Edit concept Question Editor Create issue ticket

腸音減少


提示

  • 河田君は,台風の日に来る患者は本物と言った栗井先生の顔を思い浮かべながら,犬走りにいる栗井先生に症例を提示しに行った。 Guidance 河田 腹痛,下痢の患者さんです。水様ですが血便なし,腹痛は疝痛ですが,どちらかというとテネスムス(しぶり)に近いものかもしれません。特別な薬の内服もなく,既往歴や最近の外傷歴も特にありません。昼食に前日から冷蔵庫に入れてあった焼きそばを職場で食べたと話しています。 栗井 5月は麻疹騒動だったし,梅雨に入ってからはけっこう,ビブリオが来たよね。[igaku-shoin.co.jp]
  • また、 曝露療法 (不安を抱きつつも行動していくことで、「時間経過とともに不安が徐々に減少していく・不安に思っていたことが現実にならない」ということを実感し不安を軽減することができる、という原理を活用した治療方法)の一種である内部感覚エクスポージャー・現実場面へのエクスポージャーや、認知再構成法(機能的な考え方を治療者が提示したり患者と一緒に模索したりすることを通じて、新たな考え方を習得できるよう支援する技法)を用いて、腸症状への不安に対処できるようサポートすることも有効である [17] 。[ja.wikipedia.org]
  • まず、2016年に国立がんセンターの予防研究グループから、疫学研究によるがん全般に対する日本人のためのがん予防法が提示されています。そこでは、 喫煙 タバコは吸わない、他人のタバコを避ける 飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする 食事 偏らずバランスよくとる (塩蔵食品・食塩の摂取は最小限にする、野菜や果物不足にならない、飲食物を熱い状態でとらない) 身体活動 日常生活を活動的に 体型 適正な範囲に 感染 肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を、機会があればピロリ菌検査を が挙げられています。[tokushukai.or.jp]
敗血症
  • 虚血によって粘膜バリアが障害されることで細菌,毒素,血管作動性メディエータが放出され,その結果,心筋抑制,全身性炎症反応症候群( 敗血症および敗血症性ショック ),多臓器不全,死亡がもたらされる。メディエータの放出は完全梗塞に至る前でも起こりうる。壊死は症状出現から早くも10 12時間後に発生する可能性がある。[msdmanuals.com]
  • 絞扼性イレウスの場合は、腸管の血流が障害されており、放置すれば腸管が壊死 穿孔 腹膜炎 敗血症性ショックとなり死に至ることから、速やかな手術が必要です。 いずれの腸閉塞であっても、適切な対応がなされれば予後は良好です。しかしながら、特に癒着性イレウスの場合、保存的治療、手術療法のいずれにおいても、高率に再発することが知られています。[nishimuranaika-cl.com]
  • 腸内容の停滞から細菌が増殖し、bacterial translocation を来たして敗血症を来たす可能性もあります。頻回の嘔吐による誤嚥性肺炎の合併にも留意が必要です。複数の抗精神病薬を長期大量服用していた統合失調症患者で、大腸の著しい拡張(中毒性巨大結腸症といいます)を来たし、ショック状態になり死亡した症例も報告されています。また麻痺性イレウスが改善しても、基礎疾患によっては不幸な転帰を辿る場合があります。 次に麻痺性イレウスの治療方法について解説します。[medical.radionikkei.jp]
  • 表1.生直後に腸閉塞を来す疾患 機械的閉塞 先天性腸閉鎖・狭窄 先天性食道閉鎖 先天性十二指腸閉鎖・狭窄 先天性小腸閉鎖・狭窄 直腸・肛門形成異常 直腸肛門奇形 機能的閉塞 大腸運動機能異常 ヒルシュスプルング病 ヒルシュスプルング病類縁疾患 (腸管の神経節細胞は存在するが,腸管の動きがヒルシュスプルング病のように悪い疾患群) その他 全身性疾患 周産期胎児循環異常 低出生体重児 敗血症 甲状腺機能低下症 表2.生直後以降に発生する腸閉塞 消化器疾患 壊死性腸炎 肥厚性幽門狭窄症 腸重積 腸回転異常[jsps.gr.jp]
便秘
  • 便秘とは何らかの原因で排便が障害され、腸管内に異常に糞便が貯留した状態をさす。通常、排便回数の減少、便量の減少、硬い便、残便感、直腸からの便排泄困難あるいはこれらの状態の組み合わせを便秘と呼んでいる。便秘は、その発生機序から機能性便秘と器質性便秘に大別される。前者はさらに弛緩性便秘、痙攣性便秘、排便困難 ( 直腸性便秘 ) の三つに分けられるが、弛緩性便秘と排便困難は合併することが多いのでこの両者をあわせて単純性便秘と呼ぶ。[kanazawa-med.ac.jp]
  • 糖尿病、脳血管障害、甲状腺機能低下症といった全身疾患の部分症として「便秘」が出現することもあります。 また高齢者では合併する心血管系疾患や消化器疾患、神経疾患などに対して治療薬が複数投与されていることが多く、薬剤が便秘の誘因となることもあります(薬剤性便秘)。 便秘の診断 以下のうち2つ以上の症状があれば「便秘」と診断します。[tyojyu.or.jp]
吐き気
