Edit concept Question Editor Create issue ticket

脂質代謝の障害


精密検査

  • 基準値 140 199mg/dl 要精密検査 140mg/dl未満 要治療 240mg/dl以上 基準値から外れた場合に考えられる病気 高値 脂質異常症 家族性高コレステロール血症 ホルモンの病気(甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症など) 低値 栄養吸収障害、ホルモンの病気(甲状腺機能亢進症など) ※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。 ※ 病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。 対象となる健診: / 中性脂肪は体内にある脂肪の一種です。[kyoukaikenpo.or.jp]
  • 多くの場合、カテゴリー3では経過観察か精密検査、4・5では精密検査が必要となります。 カテゴリー1 異常ありません。 カテゴリー2 石灰化した繊維腺腫、乳管拡張症などによる多発石灰化、脂肪腫、乳房内リンパ節、豊胸手術による影響など、明らかに良性と診断できる所見です。 カテゴリー3 良性の可能性が高いが、悪性の可能性も否定できない場合です。超音波検査などの追加検査が必要です。 カテゴリー4 悪性の疑いがあります。悪性の可能性が高い病変で、他の検査が必要になります。[ningen-dock.jp]
  • 高トリグリセライド血症(150mg/dl以上) and/or 低HDL-C血症(40mg/dl以下) 高血圧(収縮期血圧130mmHg以上and/or 拡張期血圧85mmHg以上) 高血糖(空腹時血糖110mg/dl以上) この基準に当てはまる人は、動脈硬化性疾患になりやすい状態にあると考えられますので、精密検査が必要であるとともに、運動などを通じて改善に努める必要があります。[osaka-centralhp.jp]

治療

  • 治療 治療の目的は、合併症の発症・進展の予防です。肥満症は脂肪組織の量的異常ではなく、質的異常により形成されていると考えられており、合併症に対し現体重の3〜5%の減量で明らかな効果が認められることがあります。 治療の中心は生活習慣の改善(食事療法や運動療法、行動療法)であり、薬物療法は補助的に用います。 手術適応のある重症肥満症例に対して、外科治療を考慮することもあります。[hashiba-dm.com]
  • 運動の注意点 現在、治療中の病気がある場合は、主治医にどのような運動療法が可能かを確かめてください。治療中の病気が不安定な場合、運動を控えねばならないこともあります。くれぐれも無理をしないように。 生活習慣改善プラス薬物療法 食事療法、運動療法を組み合わせても、脂質異常症が改善しない場合、内服薬での治療が必要になってきます。[ncvc.go.jp]
  • 基準値 150mg/dl未満 要治療 250mg/dl以上 基準値から外れた場合に考えられる病気 高値 動脈硬化 脂質異常症 膵炎 低値 肝硬変 低栄養 ※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。 ※ 病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。 対象となる健診: / 肝臓で作られたコレステロールは、そのままでは血液中に溶けることができないため、たんぱく質と結合して「リポたんぱく」という粒子をつくって全身の血液中を移動しています。[kyoukaikenpo.or.jp]
  • 治療方法とセルフケア 1日のうちで口に入れたものを全部、書き出してみましょう 脂質異常症治療の第一歩は、生活習慣の問題点の洗い出しです。リスク因子を放置したままでは、薬による治療効果も上がりません。 まずは、平日と休日の1日の食事内容を書き出してみましょう。その際、飴玉1個でも飲み物でも、口に入れたものはすべて記入することが大切です。 「書く」という行為は問題点を明確に認知し、具体的な改善行動を促す「認知行動療法」に通じるため、治療のモチベーションを高めるには最適です。[sawai.co.jp]

予防

  • 1: 日本動脈硬化学会編:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版、杏林社、2012 2: 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」[w-health.jp]
  • このほか、血圧を低下させる、糖尿病の血糖コントロールがよくなる、さ らに、うつ病の予防、がん予防、動脈硬化の予防など、さまざまな良い効果があります。 逆に、運動不足で体力、とくに持久力が低下している人ほど、動脈硬化が進みやすく、がんを含めあらゆる死亡率が高いことも分かっています。食事療法と合わ せ、脂質異常症治療の基本となりますので継続して行うことが肝心です。 最適な運動は有酸素運動です。1日30分程度(1週間合計180分以上)、毎日行うのが理想的です。[ncvc.go.jp]
  • ※ エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009 腎臓を守るために生活習慣病を予防する 高血圧や糖尿病、脂質異常症だけでなく、生活習慣病全般がCKDに関係するといわれています。肥満そのものが、腎障害を起こすこともあります。 バランスのいい食事や適切な運動、禁煙など、健康な生活を送ることが生活習慣病を予防し、腎臓を守ることにつながります。[adpkd.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!