Edit concept Question Editor Create issue ticket

虹彩炎


提示

頭痛
  • 原田病 原田病ではぶどう膜炎と同時に、めまい・嘔吐・頭痛・耳鳴り・難聴などがおこり、1 2カ月すると頭髪や眉毛が白毛になることがあります。この病気は3 6カ月で症状が治まりかなり良い視力が回復することが多いのですが中には2 3年にわたってぶどう膜炎が続き視力が悪くなることがあります。 ベーチェット病 ベーチェット病は15 40歳の男性に発病することが多く、次のような症状がでます。 1. ぶどう膜炎 2. 外陰部の潰瘍 3. 舌や口唇のアフタ 4.[ganka.gr.jp]
  • 風邪のような症状で始まることもありますが、耳の中や脳の髄膜など、メラノサイトの多い部 分に炎症がおこるため、ぶどう膜炎と前後して、めまいや耳鳴り、髄膜炎(脳を保護する髄膜に炎症がおこる)をともなった激しい頭痛などの症状が出ます。皮 膚や頭髪が白くなったりすることもあります。 治療は薬の副作用に注意しながら ぶどう膜炎のおもな治療は、炎症を鎮める「ステロイド薬」の点眼、内服、注射などです。虹 彩に炎症があるときは、虹彩と水晶体がくっつくのを防ぐ「散瞳薬」を点眼します。[min-iren.gr.jp]
  • からだの不調(例えば頭痛や下痢など)はすぐに医師に伝えてください。 ベーチェット病の口内炎 そのほかのぶどう膜炎 急性前部ぶどう膜炎 眼球の前方のぶどう膜(虹彩や毛様体)に急な炎症が起き、突然のように強い眼痛や充血が現れます。しかし脈絡膜は障害されない点がこのぶどう膜炎の特徴で、そのため症状が現れている急性期にきちんと治療すれば、経過は比較的良好です。原因はいろいろあり、なかでもヘルペスウイルスによるものが多く、糖尿病による虹彩炎も少なくありません。[skk-net.com]
視力低下
  • 症状は、球結膜(白目)の充血、羞明、流涙、眼痛などが現れ、視力低下を招くこともあります。 虹彩や毛様体の炎症は肉眼ではわかりにくいので、細隙灯顕微鏡で 角膜 と 水晶体 の間の 前房 水に、炎症による混濁が存在していないかどうかを見ます。それと併行して原因疾患が何かを知るために血液検査、胸部X線検査なども行います。 炎症が虹彩毛様体に限られているときは、それを抑えるための治療薬として副腎皮質ステロイド薬の点眼がなされます。炎症が強いときは副腎皮質ステロイドの結膜下局所注射、内服も試みられます。[bausch.co.jp]
  • 加藤 充血や霧視(かすんで見える)、視力低下、眼痛などの症状があります。 田淵 ぶどう膜炎を起こす原因疾患として代表的な3大疾患がありますが、簡単に説明して頂けますか。 加藤 ぶどう膜炎というのはぶどう膜を主たる場として引き起こされる眼炎症の総称ですので、その中に様々な疾患が含まれています。ぶどう膜炎を引き起こす3大疾患はベーチェット病、サルコイドーシス、Vogt-小柳-原田病であるといわれています。これらの疾患は眼だけではなく、全身にも炎症所見が認められることが多いのが特徴です。[tsukazaki-hp.jp]
眼痛
  • 症状は、球結膜(白目)の充血、羞明、流涙、などが現れ、視力低下を招くこともあります。 虹彩や毛様体の炎症は肉眼ではわかりにくいので、細隙灯顕微鏡で 角膜 と 水晶体 の間の 前房 水に、炎症による混濁が存在していないかどうかを見ます。それと併行して原因疾患が何かを知るために血液検査、胸部X線検査なども行います。 炎症が虹彩毛様体に限られているときは、それを抑えるための治療薬として副腎皮質ステロイド薬の点眼がなされます。炎症が強いときは副腎皮質ステロイドの結膜下局所注射、内服も試みられます。[bausch.co.jp]
  • 加藤 充血や霧視(かすんで見える)、視力低下、などの症状があります。 田淵 ぶどう膜炎を起こす原因疾患として代表的な3大疾患がありますが、簡単に説明して頂けますか。 加藤 ぶどう膜炎というのはぶどう膜を主たる場として引き起こされる眼炎症の総称ですので、その中に様々な疾患が含まれています。ぶどう膜炎を引き起こす3大疾患はベーチェット病、サルコイドーシス、Vogt-小柳-原田病であるといわれています。これらの疾患は眼だけではなく、全身にも炎症所見が認められることが多いのが特徴です。[tsukazaki-hp.jp]