  • .産婦人科疾患と腹痛 III.その他の疾患と腹痛 あとがき 症状からわかる疾患/腹痛(参考資料) 症状からわかる疾患/腹痛(参考資料) チェックポイント 主な症状・原因 緊急性 疑わしい病気 上腹部中央 (みぞおち)の痛み 食事と関係 胸やけ、つかえる感じ (A) 食道炎 (A) 食道潰瘍 鈍痛、不快感 (A) 胃炎 食後2 3時間ごろにちくちく痛む、不眠 (A) 胃潰瘍 * 空腹時の痛み、食事で軽快、不眠 (A) 十二指腸潰瘍 * さしみなどを食べたのち激烈な痛み (B) アニサキス症 激痛 吐き気[hiroshima.med.or.jp]
  • 腹痛が2 3時間続く 吐き気と嘔吐が続く 排泄が4 6時間なく、腹痛と吐き気を伴う 激しい水様性排泄が5 6時間続く 臭いが強い排泄(感染) ストーマの深い傷 ストーマ周囲皮膚の重篤なただれや深い潰瘍 ストーマからの出血の増強(またはパウチ内に貯留し数回開けた) ストーマと皮膚の境目からの持続する出血 ストーマサイズ(脱出、狭窄)や色の異常な変化 入院時のヒント 入院するときは、装具を多めに持っていきましょう。入院する病院にストーマ装具がないかもしれないからです。[joa-net.org]
  • 便秘の症状 自覚症状としては、下腹部の不快感、膨満感(ぼうまんかん;膨れた感じ)、腹痛、吐き気、嘔吐(おうと)などの訴えが多いです。 「便秘」をそのまま放置しておくと、糞塊(ふんかい;便が腸の中で固まってしまったもの)による腸閉塞や直腸潰瘍、そして虚血性腸炎などの合併症を引き起こすことがあります。 便秘の原因 高齢者に起こる「便秘」は、加齢に伴う食事量やADL(日常生活動作)の低下、生理的機能の低下などの原因でおこります。 便秘の原因となる加齢による生理的機能の低下は次の通りです。[tyojyu.or.jp]
  • 吐き気はあるが嘔吐なし。下痢は水様,少量で血便なし。食欲はあり発熱もない。 意識清明。バイタルサインは血圧126/76mmHg,脈拍89回,体温36.7 ,SpO2 98%。167cm,58kgとやせ型だが,最近の体重減少はない。身体所見では眼瞼結膜貧血なし,眼球結膜黄疸なし。呼吸音:清,心音:不整あり,心雑音なし。腹部は平坦・軟だが腸雑音はやや亢進している。直腸診でも圧痛はなく腫瘤もふれない。潜血反応陰性。下肢に浮腫なし。[igaku-shoin.co.jp]
激しい腹痛
  • 過敏性腸症候群の症状は、硬い便またはウサギの糞のようなコロコロした便が主で、排便の量が少なく排便後も残便感がある 「便秘型」 、激しい腹痛を伴い軟便または水様便や粘液便が主の 「下痢型」 、便秘型と下痢型を交互に繰り返す 「混合(交替)型」 などのタイプに分類されます。激しい腹痛を伴った下痢の症状は、ほとんど目覚めているときに起こり、夜間寝ているときに起こることはまれです。また、下痢型は男性に、便秘型は女性に多くみられます。[t-pec.co.jp]
  • 壊死型は、激しい腹痛があり、腹膜炎症状を示し、腸穿孔(ちょうせんこう)やショックなど、急激な経過を示します。そのほか、吐(は)き気(け)、嘔吐(おうと)、発熱などもみられます。 急性腸間膜動脈閉塞症の症状は激しい腹痛、嘔吐、下血で、腹膜刺激症状を示し、ショック状態になります。 [検査と診断] 高齢者に突然の腹痛と下血があり、薬剤性腸炎や感染性腸炎(大腸菌O‐157による出血性腸炎など)でないことが明らかな場合は虚血性大腸炎が疑われます。[kotobank.jp]
  • 症状(初期症状含む) 激しい腹痛 腸閉塞の種類によっては、強い痛みと弱い痛みを繰り返す場合や、激しい痛みが休まることなく続く場合があります。 嘔気(吐き気)・嘔吐 嘔吐物は、最初は白色や透明、黄色の胃液等ですが、進行すると、便臭を伴う腸からの逆流物となります。[ai-hosp.or.jp]
  • 激しい腹痛が2 3時間以上続く いつもと違う便臭が1週間以上続く いつもと違うストーマサイズや、形状が続く ストーマの脱出を伴う/伴わない閉塞 ストーマからの大量出血、また中等量のパウチ内への貯留が数回続く ストーマの損傷、カット ストーマと皮膚の境目からの持続する出血 水様便が5 6時間以上続く 慢性的な皮膚障害 ストーマの狭窄(狭くなること) 漏れがないのに、装具が2 3日持たない 入院時のヒント 入院するときは、装具を多めに持っていきましょう。[joa-net.org]
下腹部痛
  • *分泌型 排便時に下腹が起こり大量の粘液が出る。出血して痔にもなりやすい。 *ガス型 過剰なストレスによりおなかにガスがたまる症状。下痢や軟便が1日に2 3回以上も起こり1回の排便量は少ない。便意が強いのに残便感が残る。 休日やリラックスしたときには症状はでにくい。 腸の他の病気ではないことを確認する必要があります。 まれですが若年者に多い炎症性の腸疾患や甲状腺機能の異常などもあります。これらの検査で異常を認めなず、症状が特徴的であれば、通常は「過敏性腸症候群」と診断します。 対処法は?[nakamura-u.ac.jp]
腹部腫瘤
  • アルゴリズム診断 [7] 警告症状・徴候の有無 発熱、関節痛、血便、6か月以内の予期せぬ3kg以上の体重減少、異常な身体所見(腹部の触知、腹部の波動、直腸指診による腫瘤の触知、血液の付着など)を代表とする、器質的疾患を示唆する症状と徴候。 危険因子の有無 50歳以上での発症または患者、大腸器質的疾患の既往歴または家族歴、また、患者が消化管精密検査を希望する場合にも精査を行う。[ja.wikipedia.org]

