Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳震盪


提示

  • 現場対応で注意したい「脳震盪にまつわる誤解」 熊崎さんがまず提示したのは、「脳震盪にまつわる誤解」というシートでした。 ・頭を打ったから脳震盪 ・脳震盪はラグビーだけの問題 ・ヘディングも危ないらしい ・意識があるから大丈夫 ・とりあえず1日休めば大丈夫 ・脳震盪になると将来は... ・防具で予防できる これらはすべて、大なり小なり誤解されて伝わり、スポーツ現場での脳震盪への対応を誤らせているというのです。[coachunited.jp]
疲労
  • この時期は気温が高いことから、激しい運動で熱中症を発症する危険性が高く、そのような場合には、疲労や集中力低下などの影響から脳震盪を起こす危険が高まりますので、練習や試合に際しては十分な水分補給と適切な休憩を取ることが大切です。 脳震盪の症状とは 主な症状は、頭痛、めまい、ふらつき、力が出ない、集中できないなどです。 意識の消失も大切な自覚症状といえますが、実は脳震盪の9割以上は発症していても意識を失っていません。[toho-u.ac.jp]
  • 「意識があるから大丈夫」 意識消失を伴うケースはわずか10%で、頭痛、集中力の欠如、めまい、吐き気、疲労感、それ以外の症状も併せて考える必要があるそうです。 「とりあえず1日休めば大丈夫」 休養時間については、各症状が一度に回復するわけではないので、すべての機能が回復されると言われる10日を目安に様子を見た方がいいとのこと。 「脳震盪になると将来は...」 後遺症との因果関係は明らかになっていないそうですが、早期復帰による再受傷などでさらに重い症状を引き起こすことも。[coachunited.jp]
  • 後遺症 [ 編集 ] 6週間程度で脳神経伝達物質の代謝は正常化するが、正常化後も「注意・集中力の低下」「記憶障害」等の神経心理学的症状(認知機能障害)や 目眩 、疲労感、頭痛、睡眠障害など様々な脳震盪後症候群症状(IDC-10)が現れる事がある [10] [2] 。 脳震盪を繰り返すことで、数年後に慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy, CTE)に至る事がある [2] 。[ja.wikipedia.org]
  • 表1 脳振盪の徴候 早期 慢性期 頭痛 記銘力障害 めまい 集中力低下 混乱 易刺激性 耳鳴り 睡眠障害 悪心 人格変化 嘔吐 易疲労性 視覚変化 表2 推奨される復帰のガイドライン 運動中止と休息、症状がなければ次のステップへ 歩行やサイクリングなどの軽度の有酸素的運動(抵抗性トレーニングは避ける) スポーツに特化した運動。徐々に、抵抗性トレーニングの開始 非・コンタクトトレーニング メディカルチェック後のフル・コンタクトトレーニング 試合参加[jfa.jp]
疼痛
  • 担当医紹介 中山晴雄 講師 資 格 脳神経外科学会専門医・指導医 臨床研修指導医 専門分野 頭部外傷、スポーツ頭部外傷、中枢神経感染症 機能的脳神経外科(痙縮、パーキンソン病、難治性疼痛) 外 来 日 月曜日午前中(予約制)、金曜日午後(予約制)、土曜日午前中 外来日 頭部外傷を専門とする医師は月曜日午前(予約制)、金曜日午後(予約制)、土曜日午前に診察を行っています ・中山晴雄 講師 :月曜日午前(予約制)、金曜日午後(予約制)、土曜日午前 受診される場合には、事前に一度お電話をいただければ確実[ohashi-neurosurgery.com]
頭痛
  • 手足の震えがひどい、頭痛がひどい、吐き気がひどいなどの異変が起きたら医療機関へ受診してください。軽度でも頭痛がしたらスポーツを絶対にしてはいけません。また、 頭痛がするのは脳にダメージがあるシグナルです。 一度目の脳震盪から短期間で(脳が完全回復してない状態で)もう一度脳震盪を起こすと、一度の脳震盪でダメージを負っている脳細胞に、回復してないところにさらにダメージが加わり、取り返しのつかないダメージを脳にあたえてしまいます。これを 「セカンド・インパクト・シンドローム」 と呼びます。[kanonji-mitoyo-med.or.jp]
  • 頭痛や眼の焦点が合わないといった症状にはじまり、健忘(逆向性健忘・外傷後健忘)※・意識消失・嘔気・平衡障害などさまざまな症状を呈します。 【主な症状】-軽 中等度 頭痛 ボーっとする 吐き気 目まい 複視(焦点が合わない) 視野狭窄 うつろな眼差し 記憶障害 同じ事を何回も聞く。(俺はどうしたの?試合はどうなってる?など) ・感情失禁 理由もないのに泣いたり、妙に陽気にはしゃぐ 共同運動障害(平衡障害) まっすぐ歩けない、ふらつく。[wasedaclub.com]
めまい
  • ただし、「脳震盪後症候群」とよばれる後遺症があり、頭痛、めまい、集中困難、健忘症、うつ病、感情鈍麻、不安などが起こることがあります。 これから、スポーツの季節になります。熱中症と合わせて気をつけましょう。 三豊・観音寺市医師会学校医会 (平成22年6月24日)[kanonji-mitoyo-med.or.jp]
  • 脳震盪の症状とは 脳震盪の主な症状は、頭痛、めまい、ふらつき、力が出ない、集中できない等です。 意識の消失は重要な自覚症状ですが、脳震盪の9割以上は発症していても実際には意識を失っておらず、そのため、本人や周囲が脳震盪であると自覚・認識することなく、引き続き運動を行うことも多く、このことが繰り返して脳震盪を発症する危険を大きくすることに繋がっています。 発症の程度には個人差があります。症状が軽いからといって脳震盪を発症していないとは限りません。[toho-u.ac.jp]
記憶障害