  • ベーチェット病の口内炎 そのほかのぶどう膜炎 急性前部ぶどう膜炎 眼球の前方のぶどう膜(虹彩や毛様体)に急な炎症が起き、突然のように強いや充血が現れます。しかし脈絡膜は障害されない点がこのぶどう膜炎の特徴で、そのため症状が現れている急性期にきちんと治療すれば、経過は比較的良好です。原因はいろいろあり、なかでもヘルペスウイルスによるものが多く、糖尿病による虹彩炎も少なくありません。[skk-net.com]
羞明
  • 症状は、球結膜(白目)の充血、、流涙、眼痛などが現れ、視力低下を招くこともあります。 虹彩や毛様体の炎症は肉眼ではわかりにくいので、細隙灯顕微鏡で 角膜 と 水晶体 の間の 前房 水に、炎症による混濁が存在していないかどうかを見ます。それと併行して原因疾患が何かを知るために血液検査、胸部X線検査なども行います。 炎症が虹彩毛様体に限られているときは、それを抑えるための治療薬として副腎皮質ステロイド薬の点眼がなされます。炎症が強いときは副腎皮質ステロイドの結膜下局所注射、内服も試みられます。[bausch.co.jp]
  • 通常、明るい光に当たると軽いかすみ目または痛みが生じます()。 虹彩炎は、患者の病歴、症状、および 細隙灯顕微鏡検査 の結果に基づいて診断されます。 虹彩炎の治療 瞳孔を散大する薬を点眼します。薬剤により、眼の色のついた部分(虹彩)の筋肉を弛緩させ、痛みを伴うけいれんを予防します。この薬剤は調節麻痺薬と呼ばれ、シクロペントラートやホマトロピン( homatropine )などがあります。 症状の消失を促すため、しばしばコルチコステロイドの点眼薬(プレドニゾロンなど)が投与されます。[msdmanuals.com]
  • 関連項目 アトロピン 白内障 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 大辞林 第三版 の解説 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 虹彩炎 こうさいえん 虹彩の炎症で、軽い視力の低下、 (しゅうめい) (まぶしさ)、流涙、充血、疼痛 (とうつう) などを訴え、他覚的には角膜周囲充血、縮瞳 (しゅくどう) 、房水 (ぼうすい) の混濁、角膜後面沈着物などを認める。強い炎症では虹彩が水晶体に癒着して、虹彩後 (こう) 癒着となる。[kotobank.jp]
  • ぶどう膜炎が生じると、最もよく現れる症状は、霧視(かすみがかかったように見えること)と 感(まぶしく感じること)です(図2)。 その他、視力低下、眼痛、充血、飛蚊症(虫が飛んでいるように見えること)(図3)などの症状もみられます。 片眼だけのことも両眼のこともあり、両眼交互に症状が現れることもあります。 症状の経過は、だんだん悪くなるものもあれば、一時的に良くなり再びまた悪くなるといった再発・寛解を 繰り返すものまでさまざまです。[sugiura-gannka.com]
かすみ目
  • 通常、明るい光に当たると軽いかすみまたは痛みが生じます(羞明)。 虹彩炎は、患者の病歴、症状、および 細隙灯顕微鏡検査 の結果に基づいて診断されます。 虹彩炎の治療 瞳孔を散大する薬を点眼します。薬剤により、眼の色のついた部分(虹彩)の筋肉を弛緩させ、痛みを伴うけいれんを予防します。この薬剤は調節麻痺薬と呼ばれ、シクロペントラートやホマトロピン( homatropine )などがあります。 症状の消失を促すため、しばしばコルチコステロイドの点眼薬(プレドニゾロンなど)が投与されます。[msdmanuals.com]
縮瞳
  • 関連項目 アトロピン 白内障 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 大辞林 第三版 の解説 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 虹彩炎 こうさいえん 虹彩の炎症で、軽い視力の低下、羞明 (しゅうめい) (まぶしさ)、流涙、充血、疼痛 (とうつう) などを訴え、他覚的には角膜周囲充血、 (しゅくどう) 、房水 (ぼうすい) の混濁、角膜後面沈着物などを認める。強い炎症では虹彩が水晶体に癒着して、虹彩後 (こう) 癒着となる。[kotobank.jp]

