Edit concept Question Editor Create issue ticket

胃潰瘍


提示

体重減少
  • 他に、胸やけ、悪心・嘔吐、食欲不振、体重減少等も みられることがあります。 潰瘍の組織欠損が深くなると、 胃や十二指腸に穴(穿孔)ができて 腹膜炎に至ると、 命に関わる病状となることがあります。 PAGE TOP 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査 内視鏡(胃カメラ)で粘膜の状態を直接観察して、 潰瘍の状態、治療効果を知ることができます。 さらに、粘膜表面に紺色の色素を散布して、 より細かい凹凸を観察することもできます。[kitainaika.com]
  • 体重減少,便秘,疲労感,貧血を伴い食後20〜30分にみぞおちから左肋骨弓下に疼痛(とうつう)を認める。便の潜血反応,X線検査,胃カメラ等によって確診される。 胃癌 に移行することはないが,発生部位ならびに症状が近似するため,鑑別が必要である。内科的療法とくに食事療法を主とするが,大出血,穿(せん)孔, 幽門狭窄 (きょうさく),癌化の疑いある場合および癌性潰瘍に対しては手術を行う。なお食事は以前よりも早期に高カロリー食をとらせるようになり,治癒期間も短縮された。[kotobank.jp]
吐き気
  • 進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。 胃がんなどはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。 内視鏡検査で検査します。 当日診察のうえ、胃内視鏡検査を行うことも可能です。[eiheiji-clinic.jp]
嘔吐
  • 4.悪心・嘔吐 胃の出口(幽門部)や十二指腸の潰瘍を何回も繰り返すうちに、傷痕の胃粘膜がひきつれて狭くなり、通りにくくなることがあります(幽門狭窄)。すると、食べ物が胃液とともに胃にたまり、悪心・嘔吐を起こすようになります。 5.その他の症状 食欲不振、体重減少、便通異常なども見られます。[med.or.jp]
  • 進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。 胃がんなどはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。 内視鏡検査で検査します。 当日診察のうえ、胃内視鏡検査を行うことも可能です。[eiheiji-clinic.jp]
腹痛
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状 みぞおちから上腹部右側辺りの腹痛 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の自覚症状の中で最も多いのが腹痛で、みぞおちから上腹部右側辺りに痛みを感じます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が多く見られます。 また、胃潰瘍の場合は、食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。[shinohara-clinic.com]
  • 症状 腹部が中心の不快感・違和感などがあり、主に上腹部を中心とした腹痛、背部痛、吐き気、もたれ感、腹部膨満感などです。 潰瘍から出血をきたした場合は、吐血、黒色の便やタール便(コールタールのような真っ黒な便)が認められます。 検査法・診断法 直接潰瘍の病変を確認することが必要となります。 症状などから、胃潰瘍や上部消化管の疾患を疑うと、胃カメラやバリウムを飲み胃透視や血液検査などを行います。[uproad.ne.jp]
吐血
  • 吐血 胃潰瘍・十二指腸潰瘍が出血すると吐血や下血することがあります。 この場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。 出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。 また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)です。 下血 胃潰瘍・十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便が出ます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍では、吐血より下血が多く見られます。[shinohara-clinic.com]
  • これにより痛みが生じたり、出血(吐血や下血)や穴が空いてしまう(穿孔)などの合併症を引き起こす可能性があります。 以前は高率に再発を繰り返し完治困難な病気で、手術が行われることも多くあった病気でしたが、現在ではよい薬が開発され、さらに潰瘍の発症にピロリ菌 (Helicobacter pylori) の感染が関与していることが解明されたことにより、除菌治療を行うことでほぼ完治可能な病気となりました。[hamanoclinic.com]
  • 2.胸やけ 胸やけは胃液が食道に逆流したために起こる症状で、胃液が多すぎる人に見られます 3.出血(吐血、下血) 潰瘍の中には、出血するものもあります。出血量が多いと、悪心とともにコーヒーの残りかすのような黒褐色の血を吐いたり(吐血)、黒いコールタール様の便が出たり(下血、タール便)します。 出血時は、冷や汗が出て青ざめ脈拍が速くなったり弱くなったり(ショック状態)、また、激痛を伴うこともあります。意識を失いかけたり、痛みが激しいときは、急いで病院を受診してください。[med.or.jp]
  • 主な症状は上腹部痛、吐血や下血も 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の主な症状は上腹部痛である。痛む場所が中心 左側で食後三十分程度続くのは胃潰瘍、中心 右側で空腹時に痛みを感じるのが十二指腸潰瘍に多くみられる症状だ。しかし例外も多く、膵炎や胆石症、胆のう炎など他の疾患の疑いもあるため注意が必要という。このほかの症状として、潰瘍ができた部位の血管が破れることで、どす黒い血を吐血したり、血が混じった黒っぽい便(タール便)が出ることもある。[dohkohkai.or.jp]
下血
  • 吐血 胃潰瘍・十二指腸潰瘍が出血すると吐血やすることがあります。 この場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。 出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。 また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)です。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便が出ます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍では、吐血よりが多く見られます。[shinohara-clinic.com]
  • これにより痛みが生じたり、出血(吐血や)や穴が空いてしまう(穿孔)などの合併症を引き起こす可能性があります。 以前は高率に再発を繰り返し完治困難な病気で、手術が行われることも多くあった病気でしたが、現在ではよい薬が開発され、さらに潰瘍の発症にピロリ菌 (Helicobacter pylori) の感染が関与していることが解明されたことにより、除菌治療を行うことでほぼ完治可能な病気となりました。[hamanoclinic.com]
  • 2.胸やけ 胸やけは胃液が食道に逆流したために起こる症状で、胃液が多すぎる人に見られます 3.出血(吐血、) 潰瘍の中には、出血するものもあります。出血量が多いと、悪心とともにコーヒーの残りかすのような黒褐色の血を吐いたり(吐血)、黒いコールタール様の便が出たり(、タール便)します。 出血時は、冷や汗が出て青ざめ脈拍が速くなったり弱くなったり(ショック状態)、また、激痛を伴うこともあります。意識を失いかけたり、痛みが激しいときは、急いで病院を受診してください。[med.or.jp]

