Edit concept Question Editor Create issue ticket

薬物性胃炎

胃炎メディカメントーサ


提示

腹痛
  • 症状 消化管の粘膜障害により、下痢や腹痛などの消化器症状が出現します。 下痢の回数や性状(水様便、血便など)などは、原因となっている薬剤によって異なります。消化器症状以外に、発熱や食欲不振、倦怠感などを伴うこともあります。 腸の運動が著しく障害され、麻痺性イレウスや中毒性巨大結腸症などを合併することもあります。この場合には、嘔吐や腹痛が増加し、最悪の場合死に至ることもあります。 貧血が進行して、顔色不良、動悸、疲れやすさなどの症状につながることもあります。[medicalnote.jp]
  • 薬剤性出血性大腸炎: 抗生物質を飲み始めて比較的早期に腹痛、水のような下痢、血の混じった下痢などの症状が出ることがあります。 偽膜性(ぎまくせい)大腸炎: 主な症状は下痢です。抗生物質を飲み始めてから1 2週間でいつもより回数の多い柔らかい便、水のような下痢、どろっとした便が出ることがあります。 また、腹痛やおなかが張る感じがする、吐き気がする、熱が出るといった症状が出ることもあります。[onaka-kenko.com]
  • 出血性大腸炎では、 ペニシリン 系抗生物質を投与した3-4日後に、突然の激しい 腹痛 と、血便を伴う下痢が起きる。 診断 [ 編集 ] 医薬品 投与後に下痢や腹痛などが見られたら、患者の薬剤服用歴(薬歴)を調べ、原因となった薬剤を特定する。 大腸内視鏡 検査( 下部消化管内視鏡検査 )を行うと、偽膜性大腸炎では 直腸 下端からS状 結腸 にかけての大腸粘膜に特徴的な黄白色調の半球状に隆起した偽膜がみられ、重症例では大腸全体に及ぶこともある。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • 胃炎の症状が発生する場合、腹痛や腹部不快感、ときには吐き気や嘔吐などがみられます。 診断は、多くの場合患者の症状に基づいて下されますが、観察用の柔軟な管状の機器(内視鏡)で胃を調べなければならないこともあります(上部消化管内視鏡検査)。 治療は胃酸を減らす薬により行います。 胃の粘膜には刺激に対する抵抗力があり、通常は非常に強い酸にも耐えられます。しかし、胃炎の場合、胃の粘膜は刺激を受けて炎症を起こします。 胃炎は重症度に基づいて以下の2つに分類されます。[msdmanuals.com]
  • 生活上の注意 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、便秘、吐き気・嘔吐、アルミニウム脳症(言語障害、意識障害、けいれんなど)、アルミニウム骨症(骨の痛みなど)、貧血などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 該当する記載事項はありません。[rad-ar.or.jp]
  • また、腹痛やおなかが張る感じがする、吐き気がする、熱が出るといった症状が出ることもあります。 原因 消化管(胃・小腸・大腸)のびらん・潰瘍: 薬の作用により、消化管の粘膜保護作用が弱まってしまうために起きます。 原因となる薬剤は、痛み止めの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、血をサラサラにする抗血栓薬(抗凝固薬および抗血小板薬)、体の各部位の炎症を抑える副腎皮質ホルモン、骨粗鬆症の治療薬の一部、抗生物質、抗がん剤の一部、カリウム製剤などです。[onaka-kenko.com]
嘔吐
  • 胃炎の症状が発生する場合、腹痛や腹部不快感、ときには吐き気や嘔吐などがみられます。 診断は、多くの場合患者の症状に基づいて下されますが、観察用の柔軟な管状の機器(内視鏡)で胃を調べなければならないこともあります(上部消化管内視鏡検査)。 治療は胃酸を減らす薬により行います。 胃の粘膜には刺激に対する抵抗力があり、通常は非常に強い酸にも耐えられます。しかし、胃炎の場合、胃の粘膜は刺激を受けて炎症を起こします。 胃炎は重症度に基づいて以下の2つに分類されます。[msdmanuals.com]
  • 吐き気や嘔吐がひどい場合は、絶食して点滴による栄養補給を行い、胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬などで治療します。 胃粘膜に出血がある場合は止血剤を用いますが、適切な治療により比較的早く治ります。 胃酸の分泌を抑制する薬が中心となりますが、胃粘膜保護薬や胃の運動機能改善薬を併用することもあります。 過労やストレスを避けて安静にすることが大切です。[myclinic.ne.jp]
  • この場合には、嘔吐や腹痛が増加し、最悪の場合死に至ることもあります。 貧血が進行して、顔色不良、動悸、疲れやすさなどの症状につながることもあります。 検査・診断 診察の際に、病歴や服薬状況、経過などが確認されます。この際、服用している内服薬などについて医師に詳細に伝えることが重要です。 偽膜性腸炎が疑われる場合には、毒素を検出するために便検査が行われます。また、上部下部内視鏡検査(胃カメラと大腸カメラ)、カプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡などが行われることもあります。[medicalnote.jp]
  • 生活上の注意 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、便秘、吐き気・嘔吐、アルミニウム脳症(言語障害、意識障害、けいれんなど)、アルミニウム骨症(骨の痛みなど)、貧血などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 該当する記載事項はありません。[rad-ar.or.jp]
心窩部痛
  • [症状] 慢性胃炎の症状はさまざまで、くり返す、あるいは持続する上腹部不快感(コラム「 上腹部不定愁訴(NUD) 」)・重圧感、(しんかぶつう)(みぞおち付近の痛み)、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)、胃もたれ感、食欲不振、ときには吐血(とけつ)、下血(げけつ)が現われます。 なかでも多い症状は、上腹部不快感、、腹部膨満感で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[kotobank.jp]

