Edit concept Question Editor Create issue ticket

薬物性胃炎


提示

腹痛
  • 好酸球性胃腸症 食物などのアレルギー反応により、胃や腸が炎症をおこし、腹痛、嘔吐、下痢などの症状がおきる病気です。原因となる食物を除いた食事をとるようにして症状がなくなることもありますが、長期間のステロイドや免疫調節薬による治療を必要となる場合もあります。診断にはCT検査や、内視鏡での組織検査が必要です。 胃潰瘍 胃が荒れ、粘膜の一部が欠損した状態のことです。腹痛や吐血、下血などの症状がおこることがあります。深い潰瘍の場合、穴があいて緊急手術が必要になることもあります。[hosp.hyo-med.ac.jp]
  • 下痢型過敏性腸症候群 男性に多く通学や通勤中、試験や会議中に必ずおなかが痛くなり下痢をしてしまう 便秘型過敏性腸症候群 女性に多く便は硬く、コロコロ便で腹痛や腹部違和感を繰り返します 食中毒 食中毒の原因で夏に多いのが生肉摂取、とくに鶏肉によるカンピロバクター腸炎、鶏肉、鶏卵に伴うサルモネラ腸炎、魚介類であればビブリオ腸炎などが多くみられます。数日から10日の潜伏期間がある場合があります。 症状は発熱、腹痛、下痢、嘔吐、時に血便を認めることもあります。[yano-iin.jp]
  • 症状 消化管の粘膜障害により、下痢や腹痛などの消化器症状が出現します。 下痢の回数や性状(水様便、血便など)などは、原因となっている薬剤によって異なります。消化器症状以外に、発熱や食欲不振、倦怠感などを伴うこともあります。 腸の運動が著しく障害され、麻痺性イレウスや中毒性巨大結腸症などを合併することもあります。この場合には、嘔吐や腹痛が増加し、最悪の場合死に至ることもあります。 貧血が進行して、顔色不良、動悸、疲れやすさなどの症状につながることもあります。[medicalnote.jp]
  • 薬剤性出血性大腸炎: 抗生物質を飲み始めて比較的早期に腹痛、水のような下痢、血の混じった下痢などの症状が出ることがあります。 偽膜性(ぎまくせい)大腸炎: 主な症状は下痢です。抗生物質を飲み始めてから1 2週間でいつもより回数の多い柔らかい便、水のような下痢、どろっとした便が出ることがあります。 また、腹痛やおなかが張る感じがする、吐き気がする、熱が出るといった症状が出ることもあります。[onaka-kenko.com]
嘔吐
  • また、吐き気や嘔吐の症状は胃液が溜まることによってムカムカ感が生じる。げっぷが出ると楽になる。 間欠的嘔吐 一定量や時間で、胃液が溜まると嘔吐を繰り返しおこすことを間欠的嘔吐という。 また、嘔吐に伴う吐血や下血は急性胃粘膜病変という急性の胃炎によっておこる。 粘膜から出血し、吐血や下血が見られる。 胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があり、症状の現れかたが異なる。 急性胃炎 みぞおち付近の痛み、胃が膨らむような不快感、むかつき、嘔吐、吐血、下血などが急激に起こる。[fdoc.jp]
  • 嘔気・嘔吐 腸炎、食道炎、胃腸炎、胃十二指腸潰瘍、胆嚢炎、大腸癌など閉塞(イレウス)、咽頭炎、扁桃炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、メニエール氏病、低血糖、頭痛、便秘症、周期性嘔吐症、めまい症、薬物性、二日酔、乗物酔い、高血圧症、脳出血、脳髄膜炎、つわりなど原因は多岐にわたります。 下痢 下痢の原因ではウイルス性腸炎が多く、次に食品アレルギー(乳糖不耐症など)や機能性下痢症(食べ過ぎ、のみすぎ、ストレス、過敏性腸症候群)が多いと思われます。[yano-iin.jp]
  • 急性に発症する上腹部痛および悪心・嘔吐を伴う病態で、急性胃炎の頻度は実際には多くない。胆石疾患、急性膵炎、虫垂炎、心筋梗塞などの鑑別が重要である。 〇 上腹部症状の性質と重篤度に応じて下記の検査を施行する。 薬剤監修について: オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。[clinicalsup.jp]
吐き気
  • 人によっては痛みをあまり感じず、急に出血や穿孔を起こすこともあるので、吐き気や胸焼けをくり返す場合にも注意が必要です。 胃・十二指腸潰瘍の原因といえば、ほとんどの方がまず「ストレス」を連想するでしょう。ところが最近の知見から、 直接の原因は「ピロリ菌と薬(抗炎症薬や鎮痛薬など)」である ことがわかっています。ストレスは、症状を促進する要因の一つとされています。 胃・十二指腸潰瘍は、早めに対処をすれば治しやすい病気です。[healthcare.omron.co.jp]
  • 吐き気や嘔吐がひどい場合は、絶食して点滴による栄養補給を行い、胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬などで治療する。 胃粘膜に出血がある場合は止血剤を用いるが、適切な治療により比較的早く治る。 慢性胃炎 胃酸の分泌を抑制する薬が中心となるが、胃粘膜保護薬や胃の運動機能改善薬を併用することもある。 生活習慣の改善 過労やストレスを避けて安静にすることが重要。[fdoc.jp]
