Edit concept Question Editor Create issue ticket

胃疾患


提示

嘔吐
  • 2.胃癌の症状 症状としては、嘔き気・嘔吐、腹痛、腹部違和感、食欲不振、全身倦怠感、体重減少などがありますが、 無症状で検診で発見される場合も少なくありません。 3.診断内容 胃癌の診断は胃X線検査や内視鏡検査で病変を認識し、生検(内視鏡で組織を一部摘み取る事)による組織所見(顕微鏡検査)で確定します。胃X線検査や内視鏡検査では更に、病変の位置・大きさ・範囲・腫瘍の深さ(深達度と言います)等を評価します。[himeji.jrc.or.jp]
  • 胃拡張の症状には腹部のはり、嘔吐などがあります。 急性胃拡張 急性胃拡張とは、突発的に発生した膨満感を表す場合に使います。 急性胃拡張の原因には、暴飲暴食、胃内部でのガスの発生などがあります。 巨大肥厚性胃炎 巨大肥厚性胃炎とは、剥がれた胃の粘膜が肥大して大きなひだ状になってしまう症状です。 巨大肥厚性胃炎は「メネトリエ病」「胃巨大皺襞症」「胃粘膜肥厚症」とも呼ばれます。 巨大肥厚性胃炎の症状には、胃もたれ、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、食欲の低下、疲れなどがあります。[minato.jcho.go.jp]
  • 嘔吐 吐き戻し 鼓脹 衰弱 下痢/便秘 慢性的胃腸疾患は、多くの犬にとって体を衰弱させてしまう問題であり、かかりつけ獣医師による診察検査や検査を含む綿密な診断が必要です。 重要:下痢や嘔吐が見られた場合は、重度の脱水状態になっている可能性があります。上記の徴候に気付いたら、かかりつけ獣医師に相談してください。 治療:栄養摂取の重要性 消化器疾患はよくみられる問題で、多くの場合は数日で治ります。ですが、定期的、持続的に消化器トラブルが起きる場合は、長期的な管理が必要になります。[hills.co.jp]
腹痛
  • 2.胃癌の症状 症状としては、嘔き気・嘔吐、腹痛、腹部違和感、食欲不振、全身倦怠感、体重減少などがありますが、 無症状で検診で発見される場合も少なくありません。 3.診断内容 胃癌の診断は胃X線検査や内視鏡検査で病変を認識し、生検(内視鏡で組織を一部摘み取る事)による組織所見(顕微鏡検査)で確定します。胃X線検査や内視鏡検査では更に、病変の位置・大きさ・範囲・腫瘍の深さ(深達度と言います)等を評価します。[himeji.jrc.or.jp]
  • 症状には腹痛、嘔吐、吐き気、食欲の減少、体重減少、黒色便の発生などがあります。 胃の粘膜上皮から発生した悪性腫瘍は「胃癌」と呼ばれています。 胃肉腫とは胃の粘膜上皮以外から発生した悪性腫瘍を表す言葉です。 胃炎 胃炎とは胃に発生する炎症の総称で、急性胃炎、慢性胃炎、神経性胃炎の種類が有ります。 急性胃炎 急性胃炎とは胃炎の一つで、胃の粘膜が突発的に炎症を起こす症状です。 急性胃炎の原因はアルコールの大量摂取、薬品や薬物の摂取、ピロリ菌の感染等があり、 症状には腹痛、出血、嘔吐などがあります。[minato.jcho.go.jp]