治療

  • この病気は、発病後の早い時期にしっかり治療して慢性化させないことが、とくに大切です。治療開始が遅れると再発を繰り返し、失明に至るケースもないわけではありません。 治療上の注意点 発病直後は入院して集中的な治療を受けます。慢性化した場合は、なるべく炎症がひどくならないように、根気よく治療を続けていきます。 原田病による皮膚の白斑。頭髪も白くなっています。 ベーチェット病 全身の皮膚や粘膜に発作性の炎症が繰り返し起こる慢性の病気です。原因はわかっていません。[skk-net.com]

予防

  • 薬剤により、眼の色のついた部分(虹彩)の筋肉を弛緩させ、痛みを伴うけいれんを予防します。この薬剤は調節麻痺薬と呼ばれ、シクロペントラートやホマトロピン( homatropine )などがあります。 症状の消失を促すため、しばしばコルチコステロイドの点眼薬(プレドニゾロンなど)が投与されます。痛みの緩和には、通常は調節麻痺薬とコルチコステロイドで十分ですが、必要であればアセトアミノフェンを服用することもあります。[msdmanuals.com]
  • 原因療法のほか、癒着を予防し、虹彩の安静を保つために散瞳薬を点眼し、消炎にはステロイド剤を点眼する。点眼回数は炎症の程度、性質によって適宜加減する。また遮光眼鏡を用いる。 [小暮美津子] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 精選版 日本国語大辞典 の解説 こうさい‐えん【虹彩炎】 〘名〙 眼球の最前部にある円盤状の膜の炎症。黒目のまわりが赤く充血し、まぶしくて涙が出、異物感、疼痛がある。結核、リウマチ、外傷、後天性梅毒などが原因。[kotobank.jp]
  • 過労やストレスが再発のきっかけにも ぶどう膜炎は、いわゆる生活習慣病とは異なり、予防することはむずかしい病気です。ただ、 過労やストレスが再発のきっかけになることもあるため、「ぶどう膜炎」と診断されたら、規則正しい生活を心がけましょう。再発することもあるため、自己判 断せず、定期検査と治療を継続することが大切です。 イラスト・井上ひいろ いつでも元気2009年7月号[min-iren.gr.jp]
  • 血液検査などでそれが確かめられれば、発作・再発の予防的な治療ができます。 合併症の早期発見 視力や視野を奪う緑内障や網膜剥離などは、かなり進行するまで自覚症状がないことがあります。その発見・治療のために通院が欠かせません。 薬の調節 ぶどう膜炎の治療薬のなかには、注意が必要な副作用をもつ薬もあります。副作用を抑えて同時に高い治療効果を得るために、検査結果をみながら薬の量を少しずつ調整する必要があります。[skk-net.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!