Edit concept Question Editor Create issue ticket

腎盂結石


提示

血尿
  • 血尿 結石が尿路の粘膜と擦れて、血尿が出ることがありますが、目で見える程度の血尿や、肉眼的にはわからない程度の軽度の血尿(顕微鏡的血尿)がみられることがあります。 尿路結石の頻度 尿路結石はまれな病気ではなく、人口10万人に対して134人に発生すると言われており、頻度は徐々に増加しています。尿路結石の発生率の増加の原因としては、食生活や生活様式の欧米化、診断技術の向上による発見率の増加、人口の高齢化などが言われています。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 尿路結石のできる場所 尿路結石症の主な症状 血尿 ① 肉眼的血尿…目で見てわかります ② 顕微鏡的血尿…顕微鏡でみつかります ③ 血尿のない方もいます 疼痛 尿管に移動すると激しく痛みます 尿路結石症のその他の症状 頻尿・残尿感 膀胱の近くまで移動すると膀胱炎を思わせるような頻尿・残尿感があります。 嘔気・嘔吐 結石による痛みが腸に作用します 腸の動きが悪くなります 気分が悪くなり、吐くこともあります 発熱 細菌が増えると腎盂腎炎になり熱が出ることがあります。[yamano-cl.jp]
  • 発見するには 他の尿路結石症と同じ様に血尿などが見られることで発見されることが多いですが、そのほかに腎盂腎炎の検査で発見される事もあります。 症状の項でも述べたように、進行すると腎盂腎炎や急性腎不全を発症する恐れもある病気なので、血尿など疑いがある際にはお近くの動物病院で診察・相談を受けて下さい。 予防 予防するには、食事や尿路感染症に気をつけることが必要です。 また、水分もしっかり摂取する事も大事ですが、尿のphが偏らないことが大事です。[pshoken.co.jp]
  • 血尿は痛みの発作時に多くなることが多いです。痛みの強いとき、うつ伏せになり、痛みの強い部分を強く指圧すると一時的に痛みを抑えることができます。 (3) 膀胱結石 痛みは尿管結石のように激しくはありませんが、排尿痛、頻尿、血尿があり、まれに膀胱炎を合併すると、いっそう症状が強くなります。 5.結石ができたら何に気を付けたらよいのでしょう 次の4点に目を向けてください。[jinyukai.or.jp]
肉眼的血尿
  • また、痛みとともに肉眼血尿(真っ赤 紅茶色まで様々ですが)を認めることがあります。これは結石が意外とギザギザしているからです 初めは何のことだかわからなくても、冷静に症状から判断すると尿管結石だと気付く方が多いです。 ・発作が起こったら では発作が起こったらどうすれば良いのでしょうか。 まずは痛みが落ち着くかどうか。動けなければ医療機関までどうやって移動すればよいのか考えてしまいますね。 水分摂取も重要です。どんどん飲んで結石を膀胱側へ押し出さなければなりません。[kodairaurology.jp]
  • 尿路結石のできる場所 尿路結石症の主な症状 血尿 ① 肉眼血尿…目で見てわかります ② 顕微鏡的血尿…顕微鏡でみつかります ③ 血尿のない方もいます 疼痛 尿管に移動すると激しく痛みます 尿路結石症のその他の症状 頻尿・残尿感 膀胱の近くまで移動すると膀胱炎を思わせるような頻尿・残尿感があります。 嘔気・嘔吐 結石による痛みが腸に作用します 腸の動きが悪くなります 気分が悪くなり、吐くこともあります 発熱 細菌が増えると腎盂腎炎になり熱が出ることがあります。[yamano-cl.jp]
  • 腎結石 通常腎臓に結石が存在する『腎結石』は無症状なことが多く、結石が大きい場合は時に尿に血が混じるのを目で確認できる(肉眼血尿)こともあります。感染などを伴うと発熱・腰痛などの「腎盂(じんう)腎炎」を併発することがあります。 尿管結石 経験したことのある人であれば二度と忘れないと言われるほどの強い痛みが突然出現する(疝痛(せんつう)発作)のは腎臓にあった結石が尿管に落ち込み尿の流れを堰き止める『尿管結石』の場合です。[med.gifu-u.ac.jp]