  • しかし、若い人には腹痛、下血や下痢などを症状とするクローン氏病やお腹の手術をしたあとにみられる腸閉塞などは小腸の病気として知られています。 大腸 大腸の病気は多く、便秘、下痢、腹痛、お腹がはった感じ、血便その他多くの症状がみられます。 大腸がん、憩室症、潰瘍性大腸炎、腸炎や過敏性大腸症候群など外科的処置が必要な疾患、長期におよぶ疾患、家庭での予防や食事指導が大切な疾患などさまざまです。 検診で便潜血反応が陽性であったりすると大腸の検査をした方がいいと考えます。[ichinona-clinic.or.jp]
胸焼け
  • 一方、最近は消化管運動や内臓知覚の異常によって起こる逆流性食道炎や食欲不振、痛み、もたれ感、ゲップ、胸焼け、腹満感など様々な症状を呈する機能性胃腸障害(機能性ディスペプシア)が話題になっています。 予約方法はこちらへ 次の症状がある方は受診ください 食欲不振、体重減少、もたれ、はき気、胸焼け、胃痛、ゲップ、息が臭う など 症状から考えられる病名 下咽頭がん、逆流性食道炎、食道がん、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、機能性胃腸障害 など広範な消化管病変について 予約方法はこちらへ[ietomi-imge-cl.jp]
  • 1.自覚症状 腹痛・上腹部不快感・吐気・嘔吐・胸焼け・食後の腹部膨満感・食欲減退など 2.理学的症状 急な体重減少・腹水貯留・黒色便・貧血[takano-hospital.jp]
  • 症状には、胸焼け、嘔吐、胃酸の逆流、げっぷ、食道の痛み。喉の不快感などがあります。 胃下垂 胃下垂とは胃が正常な位置よりも下に伸びて垂れ下がっている状態の症状です。 胃下垂の原因には胃を支える筋肉や脂肪の少ない人がなりやすいと言われ、それ以外にもストレスや暴飲暴食でも胃下垂になるとされています。 胃下垂の症状には腹の張り、過剰な食欲、消化不良、胃が垂れ下がることにより尿や便が出にくくなることが有ります。[minato.jcho.go.jp]
  • 胸焼けする。 嘔吐、吐血症状がある。 胃、十二指腸の病気 胃がもたれる。みぞおちが痛い。黒色便がある。 食欲が低下した。体重が減少してきた。 このような症状に思い当たる方は、できるだけ早急に受診し、内視鏡検査などを受けましょう。 食道がん 多くはお酒、タバコと関連が深く、やや男性に多い病気です。体を縦に走行する臓器のため、ごく早い時期に見つかれば内視鏡治療で治せますが、進行すると、頸部、胸部、腹部の広い範囲に転移をする可能性があり、広範囲に手術操作を行う必要があります。[sanraku.or.jp]
吐血
  • 肺結核など肺の病気で吐血(喀血)することもあります。吐血がひどい場合には、血圧が下がって立ちくらみがしたり、頻脈が起こったりすることもあります。 【吐血に関係する病気】 急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、食道がん、マロリー・ワイス症候群など 便秘 腸の運動がにぶくなったり、大腸がんといった病気のために腸が狭くなって通りにくくなったりすると、消化物が腸内に長時間留まることになり、その結果、消化物の水分が腸に吸収されすぎて便が硬くなり、便秘が起こります。[astellas.com]