胸焼け
  • 胃食道逆流症 胃酸が逆流して、胸焼け、咳、のどが詰まる感じなどの症状をおこす病気です。このなかに、逆流性食道炎も含まれますが、内視鏡検査で食道炎がなくも症状がおこる(NERD)ことがあります。いずれも、まずは胃酸分泌を抑える薬で治療します。 好酸球性食道炎 食物などのアレルギー反応により、食道が炎症を起こし、飲み込みにくさなどの症状を起こす病気です。原因となる食物を除いたり、胃酸分泌抑制剤の内服や、吸入ステロイドを内服して治療を行うことがあります。[hosp.hyo-med.ac.jp]
  • 症状としては、上腹部痛や背中の痛み、腹部の不快感、胸焼け、吐き気などがあげられます。空腹時に症状が悪化し、軽い食事のあとは痛みが改善する傾向にあります。多くの場合は薬による治療で痛みなどは治まりますが、傷口が大きく出血が多い場合は、胃カメラによる治療が必要になることもあります。また、主な原因として ピロリ菌の感染 が考えられており、検査で「ピロリ菌陽性」であれば、 除菌(菌を消すこと) を行います。 胃がん 胃がんは日本人のがんによる死亡数の第2位(女性は第3位)となっています。[fujiwara-ichi.jp]
心窩部痛
  • [症状] 慢性胃炎の症状はさまざまで、くり返す、あるいは持続する上腹部不快感(コラム「 上腹部不定愁訴(NUD) 」)・重圧感、(しんかぶつう)(みぞおち付近の痛み)、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)、胃もたれ感、食欲不振、ときには吐血(とけつ)、下血(げけつ)が現われます。 なかでも多い症状は、上腹部不快感、、腹部膨満感で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[kotobank.jp]
  • 症状 (しんかぶつう) はみぞおち付近の痛みを指す。 一般的に食後にキリキリとした痛みがあるが、食事の摂取とは関係なくおこることもある。 腹部膨満感や不快感 この症状は胃腸の動きが弱まり、胃内にガスがたまることにより不快感が出てくる。また、吐き気や嘔吐の症状は胃液が溜まることによってムカムカ感が生じる。げっぷが出ると楽になる。 間欠的嘔吐 一定量や時間で、胃液が溜まると嘔吐を繰り返しおこすことを間欠的嘔吐という。[fdoc.jp]
  • 胃炎の症状 急性胃炎の症状 ・心窩部不快感 腹部膨満感 吐き気 嘔吐 吐血 便通異常・下血 急激な炎症による胃粘膜の腫脹・びらん・ただれ・出血などが原因となっています。 慢性胃炎 ・心窩部不快感 腹部膨満感 食欲不振 胸やけ げっぷ 慢性胃炎の症状は、急性胃炎に比べ持続的です。[tajimaclinic.yokohama]
肺疾患
  • 当科の代表的な疾患 急性脳梗塞(ラクナ梗塞、小脳梗塞、脳幹梗塞)、良性頭位変換性めまい症、脳炎、髄膜炎、薬剤性小脳失調、もやもや病、正常圧水頭症、けいれん発作、失神、パーキンソン病、レビー小体型認知症、頚椎症 心不全、成人の心房中隔欠損症、タコツボ型心筋症、感染性心内膜炎、肺性心、深部静脈血栓症、高血圧性脳症、起立性低血圧 肺炎(市中肺炎、医療ケア関連肺炎、間質性肺炎、肺塞栓症)、慢性閉塞性疾患、肺癌 出血性胃炎、胃癌、慢性胆嚢炎、虚血性腸炎、激症肝炎、腎不全(急性、慢性)、ネフローゼ症候群 糖尿病[hokusetsu-hp.jp]
  • また、高齢、既存の疾患、糖尿病、リンパ球減少などを複数有する患者さんには、ニューモシスチス肺炎予防として抗菌薬少量予防内服(ST合剤;バクタまたはバクトラミン1/2T 1T/日)を行う場合がしばしばあります。また、感染対策として、肺炎球菌ワクチン接種(特に高齢者)、毎年のインフルエンザワクチン接種も推奨しています。 2.ブシラミン(リマチル) (1)効果発現までの期間:1-4カ月 (2)使用量:50mg-300mg/日 (3)特徴:効果はかなり強く、有効性は比較的高い。[doh-racenter.jp]
  • 疼痛管理に使用する薬剤の注意点 8.抗けいれん薬の副作用 9.抗精神薬などの注意すべき副作用 10.抗うつ薬の注意すべき副作用 11.コリン作動性薬剤(副交感神経興奮薬)の副作用 12.点眼剤の副作用 13.消化器系薬剤の様々な副作用 【薬の副作用から見える医療課題】 続報〔予告〕 14.ジゴキシン(強心剤)の注意すべき副作用 15.抗不整脈薬の副作用 16.降圧剤の副作用の注意点 17.トリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の副作用について 18.脂質異常症治療薬の副作用について 19.喘息及び慢性閉塞性疾患治療薬[min-iren.gr.jp]

