Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳血栓症


提示

冠動脈疾患
  • ストレスをためない (脳卒中ことはじめ;山口武典から引用) 心臓病(心房細動)の治療 脳梗塞発症のリスクとして脳卒中・一過性の虚血発作の既往、高血圧、糖尿病、心不全、冠動脈疾患、高齢(70 75才以上)があります。これらのいずれかに当てはまる心房細動を持つ患者さんには抗凝固剤(ワーファリンやダビガトラン)が絶対適応です。あてはまる患者さんはかかりつけの循環器医に相談して下さい。[square.umin.ac.jp]
  • 高齢者(75歳以上)や手術のリスクが高い人、冠動脈疾患を合併する人ではケースバイケースとなる。また、内頚動脈閉塞症で血行動態によるTIAや脳梗塞を起こす患者の場合はバイパス手術が行われる場合もあるが、頸動脈病変で最もよくやられる手術は 頸動脈内膜剥離術 (carotid endarterectomy,CEA)である。CEAが難しい症例は 頸動脈ステント留置術 (CAS)が行われる。具体的には高齢者(75歳以上)、心肺疾患、CEA後狭窄、高位病変、対側閉塞、放射線照射後などが良い適応である。[ja.wikipedia.org]
脳卒中
  • , 原田 俊英, 中村 重信 脳卒中 21(2), 260-264, 1999-06-25 参考文献15件 3 脳血管障害における抗血栓療法 内山 真一郎 日本血栓止血学会誌 The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 13(2), 141-150, 2002-04-01 J-STAGE 医中誌Web 参考文献30件 被引用文献1件 4 初めての脳卒中治療ガイドラインにおける急性期治療の要旨と問題点 永山 正雄, 篠原[ci.nii.ac.jp]
  • … 【脳卒中】より …そのほかに血液疾患などで出血しやすい状態,脳腫瘍内への出血,動脈瘤,外傷,続発性脳幹出血,脳動静脈の炎症性疾患などでもおこりうる。(2)脳梗塞は,(a)アテローム硬化を伴う脳血栓症,(b)脳塞栓症,(c)他の原因による脳梗塞,(d)原因不明の脳梗塞,に大きく分けられる。(a)は頸動脈や脳動脈にアテローム硬化をきたし,その部に凝血塊(血栓)を生じるものである。… ※「脳血栓症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。[kotobank.jp]
  • 脳血管内治療による血栓溶解療法(動脈内投与法)の適応 中大脳動脈閉塞例 DWI/PWI mismatch ADC 500 μmm2/sec以上 出血予防: PTA併用・ウロキナーゼ少量 B.対症療法 急性期は脳卒中集中治療室での治療が望ましい。 補液 血管内脱水になると凝固傾向になり再塞栓のリスクがあがる。 抗脳浮腫 グリセオール マニトール 場合によっては、減圧開頭術 脳神経外科[atago-hp.or.jp]
  • 脳卒中の症状 脳は部位ごとにつかさどる機能が様々ですので、脳卒中では障害される部位により、様々な症状が現れます。 拡大表示できます。(74KB) 拡大表示できます。(83KB) 日本脳卒中協会や米国の脳卒中キャンペーンでは、脳卒中を疑う5つの典型的症状をあげています。[ncvc.go.jp]
  • 地域包括医療の拠点として 退院後の在宅診療まで一貫した医療 治療後も、一般開業医との連携をはかり、救急医療から退院後の脳卒中再発予防まで、地域ぐるみで包括的に取り組み、回復・予防の中心となる体制を目指します。 脳卒中センターが対象とする病気 脳卒中(超急性期を含む) 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 脳卒中再発・発症予防 未破裂脳動脈瘤、頸動脈狭窄症など 脳卒中治療 全体の流れ ‐ 発症から退院・予防まで 1.[gyo-toku.jp]
構音障害
  • 図2 半身の感覚障害と感覚の種類 3 言語障害 言語障害には、ろれつがまわらない障害(こうおんしょうがい)と、話そうとすると言葉がでなかったり、言葉が理解できず何をいっているのかわからない失語症があります。 障害は、言葉の内容は普通ですが、舌や唇の運動障害のために発音に異常がある状態で、ろれつが回らず、うまくしゃべれなくなります。 タ行やラ行などの舌音がうまく発音できないのが目立ちます。[minds.jcqhc.or.jp]
