Edit concept Question Editor Create issue ticket

胃前庭部毛細血管拡張症


提示

  • 東北大学消化器内科を中心として,上部・下部消化管はもとより,肝胆膵まで含んだ消化器全般にわたる疾患をとりあげ,迫力ある美しい画像を多数提示して,疾患の「概要」「典型的な画像所見とその成り立ち」「確定診断へのプロセス」「治療」の要点を画像所見と関連づけながら簡潔に解説.一般の消化器医にも疾患の全体像と診療のポイントがよく理解できる,これまでにない画像診断アトラス. Ⅰ 咽頭・食道・胃・十二指腸 (小池智幸) 1 咽頭 A 非腫瘍性疾患 (1)先天異常・構造異常 咽頭メラノーシス (2)炎症・感染性疾患[rr2.nakayamashoten.co.jp]
  • […] adefovir dipivoxilの使用経験 山本洋一,髭 修平,幡 有,高木貴久子,中馬 誠,吉田 繁,浅香正博 第35回日本肝臓学会東部会,2004.12.08-11,東京,口頭 HBsAb陽性患者における同種骨髄移植後のHBsAb消失およびreverse seroconversion発症 小野澤真弘,橋野 聡,近藤 健,太田秀一,小林寿美子,東梅友美,田中淳司,今村雅寛,浅香正博 第27回日本造血細胞移植学会総会,2004.12.16-17,岡山,ポスター ケモカインによる成熟樹状細胞の抗原提示[halo.med.hokudai.ac.jp]

治療

  • 【質問285】 私は去年から胃の出血(GAVE -胃前庭部毛細血管拡張症)が悪化しましてAPC(アルゴンプラズマ凝固装置)の治療をここ4ヶ月に3回程受けています。抗凝固薬のことをいろいろ調べましたらフサンという薬があります。ヘパリンより弱いものなのでこちらの方へ変えようと思っているのですが、ヘパリンは消化器管の出血には影響あるのでしょうか。 【回答】 ヘパリンについて 透析をお受けになっている方にGAVEが合併をすると、しばしば消化管出血を来すため、その治療は重要です。[e-touseki.com]
  • 消化管出血の要因 となりうる病態で, 多くは 内視鏡治療(クリッピング,アルゴンプラズマ凝固法など) の適応となります. 内視鏡治療が困難な場合には, 経動脈的塞栓術 や 外科的治療 が行われます. 実は,消化管出血の原因疾患として,血管形成異常が注目されています. 今回出題基準に追加されたGAVEも,その一つです. 上記のような問題(間違い選択肢としてですが)が出ていることもふまえ, 今後の出題にそなえておきましょう.[informa.medilink-study.com]
  • […] cirrhosis ) 診断 ( diagnosis ) 潰瘍 ( ulcer ) 人工呼吸器誘発肺損傷 ( ventilator-induced lung injury ) 病的狭窄 ( pathologic constriction ) 血管病 ( vascular disease ) 全身性エリテマトーデス ( systemic lupus erythematosus ) 抗体 ( antibody ) 結核 ( tuberculosis ) 不整脈 ( cardiac arrhythmia ) 治療[lsd-project.jp]

疫学

  • 疫学 中年以降の女性に多く後天的な血管変性疾患である可能性が示唆されている.発生頻度は上部消化管内視鏡検査施行例の0.03〜0.09%との報告がある. 病理 GAVE(狭義の)とDAVEの内視鏡所見は異なるが,病理学的には同じカテゴリーの疾患と考えられる.病理学的所見としては,胃壁の中小(毛細)血管の著明な拡張,粘膜固有層の毛細血管拡張とフィブリン塞栓の存在,粘膜の萎縮,粘膜固有層の線維化と線維成分の増量などがあるが,必ずしもこれらをすべて確認できるわけではない.[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 血管拡張症はまた,いくつかの全身性疾患(例,腎不全,肝硬変,CREST症候群[皮膚石灰沈着症(calcinosis cutis),レイノー現象(Raynaud phenomenon),食道運動障害(esophageal dysmotility),強指症(sclerodactyly),毛細血管拡張(telangiectasia)]― 病態生理 )と関連して発生するほか,腸管への放射線照射後にも発生する。[msdmanuals.com]

予防

  • H. pylori 除菌後の長期経過 第90回日本消化器病学会総会,2004.04.21,仙台,司会,シンポジウム 長期経過における H. pylori 除菌の胃癌予防 加藤元嗣,杉山敏郎,浅香正博 第90回日本消化器病学会総会,2004.04.21,仙台,シンポジウム 潰瘍・胃炎治療の現状と将来を探る―専門家の本音を聞いてみよう 加藤元嗣 第90回日本消化器病学会総会,2004.04.21,仙台,セミナー 食道癌の診療―特に進行食道癌の内科的治療を中心に― 小松嘉人,結城敏志,浅香正博 第90回日本消化器病学会総会[halo.med.hokudai.ac.jp]
  • 診療科・部門の実績 消化器病センター(消化器科) 2017年度 担当入院患者内訳 ※ 消化器内科医師が主治医として担当した入院患者の疾患数(術前精査など転科した患者さん含む ※第一病名でカウント) 食道 疾患名 件数 食道(胃)静脈瘤(予防的) 36 食道癌 23 食道(胃)静脈瘤破裂 18 食道アカラシア 2 食道潰瘍(出血性含む) 1 逆流性食道炎 2 腐食性食道炎 2 食道裂孔ヘルニア 0 食道狭窄 4 合計 88 胃 疾患名 件数 胃癌 137 (出血性)胃潰瘍 44 上部消化管出血(出血源不明[sk-kumamoto.jp]
  • 単行書、著書 猪狩英俊, 石和田稔彦, 伊藤一枝, 井上智香子, 宇野千晶, 小河原克訓, 小田島茉莉絵, 久保悦子, 薦田しず江, 櫻井隆之, 佐藤武幸, 荘司京子, 高梨希子, 竹内典子, 千葉均, 東田かずえ, 中村安孝, 坂内文枝, 藤原満里子, 松田祐子, 三浦剛, 百瀬徳子, 箭内博子, 山崎伸吾, 横山威一郎, 渡辺哲, 渡邊正治: 千葉大学病院 病院感染予防対策パーフェクト・マニュアル. 猪狩英俊(監修), 診断と治療社, 2015.[ho.chiba-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!