Edit concept Question Editor Create issue ticket

脛骨骨髄炎


提示

発熱
  • 続き(あと3病気) 、化膿性骨髄炎、膝蓋骨化膿性骨髄炎、骨盤化膿性骨髄炎 この病気に関連する症状 関節が痛い、関節が腫れる、寒気がする、発熱がある[wellcan.jp]
  • 【症状の現れ方】 発熱、不機嫌、食欲不振、全身倦怠などの全身症状や、局所の痛み、はれ、熱感、発赤などで発症します。小児の場合、痛みのため動かそうとせず、動かすと泣くことが重要な症状の現れ方となることがあります。 慢性化膿性骨髄炎では局所症状はみられますが、発熱などの全身症状はあまりみられません。経過が長くなると皮膚にあながあいて(瘻孔)、うみが出てくることもあります。 【治療の方法】 急性化膿性骨髄炎では早急に治療を開始することが重要です。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 慢性化膿性骨髄炎では、発熱などの全身症状は、さらにゆるやかで、患部の腫れや痛みだけということが多いものです。 [原因] 骨髄に細菌が感染する経路としては、つぎのようなものがあります。 1つは、おできや扁桃炎(へんとうえん)などの原因となっている細菌が、血液の流れにのって(血行性に)骨髄に到達し、そこに炎症をおこす場合です。 また、近くに化膿した病巣があって、そこから炎症が直接、波及することもあります。 さらに、骨折や手術などで、骨髄が外にさらされ、細菌が直接、骨髄に感染することもあります。[kotobank.jp]

精密検査

白血球増加
  • 血液検査 慢性骨髄炎では、CRPや赤沈の亢進、白血球増加などの所見はあっても軽度である。廔孔から排膿していると、全く異常を示さないことも少なくありません。 最近検査 膿を培養し起炎菌を同定するが、抗菌薬が投与されていると検出されないことがあります。最近ではMRSAが検出されることが多くなっています。 治療 保存療法 感受性のある抗菌薬の内服あるいは点滴、創管理、廔孔洗浄などを行いますが、時期を見て手術が必要となります。当院では高気圧治療装置を利用し、手術の前後に高気圧酸素治療を行います。[kawashimahp.jp]

予防

  • 体幹安定性評価 日本臨床スポーツ医学会 2017年11月 診断・治療に難渋した膝症例 アトピー性皮膚炎を合併した膝前十字靱帯再建術後感染の遷延による慢性脛骨骨髄炎 東北整形災害外科学会 2017年05月 内側側副靱帯新鮮単独損傷に対し手術を要したプロサッカー選手の1例 JOSKAS 2017年05月 前十字靱帯再建術における、移植腱固定前の膝屈伸運動による移植腱伸び変形の検討 日本整形外科学会 2017年05月 小児の大腿骨遠位骨端部に生じた急性・亜急性骨髄炎 JOSKAS 2017年05月 誤嚥・窒息予防対策[fmu.ac.jp]
  • その予防のために、抗生剤を点滴・内服薬等で投与させていただきます。もし骨髄炎 を生じた場合は、直ちにその治療を開始します。 7(合併症・後遺障害) 筋力の低下、目立つ傷跡、種々の痛み・しびれな等がしばらく続く場合があります。[tqtq.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!