  • 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害[ja.wikipedia.org]
  • 言語障害 呂律が回らずに上手くしゃべれなくなる障害と、言葉が出なかったり、話の内容が理解出来なくなったりする失語症があります。 嚥下障害 食べたり、飲んだりする際に飲み込みが上手く出来なくなります。むせやすくなり、誤嚥性肺炎を起こすこともあります。 意識障害 いつもと比べてボーっとしていたり、声を掛けても反応がなかったりなど、意識が正常でない状態です。 回転性めまい 小脳や脳幹に梗塞が起こった場合には、持続する回転性めまい(グルグルまわる感じのめまい)が起こることがあります。[ai-hosp.or.jp]
失行
  • 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害[ja.wikipedia.org]
  • 運動機能に異常はないのに、簡単な日常動作ができなくなることがみられます。 例 ・ズボンを下す ・シャツに頭と袖をそれぞれ通す ・ボタンをかける 失認 目や耳など感覚器に異常はないのに、それを「意味ある対象」と認識できない状態が発生します。 ・お茶の入った湯飲みが見えている  「飲むもの」「飲むための道具」と認識できない  手を湯飲みの中に入れて逆さに持ち上げてしまう。 ・視野の半分が見えているのに認識できない(半側空間無視)  料理が皿に残っているのに食事を終了してしまう。[kaigo.homes.co.jp]
  • について 高血圧性脳内出血:脳実質内出血の約60% 慢性高血圧が原因として多い 脳血管の類線維組成変性(fibrinoid degeneration) 血管壊死、微小動脈瘤破綻 大脳(被殻・外側、視床、皮質下)76%、橋12%、小脳12% 好発年齢:50 60歳台、10時から12時(最も血圧が高くなる時間帯)の突然発症 出血部位による症状 被殻・外包出血(40%) 視床出血(20%) 小脳出血(12%) 橋出血(12%) 反対側片麻痺 反対側感覚障害 反対側同名半盲 病側共同偏視 意識障害 失語・[tokushukai.or.jp]
  • 数本の穿通枝領域を含む大きな梗塞を形成し、皮質領域は梗塞が免れるがラクナ梗塞では通常は生じない、失語症、視野欠損、、失認などの 皮質症状 を起こすこともしばしばある。 Binswanger病 [ 編集 ] 白質病変を特徴とする脳血管性認知症として知られる。多発ラクナ梗塞性認知症とともに日本の脳血管性認知症の約半数を占める。皮質下血管性認知症に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org]
昏睡
  • 特に昏睡状態、急速な神経症状の悪化、局所症状がある場合は、予後が不良と報告されており、死亡率はおよそ30%と言われています。原因は感染症、糖尿病、脱水、妊娠、経口避妊薬、外傷、開頭手術後、悪性新生物、血液凝固能亢進状態などが報告されていますが原因が分からない場合も少なくありません。 静脈洞血栓症の頭部CTの経時的変化 図1 図2 図3 図4 上の図は静脈洞血栓症の頭部CTの経時的変化です。[suiseikai.jp]
  • 発症の原因 発作の起こり方 進行過程 脳梗塞 脳血栓症 脳動脈の粥状硬化部分に血栓ができ、血流が途絶えるため 突然起こる 一過性の頭痛、めまい、言語障害、手足のしびれなど 半身の麻痺や昏睡 脳塞栓症 血流に乗って流れてきた血栓が脳動脈を塞ぐため 突然起こる 手足の麻痺、痙攣など 頭痛はあっても軽い 脳梗塞の薬物療法について 脳出血・くも膜下出血は外科的な治療が中心となります。ここでは薬物療法が行われる脳梗塞についてよく使用される薬物を説明します。[hbhc.jp]
  • されるくも膜下出血(SAH)は年間平均約60例 重症度分類(Hunt and Kosnik, WFNS) Grade 基準徴候 0 未破裂動脈瘤 Ⅰ 無症状、最小限の頭痛および軽度の項部硬直 Ⅰa 急性の髄膜あるいは脳症状を見ないが、固定した神経学的失調があるもの Ⅱ 中等度から重篤な頭痛、項部硬直を見るが、脳神経麻痺以外の神経学的失調は見られない Ⅲ 傾眠状態、錯乱状態、または軽度の巣症状を呈するもの Ⅳ 混迷状態で、中等度から重篤な片麻痺があり、早期除脳硬直および自律神経障害を伴うこともある Ⅴ 深昏睡状態[tokushukai.or.jp]
反射異常
  • 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害[ja.wikipedia.org]

