Edit concept Question Editor Create issue ticket

視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群


提示

  • 関連疾患 目次へ戻る 自己免疫性甲状腺疾患 ―その分子機構― 川島 晃*1 吉原 彩*1*2 鈴木 幸一**1*3 *1 帝京大学医療技術学部臨床検査学科 **1 同教授 *2 東京都立墨東病院内科 *3 国立感染症研究所ハンセン病研究センター 要 旨 自己免疫性甲状腺疾患は,種々の遺伝的背景に加えて,ウイルス感染やストレス,過剰なヨードの摂取などの刺激が引き金となることで発症する多因子疾患である.また,そのような異常な免疫反応が起こる背景には,自己抗原に対する免疫寛容の破綻とT細胞への自己抗原の提示[saishin-igaku.co.jp]
  • 代表的な方を一例提示しておきます。 症例 早発乳房 女児 3歳6ヶ月 経過 6ヶ月健診で乳腺腫大を指摘され、2歳2ヶ月、小さくなる傾向がないため、紹介された。成長速度の増大(身長が急に伸びること)はなく、その後、徐々に小さくなっているので無治療で経過観察した。現在ほぼ、乳腺腫大は消えている。[byouin.metro.tokyo.jp]
構音障害
  • 橋中心髄鞘崩壊では、意識障害や四肢の弛緩性麻痺、筋力低下、嚥下障害、障害を認め、以前は非常に予後不良な疾患とされた。最近の研究でも、良好な転帰は34%に過ぎないと報告されている[ 14 ]。 ・高張食塩水(2.5-3.0%) 1.5-3.0 mL/kg/時の速度で点滴投与 s-Na測定は、初回は開始1時間後、その後は2-4時間毎を目安に随時。 ・furosemide 10-20 mg 静注(s-Naの測定結果をみて、随時) 3.血清ナトリウム濃度の維持 治療の基本は、水分制限である。[medical.nikkeibp.co.jp]
弛緩性麻痺
  • 橋中心髄鞘崩壊では、意識障害や四肢の弛緩麻痺、筋力低下、嚥下障害、構音障害を認め、以前は非常に予後不良な疾患とされた。最近の研究でも、良好な転帰は34%に過ぎないと報告されている[ 14 ]。 ・高張食塩水(2.5-3.0%) 1.5-3.0 mL/kg/時の速度で点滴投与 s-Na測定は、初回は開始1時間後、その後は2-4時間毎を目安に随時。 ・furosemide 10-20 mg 静注(s-Naの測定結果をみて、随時) 3.血清ナトリウム濃度の維持 治療の基本は、水分制限である。[medical.nikkeibp.co.jp]

治療

  • 治療は抗利尿ホルモン製剤 (ddAVP) の点鼻や舌下投与が行われます。 成長ホルモン分泌不全性低身長症 小児期の成長障害の原因となるもっとも主要な疾患です。成長ホルモン (GH) の分泌不全により -2.5SD を下回る低身長となってしまいます。 GH 分泌不全が負荷試験で証明できれば治療は成長ホルモン製剤の自己注射です。主に小児科で治療される病気ですが、糖尿病内分泌内科でも小児科と協力しながら治療を担当いたします。[nara-hp.jp]

予知

  • 内分泌内科 副院長 要 旨 1型糖尿病は膵β細胞の破壊によりインスリン欠乏に至る糖尿病であり,発症形態によって,緩徐進行1型糖尿病,急性発症1型糖尿病,劇症1型糖尿病の3タイプに分類される.このうち自己免疫の関与が明確にされているのは緩徐進行1型糖尿病と急性発症1型糖尿病であり,細胞傷害性T細胞がキープレーヤーとなって膵島関連自己抗体が陽性となる.本稿では,1型糖尿病の診断基準,自己免疫性多内分泌腺症候群と1型糖尿病の関係,最近話題の免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病,そして緩徐進行1型糖尿病の予知[saishin-igaku.co.jp]

