。 2.手術(外科治療) 卵巣がんでは、手術により、がんが取りきれたかどうかが予後に影響し、残存する腫瘍の大きさが小さいほど予後がよくなります。初回手術では、可能な限りがんを摘出することが原則です。[ganjoho.jp]
  • がん研有明病院の卵巣がん診療の特徴 がん研有明病院の卵巣がん診療の特徴 がん研有明病院婦人科は、化学療法科や放射線科の助言を得つつ、婦人科医が責任を持って手術・化学療法・放射線療法などの治療手段のなかから、患者の皆様の状況に応じて、適切な治療方針を決定し、それを安全に実施するシステム(集学的治療)を構築しています。 特徴 個別化治療―個々の患者さんのがんの特徴、身体的精神的状況、要望に合わせた治療。 細胞診断、組織診断に立脚したがん治療治療後の検診―再発の早期発見。[jfcr.or.jp]
  • がんの治療を始める前、または始めるか、治療を始めた後に患者さんは臨床試験に参加することができます。 フォローアップ検査が必要になるかもしれません。 上皮性卵巣がんの患者さんに対して様々なタイプの治療法があります。 卵巣がんの患者さんに対して様々なタイプの治療法があります。標準的治療法もあれば、臨床試験として治療が行われるものもあります。治療法に関する臨床試験を行う目的は、現在行われている治療法を改善したり、新しい治療に関する情報を得ることにあります。[imic.or.jp]

疫学

  • 2004年における10万人毎の卵巣がんによる死亡者数(年齢標準化済み) [1] データなし 0.6以下 0.6-1.2 1.2-1.8 1.8-2.4 2.4-3 3-3.6 3.6-4.2 4.2-4.8 4.8-5.4 5.4-6 6-7 7以上 疫学 [ 編集 ] 正確な原因は分かっていない。日本を除いて、この疾病は工業化された国々で多発している。米国では、1.4%から2.5%の女性(40-60人の女性に1人の割合)で卵巣がんに罹患する可能性がある。高年齢の女性は高リスクである。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 卵巣がんのスクリーニング* 卵巣がんの予防* 乳がんおよび卵巣がんの遺伝学* (注)*の項目はがんinfoの項目には含まれていません。 卵巣がんになるリスクが高い女性は、がん予防を目的として卵巣を取り除く手術を検討することもあります。 卵巣がんになるリスクが高い女性の中には、予防的に卵巣を摘出する手術(健康な卵巣を取り除くことで、卵巣がんが発生しないようにする手術)を選ぶ人もいます。ハイリスクの女性に対し、この手術は卵巣がんの進行するリスクを非常に減少させることが証明されています。[imic.or.jp]
  • 点滴の成分にアレルギーを起こすことがあるため、投与する前に必ずアレルギー予防の薬を使います。 3回(3週間)点滴したら1回(1週間)やすむことを1コースとして、効果がある限り続けて治療します。 日本で行われたこの治療法の臨床試験の結果では、約20%の方で癌が半分以下に縮小しました。 これにより、癌に伴う症状の改善を期待することが出来ます。[shonankamakura.or.jp]
  • (3)化学療法 抗がん剤を投与して、現在あるがん細胞を殺し、遠隔転移を予防する治療法です。効果のある薬剤を一種類から数種類併用して投与します。投与方法は薬の種類によって異なり,内服や,注射での投与が一般的です。最も効果が期待できる注射剤として、シスプラチンという薬が使われることが多いです。 (4)化学放射線同時療法 近年行われ始めた治療法で、放射線療法と同時にシスプラチンという抗がん剤を週一回点滴投与するものです。[obs-niigata.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!