Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳溢血


提示

発熱
  • そのほかの脳出血の合併症として重要なのはけいれん発作、発熱、消化管出血、電解質異常、高血糖、下肢静脈血栓症(かしじょうみゃくけっせんしょう)などで、それぞれに対する治療も行います。 脳出血に気づいたらどうする 脳出血の患者さんでは、意識障害とともに呼吸障害を伴う場合が多くみられます。 倒れた直後に注意しなければならないのは、吐物によって窒息(ちっそく)することと吐物を誤飲することです。 吐いた場合は麻痺側を上に、顔と体を横にして誤飲を防ぎます。[health.goo.ne.jp]
高熱
  • (4)橋(きょう)出血 突然の意識障害、高熱、縮瞳(しゅくどう)(2mm以下)、呼吸異常、 四肢麻痺 (ししまひ)などがみられます。 大きな橋出血の場合は予後が不良です。 (5) 小脳出血 突然の回転性の めまい 、歩行障害が現れ、頭痛や嘔吐がよくみられます。 脳出血の検査と診断 CTが最も有用で、発症後数分以内に高吸収域(血腫が白く写る)として現れ、3〜6時間で血腫が完成し、約1カ月で等吸収域(脳組織と同じ色に写る)になり、やがて低吸収域(脳組織より黒く写る)になります。[health.goo.ne.jp]
昏睡
  • 脳出血に対して手術が適応するかの判断については、出血量が10ml未満の小出血または神経学所見が軽度な症状では、部位に関係なく手術適応はなく、意識レベルが深昏睡の症例も手術適応はないとするのが一般的な方針です。 部位別では、被殻出血は意識レベルが傾眠から半昏睡で血腫量が31ml以上、 小脳出血 は最大径が3cm以上で進行性のものは手術適応があります。 皮質下出血は血腫が50ml以上と大きく、意識レベルが傾眠から半昏睡の場合、手術が考慮されます。[health.goo.ne.jp]
頭痛
  • 脳出血の症状の現れ方 一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が多くの患者さんにみられます。 出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。 慢性期になっても何らかの後遺症を示す患者さんも多くみられます。 (1)被殻出血 片麻痺、感覚障害は被殻出血と同じですが、感覚障害が優位のことがあります。 視床出血では、出血後に視床痛という半身のひどい痛みを伴うことがあります( 図7 、 図8 )。[health.goo.ne.jp]
  • そのほかに頭痛・悪心・嘔吐・眩暈などが見られる。重症型では閉塞性水頭症により短期間で昏睡状態に陥る。血腫の最大径が3cm以上で進行性のもの、脳幹を圧迫し水頭症を合併しているものは手術適応がある。血腫量で言うと11mlあたりと考えられている。 成人の脳室内出血は脳血管の異常によることが多いため、脳血管造影などで出血源の精査を行う。急性水頭症を起こしている場合は脳室ドレナージを考慮する。 脳挫傷を伴う頭部外傷後などに遅発的に起きる。 破裂動脈瘤の30%ほどで併発すると言われている。[ja.wikipedia.org]
脳卒中
  • 脳卒中合同ガイドライン委員会編『脳卒中治療ガイドライン2004』、協和企画、2004年、ISBN 4877940472。(全文が日本脳卒中学会ホームページで閲覧可能) 新版よくわかる脳MRI ISBN 487962280X 脳卒中治療 こんなときどうするQ&A ISBN 9784498128408 麻痺 脳出血 - gooヘルスケア 頭蓋内出血 - メルクマニュアル[ja.wikipedia.org]
嘔吐
  • 脳出血の症状の現れ方 一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が多くの患者さんにみられます。 出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。 慢性期になっても何らかの後遺症を示す患者さんも多くみられます。 (1)被殻出血 片麻痺、感覚障害は被殻出血と同じですが、感覚障害が優位のことがあります。 視床出血では、出血後に視床痛という半身のひどい痛みを伴うことがあります( 図7 、 図8 )。[health.goo.ne.jp]
  • そのほかに頭痛・悪心・嘔吐・眩暈などが見られる。重症型では閉塞性水頭症により短期間で昏睡状態に陥る。血腫の最大径が3cm以上で進行性のもの、脳幹を圧迫し水頭症を合併しているものは手術適応がある。血腫量で言うと11mlあたりと考えられている。 成人の脳室内出血は脳血管の異常によることが多いため、脳血管造影などで出血源の精査を行う。急性水頭症を起こしている場合は脳室ドレナージを考慮する。 脳挫傷を伴う頭部外傷後などに遅発的に起きる。 破裂動脈瘤の30%ほどで併発すると言われている。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 脳出血の治療方法 高血圧性脳出血の治療は、血腫による脳実質の損傷を軽くし、再出血や血腫の増大を防ぎ、圧迫によって血腫の周囲の二次的変化が進まないようにすることです。 このため内科的治療としては、頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)に対する抗浮腫薬の投与、 高血圧 の管理、水電解質のバランス、合併症の予防と治療が基本になります。 外科的治療が必要かどうかの検討も同時に行います。 血腫の増大は、発症してから数時間以内に約20%の患者さんにみられ、多くの場合は発症6時間以内に止まります。[health.goo.ne.jp]
  • 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、 Global Medical Knowledge をご覧ください。[merckmanual.banyu.co.jp]

予防

  • 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、 Global Medical Knowledge をご覧ください。[merckmanual.banyu.co.jp]
  • また高血圧がある場合は脳出血再発予防のため、降圧薬内服を続けていく。 脳幹出血においては呼吸麻痺、他の部位においては脳ヘルニアが致命的となりうる。発熱がある場合、頭部を冷やし過ぎるとMRI部で詳細に記述されてるヘモグロビンが酸素を放せなくなる代謝性アシドーシスが起き、機能を低下させるので注意が必要である。 脳卒中合同ガイドライン委員会編『脳卒中治療ガイドライン2004』、協和企画、2004年、ISBN 4877940472。[ja.wikipedia.org]
  • このため内科的治療としては、頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)に対する抗浮腫薬の投与、 高血圧 の管理、水電解質のバランス、合併症の予防と治療が基本になります。 外科的治療が必要かどうかの検討も同時に行います。 血腫の増大は、発症してから数時間以内に約20%の患者さんにみられ、多くの場合は発症6時間以内に止まります。 一方、脳浮腫は 脳ヘルニア を起こして、予後に重大な影響を与えます。 通常、脳浮腫は3日目から強くなり、ピークとなるのは1〜2週です。[health.goo.ne.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!