精密検査

  • 1回でも潜血反応陽性となった場合は大腸内視鏡(CF)による精密検査が必要となります。 検診の便潜血反応陽性率(要精検率)はおよそ5 10%です。そして便潜血反応陽性者の20%に大腸ポリープが、3%に大腸癌が発見されます。したがって大腸がん検診を1万人の人が受けたときに、500 1000人の人が便潜血陽性と診断され、そのうち100 200人が大腸ポリープと、また15 30人の人が大腸癌と診断されるくらいの割合です。 このように便潜血反応陽性の二次検診では大腸ポリープの方が発見される確率が高いです。[fuku-cl.com]

治療

  • 進行すると、嚥下困難などの症状がでますが、内視鏡治療で完治が望めるような、早期のがんでは症状はありません。内視鏡検査での検診が重要です。 当科では内視鏡治療や抗がん剤による治療、放射線による治療を行っております。また、上部消化管外科とも定期的なカンファレンスを行い、連携をとりあって治療にあたっています。 他施設との臨床研究に参加し、新しい治療法にも取り組んでいます。 食道アカラシア 下部食道の筋肉の動きの異常のため、食べ物が胃にうまく運ばれず、詰まってしまう病気です。[hosp.hyo-med.ac.jp]
  • 特に消化器癌、がん薬物療法 日本臨床腫瘍学会薬物治療専門医 がん治療認定医 日本消化器病学会専門医 日本肝臓学会専門医 日本消化器内視鏡学会専門医 医学博士 東京医科歯科大学臨床教授 近藤 真由美 (こんどう まゆみ) 医長 消化器疾患の診断と治療 特に慢性肝炎、肝硬変、 肝細胞癌の診断と治療 医学博士 日本内科学会認定内科医 日本消化器病学会専門医 日本消化器内視鏡学会専門医 日本肝臓学会専門医 がん治療認定医 山地 統 (やまぢ おさむ) 医長 消化器疾患の診断と治療 特に消化管 日本内科学会認定内科医[toshima-hp.jp]
  • 上部消化管疾患 薬物療法 胃酸分泌抑制薬 (古田隆久) 消化管運動機能改善薬 (久保田英嗣,城 卓志) 胃・食道癌治療薬 (成毛大輔,古瀬純司) 内視鏡治療 内視鏡的止血術 (今枝博之) 内視鏡的切除術 (西山 竜,後藤田卓志) 食道・胃静脈瘤治療 (日高 央,國分茂博) 胃瘻造設術 (川島耕作) 外科治療 開腹手術,腹腔鏡下手術 (齊藤博昭) 下部消化管疾患 薬物療法 炎症性腸疾患治療薬 (日比紀文) 機能性消化管疾患治療薬 (石原俊治) 大腸癌治療薬 (松岡 宏) 内視鏡治療 内視鏡的切除術[rr2.nakayamashoten.co.jp]

予知

  • その他の急性ストレス胃炎予知因子としては,ICU(集中治療部)の滞在日数,患者が経腸的な食事摂取をしていない期間がある。一般的に,患者が臨床的に重症であればあるほど,臨床的に重要な出血の危険性は大きい。 急性ストレス胃炎の病因には,重症患者では粘膜の防御力の減少が関連することが多い。おそらく酸分泌の増加に伴う消化管粘膜の低灌流(例,熱傷,中枢神経の外傷,敗血症)が,粘膜の炎症や潰瘍をもたらす。 症状,徴候,診断 一般的に,患者は状態が悪すぎて目立った胃症状を訴えることができない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

