Edit concept Question Editor Create issue ticket

血小板減少症


提示

  • ランチョンセミナー 4-1 ヘパリン起因性血小板減少症の病態と診断 宮田茂樹 国立循環器病センター輸血管理室 抗凝固薬ヘパリンが免疫学的機序を介して血栓塞栓症を誘発する,一見逆説的な病態は,ヘパリン起因性血小板減少症(Immune-mediated heparin-induced thrombocytopenia: HIT)として解明され,海外ではエビデンスに基づいたガイドラインが提示されている.本邦でも2006年にヘパリンの添付文書が改訂され,HITが追加記載された.HITは,未分画,低分子ヘパリン[js-phlebology.org]
紫斑病
  • 主な原因 薬剤,自己免疫疾患,ウイルス感染症,慢性肝疾患,播種性血管内凝固症候群,白血病,がんの骨髄転移,血栓性血小板減少性紫斑,特発性血小板減少性紫斑,等が挙げられます。 必要な検査 ・血液検査:血算,凝固検査,生化学検査,自己抗体測定等により病態を特定してゆきます。 ・骨髄検査:骨髄疾患や特発性血小板減少性紫斑が疑われる場合に施行します。 治療法 薬剤性血小板減少症は原因薬剤の中止,白血病,自己免疫疾患・肝疾患などに伴うものは原因疾患の治療を行います。[kmu.ac.jp]
  • 本態性 の出血性紫斑またはウェルホーフ (紫斑) と,他の疾患に合併して起る続発性のものとがある。急性症の場合には突然頭痛,発熱,倦怠感などの 前駆症状 が現れ,次いで,身体各部に大小さまざまの出血斑が生じる。 血小板 は 血液 1mm 3 中2万個以下に減少し,ときには消失することもある。2 3週間で回復するが,再発することが多い。本態性の場合は血小板に対する自己抗体の存在が原因になることが多く,続発性の場合は治療による骨髄の低形成が原因のことが多い。[kotobank.jp]
  • (特発性血小板減少性紫斑、免疫性血小板減少性紫斑、ITP) 執筆者: David J. Kuter , MD, DPhil, Professor of Medicine, Harvard Medical School; Chief of Hematology, Massachusetts General Hospital 免疫性血小板減少症(ITP)は、別の病気がなく、血小板の数が減少することで発生する出血性の病気です。 皮膚に小さな紫色の斑点ができ、出血しやすくなることがあります。[msdmanuals.com]
  • 利益相反:なし 文献 1) 宮崎 浩二.特発性血小板減少性紫斑.内科.2014; 113 (6):1472–1474. 2) 横山 健次.特発性血小板減少性紫斑.内科.2010; 105 (6):1449–1452. 3) 野見 武男, 庄 雅之, 西沼 亮, 中島 祥介.膵頭十二指腸切除後遅発性膵液漏に合併した血栓性血小板減少性紫斑の1例.日本消化器外科学会雑誌.2007; 40 (12):1927–1932. 4) 市川 雄平, 竹内 真実子, 山田 雅彦, 細井 努, 馬渕 龍彦, 岡田[jstage.jst.go.jp]
点状出血
  • 病名 血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう) 部位 血液 主な症状 四肢の出血や紫斑、口腔内出血など 診療科 関連診療科 血液腫瘍内科, 小児科 症状の解説 血小板の産生低下もしくは消費亢進,自己免疫学的機序等により血小板が減少し止血機構に欠損が生じます。皮膚・粘膜からの出血を認めますが,血小板数が3万以上あれば出血症状が全く認められない事も多いです。[kmu.ac.jp]
  • 主な症状として、「出血」「紫斑」があります。これらは皮膚の内出血によるもので、数ミリ程度の赤 紫色の斑点状の皮疹です。かゆみが無く、押さえても消えないのが特徴です。そのほか、鼻血や歯肉からの出血、小さな傷でも血が止まりにくい、女性の場合には月経の出血が止まりにくいなどがあります。血小板がさらに減ると脳出血のような命にかかわる出血の危険性が高まります。 3. 治療 血小板の数が2万-3万を下回る場合、治療が必要とされています。[kanazawa-med.ac.jp]
