Edit concept Question Editor Create issue ticket

腸ポリープ症候群


提示

  • PDGを提示している研究室を参照のこと。 原文 Peutz-Jeghers Syndrome 印刷用[grj.umin.jp]

精密検査

  • また、腹痛や 下痢 (げり)、便秘に対する精密検査として行なわれる大腸検査で偶然見つかることもありますが、ポリープがこうした症状の原因となっていることはまれです。 一方、まるで痔(じ)からの出血のように、鮮血が便に付着したり、下血(げけつ)がみられることがあります。その際注意しなければならないのは、以前から痔があってよく下血を経験する人の場合、いつもの痔からの出血と思い、ポリープや大腸がんからの出血を放置してしまうことです。痔と思っても、一度は精密検査を受けるようにしましょう。[kotobank.jp]
  • 硬膜下血腫 など アレルギー 鼻水が出る 皮膚がかゆい 花粉症 アレルギー性鼻炎 など 食道・胃・十二指腸 吐き気 嘔吐 胸やけ 吐血 のどの違和感 逆流性食道炎 ポリープ 胃炎 胃潰瘍 十二指腸胃潰瘍 胃癌 など 泌尿器(腎・膀胱) 尿が出にくい 夜間に尿が多い 血尿 排尿時の痛みや違和感 膀胱炎 膀胱癌 腎炎 腎癌 尿路結石 など 小腸・大腸 下痢 便秘 便に血が混じる (下血) 黒い便が出る (下血の可能性) 腹痛 お腹が張る 腸炎 過敏性腸症候群 大腸ポリープ 大腸癌 など 各種検診異常の精密検査[teineyama-clinic.com]
  • 胃のもたれ、胃痛がある、お腹が張る、吐き気、下痢、腹痛、血便 健康診断のバリウム検査、便潜血検査で要精密検査となった方 消化器内視鏡検査・処置・治療 胃がん、大腸がん、抗がん剤治療(がん化学療法) 食道ポリープ、胃ポリープ、大腸ポリープ ピロリ菌の検査・除菌治療 炎症性腸疾患(IBD:潰瘍性大腸炎、クローン病等)に対する薬物療法、血球除去療法 過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、慢性胃炎 肝胆膵疾患 診療の特徴 日本消化器内視鏡学会 指導施設 日本消化器病学会[tsujinaka.or.jp]

治療

  • ポリープが見つかったという方は、ぜひお早目に治療をお受けください。 大腸ポリープの内視鏡的治療 内視鏡的治療ができるのはどんなポリープか、また内視鏡的治療の具体的な方法について、くわしくご紹介いたします。 内視鏡的治療ができるポリープの種類と大きさ 内視鏡的治療の適応となるのは、一般的には「径6 以上の良性のポリープ」と「リンパ節への転移の可能性がほとんどなく内視鏡を使って一括で切除できるがん」です。[tsurumachi-clinic.com]
  • 入院診療は、原則として主治医制ですが、定期的にカンファランスを開き、診断や治療方針について常に相談しながらグループ診療を行っています。 消化管の診療 胃・大腸内視鏡検査時に、必要に応じてポリープの切除も同時に実施しています。また、吐血、下血時には、緊急内視鏡検査を実施し、各種止血治療を行います。がんによる狭窄に対しては、ステント挿入による緩和治療も可能です。胃・大腸の早期がんに対しては、ESD、EMRといった内視鏡によるがん治療も行っています(詳細は 早期がんの内視鏡治療 をご覧ください)。[tsujinaka.or.jp]
  • 花粉症の治療 内服加療を基本とし、症状に合わせて点眼・点鼻薬を併用して治療を行います。 内服薬は、最近は眠くならない薬剤も発売されており治療の幅が広がっております。 点鼻薬は液だれしないパウダー製剤を使用します。 喘息などの咳の治療 咳は風邪やアレルギー、気道過敏で起こります。 原因により治療法が異なります。 喘息は普段から吸入薬を中心とした維持療法と発作時の治療に分かれます。症状が安定していても吸入薬を継続しておく事が重要です。また、禁煙が大事となります。[nishikyo-medical.com]

疫学

  • 病気の説明と疫学 過敏性腸症候群(Irritable bowel syndrome :IBS)は、大腸および小腸に潰瘍や腫瘍などの器質的異常がないにもかかわらず、下痢、便秘などの便通異常と腹痛、腹部膨満感などの腹部症状を呈する症候群です。日本における有病率(人口中、その病気を持っている割合)は10?20%と報告されていますが、近年では社会の複雑化、ストレスの増加に伴い、急増しています。男性より女性に多く、年代別では思春期から壮年期までみられ、20?40歳代に好発します。[coloproctology.gr.jp]
  • 目次 前付 日本消化器病学会ガイドラインの刊行にあたって 統括委員会一覧 大腸ポリープ診療ガイドライン委員会 大腸ポリープ診療ガイドライン作成の手順 本ガイドライン作成方法 利益相反に関して 本ガイドラインの構成 フローチャート クリニカルクエスチョン一覧 略語一覧 第 1 章 疫学 CQ 1-1 大腸癌の危険因子と抑制因子は何か? CQ 1-2 大腸腫瘍(癌・腺腫)の罹患率(発生率),有病率は? CQ 1-3 大腸腫瘍(癌・腺腫)の好発部位はどこか? CQ 1-4 平坦陥凹型腫瘍の頻度は?[minds.jcqhc.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 大腸の病気の危険因子 ストレス 高中性脂肪血症 喫煙 内臓脂肪型肥満 脂質異常症 高血圧 糖尿病 危険因子は生活習慣の改善で減らすことができます 大腸の病気を予防するためには、ストレスを上手に解消することが重要です。 また、脂質異常症や高血圧、糖尿病などといった生活習慣病の予防に努めることも大切です。そのためには、食生活では過食や脂質のとりすぎなどに注意し、適度な運動を習慣にして肥満を予防・改善することも大切です。飲酒は適量を守り、喫煙者は直ちに禁煙を実行しましょう。[kyoukaikenpo.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!