  • 嘔吐、吐血症状がある。 胃、十二指腸の病気 胃がもたれる。みぞおちが痛い。黒色便がある。 食欲が低下した。体重が減少してきた。 このような症状に思い当たる方は、できるだけ早急に受診し、内視鏡検査などを受けましょう。 食道がん 多くはお酒、タバコと関連が深く、やや男性に多い病気です。体を縦に走行する臓器のため、ごく早い時期に見つかれば内視鏡治療で治せますが、進行すると、頸部、胸部、腹部の広い範囲に転移をする可能性があり、広範囲に手術操作を行う必要があります。[sanraku.or.jp]
  • 胃潰瘍の症状には、胃痛、胃からの出血による吐血や、血便等があり、悪化すると癌などにも結びつく場合があります。 胃がん 胃癌 胃肉腫 胃がんとは胃に発生する癌の総称です。 胃がんの原因には各種胃の疾患から発生するもの、ヘリコバクター・ピロリ菌によるもの、塩分・飲酒・喫煙・刺激の強い食べ物の摂取などが有ります。症状には腹痛、嘔吐、吐き気、食欲の減少、体重減少、黒色便の発生などがあります。 胃の粘膜上皮から発生した悪性腫瘍は「胃癌」と呼ばれています。[minato.jcho.go.jp]
  • ・胃疾患・・・・・・ 胃炎・胃十二指腸潰瘍・胃がん ・肝胆膵疾患・・・・ 胆のう炎・胆石症・膵がん・肝炎・肝がん ・大腸疾患・・・・・・ 急性腸炎・潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸ポリープ・大腸がん ・肛門疾患・・・・・・ 痔核・痔ろう ・その他・・・・・・・ 鼠径ヘルニア・乳がん・甲状腺疾患 検査 内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)、超音波検査、CT、MRI、造影剤使用撮影 腹痛、下痢、便秘、下血、吐血等の消化器症状がある方、あるいは検診で消化器や便潜血陽性等 の異常を 指摘された方はお気軽に御相談下[hakujyuji.jp]
吐き気
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃の痛み、胃のもたれ、背中の痛み、黒い便がでる、吐き気などが症状です。胃内視鏡での診断が必要です。胃酸をおさえる薬で治療します。原因としてピロリ菌が関与していることが多いです。この場合、ピロリ菌を退治しないと潰瘍の再発率が高いため、同時にピロリ菌の治療も行います。 胃癌 症状としては、胃のもたれ、胃の痛み、吐き気がある、体重が急に減った、怠さなどがあります。自覚症状がなく、健康診断のバリウム検査で異常を指摘されたことが契機の場合もあります。胃内視鏡での診断が必要です。[k-matsudaclinic.com]
  • 症状には腹痛、嘔吐、吐き気、食欲の減少、体重減少、黒色便の発生などがあります。 胃の粘膜上皮から発生した悪性腫瘍は「胃癌」と呼ばれています。 胃肉腫とは胃の粘膜上皮以外から発生した悪性腫瘍を表す言葉です。 胃炎 胃炎とは胃に発生する炎症の総称で、急性胃炎、慢性胃炎、神経性胃炎の種類が有ります。 急性胃炎 急性胃炎とは胃炎の一つで、胃の粘膜が突発的に炎症を起こす症状です。 急性胃炎の原因はアルコールの大量摂取、薬品や薬物の摂取、ピロリ菌の感染等があり、 症状には腹痛、出血、嘔吐などがあります。[minato.jcho.go.jp]

