Edit concept Question Editor Create issue ticket

腫瘍随伴症候群


提示

  • [PUBMED Abstract] 胸腺腫および胸腺がんの細胞分類 以下の胸腺腫および胸腺がんの細胞分類は、主として1999年に出版された世界保健機関(WHO)の単行本で提示された分類スキームに基づく。 [ 1 ] 悪性胸腺腫は(肉眼的または顕微鏡的に確認されるように)一般的には 穏やかな 細胞学的特性を保持し続ける浸潤性疾患である。胸腺腫は上皮細胞およびリンパ球、しばしばT細胞が混合しており、悪性成分は上皮細胞によって代表される。悪性の細胞学的特性があれば胸腺がんと考えられる。[cancerinfo.tri-kobe.org]
そう痒症
  • 種類 頻度:5%以上 頻度:1〜5%未満 頻度:1%未満 頻度不明 血液及びリンパ系障害 リンパ球減少、血小板減少 貧血、好酸球増加 心臓障害 動悸 眼障害 眼刺激、眼痛、眼そう、流涙増加、霧視 胃腸障害 悪心、下痢 嘔吐、便秘、口内乾燥 腹痛、上腹部痛、胃食道逆流性疾患、腹部不快感、腸炎、イレウス、過敏性腸症候群、口内炎 下腹部痛 全身障害 疲労、無力症 悪寒、発熱、インフルエンザ様疾患 末梢性浮腫、歩行障害 末梢腫脹 肝胆道系障害 血中Al-P増加 胆管炎 感染症 口腔カンジダ症、毛包炎、[bavencio.jp]
貧血
  • 貧血 貧血が認められる動物ほど生活の質が低下し、治療に対する反応が悪く、生存期間が短い傾向がある。症状として 舌や粘膜の蒼白 が認められる。 貧血を生じる原因としては、 ①慢性疾患により、鉄貯蔵や代謝の異常、赤血球の寿命減少、骨髄の反応低下を生じることによる。 ②免疫介在性(自分の赤血球に対する抗体を作り、赤血球が壊される) ③慢性出血 ④血管内にフィブリン線維があることで微小血管内で赤血球が破壊される。 などが考えられている。[tabaru.9syu.net]
  • 監修にあたって/入江充洋 総論/富安博隆 嘔吐・下痢/金本英之 食欲不振と悪液質/大参亜紀 低血糖/松木直章 貧血/森下啓太郎 血栓と播種性血管内凝固症候群/丸山治彦 悪性高カルシウム血症/米澤智洋 ダリエ徴候/丹羽昭博 高コルチゾール血症/中村健介 皮膚の腫瘍随伴症候群/島崎洋太郎 高エストロゲン血症/酒井秀夫 過粘稠症候群/伊藤哲郎 【連載】 抗がん薬治療の実際 薬用量の決定と有害事象への対応 第6回 犬の肛門嚢腺癌/佐伯亘平 犬の肛門嚢腺癌/福井 翔 監修:瀬戸口明日香, 細谷謙次 Veterinary[amazon.co.jp]
  • Longo(松井 隆則) Section 2 造血障害 126 鉄欠乏性貧血およびその他の低増殖性貧血 John W. Adamson(山崎 悠,谷本 光音) 127 ヘモグロビンの異常 Edward J. Benz, Jr.(山崎 悠,谷本 光音) 128 巨赤芽球性貧血 A.[medsi.co.jp]
  • がマッチするものだけ ICD10コードで検索 ICD10コード: C80 検索数: 29 件 ページ: 1 / 1 病名 病名管理番号 ICD10コード 病名交換用コード 1 イートン・ランバート症候群 20084230 C809 G731 K2PC 2 カルチノイド 20051502 C809 BTJJ 3 がん性皮膚潰瘍 20100668 C809 L984 QPJD 4 悪性奇形腫 20053917 C809 VPJE 5 悪性腫瘍 20053934 C809 ATH0 6 悪性腫瘍に伴う貧血[dis.h.u-tokyo.ac.jp]
  • とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法 第8回 「IMHAと診断した犬の貧血が止まりません!」 湯木正史、内藤瑛治 エモデプシド/トルトラズリル配合懸濁液剤の海外文献紹介 第1回 「Isospora canisおよびIsospora ohioensis-complexのプレパテント あるいはパテント感染犬に対するエモデプシド/トルトラズリル配合懸濁液剤 (犬用プロコックス 経口懸濁液剤)の有効性」 翻訳:佐伯英治 Seminar Report 「変形性関節症の治療戦略」 枝村一弥[pet-honpo.com]
末梢神経障害
  • 小脳変性、視神経炎、進行性多病巣性白質脳症、壊死性脊髄障害、末梢神経障害などを生じる。 グルココルチコイドなどの治療が必要となることがある。 肥大性骨症 骨膜の骨化過剰が特徴的で、 末端の骨 でよく認められる。猫ではめずらしい。 肺腫瘍(原発、転移ともに)、食道腫瘍、膀胱の横紋筋肉腫、腎芽腫、肝臓癌など、色々な悪性腫瘍で認められる。 脱毛 かゆみは認められない。猫では膵臓癌、胆嚢癌、犬では精巣腫瘍で認められる。 腎障害 腫瘍関連性免疫複合体が沈着することで、蛋白漏出性腎症を引き起こす。[tabaru.9syu.net]
ギラン・バレー症候群
  • この神経免疫学の発展によって、多発性硬化症、 HTLV-I associated myelopathy 、ギランバレー症候群、重症筋無力症、多発筋炎、腫瘍随伴症候群などの難治性神経疾患に対して、多面的な研究と治療の展望が開けて参りました。 この領域は当然、学際的色彩が強く、種々の立場の専門家の協力と自由な意見交換が極めて重要であります。これまでの我が国では、厚生省特定疾患・免疫性神経疾患調査研究班を中心にして国際的にも輝かしい業績が数多く発表されてきました。[neuroimmunology.jp]
高血圧症
  • たとえば 血圧 では、主症状は高血圧であるが、これに伴ってのぼせや肩こり、頭重感などが生じることがある。これらは高血圧の随伴症状である。 そのほか、月経随伴症状(月経前 月経中に起こる下腹部痛や腰痛、乳房の張り・痛み、下痢・便秘、嗜眠 (しみん) 、倦怠 (けんたい) 感、いらいらなど)や、腫瘍 (しゅよう) 随伴症状(腫瘍随伴症候群ともいう。[kotobank.jp]
  • 3.については、読者の皆さんもご存じのとおり、Ca拮抗薬が血圧や狭心症でよく使用されている。 今回は、血清中のCa濃度が上昇する高Ca血症に関連する話です。 〔症例〕 静岡県熱海市在住の72歳の女性は、64歳のときに慢性関節リウマチを発症し、翌年にリウマチに用いたステロイドによる胃潰瘍※2で吐血し、輸血している。 ※2)ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)の副作用には、軽症と重症がある。[dental-diamond.jp]
下痢
  • 腫瘍随伴症候群は神経系や内分泌系(ホルモンを分泌する器官)などの様々な器官系に影響を与え、神経系の変化、低血糖、下痢、高血圧などの問題が生じます。 がん患者の約20%に腫瘍随伴症候群が発生します。腫瘍随伴症候群がみられるがんで特に多いのは、以下のものです。 肺がん(最も多い) 腎がん 肝細胞がん 白血病 リンパ腫 乳房腫瘍 卵巣腫瘍 胃がん 膵臓がん[msdmanuals.com]