腹部痛
  • 具体的には、側腹部(脇腹の痛み)、下腹部痛、血尿あるいは頻尿症状が出現します。 長期間放置すると腎臓に負担をかけて腎機能を低下させることもあります。 尿路結石症は稀な病気ではなく、 我が国の 男性では11人に1人 は一生のうちに 一度は罹るといわれており 、男女とも年々増加の傾向にあります。 尿路結石症の検査 まずは検尿、腹部超音波検査、単純レントゲン検査などで診断をつけます。 診断が困難な場合や積極的治療を検討する場合は、経静脈的腎盂尿管造影やCTを行います。[med.nihon-u.ac.jp]
  • 診断 臨床症状は、軽度から高度まで種々の程度の患側の側腹部および肉眼的または顕微鏡的血尿(注1)が特徴である。結石の確定診断は排石された結石を確認することである。 (注1)尿路結石患者の約90 %に血尿あり(肉眼的あるいは顕微鏡的血尿) 診断の具体的な手順は、 既往歴・家族歴の聴取、 _ 尿検査、 X線学的検査、 a腹部超音波断層検査、 b血液生化学的検査、を行って、結石がどこに存在し、腎臓にどの様な影響を与えているかを求め、さらになぜ起こってきたかを可能な限り確認する。[home.hiroshima-u.ac.jp]
  • 具体的には、側腹部(脇腹の痛み)、下腹部痛、血尿あるいは頻尿症状が出現します。長期間放置すると腎臓に負担をかけて腎機能を低下させることもあります。 膀胱結石の場合は無症状のこともありますが膀胱炎の症状を引き起こすことや、尿が出にくくなるあるいは出なくなって初めて気がつくこともあります。尿路結石症は稀な病気ではなく、わが国の男性では11人に1人は一生のうちに1度はかかるといわれており、男女とも年々増加の傾向にあります。 破砕して除去する積極的治療 確実に診断するには尿検査、CT検査が有効です。[tokushukai.or.jp]
  • 尿路結石の症状 症状としては、激しい腰背部痛・側腹部・下腹部痛のほかに、結石の放散痛としての精巣の痛みや、吐き気や嘔吐、血尿を伴うこともあります。また、下部尿管に位置する結石では同時に膀胱刺激症状を伴うことも多く、頻尿、残尿感が起こります。一部には腎盂腎炎を併発し、38 40度の発熱を呈することもあります。 尿管結石は激痛があるのに対し、腎臓結石では痛みは殆どありません。そのために結石がどんどん大きくなることがあります(サンゴ状結石)。また、膀胱にできる結石も痛みはあまり見られません。[sanseihospital.com]
  • 一般的には、右の結石であれば右側の腰痛や側腹部がでます。 右腎結石に関しては、血尿が出ていること、サイズが大きいことを考えると治療の検討が必要と思います。 大きな腎結石は疼痛などの自覚症状が出にくいですが、大きな結石が腎内にあると、腎機能の低下や感染を生じる危険性はあると思います。 全身の状態や腎機能をみて治療をするかどうかは最終的に決定するべきですし、治療の方法にもいろいろなものがありますので、主治医と相談してください。 2年前に腎臓結石を患いました。[houshikai.or.jp]
悪寒
  • 停滞した尿に細菌感染が加わると、悪寒や発熱を伴う「腎盂腎炎」となります。 急性期には典型的な症状により尿管結石が疑われます。しかし、見た目にも分かる血尿は約20% で、ほとんどの場合、尿検査で分かる潜血尿です。結石の位置や水腎症の有無は、腹部超音波や腹部レントゲン検査、腹部CT などで確認します。一方、腎結石は、ほとんどのケースで明確な症状が出ず、健康診断時の超音波検査などで偶然に見付かることも少なくありません。 腎・尿管結石の男女比は2.4対1で男性に多い病気です。[newsdigest.de]