  • 異常な青あざや出血があると、血小板減少症が疑われます。一般に、血小板数は正常で15万から35万/μLであり、8万 10万/μLまで減少すると軽度の打撲で出血斑が出現し、5万/μL以下ではさらに出血斑が出やすく、1万/μL以下になると出血を呈します。臨床的には血小板数が2万/μLを切ると頭蓋内出血などのリスクが上がるので血小板輸血や血小板数を増やす薬剤投与が必要になります。 診断には血小板数の正確なカウント必要 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は急性と慢性に区別されます。[tokushukai.or.jp]
歯肉出血
  • 5万程度までは自覚症状があまりないが、4万 3万以下になると点状もしくは斑状出血、鼻出血、歯肉出血、尿路管出血などの症状を呈するようになり、女性では膣 (ちつ) 出血や月経過多などもみられる。2万以下では血小板輸血が必要となり、1万以下までに減少すると頭蓋 (とうがい) 内出血や消化管などの臓器出血を起こす危険が高まり、即座に血小板製剤を輸注しないと致死的状況に陥る。[kotobank.jp]
  • ITPの臨床症状は、皮膚の出血斑(紫斑)・血腫、歯肉出血、止まりにくい鼻出血、月経過多等が主なものです。また、ITPには、6ヵ月以内に治ってしまう急性型と、6ヵ月以上遷延する慢性型があり、小児におこるITPでは、急性型が約80%と多く、慢性化するのは20%程度であるのに対して、成人はこの逆で、多くが慢性化します。 ITPの治療として、下記の方法があげられます。 ① 薬物療法 成人ではステロイド剤の経口投与が基本治療ですが、難治例では免疫抑制剤等の治療も行われます。[ketsukyo.or.jp]
  • 持続的に血小板減少あるいは血小板機能異常があり、出血傾向・紫斑・点状出血・歯肉出血等が起こりますが、 その程度はさまざまです。 家系内に同じような症状が多数発生することが知られています。 急性骨髄性白血病などの悪性腫瘍を合併することが多く、それをきっかけにして発見されることも多い病気です。 家族性血小板異常症においては、 白血病と関連する遺伝子RUNX1(AML1) に変異があることが1999年に発見され、 その後わが国においても患者さんの多発する家系が報告されています。[u-tokyo-hemat.com]
吐血
  • 症状 皮膚や粘膜の内出血、傷からの持続性の出血、血便、血尿、吐血、眼出血、肝臓や脾臓の腫大、粘膜蒼白、呼吸困難・咳、心雑音、発熱など 診断 血小板が減少する、元となる病気を探します。 ・血液検査 ・尿検査 ・X線検査や超音波検査 治療 原因により治療法が異なりますが、ステロイド、抗生物質、抗がん剤、ヘパリンなどを使用します。 ペットキャリー特集 トイレ用品[irisplaza.co.jp]
鼻出血
  • 5万程度までは自覚症状があまりないが、4万 3万以下になると点状もしくは斑状出血、出血、歯肉出血、尿路管出血などの症状を呈するようになり、女性では膣 (ちつ) 出血や月経過多などもみられる。2万以下では血小板輸血が必要となり、1万以下までに減少すると頭蓋 (とうがい) 内出血や消化管などの臓器出血を起こす危険が高まり、即座に血小板製剤を輸注しないと致死的状況に陥る。[kotobank.jp]
  • 強力な外力によって生じたものは除く. (9) 大きな血腫、溢血斑、出血、消化管出血、生理出血、口腔内出血、多発する点 状出血など、臓器障害や貧血、出血傾向の増悪をきたす恐れのある状態. (10) 少なくとも1ヶ月に1回は診療を行い、連絡を密にする. (11) (12) 治療内容、方法は次の項に示す.[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 出血症状は紫斑(点状出血及び斑状出血)が主で、歯内出血、出血、下血、血尿、月経過多なども試られる。関節出血は通常認めない。出血症状は自覚して胃内が血小板減少を指摘され、受診することもある。 検査所見 抹消血液 血小板減少 血小板100,000/μ以下。[harasanshin.or.jp]