精密検査

  • 危険因子の有無 50歳以上での発症または患者、大腸器質的疾患の既往歴または家族歴、また、患者が消化管精密検査を希望する場合にも精査を行う。 通常臨床検査での異常の有無 血液生化学検査(血糖を含む)、末梢血球数、炎症反応(CRP)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、尿一般検査、便潜血検査、貧血、低蛋白血症、腹部単純X線写真、婦人科疾患。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 治療と予防 治療 大きく分類すると保存的治療(手術をしない治療)と手術治療(手術をする治療)に分かれます。絞扼性の腸閉塞では手術治療が第一選択となります。保存治療で改善しない場合や、改善しても症状を繰り返す場合も手術が必要となります。 保存的治療 絶飲食 点滴加療 症状が軽度の場合は、飲食を止め胃腸を休めるとともに、水分管理を厳重に行なうことにより改善します。[ai-hosp.or.jp]
  • ステージⅣで手術適応の場合もある がんの標準治療は世界共通で、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線療法ですが、大腸がんもこれにあてはまります。 日本国内では大腸がんの場合は、大腸病研究会という団体が作成する、『大腸癌治療ガイドライン』が示す治療方針に沿って診療、治療が行われるのが一般的です。大腸がんの根治治療は手術が大前提であり、それ以外の方法だけで完治することはありませんので、まず手術が可能であれば手術をします。 手術はがんの進行度によって異なり、内視鏡治療と外科的切除に分けられます。[tokushukai.or.jp]
  • 他のがんの治療後の方は、転移性肺がんと原発性肺がんの双方の可能性があります。この区別を行うのはしばしば難しく、胸腔鏡や開胸手術を行った結果、判定することもしばしばあります。 13.転移性肺がんの治療方針 転移性肺がんと診断したら、元のがん(原発巣)の種類により治療方針が重要です。原発巣(元のがん)の種類が抗がん剤で治療できるがんなら、抗がん剤治療が選択されます。 抗がん剤が効かない種類のがんなら手術や放射線治療を考えます。 転移性肺がんの治療方針を決めるときには、さらに検査を行う必要があります。[jikei.ac.jp]
  • クローン病における血液検査はなぜ必要なのですか 診断確定前では炎症性腸疾患を疑う端緒として炎症の存在や出血による貧血、低栄養状態、合併症の存在を把握し、診断確定後は病気の活動性の評価、治療法の選択や治療効果の判定に用いられます。 症状がなくても内視鏡検査は必要なのでしょうか 病状に変化がなくてもある程度定期的な内視鏡検査は必要です。症状や血液検査で経過を追うのが重要なのと同じく、内視鏡検査では病変の状態を的確に把握し、適切な治療内容を決定するためにも重要です。[nanbyou.or.jp]