治療

  • 慢性胃炎は、おもに以上の3つのタイプに分類され、これを参考にして治療が考慮されることもあります。 [治療] 慢性胃炎はもっとも多い胃の病気ですが、治療には一定の基準はなく、さまざまな対処がなされます。 症状のない慢性胃炎の治療 症状がないのに慢性胃炎と診断された場合は、治療することなく経過をみるだけでよいのですが、まれに症状がともなうようであれば、後述する食事療法が助けになるでしょう。[kotobank.jp]
  • 治療 薬剤性の消化管障害の場合、治療の基本は薬を中止することです。ただし、薬によっては、自己判断で使用を中止してはいけないものもありますので、気になる症状がある場合は、すぐにかかりつけの医師もしくは薬剤師に相談してください。消化管障害が軽快するよう、同じ効果の別の薬に替わったり、薬の量を減らしたりすることがあります。 薬物治療: 消化管(胃・小腸・大腸)のびらん・潰瘍 消化管の粘膜を保護するための薬や胃酸の出過ぎを抑えるための薬が処方されることがあります。[onaka-kenko.com]
  • 治療は支持療法により,同時に誘発原因を除去する。特定のICU患者(例,人工呼吸器装着,頭部外傷,熱傷,多発外傷)では,胃酸分泌抑制薬による予防が有益となる。 びらん性胃炎の 一般的な原因 には以下のものがある: 比較的頻度の低い原因 には以下のものがある: 放射線 ウイルス感染症(例,サイトメガロウイルス) 血管損傷 直接的外傷(例,経鼻胃管) 表在性びらんおよび点状粘膜病変が生じる。これらは最初の傷害から早くも12時間後には発生する可能性がある。[msdmanuals.com]
  • 急性胃炎の治療では、特に原因の除去が大切です。ストレスや薬物など原因がはっきりしている場合、原因を取り除くだけで治ってしまうこともあります。 吐き気や嘔吐がひどい場合は、絶食して点滴による栄養補給を行い、胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬などで治療します。 胃粘膜に出血がある場合は止血剤を用いますが、適切な治療により比較的早く治ります。 胃酸の分泌を抑制する薬が中心となりますが、胃粘膜保護薬や胃の運動機能改善薬を併用することもあります。 過労やストレスを避けて安静にすることが大切です。[myclinic.ne.jp]

疫学

  • 疫学 慢性胃炎の頻度はH. pylori感染率にほぼ一致し,加齢とともに増加し,10代で10%,50代で50%,70代で70%とほぼ年代と一致する.H. pylori感染は出生年代における生活環境が関与しており,若年者のH. pylori感染率は最近著しく低下しているため,将来的には慢性胃炎の頻度は低下する. 臨床症状 慢性胃炎特有の症状はない.胃痛,胃もたれ,胃部膨満感,げっぷなどの症状が出ることがある.特徴的な他覚症状はない.[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 特定のICU患者(例,人工呼吸器装着,頭部外傷,熱傷,多発外傷)では,胃酸分泌抑制薬による予防が有益となる。 びらん性胃炎の 一般的な原因 には以下のものがある: 比較的頻度の低い原因 には以下のものがある: 放射線 ウイルス感染症(例,サイトメガロウイルス) 血管損傷 直接的外傷(例,経鼻胃管) 表在性びらんおよび点状粘膜病変が生じる。これらは最初の傷害から早くも12時間後には発生する可能性がある。重症例または未治療例では,深いびらん,潰瘍,ときに穿孔が生じることがある。[msdmanuals.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!