Edit concept Question Editor Create issue ticket

脳アミロイド血管症


提示

  • 頚部内頚動脈狭窄症の症例提示 (ステント留置前MRA) (血管撮影 右) (血管撮影 左) 右側(赤矢印)は「症候性」病変で、左側(青矢印)は偶然に明らかになった「無症候性」病変。 (ステント留置後MRA) (血管撮影 右) (血管撮影 左) 手術後、狭窄の改善が認められます。 頚部内頚動脈狭窄症の症例提示 血管撮影(画像左)で認めた高度狭窄例に対して頚動脈内膜剥離術(CEA)を施行しました(画像中央、画像右)。[shiga-neurosurgery.com]

治療

  • 治療法 脳アミロイド血管症の治療は、内科的治療が中心となります。外科手術は、大量出血があり、患者さんの命に関わるような重大なケースのみで適用されています。手術では、再出血を引き起こす可能性が高いためです。 スポンサード リンク[healthlife.xrea.jp]
  • 【 目 次 】 Ⅰ 脳卒中の超急性期治療 1 脳卒中患者が来院したら―診断、鑑別診断、治療方針の決定、検査計画法― 2 超急性期脳卒中の症候のとらえ方とNIHSS 3 一過性神経症状への対応―TIA,TMB,TNA,TGA,TEA,TFNEなど― 4 rt-PA静注療法と血管内治療の適応の見極めと実際 5 脳卒中超急性期の画像診断―CTとMRI― 6 脳卒中超急性期の画像診断―超音波診断― Ⅱ 脳卒中の急性期治療 7 治療方針の決定のための脳梗塞の病型診断 8 急性期脳梗塞の内科的治療 9 急性期脳梗塞[nishimurashoten.co.jp]
  • 各群の背景因子は、年齢(非治療群 81.3 2.2歳, 治療群 76.6 1.2歳, P 0.07) [平均 標準誤差、以下同じ]、初回時のMMSE値(非治療群 23.7 0.4, 治療群 23.7 0.2, P 0.87)、MMSEの観察期間(非治療群 773 144日, 治療群 645 74日, P 0.42)、男性の比率(非治療群 56%, 治療群 35%, P 0.28)であり、非治療群と治療群では患者背景因子に有意な差を認めなかった。[patents.google.com]
  • 治療 血管内手術と開頭手術とがあります 治療は、本来は異常な動脈と静脈および短絡部(奇形)を摘出ないし閉塞することですが、動脈は硬膜内全体に広がっており、短絡部は硬膜の中にあって通常見えません。 したがって短絡部とつながり動脈血を脳へ逆流させている静脈を閉塞することにより治療します。 血管の中から閉塞する場合と、開頭手術により閉塞する場合とがあります。 前のページへ戻る[chp-kagawa.jp]

疫学

  • 医学のあゆみ, 258: 631-638, 2016 植田光晴, 内木宏延, 福島若葉, 山下太郎, 安東由喜雄: アミロイドーシスの疫学.病理と臨床, 34: 460-465, 2016 植田光晴, 安東由喜雄: アミロイド蛋白質の免疫組織化学的・蛋白質生化学的同定法. 医学のあゆみ, 258: 639-643, 2016 柊中智恵子, 安東由喜雄: 家族性アミロイドポリニューロパチー.[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • TMB,TNA,TGA,TEA,TFNEなど― 4 rt-PA静注療法と血管内治療の適応の見極めと実際 5 脳卒中超急性期の画像診断―CTとMRI― 6 脳卒中超急性期の画像診断―超音波診断― Ⅱ 脳卒中の急性期治療 7 治療方針の決定のための脳梗塞の病型診断 8 急性期脳梗塞の内科的治療 9 急性期脳梗塞の外科的治療と血管内治療 10 脳出血の急性期治療 11 くも膜下出血の急性期治療 Ⅲ 脳梗塞の慢性期治療 12 抗血小板療法 13 抗凝固療法 Ⅳ 一歩踏み込んだリスクファクターの管理 一次予防[nishimurashoten.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!