精密検査

  • 精密検査のためには3つの検査が重要です。第1にはMRI(磁気共鳴画像法)で、梗塞の状態を正確に診断できます。第2にはSPECT(脳血流シンチグラフィ)で、現在の脳血流を正確に診断できます。第3にはMRA(MR血管造影)で、脳の動脈を検査することにより将来の危険性を把握することができます。 脳血栓症は脳の動脈硬化が原因で、動脈硬化症をひき起こす高血圧、コレステロール、 糖尿病 、喫煙の状態を把握することが大切です。[medical.jiji.com]
  • 一過性脳虚血発作は一度でも起こしたら、すぐに精密検査を受けて脳梗塞の予防の処置を行っておく必要があります。しかし、一過性脳虚血発作が起こっても、これが脳梗塞の前ぶれであると気付くかどうかが重要です。 症状として多いものは、半身の手足の麻痺やしびれ、あるいは片方の目が急に見えなくなる一過性黒内障、そして、めまいなどです。 脳出血 脳の中にある細かい血管が破れて出血している状態が脳出血です。[tomita-neurospine.com]

治療

  • この脳血管内治療は、静脈内投与法と比べて再開通率が高く、薬剤の投与量も少なくてすむ可能性があり、有用性が期待されています。 脳血管内治療による血栓溶解療法(動脈内投与法)の適応 中大脳動脈閉塞例 DWI/PWI mismatch ADC 500 μmm2/sec以上 出血予防: PTA併用・ウロキナーゼ少量 B.対症療法 急性期は脳卒中集中治療室での治療が望ましい。 補液 血管内脱水になると凝固傾向になり再塞栓のリスクがあがる。[atago-hp.or.jp]
  • , 原田 俊英, 中村 重信 脳卒中 21(2), 260-264, 1999-06-25 参考文献15件 3 脳血管障害における抗血栓療法 内山 真一郎 日本血栓止血学会誌 The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 13(2), 141-150, 2002-04-01 J-STAGE 医中誌Web 参考文献30件 被引用文献1件 4 初めての脳卒中治療ガイドラインにおける急性期治療の要旨と問題点 永山 正雄, 篠原[ci.nii.ac.jp]
  • [治療] 発症3 6時間以内の超急性期であれば、t-PA(組織プラスミノーゲン・アクチベータ)の注射をします。2週間以内の急性期であれば、少量ウロキナーゼ療法、抗凝固療法、抗血小板療法、脳浮腫軽減療法、血液希釈療法、脳保護療法などを組み合わせておこないます。またリハビリテーションも1週間以内には開始します。これらと同時に 動脈硬化症 を生じた原因を突きとめ、その治療もあわせてはじめます。 [予防] 1カ月が過ぎて慢性期になると、再発の予防に重点が移ります。[medical.jiji.com]
  • 試験の内容 試験薬剤名 エダラボン(ラジカット注30mg) 疾患名 脳血栓症急性期 薬効群名 その他の中枢神経系用薬 用法 点滴静注 試験の目的 治療 試験のフェーズ 第Ⅲ・Ⅳ相 目標症例数 対象基準 ・発症時期:脳血栓症発症後24時間以内に投与開始可能な患者 ・意識障害:意識障害レベル(JCS)が0-3の患者 ・神経症状:上肢及び/又は下肢の運動障害を有する患者 ・年齢:20歳以上の患者 年齢 20歳 性別 男女両方 エンドポイント 有効性(modified Rankin Scale:投与開始後[rctportal.niph.go.jp]
  • 当院では、脳梗塞の治療・検査に対応するスケジュール表や、リハビリテーションに対応するスケジュール表があり、主な内容は以下のとおりです。 脳梗塞治療の入院スケジュール 脳梗塞点滴6日間の治療 脳梗塞点滴4日間の治療 脳梗塞ヘパリン治療 出血性梗塞や重症の脳塞栓症の治療 今回掲載している入院スケジュールは、脳梗塞点滴6日間の治療・脳梗塞ヘパリン治療のものです。[ai-hosp.or.jp]

病態生理

  • 抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg[jstage.jst.go.jp]

予防

  • [予防] 1カ月が過ぎて慢性期になると、再発の予防に重点が移ります。動脈硬化症を生じた原因に対する治療とともに、血小板凝集抑制薬としてクロピドグレルやアスピリンを服用することになります。 表は脳血栓症の危険指数を示したものです。 高血圧、コレステロール、糖尿病、喫煙などが原因となります。動脈硬化の危険因子が総体的にどれほどあるかをチェックして、危険度を知るとともに予防に努めることが大切です。禁煙が必要です。[medical.jiji.com]
  • 脳血管内治療による血栓溶解療法(動脈内投与法)の適応 中大脳動脈閉塞例 DWI/PWI mismatch ADC 500 μmm2/sec以上 出血予防: PTA併用・ウロキナーゼ少量 B.対症療法 急性期は脳卒中集中治療室での治療が望ましい。 補液 血管内脱水になると凝固傾向になり再塞栓のリスクがあがる。 抗脳浮腫 グリセオール マニトール 場合によっては、減圧開頭術 脳神経外科[atago-hp.or.jp]
  • ヒドロキシプロピルセルロース( D04478 ) ステアリン酸マグネシウム( D02189 ) 血栓塞栓症(静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、緩徐に進行する脳血栓症等)の治療及び予防[kegg.jp]
  • 脳梗塞予防10か条 しかし、いったん発症してしまうとどんなに薬が効いても完全に元には戻りません。どんな病気にもあてはまりますが、予防に勝る治療はありません。特に脳卒中は予防策が効果のある病気ですので、脳卒中予防10か条を読んで予防に努めてください。 脳卒中予防十か条(日本脳卒中協会) 01. 手始めに 高血圧から 治しましょう 02. 糖尿病 放っておいたら 悔い残る 03. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診 04. 予防には タバコを止める 意志を持て 05.[fcho.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!