Edit concept Question Editor Create issue ticket

虚血性脳卒中


提示

筋力低下
  • 多くの場合は、片方の上肢・下肢・顔面が脱力または筋力低下におちいる 片麻痺 の形をとる [注 3] 。ただし、脳幹梗塞では顔面と四肢で麻痺側が異なる 交代性麻痺 をきたすこともある。 一側のしびれ感 通常、身体一側の感覚鈍麻、異常感覚。感覚線維、または頭頂葉の感覚中枢が壊死することで出現する。感覚の鈍化または消失が起こるほか、慢性期には 疼痛 が出現することがあり QOL への影響が大きい。 言語障害 言語了解や発語の障害( 失語症 )や不明瞭な言語( 構音障害 )。[ja.wikipedia.org]
障害
  • 7件の試験で神経障害が報告されていたが、共通尺度や時間間隔が異なっていたため、データは統合不能であった。結果は試験間で一致していなかった。報告された唯一の有害作用は、両群ともに少数の消化管出血、感染および高血糖の悪化のみであった。前回の更新以降、結果に変更はない。 訳注: 監 訳: 江川 賢一,2011.12.15 実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。[cochrane.org]
  • 言語障害 言語了解や発語の障害( 失語症 )や不明瞭な言語( 構音障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。構音障害は後述する失語とは違い、脳の 言語 処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものである。嚥下障害は、摂食が不十分となって社会復帰を困難にしたり、 誤嚥 によって 肺炎 の原因となるなど影響が大きい。[ja.wikipedia.org]
  • ・運動まひ(典型的なのは身体の片側に起こる片まひ) ・言語障害(ろれつが回らない、言葉のコミュニケーション障害など) ・歩行障害(力は入るのに歩けない) ・意識障害(ぼーっとする、時間や場所がわからない) ・感覚障害(手足のしびれ) その他にめまい、黒内障(片側の目が見えにくくなる)、頭痛、けいれんなどが起こることもあります。いずれも突然起こるのがポイントです。 症状は脳の中の、どの場所が詰まるかによって違います。[senshiniryo.net]
失行
  • 数本の穿通枝領域を含む大きな梗塞を形成し、皮質領域は梗塞が免れるがラクナ梗塞では通常は生じない、失語症、視野欠損、、失認などの 皮質症状 を起こすこともしばしばある。 Binswanger病 [ 編集 ] 白質病変を特徴とする脳血管性認知症として知られる。多発ラクナ梗塞性認知症とともに日本の脳血管性認知症の約半数を占める。皮質下血管性認知症に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org]
感覚鈍麻
  • 一側のしびれ感 通常、身体一側の感覚鈍麻、異常感覚。感覚線維、または頭頂葉の感覚中枢が壊死することで出現する。感覚の鈍化または消失が起こるほか、慢性期には 疼痛 が出現することがあり QOL への影響が大きい。 言語障害 言語了解や発語の障害( 失語症 )や不明瞭な言語( 構音障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。[ja.wikipedia.org]
記憶障害
  • 注意障害 がもっとも回復しやすく、 記憶障害 は回復しにくい。また、 認知症 のリスクが最大で10倍になる。16〜20%の患者は改善する。身体能力に比べ、リハビリテーションの効果はやや劣る(推奨グレードBないしC1 [55] [56] )。大部分の回復は発症後3カ月以内に起こるが、少なくとも1年間は回復が続く可能性がある。記憶障害の有病率は、3カ月後で23〜55%、1年後で11〜31%であった。[ja.wikipedia.org]
構音障害
  • 言語障害 言語了解や発語の障害( 失語症 )や不明瞭な言語( 障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。障害は後述する失語とは違い、脳の 言語 処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものである。嚥下障害は、摂食が不十分となって社会復帰を困難にしたり、 誤嚥 によって 肺炎 の原因となるなど影響が大きい。[ja.wikipedia.org]
錯乱
  • 症状 TIAに特徴的でない症状 椎骨脳底動脈系の他の症状を伴わない意識障害 強直発作、強直間代発作、間代発作 身体のいくつかの領域にわたって遷延性に進行する症状 閃輝性暗点 TIAとは考え難い症状 感覚障害の進行 回転性めまいのみ 動揺性(浮動性)めまいのみ 嚥下障害のみ 構音障害のみ 複視のみ 便あるいは尿失禁 意識レベルの変動に伴う視力障害 片頭痛に伴う局所症状 錯乱のみ 健忘のみ drop attackのみ しかし、非常に稀だが回転性めまいのみの脳梗塞なども知られており、除外は慎重に行う必要[ja.wikipedia.org]
心不全
  • うっ血性心不全では禁忌であり、虚血性心疾患でも慎重投与である。慢性期では非心原性脳梗塞への適応で、推奨グレードA [35] 。 硫酸クロピドグレル クロピドグレル ( Clopidogrel )(プラビックスなど)は急性期に50〜75mg/dayで投与される。慢性期は非心原性脳梗塞で、75mg/day投与が推奨グレードAである [34] 。 ウロキナーゼ 血栓溶解薬 である ウロキナーゼ の静脈注射は原則としては心原性脳塞栓には禁忌である。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 理論的には、副腎皮質ステロイド(以下、ステロイド)による早期治療は、細胞毒性浮腫および血管原性浮腫の低減に役立ち、脳卒中後の臨床アウトカムを改善する可能性がある。 目的: 急性虚血性脳卒中が疑われる症例において、ステロイドの効果を評価すること。 検索方法: Cochrane Stroke Group Trials Registerを検索した(最終検索日:2011年2月17日)。[cochrane.org]

予防

  • 記事一覧 What’s New in Electrocardiology by JSE 心房細動(AF)は発作性、持続性に関わらず虚血性脳卒中のリスクとなり得るため、脳卒中危険因子となる患者背景に従い脳塞栓予防を行うことが重要とされています。また発作性、持続性、永続性といったAF様式は心房機能不全や構造変化といったAFの進行段階と関連しています。したがってAF様式は脳卒中リスクと関係しているように考えられますが、これまでの研究では一定の見解を得ることができませんでした。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 図10 一刻も早く専門病院へ 再発を予防するには 脳卒中を起こす危険因子として、まず高血圧、その他に糖尿病、高脂血症、肥満などがあり、生活習慣としては喫煙、大量飲酒などが挙げられています 図11 。 再発予防でも、基本的には危険因子を除くことが大切ですから、これらのコントロールを十分に行わなければなりません。ただし、脳梗塞の血圧管理については、血管の病変の程度によってはあまり下げすぎない方がよい場合があります。[ncvc.go.jp]
  • 慢性期の管理 [ 編集 ] 再発予防のための抗凝固・抗血小板薬を使用する上で問題になるのが、 出血性梗塞 である。これは、壊死した血管に血流が再度流れ込むことで血管壁が破れ、 脳出血 に至った状態である。これは特に、広範な脳梗塞で問題となる。そのため塞栓性などの広範な症例では梗塞の進行停止を見極めてから慎重に開始し、その後もCTで出血の有無をフォローアップすることが欠かせない。 梗塞原因の特定は、その後の再発予防計画を立てていく上で非常に重要である。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!