Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳血管性痴呆


提示

  • 脳血管の 動脈硬化 、 後頭葉 ・ 側頭葉 白質の高度萎縮、 側脳室 後角・下角の開大など皮質下に血管病変が存在し、 大脳皮質 はほぼ正常であった症例の肉眼所見を提示し、動脈硬化に起因する病態として”encephalitis subcorticalis chronica progressive” の名称を提唱した。[bsd.neuroinf.jp]
吐き気
  • Neurology誌の「今号の読みどころ」(In this Issue: August 26 Highlights)欄でこの研究を紹介した米国Indiana大学のMartin Farlow氏は、2通りの投与量(5mg、10mg)で認知機能の改善効果にほぼ差がなく、下痢や吐き気、悪夢などの副作用頻度は10mg群でプラセボ群より有意に高いことを指摘。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 投与開始直後は吐き気や下痢、便秘、食欲不振などの副作用が一過性に起こりやすいため、まず1日1回3mgから開始して体を薬に慣れさせ、1 2週間後に5mgに増量してそれを維持します。1日5mgを投与すると徐々に効果が現れ始め、軽症 中等症アルツハイマー型認知症の症状の進行をある程度引き戻せるといわれています。 周辺症状に対しては、対症療法として以下の薬が使われることがあります。[miharahp.com]
  • 注意したい副作用 薬の副作用としては、(1)吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛など消化器症状(2)不整脈の一種である「徐脈」(3)興奮しやすくなったり、頭が混乱する、などがあります。 「易怒性」(ささいなことで不機嫌になる、怒りだす)が少ないと思われるメマンチンも、感情が激しく高ぶる「激越」の副作用が出ることがあります。私も診療の現場でこうした副作用を経験し、薬を減量したり中止をしたことがあります。 早期に薬を使う意味 近年、ATDの早期診断と早期治療の重要性が強調されています。[min-iren.gr.jp]

治療

  • 今回の試験結果は塩酸ドネペジルなどのコリンエステラーゼ阻害薬が脳血管性痴呆の認知機能改善に有用であることを示すものだが、アルツハイマー病治療に用いる場合よりも治療に反応する期間が短く(narrower therapeutic window)、最適の投与量も低くなるのではないかと論じている。 この論文のタイトルは、「Donepezil in vascular dementia: A randomized, placebo-controlled study」。アブストラクトは、 こちら まで。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 認知症の治療法 根治療法はまだ 認知症を完全に治す治療法はまだありません。そこでできるだけ症状を軽くして、進行の速度を遅らせることが現在の治療目的となります。 治療法には薬物療法と非薬物療法があります。このうち薬物療法は、アルツハイマー病の中核症状の進行をある程度抑える効果が期待される薬が若干あるだけで、脳血管性認知症に効果がある薬剤は今のところ存在しません。そのため、非薬物療法によって症状を抑えることが主な治療法となります。[mhlw.go.jp]
  • 今日治療薬として4種類の薬剤が流通しており、根本治療薬の開発にも目覚ましいものがあります。 遠からず治療成績が大きく改善することが期待されています。 症状は徐々に進行します。 【軽度】記憶障害だけを認めます。とくに軽度認知障害(MCI)とは、認知症とは言えないものの知的に健常とも言えない移行状態を意味します。生活面では、「言いたい言葉が出てこない」、「やる気がない」、あるいは慎重さや注意不足が現れます。 【中等度】記憶障害は明らかになり、他人の言う事を理解するのが難しくなります。[ibaraki-ninchi.jp]

疫学

  • 認知症、物忘れの現状と治療について 認知症の疫学 認知症を有する高齢者の将来推移 認知症は「ありふれた疾患」。高齢者社会では珍しい病気ではありません。 65歳以上で10 20人に1人、85歳以上で5 6人に1人が認知症です。[irie.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 脳血管性認知症の予防と改善策 脳疾患にならないよう、生活習慣に気をつける 脳血管性認知症の予防策としては、まず脳梗塞などの疾患にならないようにすること。脳梗塞や脳出血などは生活習慣病が原因とされるものが多く、生活習慣を見直すことが必要です。高血圧や糖尿病などの気になる結果がある人は、特に注意して脳梗塞などを引き起こさないようにしましょう。 認知症を予防する7つの生活習慣 リハビリで脳を活性化させ、症状の進行を緩やかに もし脳血管性認知症を発症してしまったらリハビリによって脳を活性化させます。[ansinkaigo.jp]
  • ユッキー先生の認知症コラム:プロの認知症ケア 脳血管性認知症の予防 生活習慣を見直しましょう 認知症の背景にある脳梗塞などの疾患にならないように注意をする事が、一番の予防策と言えます。脳梗塞や脳出血などの原因は、生活習慣病によるものが多いとされています。生活習慣病とは、高血圧や脂質異常症や糖尿病などで、運動不足や過食、ストレスなどから起こるものですので、生活習慣の見直しが重要になります。バランスの良い食事をし、適度な運動をしましょう。[info.ninchisho.net]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!