Edit concept Question Editor Create issue ticket

脱髄疾患


提示

  • GFAP 関連製品 ミクログリアと同様アストロサイトも、数多くの炎症関連因子を発現し、抗原提示を行い、常在ミクログリア、浸潤 T 細胞、B 細胞、マクロファージなどに大きな影響を与える、サイトカインやケモカインを産生します。[abcam.co.jp]
  • 典型的な画像所見を提示 し、読影の際の注意点についても言及する。 11:20 12:00 脳脊髄液動態 井田 正博 (荏原病院) 臨床において脳脊髄液動態が関連する疾患として、低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)と正常圧水頭症があ る。これらの病態とMR診断法について解説する。さらに最近話題のglymphatic systemや髄膜のリンパ系お よび脳の老廃物の排除機構、さらにアルツハイマー病や睡眠との関係についても解説する。[jsmrm.jp]
  • 提示され、現在のデータは、動作時に8〜10週齢の動物からのものであるが、我々はまた、再ミエリン化が 4 著しく遅いと記載されている8 10月齢マウス、同じ手順を使用して成功を収めている。 再ミエリン化の定量化は、些細な仕事ではありません。セントラルドグマは、再ミエリン化セグメントは、それらの健全な対応物よりも平均して長さが短く、薄く、かつ断面半Oをこのようにして得比計算(軸索直径軸索 ミエリンの直径で割った)ことを断定Rの超薄切片は、標準的な手順となっている。[jove.com]

治療

  • 抗体 1306 NMOSDの診断基準 松本勇貴 他 1310 抗体検査 高橋利幸 1313 病理 高尾昌樹 1316 免疫治療 王子 聡 他 1321 疫学 保前英希 抗MOG抗体関連疾患 1324 歴史的背景 金子仁彦 1328 抗体検査 黒田 宙 1330 抗MOG抗体関連脳脊髄炎の病理学的特徴 三須建郎 1334 抗MOG抗体関連疾患における免疫治療 藤盛寿一 1337 疫学 西山修平 1341 臨床像:脳炎 関 守信 1345 臨床像:視神経炎 吉村俊祐 他 1349 臨床像:脊髄炎 久冨木原健二[m-book.co.jp]
  • 式(1)において、X及びYが-O-である、請求項2に記載の脱髄疾患治療薬。 式(1)において、Xが-CH 2 -であり、Yが-O-である、請求項2に記載の脱髄疾患治療薬。 式(1)において、Xが-O-であり、Yが-CH 2 -である、請求項2に記載の脱髄疾患治療薬。 式(1)で示される化合物が、1-オレオイル環状ホスファチジン酸又は1-パルミトオレオイル環状ホスファチジン酸である、請求項2から5の何れか1項に記載の脱髄疾患治療薬。[patents.google.com]
  • 本研究は発達期の脳で見られる現象ですが、多発性硬化症をはじめとした髄鞘が脱落する疾患に対する治療法の開発への応用が期待されます。 特記事項 本研究成果は、3月 6 日に英国科学誌「 Nature Neuroscience 」(オンライン)に掲載されました。[med.osaka-u.ac.jp]