疫学

  • A 疫学・診断 1.概念 2.疫学 3.症状 4.診断 B 治療 1.概論 2.著明な低ナトリウム血症の補正 3.血清ナトリウム濃度の維持 文献 1.概念 アルギニンバソプレシン(arginine vasopressin: AVP)は、視床下部の視索上核・室傍核で合成され下垂体後葉に運ばれ循環血漿中に分泌されるが、腎集合尿細管のV2受容体に結合し、細胞内におけるcAMP濃度を上昇させ、アクアポリン2水チャネルを発現・増加させることで水再吸収を亢進させる作用をもつ[ 1, 2 ]。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 疫学 脳腫瘍全国集計調査報告では,頭蓋咽頭腫は全脳腫瘍の約5%,胚細胞腫瘍は約3%を占める.このほか,下垂体腺腫の鞍上部進展も重要である.一方,松果体部に発生する腫瘍としては,胚腫が最も多い.頭蓋咽頭腫の発症は全年齢層に認められるが,5 15歳と50 55歳にピークがある.胚腫の発症年齢のピークは10 12歳にあり,90%近くは20歳未満である.[kotobank.jp]
  • 本稿では高Na血症に関する最近の知見を交えて,疫学,診断,治療について概説する。 Summary 高Na血症は集中治療領域でcommonな病態である。 医原性の高Na血症が多く,高Na血症を避けるようマネジメントすべきである。 高Na血症の危険な値や補正の速度に関する質の高い論文はない。 ICP亢進症に対する,治療的高Na血症の有効性を示した質の高い論文はない。 カリウムイオン(K )は細胞内液の主要な陽イオンであり,体内の総Kの約98%が細胞内に存在する。[webview.isho.jp]
  • 例えば、各製品の承認関連データ、競合品との、あるいは市場での位置づけ、疫学データなど。 第二は、日本での該当製品や市場の情報。 市場の主要製品売上、開発中の治験薬等。 調査項目としては、 製品 解説 データ 臨床ガイドラインなど 総説記事・文献 ニュース・トピックス リンク 主要サイト[medmk.com]
  • 下垂体性ADH分泌異常症(指定難病72) 下垂体性TSH分泌亢進症(指定難病73) 下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74) クッシング病(指定難病75) 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症(指定難病76) 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(指定難病77) 下垂体前葉機能低下症(指定難病78) 5.予後 ホルモン補充療法(副腎皮質ステロイド、甲状腺ホルモン)が適切に行われている場合、予後は一般健常者とほとんど差がないことが近年の疫学的調査により確認されている。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 視床下部は、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)、成長ホルモン放出ホルモン(GRH)、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)、ゴナドトロピン放出ホルモン(LH-RH)などの視床下部ホルモンやソマトスタチン、ドパミンなどの神経伝達物質、抗利尿ホルモン(ADH)などを分泌しています。 さらに、体温調節中枢や飲水、摂食中枢が存在します。 したがって、視床下部腫瘍によりこれらの視床下部機能が障害されると、視床下部症候群と呼ばれる多彩な症状を呈します。[blogs.yahoo.co.jp]
  • 本コラムでは,過去の総説,臨床研究を俯瞰することで,AKAの病態生理,診断,治療についてできるかぎりシステマチックにまとめることを試みた。 まずPubMedで「alcoholic ketoacidosis」および「alcoholic ketosis」を検索し,英文で書かれた総説と臨床研究を抽出した。一部割愛したが,1971年以来11篇の主要な総説が抽出された 1〜11) 。[webview.isho.jp]
  • ADH産生 脳炎、脳腫瘍、ギランバレー症候群、肺炎 3)薬剤によるもの 1.ADHの産生増加(chloropropamide,vincristine,cyclophospamide) 2.ADH効果増強(chloropropamide,tolbutamide) 4)ストレス(情緒的・肉体的)によるもの ・参考文献 1.水・電解質代謝 Medical practice Vol.2 No.12 1985 文光堂 2.Berlyne GM:体液電解質異常 医学書院 1982 3.Valtin H:腎臓病-病態生理[nms.co.jp]

予防

  • このため週1回ボナロン という効果が確かめられている骨粗鬆症治療薬を予防的に服用します。 ④胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすくなります。このため、ステロイド内服前に胃カメラを受けていただきます。そして胃潰瘍を予防する薬を飲んでいただきます。 ⑤ニキビ、顔が丸くなる。特に若い人が悩まされる副作用です。しっかり洗顔していただくことが大事です。顔が丸くなるのを満月様顔貌(ムーンフェイス)と呼びます。 いずれもステロイドが中止されれば元に戻ります。 ⑥大腿骨頭の壊死。[ims-itabashi.jp]
  • 犬の尿崩症の予防方法 尿崩症に対する明確な予防方法はありません。 最近排尿の量が多い(1回の排尿の時間が長いなど)、飲水量がいつもより多いと感じたら、早めに動物病院に連れて行きましょう。 可能であれば、病院に行くまでに飲水量を毎日測り記録すると診察上で大きな助けとなります。 飲水量の測り方は、飲水器に水を入れるときに測っておき、水を変えるときにどのぐらいの量残っているかまた測ると大体の量が推測できます。500mlペットボトル何本分などおおまかな量でいいので把握しておきましょう。[fpc-pet.co.jp]
  • 腎性尿崩症 E 乳幼児習慣性多飲多尿 第4章 思春期早発をきたす疾患 A ゴナドトロピン依存性思春期早発症 B アンドロゲン,エストロゲン誘起性 ゴナドトロピン依存性思春期早発症 C ゴナドトロピン非依存性思春期早発症 D 部分的思春期早発 第5章 性分化・性発達異常を伴う疾患 A 性分化疾患 B 高ゴナドトロピン性性腺機能低下症 C 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 D 思春期遅発症 E 月経異常を伴う疾患 F 男性女性化乳房 第6章 副腎疾患 A 副腎機能低下症 B 急性副腎不全 C 副腎不全の予防[molcom.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!