Edit concept Question Editor Create issue ticket

脊椎上骨幹端形成不全 Irapa型


提示

骨系統疾患
  • 子どもの病気と系統疾患系統疾患) 担当グループ 先天股脱グループ 診療時間 第1、2,3火曜日 午前(小児整形)、第1,3火曜日 午後(系統疾患) 診療する主な疾患 先天性股関節脱臼、系統疾患、先天性内反足、ペルテス病、筋性斜頸、先天性四肢形成不全 系統疾患 概要 系統疾患とは、先天的な原因によって全身の複数の骨や軟骨に変化を示す病気の総称で、全部で300種類以上の病気が知られています。[u-tokyo-ortho.jp]
骨粗鬆症
  • 骨皮質の厚さが薄く、骨粗鬆症の程度が強い 多くの子どもには、鋼線を用いた髄内固定法が標準的な治療法といえます。 d. リハビリテーション 一般に、骨に軸圧(骨の長軸方向に加わる圧迫力)が加わると骨形成が促進され、逆に骨に軸圧が加わらなければ骨からカルシウムが抜け出て脆い骨になります。立位・歩行が効果的な軸圧の加え方ですが、筋肉を何回も収縮させることでも骨に軸圧が加わります。[club-bone.jp]

治療

  • (3)手術治療 ギプスでは正確な固定が困難な場合や、骨折の治療時に同時に弯曲変形の治療も行う場合などに手術治療が行われます。骨皮質が厚く骨粗鬆化の軽度な場合 (Ⅰ型の成人例など)以外では、手術治療としての創外固定術や金属プレートを用いた固定方法は勧められません。骨皮質の厚さが薄く、骨粗鬆症の程度が強い 多くの子どもには、鋼線を用いた髄内固定法が標準的な治療法といえます。 d.[club-bone.jp]

予防

  • 、再骨折の予防のためにも、残存変形をできるかぎり排除すること、出来る限り太い骨で再建すること、足関節の可動域を維持すること、などが重要と考えられています. (5) 遺伝性多発性外骨腫症(Hereditary Multiple Exostoses:HME) 外骨腫とは、長管骨の骨幹端から外側に成長する、軟骨で覆われた骨の良性腫瘍です。[ortho.w3.kanazawa-u.ac.jp]
  • 上肢であれ、下肢であれ、できるだけ早くから骨に軸圧を加えることが骨形成にも有利に働き、また廃用性骨委縮(骨粗鬆症)・筋委縮の予防 と改善に効果的です。 骨折部に隣接する関節に運動制限がみられれば、関節可動域の拡大練習を行います。この際、骨癒合の程度に合わせて運動強度を調節しなければなりません。 関節可動域の改善と同時に筋力強化も重要です。四肢の運動においては、強い筋力ほど、骨への直接の負担が軽減するからです。[club-bone.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!