Edit concept Question Editor Create issue ticket

虚血性潰瘍


提示

  • 1-3:クローン病の治療 未だにクローン病を完治させる治療法はないため、クローン病の活動性をコントロールし、患者さんのQOL(生活の質)を高めることが治療の原則となりま す。また、狭窄や瘻孔形成などの合併症は、患者さんのQOLに影響するため、その治療や予防が重要です。治療の際には、患者さんにクローン病がどのような 病気であるかをよく説明し、患者さん個々の社会的背景や環境を十分に考慮した上で、患者さんに治療法を提示し話し合いをしながら決定する必要があります。 重症度に応じて、以下のような治療方針に従[asahikawa-med.ac.jp]
神経痛
  • 内科で扱う主な病気 生活習慣病 糖尿病、脂質異常症、高血圧症、高尿酸血症(痛風)など 呼吸器疾患 感染症(風邪から肺炎まで)、喘息、肺癌、慢性閉塞性肺疾患( COPD )、禁煙指導、睡眠時無呼吸症候群など 循環器疾患 高血圧、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、不整脈、うっ血性心不全など その他 眩暈症、慢性肝炎、メンタルヘルスなど 麻酔科で扱う主な病気 腰椎椎間板ヘルニア、座骨神経、帯状疱疹後神経、癌性疼痛など 乳腺甲状腺科で扱う主な病気 乳がん、乳腺症、甲状腺がん、甲状腺腫、甲状腺機能亢進症[nakatani-hosp.jp]

精密検査

  • 精密検査を受けましょう。 寝ると息苦しい。風邪でもないのに咳が出る 風邪でもないのに咳がでる、夜間の尿量が増すというのは、心不全の初期症状にみられます。心不全は心臓のポンプ機能の衰えにより起こるもので、息切れ、疲れやすい、むくみ、体重増加が主症状です。虚血性心疾患が原因で起こります。 40歳を過ぎたら定期検診を! 胸に痛みや息苦しさなど違和感を感じたら、当院の外来に来てください。 虚血性心疾患の危険因子には、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などがあります。[kinshukai.or.jp]
肝細胞癌
  • 超音波検査では境界明瞭な高エコー(白っぽく見える)が典型例ですが、サイズが大きなものは細胞と鑑別が難しいことも多く造影CTや造影超音波検査が有効です。 限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia;FNH)は健診などで肝腫瘍として発見され造影CTでも細胞と同じような造影パターンを示しますが、造影超音波検査や造影MRI(EOB-MRI)で診断が可能です。 細胞、肝内胆管癌 肝臓原発の肝癌は、大きく細胞と胆管細胞癌に分けられますが、90%以上は細胞です。[gh-gotoh-cl.com]