  • 後遺症 [ 編集 ] 6週間程度で脳神経伝達物質の代謝は正常化するが、正常化後も「注意・集中力の低下」「記憶障害」等の神経心理学的症状(認知機能障害)や 目眩 、疲労感、頭痛、睡眠障害など様々な脳震盪後症候群症状(IDC-10)が現れる事がある [10] [2] 。 脳震盪を繰り返すことで、数年後に慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy, CTE)に至る事がある [2] 。[ja.wikipedia.org]
  • Mitsutoshi Hayashi 林 光俊先生 医学博士、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、JOC強化スタッフ、日本体育協会公認スポーツドクター 脳震盪 脳震盪はコンタクトスポーツに発生しやすいスポーツ障害である はじめに 脳震盪とは、頭部に外力が加わった結果生じる、一過性の意識障害、記憶障害をいいます(意識障害は必ずしも意識消失とはならず、意識の変調もある)。[zamst.jp]
  • ・頭痛(プレーを続けることができない程度) ・ふらつき ・霧の中にいる感じ ・以下の質問に正しく答えられない(見当識障害・記憶障害) 自分のチーム名を言いなさい 今日は何月何日ですか ここはどこの競技場ですか 今は、前半と後半のどちらですか 上記3のバランステストとは 「利き足でないほうの足を後ろにして、そのつま先に反対側の足の踵をつけて一直線上に立ってください。両足に体重を均等にかけ、手を腰にして、目を閉じて20秒間じっと立っていて下さい。[someya-clinic.jp]
  • 【主な症状】-軽 中等度 頭痛 ボーっとする 吐き気 目まい 複視(焦点が合わない) 視野狭窄 うつろな眼差し 記憶障害 同じ事を何回も聞く。(俺はどうしたの?試合はどうなってる?など) ・感情失禁 理由もないのに泣いたり、妙に陽気にはしゃぐ 共同運動障害(平衡障害) まっすぐ歩けない、ふらつく。 健忘(一種の記憶喪失) 1)逆向性健忘 怪我をする前のことを思い出せない。[wasedaclub.com]
健忘
  • 頭痛や眼の焦点が合わないといった症状にはじまり、健忘(逆向性健忘・外傷後健忘)※・意識消失・嘔気・平衡障害などさまざまな症状を呈します。 【主な症状】-軽 中等度 頭痛 ボーっとする 吐き気 目まい 複視(焦点が合わない) 視野狭窄 うつろな眼差し 記憶障害 同じ事を何回も聞く。(俺はどうしたの?試合はどうなってる?など) ・感情失禁 理由もないのに泣いたり、妙に陽気にはしゃぐ 共同運動障害(平衡障害) まっすぐ歩けない、ふらつく。[wasedaclub.com]
  • 脳震盪の重傷度分類と競技復帰目安 1(軽症):意識消失(-)、外傷性健忘が30分以内の場合 1週間無症状なら競技復帰は許可する。 2(中等症):意識消失は5分以内、外傷性健忘が30分以内 1週間無症状なら競技復帰は許可。 3(重症):意識障害5分以上、外傷性健忘症が24時間続いた場合 競技復帰は最低1ヵ月を要する。 代表例 『24歳、男子バレーボール選手、国際大会中、19:30レシーブ時にボールを追いかけて、比較的柔らかいフェンスに激突。頭部打撲するも、意識障害もなくプレー続行できた。[zamst.jp]
錯乱
  • 学校医より一口メモ 脳震盪について 脳震盪について 脳震盪とは脳が激しく揺さぶられることによっておこる脳障害のことで症状は、 意識喪失 めまい、または、ふらつき 記憶喪失 嘔吐・錯乱及び失見当 頭痛 物が二重、または、ぼやけて見える などで、診断はCT、MRIなど検査にて異常を認めないことです。 症状のレベルは基本的に三段階に分かれています。[kanonji-mitoyo-med.or.jp]
吐き気
  • 吐き気を訴え救急車で搬送された。試合後、その事実が森保一監督の口から発せられた時、記者会見室に駆けつけたジャーナリストからどよめきが起きる。 「大丈夫か」 「危険な状態なのか」 一瞬、2011年に水本裕貴を襲った「頭蓋骨骨折・硬膜外血腫」という大怪我が脳裏をよぎった。こめかみにダメージ、吐き気、救急車搬送。肘の打撃か強烈なボールかの違いはあっても、状況がダブる。あの時、水本は緊急手術を受けて一命を取り留めたが、処置が少しでも遅れていれば、彼は生きてはいなかった。 もしかしたら。[jsgoal.jp]
  • 意識消失(-)、記憶(-)の消失、頭痛、吐き気、めまいもなくジャンプやダッシュでも平衡感覚に異常がなければ競技は復帰可能です。ただし頭痛や顔面蒼白があったり、興奮状態のときは復帰させず監視下に置くべきです。 脳震盪の重傷度分類と競技復帰目安 1(軽症):意識消失(-)、外傷性健忘が30分以内の場合 1週間無症状なら競技復帰は許可する。 2(中等症):意識消失は5分以内、外傷性健忘が30分以内 1週間無症状なら競技復帰は許可。[zamst.jp]
  • 手足の震えがひどい、頭痛がひどい、吐き気がひどいなどの異変が起きたら医療機関へ受診してください。軽度でも頭痛がしたらスポーツを絶対にしてはいけません。また、 頭痛がするのは脳にダメージがあるシグナルです。 一度目の脳震盪から短期間で(脳が完全回復してない状態で)もう一度脳震盪を起こすと、一度の脳震盪でダメージを負っている脳細胞に、回復してないところにさらにダメージが加わり、取り返しのつかないダメージを脳にあたえてしまいます。これを 「セカンド・インパクト・シンドローム」 と呼びます。[kanonji-mitoyo-med.or.jp]
  • 【主な症状】-軽 中等度 頭痛 ボーっとする 吐き気 目まい 複視(焦点が合わない) 視野狭窄 うつろな眼差し 記憶障害 同じ事を何回も聞く。(俺はどうしたの?試合はどうなってる?など) ・感情失禁 理由もないのに泣いたり、妙に陽気にはしゃぐ 共同運動障害(平衡障害) まっすぐ歩けない、ふらつく。 健忘(一種の記憶喪失) 1)逆向性健忘 怪我をする前のことを思い出せない。[wasedaclub.com]

