Edit concept Question Editor Create issue ticket

足関節骨折


提示

骨折
  • 交通事故、 スポーツ外傷 や転倒・転落などで、下腿や足部が固定された状態で、下腿と足部の間に捻転力や回旋力が加わって、脛骨遠位部や足関節の骨折が生じます( 図29 )。 図29 足関節くるぶしの骨折 脛骨遠位部骨折では足関節の関節面のずれがみられることがあり、足関節の骨折では内果(うちくるぶし)や外果(そとくるぶし)などが折れます。また、脛骨遠位部と足関節の骨折が同時にみられることも少なくありません。 症状の現れ方 足関節を中心に痛みとはれが強く、足をついて歩くことが困難です。[qlife.jp]
  • そこで今回、足関節果部骨折後の内側縦アーチ変化とそれに影響を与える因子を抽出し、検討を行ったので報告する。【方法】 2010年5月 2012 年10月で当院にて観血的固定術を行った足関節果部骨折患者で、入院から外来治療終了まで経過観察が可能であった25名(男性14名、女性11名、年齢56.0 16.6歳)を対象とした。[ci.nii.ac.jp]

治療

  • 治療の方法 ずれがなければギプスで保存的に治療します。しかし、足関節の機能回復と早期の社会復帰のために、ずれが少しでもあれば手術できちんと元にもどして、プレートやネジでしっかり固定して早くからリハビリテーションを行います( 図30 )。とくに関節面は正確にずれをもどさなければなりませんし、整復したあとにみられる空隙には自分の骨や人工骨などで補填することもあります。[qlife.jp]
  • 足関節の図・説明(weblio辞書) 足関節果部骨折の説明(日本整形外科学会) 2.足関節の骨折(足関節果部骨折)の治療 足関節果部骨折の治療は、転位のない場合には保存療法(徒手整復とギプス固定)がとられますが、多くの場合は観血的整復固定術を行う必要があるとされています。 手術後は 内固定 による固定性が十分であれば2 3週間後にギプスシーネ固定とし、1日数回外固定をはずして足関節の自動運動を行います。外固定は6 8週間行い、完全に治癒するには8 12週間かかると言われています。[jikosoudan.net]

予防

  • 今回は、怪我の予防、再発の防止に役立つ足首サポーターの種類から選び方、Q&Aを紹介します。 足首サポーターはどうして必要なのか? サポーターの役目は怪我の予防と再発の防止にあります。足首を固定する商品にはテーピングもありますが、これは怪我をした直後の応急処置で、患部の圧迫固定に使われる場合が多いです。予防や再発防止には、誰もが簡単に使用でき、固定力の種類が多いサポーターがオススメです。 足首サポーターの種類 サポータを必要とする場面は日常使いや運動時など、人によって様々です。[yamahack.com]
  • そのため、筋肉のこわばりを予防して、最小限に抑えるためのリハビリが必要です。 具体的なリハビリの方法は部位や術後の経過によって異なりますが、医師や理学療法士の指示に従って関節の可動域を広げる訓練や、筋肉を強化する運動などを日常的に行います。 足関節骨折後のリハビリ期間 リハビリの期間は、骨折した場所や程度、患者さんの年齢、他の病気に有無などによってさまざまです。 手術を終えても痛みが残る、うまく歩くことができず生活に支障があるなど、医学的・社会的・心理的なサポートが必要となることもあります。[medicalnote.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!