  • 監修にあたって/入江充洋 総論/富安博隆 嘔吐・下痢/金本英之 食欲不振と悪液質/大参亜紀 低血糖/松木直章 貧血/森下啓太郎 血栓と播種性血管内凝固症候群/丸山治彦 悪性高カルシウム血症/米澤智洋 ダリエ徴候/丹羽昭博 高コルチゾール血症/中村健介 皮膚の腫瘍随伴症候群/島崎洋太郎 高エストロゲン血症/酒井秀夫 過粘稠症候群/伊藤哲郎 【連載】 抗がん薬治療の実際 薬用量の決定と有害事象への対応 第6回 犬の肛門嚢腺癌/佐伯亘平 犬の肛門嚢腺癌/福井 翔 監修:瀬戸口明日香, 細谷謙次 Veterinary[amazon.co.jp]
  • そのほか、月経随伴症状(月経前 月経中に起こる下腹部痛や腰痛、乳房の張り・痛み、下痢・便秘、嗜眠 (しみん) 、倦怠 (けんたい) 感、いらいらなど)や、腫瘍 (しゅよう) 随伴症状(腫瘍随伴症候群ともいう。腫瘍の浸潤や転移とは無関係に、腫瘍の存在に関連して起こる内分泌系や神経系、血液等の異常により、発熱、低血糖、食欲不振、体重減少などさまざまな症状がみられる)などが知られている。[kotobank.jp]
  • リンパ節の腫れは通常、無痛性で、食欲不振、体重減少、嘔吐、下痢などが見られます。リンパ腫を発症することで免疫介在性貧血、高カルシウム血症、低血糖、DIC(播種性血管内凝固症候群)を伴うことがあります。B細胞型が多い。 ( b )縦隔型 胸の中で胸骨リンパ節、胸腺の腫脹が特徴です。 腫瘍や、腫瘍による胸水により呼吸困難を示すことが多い。 腫瘍が血管の圧迫すると上半身の浮腫(前大静脈症候群、むくみ)が見られる事があります。T細胞型が多い。[kotesashi-pc.com]
呼吸困難
  • 急性心筋梗塞 に伴う 吐気 ・嘔吐・ 冷汗 ・呼吸困難、 月経 時の下 腹痛 ・腰痛・イライラ・憂鬱など。 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例[kotobank.jp]
  • 酸血症、体重減少、リパーゼ増加 高カリウム血症、低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、血中コレステロール増加、アミラーゼ増加 筋骨格系及び結合組織障害 関節痛、筋肉痛、血中CK(CPK)増加 背部痛、筋痙縮、軟骨石灰化症、鼡径部痛、滑液嚢腫、滑膜炎、頚部痛、血中クレアチニン増加 四肢痛、筋骨格痛 精神・神経系障害 頭痛、浮動性めまい、味覚異常 感覚鈍麻、錯感覚、微細運動機能障害、パーキンソン病、会話障害、振戦、リビドー減退 腎及び尿路障害 自己免疫性腎炎 呼吸器、胸郭及び縦隔障害 呼吸困難[bavencio.jp]
  • 具体的には、咳、胸痛、呼吸困難などがあります。また血液の流れを止めるような部分にできてときには、狭窄症状が出現します。 その他、腫瘍が出している物質によって症状が出ることがあります(腫瘍随伴症候群と呼びます)。重症筋無力症、低ガンマグロブリン血症、多発筋炎などがあり、これらの症状から見つかることもしばしばあります(その場合は悪性度とは関係ありません)。 診断について ガンマ 画像検査 としては、胸部レントゲン、CT、MRI、FDG-PETなどがあります。[ncc.go.jp]