精密検査

  • 血小板が減少していても一般的には10万/μlまでは、症状もありませんし、精密検査も必要ありません。5 10万/μlでは出血傾向はほとんど無いことが多いのですが、その原因を追求する必要があります。5万/μl以下では出血が起きる可能が高く、治療を考慮する必要があります。 血小板数増加 一血小板数増多症には、一次性のものとして骨髄における巨核球が腫瘍性に増殖するもの、また二次性のものとして種々の基礎疾患に伴うものがあります。[jaclap.org]
血小板数減少
  • 血小板減少の既往がなくGTと考えられる人であれば出産後1-2ヶ月で回復し、新生児にも 血小板数低下はみられない。 3.ITPは妊娠中血小板減少で2番目に多い原因疾患で1-4%をしめる。 出産時に血小板数が低下している妊婦の3%程度までにみられる。GTとの鑑別はしばしば難しい。過去の ITPの既往や妊娠前の血小板数が大切な情報である。 妊娠初期から血小板数が10万/μL以下でかつ妊娠が進むに つれて血小板が低下してくる場合にはITPの可能性が高い。[sk-blood.com]

治療

  • )の注意すべき副作用 15.抗不整脈薬の副作用 16.降圧剤の副作用の注意点 17.トリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の副作用について 18.脂質異常症治療薬の副作用について 19.喘息及び慢性閉塞性肺疾患治療薬の副作用 20.潰瘍性大腸炎治療薬の副作用 21.抗甲状腺ホルモン剤チアマゾールによる顆粒球減少症の重症例 22.過活動膀胱治療薬の副作用 23.産婦人科用剤の副作用 24.輸液の副作用 25.鉄剤の注意すべき副作用 【薬の副作用から見える医療課題】続報〔予告〕 26.ヘパリン起因性血小板減少症[min-iren.gr.jp]
  • したがって治療はどちらの疾患もほぼ同じ治療法です。 症状 突発的に起こることが多く、貧血のために動物は元気がなくなりぐったりします。貧血からの粘膜蒼白(歯ぐき、舌の色が白くなる)他、脾臓の腫大、発熱、血色素尿(赤い尿)、不整脈が時に見られます。体の外への出血ではないため低蛋白血症などは起こりません。 診断 主に血液検査で傷つけられた赤血球を顕微鏡で確認することで行います。治療は免疫系を抑えて、それ以上の赤血球破壊をくい止めることが中心となります。[www2.you-amc.jp]

疫学

  • (国立感染症研究所 ウイルス第一部・感染症疫学センター) 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について (厚生労働省) 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A[niid.go.jp]
  • 全国の施設からカルテに基づいた調査を行い、 日本国内での家族性の血小板減少症(急性白血病や骨髄異形成症候群を含む)を認める家系の実態把握を行うとともに、 家族歴や検査値、症状、転帰などの臨床情報を集積し、有病率などの基礎的な疫学データ、 診断基準の作成を目的としています。 またRUNX1変異は診断に重要な所見であり、 血小板の質的・量的異常をもたらす他の遺伝子変異とともに検索する予定です。 本疾患の実態を明らかにすることで、治療法の向上につながると考えております。[u-tokyo-hemat.com]
  • 表1.急性ITPと慢性ITPの特徴 《疫学》 日本においては、年間発生率は、10万人に1.16人。毎年200名前後の発症といわれています。小児では性差が認められませんが、15歳以降では、女性が2 4倍多くなります。 《分類》 表1.のように急性型と慢性型に分けられます。 《病気を疑うとき》 皮膚の出血性病変や生理過多といった出血傾向があり、血小板数が少ない場合に疑われます。最近では、健康診断等にて無症状でも血小板減少を契機に発見されることもあります。[harasanshin.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 発見するには 犬の血小板減少症の発症原因には様々なものがあり、予防は難しい病気とされています。 原因の一つである感染症については、ワクチン接種によって予防が可能な場合もありますので、予防接種を心がけましょう。 血小板減少症の原因によっては、治療法が確立されておらず、完治の見込みがないものもあります。[pshoken.co.jp]
  • の病態と診断 宮田茂樹 国立循環器病センター輸血管理室 抗凝固薬ヘパリンが免疫学的機序を介して血栓塞栓症を誘発する,一見逆説的な病態は,ヘパリン起因性血小板減少症(Immune-mediated heparin-induced thrombocytopenia: HIT)として解明され,海外ではエビデンスに基づいたガイドラインが提示されている.本邦でも2006年にヘパリンの添付文書が改訂され,HITが追加記載された.HITは,未分画,低分子ヘパリンいずれでも発症し,最近,深部静脈血栓症(DVT)予防[js-phlebology.org]
  • [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 内科学 第10版 の解説 血小板減少症(造血器腫瘍治療とその補助療法) (3)血小板減少症 造血障害に伴う血小板減少には 血小板輸血 で対応する.慢性的に血小板減少がある場合は,出血傾向が強くなければ 血小板数 5000/μLを目安に血小板輸血を行う.一方,化学療法実施後,急速に血小板が減少するときには,血小板数 1万 2万/μLを維持するように血小板輸血を実施し,重大な出血を予防する.[kotobank.jp]
  • 著者らはADANTS13の活性を細かくおっていって、 10%となったり破砕赤血球が末梢で目立つようになったりしたら予防的に血漿交換を開始するという。 カテゴリ: 血液疾患勉強ノート[sk-blood.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!