疫学

  • 抗体 1306 NMOSDの診断基準 松本勇貴 他 1310 抗体検査 高橋利幸 1313 病理 高尾昌樹 1316 免疫治療 王子 聡 他 1321 疫学 保前英希 抗MOG抗体関連疾患 1324 歴史的背景 金子仁彦 1328 抗体検査 黒田 宙 1330 抗MOG抗体関連脳脊髄炎の病理学的特徴 三須建郎 1334 抗MOG抗体関連疾患における免疫治療 藤盛寿一 1337 疫学 西山修平 1341 臨床像:脳炎 関 守信 1345 臨床像:視神経炎 吉村俊祐 他 1349 臨床像:脊髄炎 久冨木原健二[m-book.co.jp]
  • 目次 執筆者一覧 神経疾患診療ガイドラインの発行にあたって 序 略語一覧 総論 1:中枢神経系炎症性脱髄疾患概念 1.概論 2.多発性硬化症(MS) 3.視神経脊髄炎(NMO) 4.バロー同心円硬化症(BCS) 5.急性散在性脳脊髄炎(ADEM) 6.急性横断性脊髄炎(ATM) 7.中枢末梢連合脱髄症(CCPD) 8.特発性視神経炎(ION) 2:疫学的要因 CQ2-1 多発性硬化症の疫学的特徴は何か? CQ2-2 視神経脊髄炎の疫学的特徴は何か?[minds.jcqhc.or.jp]
  • 要 旨 特集 脱髄性疾患の疫学から考える病因・病態と予防 ―序論に代えて― 吉良 潤一* * 九州大学大学院医学研究院神経内科学 教授 要 旨 多発性硬化症の動物モデルとされる実験的自己免疫性脳脊髄炎の抑制効果により,多くの疾患修飾薬が開発された.これらは再発をよく抑えるが,軸索障害による慢性的な障害進行の抑制は十分でない.多発性硬化症の真のモデルは存在しないので,疫学調査で示されたリスク因子から病因や病態を考察することの意義は大きい.このような解析から障害進行の病態が解明され,障害進行を抑える真[saishin-igaku.co.jp]
  • わが国では比較的まれな疾患で、 有病率 (患者数)は10万人あたり1 5人程度とされていましたが、最近の各地での 疫学調査 や2004年全国臨床疫学調査などによれば、わが国全体で約12,000人、人口10万人あたり8 9人程度と推定されています。アフリカの原住民にはもっと稀な病気です。このことは遺伝子の違いがその頻度に大きく影響していることを示しています。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 多発性硬化症も視神経脊髄炎も、急性増悪時の治療は大きくは変わらないのですが、この再発予防のための治療については大きく異なり、むしろ逆効果であることさえあります。 多発性硬化症と視神経脊髄炎の治療方法の違いについて まとめた記事もあわせてご参照ください。 多発性硬化症(MS)の再発予防で使われる薬について教えてください 再発予防のために一般的に用いられるのは、インターフェロンβ1a(アボネックス )、インターフェロンβ1b(ベタフェロン )です。[medley.life]
  • 2.再発予防(進行抑制) CQ10-2-1 多発性硬化症再発予防のための治療薬はいつ開始すべきか? CQ10-2-2 視神経脊髄炎再発予防のための治療薬はいつ開始すべきか? 3.Non-responderの定義と判定 CQ10-3-1 再発予防薬治療のnon-responderとはどのような患者か? CQ10-3-2 Non-responderと判断した場合,どのように対処するか? 11:治療の進め方 CQ11-1 急性期の中枢神経系脱髄疾患はどう治療するか?[minds.jcqhc.or.jp]
  • 脱髄性疾患(その他) 予防接種後脳炎、急性播種性脳炎、急性・亜急性出血性白質脳炎(ハースト)など 急性播種性脳炎 急性散在性脳脊髄炎 予防接種後脳炎 予防接種後脳脊髄炎 急性および亜急性出血性白質脳炎[ハースト Hurst ] 亜急性出血性白質脳炎 急性出血性白質脳炎 その他の明示された急性播種性脱髄疾患 急性播種性脱髄疾患,詳細不明 多発性神経脊髄炎 中枢神経系のその他の脱髄疾患 シルダー病 軸索周囲脳炎 びまん性硬化症 脱髄性脳梁エンセファロパシー マルキアファーヴァ・ビニャミ症候群 脳梁離断[scuel.me]
  • 再発を繰り返しながらも障害がほとんど残らない患者さんがおられる反面、何度か再発した後、時には最初の発病から寝たきりとなり、 予後 不良の経過をとる患者さんがおられますので、MSの診断がついたらなるべく早く再発予防のための治療薬を開始するよう勧められています。一方、NMOでは進行型を呈する方はほとんどなく、再発型とされています。NMOの再発は視力障害や脊髄障害などの症状が 重篤 になることが多いため、出来るだけ再発予防の治療を行うよう勧められています。 10.[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!