治療

  • 登壇者は、ドイツの「スポーツリハ ベルリン」でブンデスリーガやナショナルアスリートの治療・リハビリ・トレーニング指導に携るなど、現場経験豊富な理学療法士の岡田瞳さんと、ラグビー・アメリカンフットボールでの選手経験を活かし、スポーツ選手の脳震盪の啓発活動を行なう熊崎昌さん。今回はサッカー指導の現場でも起こりうるケースの対処法について詳しくご紹介します。(取材・文/大塚一樹 写真/ Jon Candy ) あなたは"あの現場"で選手を止められますか? 「現実的にはどうでしょう?[coachunited.jp]
  • […] a b c d e 仲田和正、{{ スポーツによる脳震盪の診断治療 }} ラグビーにおける脳震盪の取り扱い(2011年9月 5日) そめや内科クリニック 先崎章、 軽度外傷性脳損傷(MTBI)後の症状・障害と回復 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine.[ja.wikipedia.org]
  • プレスリリース 発行No.669 平成28年4月19日 脳震盪の知識とその対処法 女子のスポーツで起こる脳震盪について正しい知識を 東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科(東京都目黒区大橋2-17-6、診療部長:岩渕 聡)では、スポーツ頭部外傷の多くの診療例・治療例から、スポーツを通じて起こる頭部へのダメージについての様々な知見蓄積に努めています。 脳震盪はラグビーや柔道など体を激しくぶつけ合う競技で起こりやすいことから、一般的に男子に目が向きがちです。[toho-u.ac.jp]

予防

  • 「防具で予防できる」 防具(ヘッドギアやマウスガード)で脳震盪を防ぐことができるという明確な証拠はない。 指導者必携! 脳震盪判定のためのツール 脳震盪についての基本的な知識を身に付けたところで、講演の冒頭で岡田さんから示された「では現場はどう対応するか?」という問題が生じます。[coachunited.jp]
  • このとき、20秒間で、6回以上バランスを崩したら(下記のようなことが起こったら)、退場 手が腰から離れる 目を開ける よろめく 5秒以上、元の姿勢に戻れない 予防 [ 編集 ] 頭部への衝撃を緩和する為の「ヘルメット」「ヘッドギア」「マウスガード」 [15] などの装具装着は一定の効果があると報告されている [8] 。また、頸部筋肉の強化もリスク軽減に効果があるとされている [8] 。更に、指導者に対する講習会や知識の普及や啓発活動は有用である [16] 。[ja.wikipedia.org]
  • 脳震盪を防ぐために 脳震盪もある程度、予防することが可能です。とりわけ、正しいタックル、受身、頚の筋力強化は効果的です。そしてマウスガードの装着も有用です。 逆ヘッド・ローヘッドタックルは頭・頚部外傷を起こしやすい危険なタックル方法です!ラグビー協会の報告でも重傷外傷の多くはこの逆ヘッド・ローヘッドタックルが原因です。 正しいタックル なぜ逆ヘッドタックルが危険かというと、突進してくる相手の力を自分の首と頭ですべて吸収してしまうからです。[wasedaclub.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!