精密検査

  • これらは 泌尿器科 が主として扱う病気ですから、 抗生物質 で簡単に治らない場合は泌尿器科で精密検査を受けることになります。 このページの先頭へ 【関連記事】 腎臓の病気とは 泌尿器科で扱う腎盂腎炎[plaza.umin.ac.jp]

治療

  • 利点:腎臓内の大きな結石に対して様々な治療の中で効果が高い。 欠点:開腹手術の次に体に負担がかかる治療で、合併症のリスクが 他の治療よりも高い。 両側サンゴ状結石 衝撃波を発生させる装置を用いて衝撃波のエネルギーを体内の結石に目標を合わせ収束し衝撃波の力で直接、結石を細かく砕く治療法です。衝撃波により砕かれた破片は尿とともに、ゆっくりと体外に排出されます。 国内の外科的治療の約90%がこのESWLで行われていますが、結石がESWL単独治療のみでは治療できないことがあります。[chiba-funabashi-clinic.jp]
  • 当院では、患者さまの病態とニーズにあわせて、短期間に身体から結石がない状態(結石フリーといいます)を目指して、適切な治療をすすめてまいります。 尿路結石の診断、治療には一定の放射線被爆を要しますが、当院ではより少ない 被ばく量で診断治療を行うように心がけています。 尿路結石の診療、治療 結石治療は結石の部位やサイズ、そして患者さまの背景(年齢、病気、発熱の有無など)を考慮して治療法を決定する必要があります。[ims.gr.jp]

疫学

  • 尿路結石症の疫学 わが国における1965年から10年ごとに行われている尿路結石症の疫学調査によれば、尿路結石症は年々増加しており、年間罹患率(1年間にこの病気にかかる割合)は2005年の時点で1965年の3倍となっています。 男女比はほぼ5:2で男性に多くみられますが、近年は女性の比率の増加傾向を認めています。 再発率も高く、腎結石での再発率は5年間で45%、10年間で60%とされています。発症する年齢は全年齢ですが、男性では特に20-60歳代に、女性では閉経後の年代の女性に多くみられます。[tokushima-u-uro.jp]
  • 尿路結石の疫学 年間羅患率(人口の10万対)(年間患者発生総数/日本人口) 男性 64(1965年) 118(1995年) 女性 24 (1965年) 46(1995年) 生涯羅患率(年間羅患率 平均寿命) 男性 4.3%(1965年) 9.0%(1995年) 女性 1.8%(1965年) 3.8%(1995年) 年齢別年間羅患率(ピーク) 1965年 20 40歳代 1995年 30 60歳代(男性) 結石の分類 存在部位による分類 結石のある部位により腎臓(腎)結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石[twmu.ac.jp]
  • 疫学的事項 年間有病率は、第二次世界大戦後に増加し続け、現在は1年間に10万人当たり約100人。生涯罹患率は100人当たり4人、男:女は3:1、などの特徴がある。 2. 結石形成の原因 Ca、尿酸、シスチンなどの結石形成物質の排泄増加、Caイオンと結合して結石形成するマトリックス成分の存在、酸性ムコ多糖などの結晶凝集阻害物質の関与が基本的な事項としてあげられている。 これに、結石を形成しやすい状態が加わって、尿路結石ができる。[home.hiroshima-u.ac.jp]
  • 罹患率: 日本での尿路結石症の全国疫学調査は1965年に初めて行われ、その後10年毎に実施されており、2005年の調査では、上部尿路結石の年間罹患率(1年間の尿路結石に罹患した人の割合)は人口10万人対134人で、1995年の調査と比べると約1.6倍に増加しています。 生涯罹患率(年間罹患率 平均寿命 100)は男性が15.1%、女性は6.8%であり、男性は7人に1人が、女性は15人に1人が、一生に一度は尿路結石に罹患することになります。[do-yukai.com]
性別分布
年齢分布

予防

  • また、一般的な食事パターンからみると、朝昼夕の3食をきっちり十分な水分をとって食べ、夕食は早目に食べて就寝まで4 5時間の間隔をあけて、夜食は控え、寝る前に一杯のお茶か水を飲むことも予防としては大事です。 結石の種類によっては予防的にあるいは治療として薬物療法が行われることもあります。 このページの先頭へ 【関連記事】 腎臓結石とは 画像診断 腎盂腎炎[plaza.umin.ac.jp]
  • その場合は今されているような飲水(一日2000ml以上)や食事指導、結石 の種類によっては内服薬で再発予防を行います。 手術で治る尿路結石としては副甲状腺機能亢進症がありますが、今回されたのはその 治療でしょうか? この手術を行えば今後の結石の予防にはなると思いますが、 現在腎内に結石あるのであれば、その結石がなくなるわけではありません。 基本的に結石を完全に予防する方法は残念ながらありません。 なるべく再発を予防するようにするしかありません。[houshikai.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!