Edit concept Question Editor Create issue ticket

脊椎上骨幹端形成不全 PAPSS2型


提示

疼痛
  • しかし、これといった原因も思い当たらないのに徐々に疼痛が出てくる場合や、数日間の安静で疼痛が消えてしまうような場合でも、骨折が生じていることも あります。子どもが疼痛を訴えなくとも手足を動かさなかったり、抱っこやオムツ交換・更衣を嫌がる場合、また、鈍い痛みであっても軽快せずに数日以上続く 場合には、主治医の先生に相談されることを勧めます。 激しい痛みでなくとも新たな骨折があれば、骨折の治療をしなければなりません。でなければ、動かしているうちに徐々に弯曲変形が生じてくる可能性があります。[club-bone.jp]

治療

  • (3)手術治療 ギプスでは正確な固定が困難な場合や、骨折の治療時に同時に弯曲変形の治療も行う場合などに手術治療が行われます。骨皮質が厚く骨粗鬆化の軽度な場合 (Ⅰ型の成人例など)以外では、手術治療としての創外固定術や金属プレートを用いた固定方法は勧められません。骨皮質の厚さが薄く、骨粗鬆症の程度が強い 多くの子どもには、鋼線を用いた髄内固定法が標準的な治療法といえます。 d.[club-bone.jp]
  • 何度か耳鼻科に行って、機械を使って鼻に薬を入れる、という治療をやってみたのですが効果が実感できずすぐにあきらめてしまいました(お金もかかるということで家が貧乏だったので)。 友達の女の子は通い続けていたのですが、やっぱり症状は改善されている様子はありませんでした。 漢方も試したのですが、やっぱりお金がかかるし、漢方とか飲んでいると胃の調子が悪くなったりして「続けられない !」となっていました。 花粉症が無い人、アレルギーが無い人がうらやましい ![insight-fap.jugem.jp]

予防

  • 上肢であれ、下肢であれ、できるだけ早くから骨に軸圧を加えることが骨形成にも有利に働き、また廃用性骨委縮(骨粗鬆症)・筋委縮の予防 と改善に効果的です。 骨折部に隣接する関節に運動制限がみられれば、関節可動域の拡大練習を行います。この際、骨癒合の程度に合わせて運動強度を調節しなければなりません。 関節可動域の改善と同時に筋力強化も重要です。四肢の運動においては、強い筋力ほど、骨への直接の負担が軽減するからです。[club-bone.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!