精密検査

血小板血症
  • どんなときに専門家を紹介するか 7 腎臓に腫瘍 松原伸晃 鑑別疾患 各疾患における診断と治療 ①腎細胞がん ②上部尿路がん(腎盂がん、尿管がん) ③集合管がん(Bellini 管がん) ④他の悪性腫瘍の腎転移 8 血液の異常 成川研介、塚崎邦弘 (汎)血球減少症 鑑別疾患 各疾患における診断と治療 ①骨髄異形成症候群 ②急性前骨髄球性白血病 ③急性骨髄球性白血病 (汎)血球増多症:赤血球、顆粒球を主とした白血球、血小板の増多 鑑別疾患 各疾患における診断と治療 ①慢性骨髄性白血病 ②真性多血症 ③本態性血小板[medicalview.co.jp]
肝細胞癌
  • 表①【主な腫瘍随伴症候群】 内分泌症候群 異所性ACTH症候群(小細胞肺癌、膵癌、褐色細胞腫) ADH不適切分泌症候群(肺癌、頭頸部癌) 高Ca血症(肺癌、頭頸部癌、多発性骨髄腫、乳癌) 高血圧(細胞) 低血糖(悪性胸膜中皮腫) 血液症候群 G-CSF産生腫瘍による血球増加症(肺癌、細胞、胃癌、甲状腺癌) 播種性血管内凝固症候群(前骨髄球性白血病) 神経症候群 亜急性小脳変性症(子宮癌、卵巣癌、乳癌、小細胞肺癌) 腫瘍随伴性脳脊髄炎(小細胞肺癌) オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群(小細胞肺癌[blogs.yahoo.co.jp]
  • 腫瘍随伴症候群に関連する癌として特に多いのは,以下のものである: 肺癌(最も多い) 腎癌 細胞 白血病 リンパ腫 乳房腫瘍 卵巣腫瘍 神経悪性腫瘍 胃癌 膵癌 基礎にある癌をコントロールすることで最良の治療結果が得られるが,一部の症状は特定の薬剤(例,カルチノイド症候群に対するシプロヘプタジンまたはソマトスタチンアナログ,高カルシウム血症に対するビスホスホネート系薬剤およびコルチコステロイド)でコントロール可能である。[msdmanuals.com]
  • 具体的には、 細胞、平滑筋腫、平滑筋肉腫、血管肉腫、多発性骨髄腫、腎臓の腺癌、肝癌 などがある。 神経障害 行動の変化、運動機能不全、発作 などの症状が見られる。 小脳変性、視神経炎、進行性多病巣性白質脳症、壊死性脊髄障害、末梢神経障害などを生じる。 グルココルチコイドなどの治療が必要となることがある。 肥大性骨症 骨膜の骨化過剰が特徴的で、 末端の骨 でよく認められる。猫ではめずらしい。[tabaru.9syu.net]
  • Ⅰ.細胞 (原発性肝癌と同意語) 肝硬変に合併することが多い HBV(25%)とHCV(70%)に感染しているものが肝癌患者の約95%を占める 男性に多い、 60歳前後に好発。[kanazawa-med.ac.jp]

治療

  • 治療 悪性腫瘍と同時に腫瘍随伴症候群が発見された場合は原疾患である悪性腫瘍の治療を優先しますが、並行して腫瘍随伴症候群の治療も考慮します。 悪性腫瘍の治療により劇的に腫瘍随伴症候群が改善、消失することもありますが、神経症候群のように改善しないものの方が多いです。 ホルモン産生腫瘍には、拮抗薬や阻害薬が使用されますが、サイトカインや自己抗体によるものではステロイドホルモンなどの免疫抑制薬が使用されることが多いです。[blogs.yahoo.co.jp]
  • 貧血 貧血が認められる動物ほど生活の質が低下し、治療に対する反応が悪く、生存期間が短い傾向がある。症状として 舌や粘膜の蒼白 が認められる。 貧血を生じる原因としては、 ①慢性疾患により、鉄貯蔵や代謝の異常、赤血球の寿命減少、骨髄の反応低下を生じることによる。 ②免疫介在性(自分の赤血球に対する抗体を作り、赤血球が壊される) ③慢性出血 ④血管内にフィブリン線維があることで微小血管内で赤血球が破壊される。 などが考えられている。[tabaru.9syu.net]
  • 腫瘍随伴症候群に関連する癌として特に多いのは,以下のものである: 肺癌(最も多い) 腎癌 肝細胞癌 白血病 リンパ腫 乳房腫瘍 卵巣腫瘍 神経悪性腫瘍 胃癌 膵癌 基礎にある癌をコントロールすることで最良の治療結果が得られるが,一部の症状は特定の薬剤(例,カルチノイド症候群に対するシプロヘプタジンまたはソマトスタチンアナログ,高カルシウム血症に対するビスホスホネート系薬剤およびコルチコステロイド)でコントロール可能である。[msdmanuals.com]