疫学

  • 今回行われた疫学的調査は、実際にヒトを対象としたものでは「過去最大規模」のものだ。 「わたしたちの研究によると、完全迷走神経切断手術を受けた患者は、20年後のパーキンソン病リスクが半分になります。しかし、迷走神経の一部のみの切断をした患者ではこの予防傾向は見られませんでした」と、スヴェンソン博士は リリース で述べている。[wired.jp]
  • まず、2016年に国立がんセンターの予防研究グループから、疫学研究によるがん全般に対する日本人のためのがん予防法が提示されています。そこでは、 喫煙 タバコは吸わない、他人のタバコを避ける 飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする 食事 偏らずバランスよくとる (塩蔵食品・食塩の摂取は最小限にする、野菜や果物不足にならない、飲食物を熱い状態でとらない) 身体活動 日常生活を活動的に 体型 適正な範囲に 感染 肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を、機会があればピロリ菌検査を が挙げられています。[tokushukai.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 腸管粘膜は代謝率が高く,そのため多くの血流を必要とすることから(正常では,心拍出量の20 25%の供給を受ける),血流低下の影響に非常に敏感である。虚血によって粘膜バリアが障害されることで細菌,毒素,血管作動性メディエータが放出され,その結果,心筋抑制,全身性炎症反応症候群( 敗血症および敗血症性ショック ),多臓器不全,死亡がもたらされる。メディエータの放出は完全梗塞に至る前でも起こりうる。壊死は症状出現から早くも10 12時間後に発生する可能性がある。[msdmanuals.com]

予防

  • 反対の鼻孔から挿入する 柔らかく、可能な限り細いチューブに交換する チューブの閉塞予防 閉塞予防のために以下のような管理を行います。 フラッシュの実施 栄養剤の投与前後及び薬剤の投与前後に、30mL以上の注入器(カテーテルチップシリンジ)を使用し20 30mLの白湯や水でフラッシュします。持続投与を行っている場合も、4時間毎のフラッシュが推奨されます。(自動でフラッシュの設定ができる経腸栄養ポンプもあります) ※小さい注入器(カテーテルチップシリンジ)は、物理的に圧が強くなるため不向きです。[kangoyouhin.org]
  • スヴェンソン博士はこの結果をふまえ、何がパーキンソン病のリスクファクターとなって発症の引き金をひくのかを突き止め、ゆくゆくはパーキンソン病の予防ができるよう、研究に力を入れていきたいと話している。 TAGS #Gut Microbiota #Neuroscience[wired.jp]
  • 治療日程の概要をみる 予防 残念ながら、腸閉塞に対する確立された予防法はありません。ここでは、日常生活において最低限、予防のために出来ることをご紹介します。 暴飲暴食を避ける 消化の悪い物(山菜・海草・こんにゃく等)を大量に摂取しない(特に開腹手術後) 体調の優れない時は消化の良い物を摂取する 規則正しい生活、食生活を心がける 十分な休息を取る(疲労を溜めない) 標準的な入院スケジュール 当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表をあらかじめ作成しています。[ai-hosp.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!