Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳-顔-胸部形成異常


治療

  • 診療部門からのごあいさつ 部長 古川洋志 愛知医科大学病院形成外科では、1)アザや血管腫に対するレーザー治療・硬化療法、2)熱傷・顔面外傷や手指切断の治療、3)乳癌切除後の乳房再建、4)頭頸部がん切除後の舌・顎骨・食道などの再建、5)皮膚がんに対する手術治療、6)手足の先天異常・漏斗胸などの手術治療、7)褥瘡・糖尿病性潰瘍など様々な慢性創傷に対する治療、などを大きな柱として診療・研究を行っております。[aichi-med-u.ac.jp]

病態生理

  • MBS の原因はわかっていないが、根底にある病態生理的、遺伝学的な説は非常に多い。病因の基礎をなしている2つの主要な説は ... 先天奇形 H01841 痙攣重積型 (二相性) 急性脳症 痙攣重積型(二相性)急性脳症は、二相性の痙攣発作を特徴とする脳症症候群である。本疾患はインフルエンザ A型やヒトヘルペスウイルス 6型等のウイルス感染に起因し、伝染性の小児脳疾患としては日本で最もよく見られる型である。患児は知的障害や運動能力発達遅滞などの神経学的な問題が見られる。[kegg.jp]

予防

  • 図10 一刻も早く専門病院へ 再発を予防するには 脳卒中を起こす危険因子として、まず高血圧、その他に糖尿病、高脂血症、肥満などがあり、生活習慣としては喫煙、大量飲酒などが挙げられています 図11 。 再発予防でも、基本的には危険因子を除くことが大切ですから、これらのコントロールを十分に行わなければなりません。ただし、脳梗塞の血圧管理については、血管の病変の程度によってはあまり下げすぎない方がよい場合があります。[ncvc.go.jp]
  • 血液サラサラで動脈硬化予防 脂質異常症や糖尿病などで、いわゆる〝ドロドロ血液〟になると、動脈硬化を起こしやすくなります。その反対に〝サラサラ血液〟にすることが動脈硬化の予防に効果的です。血液をサラサラにするには、次のような食品成分や運動が鍵を握っています。 ・DHA・EPA イワシやサバなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種で、常温で固まりにくいという性質があります。血管の弾力性を高め、酸素の運び役である赤血球の柔軟性を向上させます。[sawai.co.jp]
  • 現在、呼吸障害に対して、 呼吸訓練・体位の工夫(うつぶせ、抱っこ坐位) 排痰(はいたん)訓練・咳誘発・タッピング 気管支拡張剤・去痰剤の吸入 側弯の予防・肋弓バンドによる肋骨突出の予防 扁桃・アデノイドの切除 経鼻・経口エアウェイの挿入 気管内挿管・気管切開 気管喉頭分離手術(図22) (空気の通り道である気管を二つに分離し、上の方の断端を食道につなぎ、下の方の断端を頸部の皮膚に気管切開孔として開く手術、唾液の気管内への流入がなくなり、誤嚥性肺炎が防がれるとともに、気管切開状態でも口から食事をとれるようになる[igakuken.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!