疫学

  • 播種性血管内凝固症候群(前骨髄球性白血病) 神経症候群 亜急性小脳変性症(子宮癌、卵巣癌、乳癌、小細胞肺癌) 腫瘍随伴性脳脊髄炎(小細胞肺癌) オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群(小細胞肺癌、乳癌、神経芽細胞腫) 腫瘍随伴性網膜症(小細胞肺癌) Lambert-Eaton筋無力症候群(小細胞肺癌、胃癌、大腸癌、白血病、乳癌) その他 肥大性骨関節症(肺癌、肝細胞癌) 黒色表皮腫(胃癌) ネフローゼ症候群(胃癌、肺癌、卵巣癌、乳癌) 発熱(胃癌、肺癌、悪性リンパ腫、骨肉腫、褐色細胞腫、視床下部腫瘍) 疫学[blogs.yahoo.co.jp]
  • 腎細胞癌 1、疫学 血液をろ過して尿をつくる腎実質に発生する尿細管由来の悪性腫瘍で、50-60歳台の男性に多い病気です。 1998年の日本での罹患者数は9727人と報告され、2000年では年間2583人が亡くなられています。 年々増加し2020年には約6000人の方が腎細胞癌で亡くなられることが危惧されています。 一般に男性が女性に比べて約2倍、この病気に罹りやすいとされています。 2、症状 以前は血尿と疼痛と腫瘤が3大症状とされていました。[med.nihon-u.ac.jp]
  • 疫学について 胸腺腫・胸腺がんは30歳以上(とくに40歳から70歳)に発症します。男女差はありません。胸腺腫は人口10万人あたり0.44から0.68人が罹患すると言われており、まれな疾患です。胸腺がんはさらにまれと言われています。 症状について 胸腺腫・胸腺がんは周囲の組織に直接影響を与えるほど大きくならない限りは無症状です。50%の患者さんで症状がない状況で見つかるとも言われています。[ncc.go.jp]
  • 2014年10月23日 「6.疫学・統計」を更新しました。 2012年11月02日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。 2006年10月01日 内容を更新しました。 1995年11月06日 掲載しました。 診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については「 治療にあたって 」をご参照ください。 1.肺について 肺は胸の大部分を占める臓器で左右に1つずつあり、右肺は上葉・中葉・下葉の3つに、左肺は上葉と下葉の2つに分かれています。[ganjoho.jp]
  • 腫瘍疫学 人では血液型O型はマラリアにかかりにくいとか、日本人は腎臓が弱いとか・・言われますが、犬、猫の腫瘍にも特徴、傾向があるので紹介します。 初めに 腫瘍発症の平均年齢は犬で9.2歳、猫で9.9歳。犬猫ともに高齢になると腫瘍になりやすくなります。 全腫瘍症例中の悪性腫瘍の比率は犬で59.6%、猫で87.7%です。猫は犬より腫瘍の発生は少ないものの、腫瘍の悪性比率が高いため注意が必要です。 また、犬種、猫種によっても腫瘍の発生に関与する場合があります。[kotesashi-pc.com]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 現在判明している腫瘍随伴症候群の発症メカニズムとして、主に以下の3つが考えられます。 ①異所性ホルモン産生 腫瘍が異所性にホルモンを産生する場合があり、これらのホルモンの過剰により種々の症状が出現します。 例えば、異所性ACTH症候群やADH不適切分泌症候群、PTH様ホルモン(PTHrP)による高Ca血症などが あります。 ②サイトカイン 腫瘍細胞が種々のサイトカインを産生し、これらによる症状を呈します。[blogs.yahoo.co.jp]

予防

  • 腫瘍径が大きい,治療に感受性の高い,腎不全,脱水,高尿酸血症では,輸液2000 ml/day,アロプリノール内服などの予防を行う. 骨転移 病的骨折では人工骨頭や内固定など.切迫骨折や大腿骨・骨盤への転移は免荷の必要性を整形外科に確認.[respiresi.exblog.jp]
  • 7.予防と検診 1)予防 日本人を対象とした研究結果では、がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスの良い食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。 肺がんを予防するためには、たばこを吸っている人は禁煙し、吸わない人はたばこの煙を避けて生活しましょう。 2)検診 がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。[ganjoho.jp]
  • Trousseau症候群による脳梗塞 ①担がん患者のTrousseau症候群による脳梗塞の病型 ②鑑別 ③治療・予防 5 水腎症/後腹膜線維化 横山雄章、内藤陽一 後腹膜線維化(retroperitoneal fibrosis)とは?[medicalview.co.jp]
  • Longo(松井 隆則) 100 癌の予防と早期発見 Jennifer M. Croswell, Otis W. Brawley, Barnett S. Kramer(松井 隆則) 101e 癌の遺伝学 Pat J. Morin, Jeffrey M. Trent, Francis S. Collins, Bert Vogelstein(松井 隆則) 102e 癌の細胞生物学 Jeffrey W. Clark, Dan L. Longo(松井 隆則) 103e 癌治療の原則 Edward A.[medsi.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!