治療

  • 抄録 下腿,足部は血行が悪い部位として知られており,なかでも糖尿病性足潰瘍では複数の要因が関与するため,その病態は複雑であり,治療に難渋することが多い。再建外科医としてもむずかしい分野であり,確実な創部の癒合を得るために高位での切断術が行われることも少なくない。潰瘍の主要因である虚血と神経障害を適切に鑑別 ・ 評価し,それぞれの病型に応じて必要な治療を計画しなければ創傷治癒は得られない。虚血型では,創傷治癒に必要な血流を確保するため,血行再建が最優先となる。[jstage.jst.go.jp]
  • 虚血性潰瘍に対する新しい治療法―多血小板血漿,bFGF製剤,人工真皮を組み合わせた創傷処置 東京医科歯科大学 寺崎 宏明,井上 芳徳,豊福 崇浩 遊佐 祐子,藤田 聡子,中村 浩志 栗原 伸久,地引 政利,菅野 範英 岩井 武尚 これまでに当科で経験した虚血性の足趾潰瘍・壊死症例では,血行再建術施行できた症例は比較的治癒が期待できるが入院期間が長い傾向にあり,また,血行再建術の適応にならないような症例は大切断になる例もある.今回われわれは多血小板血漿(Platelet rich plasma:PRP[jsvs.org]
  • 4つの治療方法 PADには大きく分けて、薬物療法、理学療法、血管内治療を含めた手術という4つの治療法があります。 PADの治療は、まず、動脈硬化の原因となりやすい病気である高血圧や糖尿病、高脂血症などがある場合は、その治療を徹底します。 それとともに病気の進行度や患者さんの状態にあわせて、抗血小板薬や血管拡張剤などの薬を使った治療のほか、人工血管や自分の静脈を用いてバイパスを作る手術や狭くなっている血管をバルーン(風船)やステント(金属の網状筒)をつかって広げる治療などが行われます。[otsuka.co.jp]
  • しかし、当センターでは、専門的にトレーニングを受けたスタッフが、 どのような治療、ケアをしたらいいのか診断し、必要な血行再建、デブリードマン処置 壊死組織や不良肉芽(にくげ)の除去 、除圧(じょあつ)治療、軟膏(なんこう)治療、持続吸引療法、 血糖コントロールなどの総合的な治療計画を立て、できる限り下肢切断に至らないよう治療をしていきます。[yokoso.or.jp]
  • 放射線潰瘍 放射線治療を受けた後に、皮膚に生じる潰瘍です。放射線治療後に時間が経過してから生じることも多く、皮膚の細胞が損傷を受けているため小さな潰瘍でも治療に難渋することがあります。 診断と治療方針の決定 上記のように難治性潰瘍の背景にはたくさんの原因・因子があり、それらを解明して除去することが治療の最も大事な部分です。[hosp-urayasu.juntendo.ac.jp]

疫学

  • 疫学 患者は地中海沿岸、南アジア、東アジアに多く、北米では1980年代までに激減した。日本でも1970年後半から発生は減少し、近年の推計患者数は約7,000人で、有病者は高齢化している。好発年齢は20から40歳代で、圧倒的に男性が多い。また患者の9割以上に明らかな喫煙歴があり、大量喫煙者が多い。受動喫煙を含めるとほとんどの患者に喫煙歴があるとされる。女性患者も増加しており、喫煙の影響と推定されている。 3. 病態生理 原因はいまだ不明である。[vas-mhlw.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 原因はいまだ不明である。特定の遺伝的素因(human leukocyte antigen [HLA]や一塩基多型)が関連するとの説や、歯周病菌が原因でありうるとの研究結果もある。本疾患では血管攣縮や血管内皮細胞の障害、血液の過凝固状態がみられる。喫煙はこれらを惹起し発症の誘因になると考えられている。病気の進行抑制には禁煙が有効である。 病理組織学的には、炎症細胞はおもに血管内膜および内腔を閉塞している血栓に認められ、内弾性板の構造は保たれるのが特徴である。[vas-mhlw.org]

予防

  • 足の生活習慣病である、PADを予防しよう PADの危険因子は、動脈硬化の原因となりやすい、喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症などです。ですから、PADを予防するには、これらの病気を予防または治療すること、禁煙を心がけることなどが大切です。 また、PADを重症化させないためにも危険因子はなるべく避けるようにしましょう。 PADの患者さんは、高血圧や糖尿病、高脂血症などにかかっていて、喫煙歴のある高齢の人に多いといわれます。[otsuka.co.jp]
  • (5)予防 高血圧コントロール 糖尿病コントロール 高脂血症(脂質異常症)コントロール 禁煙 この病気の予防には、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)のコントロールが極めて重要です。また、喫煙がこの病気を悪化させることは明らかであり、禁煙は基本的なことがらであり、禁煙ができなければ積極的な治療は行わないという病院もあるぐらいです。[showa-u.ac.jp]
  • 予防的なフットケアが重要であり,特に糖尿病患者では非常に重要である。これには,外傷や病変に関する毎日の足の視診;足専門医(podiatrist)による胼胝および鶏眼の治療;毎日の足の洗浄(低刺激性の石鹸とぬるま湯で洗浄した後,ゆっくりと完全に乾燥させる);熱傷,化学損傷,および機械的損傷(特によく合っていない履き物による損傷)の回避などがある。足部潰瘍の管理については, 褥瘡 : 直接的な潰瘍のケア も参照のこと。[msdmanuals.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!