治療

  • H. pylori 除菌が成功した場合の再発はまれであり維持療法の必要はないが、除菌治療を行わない場合には、初期治療で潰瘍が治癒した後、再発抑制のための維持療法が勧められ、H 2 RAまたはスクラルファートが適応となる(図2)。 図2 消化性潰瘍治療のフローチャート (日本消化器病学会編『消化性潰瘍診療ガイドライン』. 南江堂, 東京, 2009.より) 〈薬物療法〉 H. pylori 除菌治療によらない治療では、PPIを第1選択薬とする。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 治療薬を内服 診察により、入院治療の必要がない状態の胃潰瘍や十二指腸潰瘍が疑われれば、内服治療を開始します。 一般的に胃・十二指腸潰瘍の治療は治癒までに1〜2ヶ月を要しますので、症状が良くなりご自身で「治った」と感じても、処方された治療薬は医師の指示に従って必ず飲み切るようにしましょう。 また、内服治療が開始されて数日の経過でも症状が変わらない場合は、別の病気である可能性もありますので、再度来院していたきその旨をお伝えください。 3. [hamanoclinic.com]
  • 治療 薬物治療 攻撃因子である胃酸の分泌を抑える胃酸分泌抑制薬の内服が消化性潰瘍に極めて効果的であり、薬物治療の中心となっています。これまで薬物治療の主役はH2ブロッカー(アルタット 、ザンタック 、ガスター など)という胃酸分泌抑制薬でしたが、最近になりプロトンポンプ阻害薬(タケキャブ 、タケプロン 、オメプラール 、オメプラゾン 、パリエット )という薬が強力に胃酸の分泌を抑え、消化性潰瘍の治療により効果的であることが分かり、プロトンポンプ阻害薬が現在の消化性潰瘍治療の中心となっています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • 【逆流性食道炎の原因】 食道裂孔ヘルニア 胃酸の出すぎ(脂肪摂取量の増加やライフスタイルの変化) 食道から胃へ食物を送り込む機能(蠕動運度)の低下によるもの 逆流性食道炎の治療は、食生活を含むライフスタイルの改善と、内科的治療として薬物療法が基本です。逆流性食道炎の大半の症状が改善されます。 食道が狭窄した場合には、バルーンを用いた内視鏡操作で狭窄を拡張する治療方法もあります。 当院では薬でのみの治療を行っております。[www1.clovernet.ne.jp]
  • PAGE TOP 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療 潰瘍の原因を元から絶つことが大切です。 まずは、心身の安静に努めましょう。 仕事を休んで、ストレスから解放されることにより 潰瘍は治癒の方向へ向かいます。 最近では手術をすることなく 薬でほとんど治療できるようになりました。 胃酸の分泌を抑える薬を単独で、 あるいは粘膜防御を助ける薬と併せて服用します。 胃酸分泌を抑える薬としては、 PPI(プロトン・ポンプ・インヒビター)とH2ブロッカーなどがあり、 治療の中心となります。[kitainaika.com]

疫学

  • 疫学(えきがく) 1)有病率では、胃潰瘍の頻度は全人口の数%で、十二指腸潰瘍も胃潰瘍と同じ程度とされ、特に都市部で増加しています。 2)男女比は、胃潰瘍では男性2:女性1、十二指腸潰瘍は男性3:女性1といわれています。 3)出現しやすい年齢は胃潰瘍では30 60歳代に多く、十二指腸潰瘍では10歳代後半から30歳代に多いとされます。 4)十二指腸潰瘍で50 60%程度に遺伝や家族歴があるとされています。[jisinsin.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防の基礎知識 胃が荒れやすい方や、脳血管障害・虚血性心疾患・ 不整脈 といった治療のために血をサラサラにする薬(抗血栓薬)などを飲まれている方は、予防的にPPIやH2ブロッカーなどの胃酸を抑える薬や粘膜保護剤などを定期的に服用することが望まれます。 また、衛生環境の改善などによりその比率は減ってきていますが、未だに胃潰瘍の主な原因はピロリ菌です。[saiseikai.or.jp]
  • 胃潰瘍はピロリ菌の除菌やNSAIDsの適切な服用で予防できる疾患です。正しい知識を身につけて、しっかりセルフケアをしましょう。 繰り返す胃潰瘍はセルフケアで予防! ピロリ菌の検査を受けてみましょう ピロリ菌が原因の胃潰瘍は、ピロリ菌を除菌すれば再発を防げます。一度検査を受けてみましょう。 NSAIDsの用法・用量(使い方や量)を守りましょう 間違った解熱鎮痛薬の飲み方がNSAIDs潰瘍を引き起こします。使用説明書をよく読んで正しく飲みましょう。[sawai.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!