疫学

  • I章 症候から診断へ 食欲不振・体重減少 (近藤 隆,三輪洋人) 嚥下障害 (八木健二,河合 隆) 胸やけ・胸背部痛 (石村典久) 吐血 (佐藤丈征,八木健二,河合 隆) 腹部膨満・悪心・嘔吐 (瀬川 誠,坂井田 功) 上腹部痛 (桑田直子,河合 隆) 下腹部痛 (市川仁志,金井隆典) 黄疸 (廣田衛久,下瀬川 徹) 便通異常 (正岡建洋,金井隆典) 下血 (水野慎大,金井隆典) II章 疾患概念と疫学 上部消化管疾患 (木下芳一) 下部消化管疾患 (長堀正和,渡辺 守) 肝疾患 (佐々木 裕)[rr2.nakayamashoten.co.jp]
  • 疫学 慢性胃炎の頻度はH. pylori感染率にほぼ一致し,加齢とともに増加し,10代で10%,50代で50%,70代で70%とほぼ年代と一致する.H. pylori感染は出生年代における生活環境が関与しており,若年者のH. pylori感染率は最近著しく低下しているため,将来的には慢性胃炎の頻度は低下する. 臨床症状 慢性胃炎特有の症状はない.胃痛,胃もたれ,胃部膨満感,げっぷなどの症状が出ることがある.特徴的な他覚症状はない.[kotobank.jp]
  • 疫学 H. ピロリは,世界で非常に一般的な慢性の感染症のようである。発展途上国では,感染は小児に最も頻繁に起こる;最適以下の衛生状態,悪い衛生状態,社会経済学的に遅れている状態,過密な生活状態は,高い発症率と早期の感染に関連している。米国では,小児の感染事例はまれで,年齢とともに増加する。感染は白人よりも黒人やヒスパニック系により多い。 正確な感染経路は不明だが,便,唾液や歯石で菌は繁殖しており,このことは,口から口へ,または便から口への感染を示唆している。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • (近藤 隆,三輪洋人) 嚥下障害 (八木健二,河合 隆) 胸やけ・胸背部痛 (石村典久) 吐血 (佐藤丈征,八木健二,河合 隆) 腹部膨満・悪心・嘔吐 (瀬川 誠,坂井田 功) 上腹部痛 (桑田直子,河合 隆) 下腹部痛 (市川仁志,金井隆典) 黄疸 (廣田衛久,下瀬川 徹) 便通異常 (正岡建洋,金井隆典) 下血 (水野慎大,金井隆典) II章 疾患概念と疫学 上部消化管疾患 (木下芳一) 下部消化管疾患 (長堀正和,渡辺 守) 肝疾患 (佐々木 裕) 膵・胆道疾患 (下瀬川 徹) III章 病態生理[rr2.nakayamashoten.co.jp]

予防

  • 予防法としては、飼育舎を清潔にし、糞便を適切に処理してください。また、猫を野外では飼わないことも重要です。 ・免疫が弱っている人及び妊娠前あるいは妊娠中の人は予防や抗体検査を受けるようにしてください。  回虫症などの内部寄生虫 ・犬やねこの糞便中に排出された虫卵が人の口から体内に入った場合、体内のどこかで留まり、肝臓や肺あるいは脳などの止まってしまった場所に応じて、いろいろな障害を起こすことがあります。 ・動物病院でペットの健康診断を定期的に受けるようにしましょう。[pref.saga.lg.jp]
  • 薬剤性の胃・十二指腸潰瘍は自分では気づきにくいので、 もともと胃炎などを起こしやすい方は、医師と相談して胃腸薬を併用するなどの予防策をとる ことも大切です。 また、 抗炎症薬や鎮痛薬などを長期間使用している場合は、定期的に胃・十二指腸の検査を して潰瘍ができていないか確認したほうがいいでしょう。 (※4)厚生労働省『EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン(平成19年)』では、非ステロイド系抗炎症薬などによる胃潰瘍を予防する指針が示されています。[healthcare.omron.co.jp]
  • これまでに本傷害の予防や治療に対する薬剤の効果を検討した報告は極めて少なく、発症予防に関しては少数の報告はありますが、すべて健常ボランティアを対象とした試験であり、また傷害の治癒促進効果を検討したものでは、潰瘍やビランがなく粘膜の発赤のみしか認めなかった症例などの軽症例が試験対象者に多く含まれていました。すなわち、 臨床的意義のある中等症から重症患者を対象とした試験はこれまで皆無 でした。 粘膜防御因子増強剤のレバミピドは本邦で広く使用されている胃炎、胃潰瘍の治療薬です。[osaka-cu.ac.jp]
  • 予防策 1:一次予防 日常生活や食生活に注意して、発癌の危険性を少しでも減らす予防策です。具体的には 禁煙 、肥満予防策としての 適度な運動 (ウォーキング、等)、食生活の改善 (動物性脂肪制限、過度の飲酒を控える) が挙げられます。逆に食物繊維の多い野菜、ヨーグルトや乳酸菌飲料には大腸がんの予防効果が期待できますので、適度に摂取することが重要です。 2:二次予防 定期的に検診を受け、早期発見・早期治療して完治させることをいいます。[fuku-cl.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!