精密検査

  • 平成7年度に徳島県総合健診センターが実施した胃癌集団検診成績 項目 一般住民健診 事業所健診 受診者数 23,404人 10,302人 要精密健診者数 2,991人 1,252人 要精検率 12.8% 12.2% 精密検査受診者数 2,505人 909人 精検受診率 83.8% 72.6% 発見胃癌患者数 41人 9人 受診者全員中での胃癌発見率 0.18% 0.09% 精密検査受診者中での胃癌発見率 1.6% 1.0% (平成7年度事業報告書、徳島県総合健診センター、平成8年12月から引用) ページ[nmt.ne.jp]
  • (※当院の内視鏡システムのご紹介も併せてご覧ください) リンク 胃内視鏡検査の流れ 胃内視鏡検査の必要性 胃がんの検診としてバリウムを飲んで行う胃透視(レントゲン検査)で何らかの症状が見つかった時により詳しく調べる精密検査として胃の内視鏡検査を行います。 最新のわが国のがん統計によると、死亡数が多いがんの中で、胃がんは男女とも肺がんについで2番目に多いがんです。一方、日本人のかかるがんの中で、胃がんは男性では1番目、女性では乳がんに次いで2番目、男女合計で1番目に多いがんです。[takano-hospital.jp]

治療

  • 診断治療、カプセル内視鏡による診断、その他腸疾患全般 肝疾患 肝炎の診断治療(肝生検・インターフェロンフリー治療・インターフェロン治療等)、肝硬変の診断治療、肝腫瘍の診断治療(造影超音波検査、肝動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術等) 胆膵疾患 胆石・胆嚢炎・膵炎・総胆管結石・胆膵系腫瘍の診断および内視鏡による診断・治療(内視鏡的十二指腸乳頭切開術・ステント挿入・超音波内視鏡下穿刺吸引法等) その他腹部関連疾患の診断治療 特徴・特色 消化器疾患全般に対応いたします。[yokote-mhp.jp]
  • 当消化器センターでは、日本胃癌学会の「胃癌治療ガイドライン」に基づき、各々の患者さまのご病状、ご年齢、併存症なども考慮して、治療法をご提案しております。 ( 図1 )。 【胃がんの内視鏡治療】 内視鏡的診療では、これまでに世界的に最も普及した治療法の一つである『透明キャップによる内視鏡的粘膜切除術(EMR-C法)』 【 Inoue H, Endo M, Takeshita K,et al.[www10.showa-u.ac.jp]
  • 取り扱うおもな疾患 胃癌、胃GIST、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、病的肥満症に対する外科治療 おもな診断・治療法 内視鏡治療(EMR、ESD、APC)、腹腔鏡下手術( 腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術) など、胃疾患の先進的な診断と治療(手術)をはじめ、一般外科領域の最新治療まで行っています。[tmd.ac.jp]

疫学

  • 2015年10月31日 最新の情報を確認し、「疫学・統計」などを更新しました。 2012年12月04日 内容を更新しました。 2012年10月26日 更新履歴を追加しました。 2012年06月05日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。 2007年04月02日 掲載しました。 診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。 1.胃について 胃は袋状の器官で、みぞおちの裏のあたりにあります。[ganjoho.jp]
  • ピロリ菌の疫学 わが国におけるピロリ菌の感染率は約全人口の50 60%と高率ですが、10歳以下で極端に低く、50歳以上では80%近いです。ピロリ菌の感染は主に小児期に成立するため、環境衛生が整備したわが国では、今後欧米なみの低感染率となることが予想されます。 ピロリ菌の感染経路 ピロリ菌は微好気性の細菌であり、酸素や乾燥に弱いです。そして本菌は生存環境が悪化すると、形態をらせん状から球形に変化させることにより身を守り、生きているのにも関わらず分離培養が不能な状態となります。[seiyuukai.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 詳しく 吉川 貴己 (よしかわ たかき) 消化器外科学、腫瘍外科学、化学療法、胃癌の治療(開腹手術、腹腔鏡手術、化学療法)、臨床試験、がん悪液質の病態生理、周術期代謝と栄養 詳しく 大幸 宏幸 (だいこう ひろゆき) 食道癌手術。[team.tokyo-med.ac.jp]

予防

  • 8.予防と検診 1)予防 日本人を対象とした研究結果では、がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。 2)検診 がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。わが国では、厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(平成28年一部改正)」で検診方法が定められています。[ganjoho.jp]
  • 私どもはそれに加えて、胃や内臓に分布する 迷走神経を積極的に温存 し術後の消化管機能の温存や胆石の予防を図ったり、通常は切られてしまう胃から十二指腸への出口である 幽門輪を温存する手術 を行うことで術後の逆流やダンピング症状を防ぎ良好な体重維持を目指しています。これらの手術は最近では、 お腹を大きく切らない腹腔鏡手術 で行うようになってきており、痛みの少ない術後の早い回復が得られるようになってきています。 ③早期胃癌は治る癌です。[osaka.hosp.go.jp]
  • 木苗直秀 ほか、 わさび抽出物の Helicobacter pylori 感染スナネズミに対する胃粘膜障害予防効果とストレス負荷が及ぼす影響 研究内容 ( PDF ) ヘリコバクター・ピロリに関連する疾患を治療する際の、生姜の根茎から抽出された有効産物の使用 Garlic fights H. pylori to reduce the risk of stomach cancer Youl Lee and Hae Choon Chang (2008).[ja.wikipedia.org]
  • 胃がん 検診により早期発見、ピロリ菌感染者の除菌などの予防の浸透により、以前よりも、がん患者数が減少してきました。病変部位や深達度などにより、術式や再建方法などは、各施設間の違いはあります。早期癌に対しては、できるだけ体への侵襲の少ない腹腔鏡手術を取り入れる施設が多くなりました。 胃癌の組織型や病変の深達度によっては、内視鏡治療も行うことが可能です。 外科的胃切除術後の食事法には、工夫が必要です。[sanraku.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!